メンバーがグループの代理として送信または送信できるようにする

代理人として 送信 または 送信 のアクセス許可が付与されている Microsoft 365 グループのメンバーは、グループとして、またはグループの代理として電子メールを送信できます。 (グループ内のゲストにこれらのアクセス許可を付与することはできません。)

この記事では、グローバル管理者または Exchange 管理者がこれらのアクセス許可を設定する方法について説明します。

たとえば、Megan Bowen が トレーニング Microsoft 365 グループの一部であり、グループに対する [ 送信] アクセス許可を持っている場合、グループとしてメールを送信すると、 トレーニング グループがメールを送信したように見えます。

[代理で送信] アクセス許可を使用すると、ユーザーは Microsoft 365 グループに代わって電子メールを送信できます。 たとえば、Alex Wilber が Marketing Microsoft 365 グループの一部であり、 代理で送信 アクセス許可を持ち、グループとして電子メールを送信する場合、電子メールは Marketing に代わって Alex Wilber によって送信されたように見えます。

重要

特定のユーザーに代わって送信または送信を構成できますが、両方を構成することはできません。 両方を構成する場合、既定では [送信者] になります。

注:

ハイブリッド Exchange 構成Outlook for Macでは、代理で送信および送信はサポートされません。

グループとしてメールを送信することをメンバーに許可する

このセクションでは、Exchange OnlineのExchange 管理センター (EAC) でユーザーがグループとして電子メールを送信できるようにする方法について説明します。

  1. Exchange 管理センターで、[受信者グループ]> に移動します

  2. ユーザーの送信を許可するグループを選択します。

  3. [設定]>[代理人の管理の編集] の順に選択します。

  4. [代理人の追加] セクションで、[メールボックス所有者として送信する] アクセス許可を使用するユーザーのメール アドレスを入力します。

  5. ドロップダウンから [アクセス許可の種類][メールボックス所有者として送信する] に選択します。

  6. [変更の保存] を選択します。

メンバーがグループに代わってメールを送信できるようにする

このセクションでは、Exchange Onlineの Exchange 管理センター (EAC) でユーザーがグループに代わって電子メールを送信できるようにする方法について説明します。

  1. Exchange 管理センターで、[受信者グループ]> に移動します

  2. ユーザーに代理送信を許可するグループを選択します。

  3. [設定]>[代理人の管理の編集] の順に選択します。

  4. [代理人の追加] セクションで、[メールボックス所有者として送信する] アクセス許可を使用するユーザーのメール アドレスを入力します。

  5. ドロップダウンから [アクセス許可の種類][代理人として送信する] に選択します。

  6. [変更の保存] を選択します。

Microsoft 365 グループから、または Microsoft 365 グループの代理で電子メールを送信する

おすすめのコラボレーション ガバナンス計画

コラボレーション ガバナンス計画を作成する

Microsoft 365 グループの詳細を確認する

Add-RecipientPermission

Set-UnifiedGroup