Share via


Microsoft Teams でBookings アプリを管理する

Bookingsの概要

Microsoft Teams のBookings アプリは、スケジュールを整理し、予定を管理する簡単な方法を提供します。

予約の種類と詳細、予約要件をカスタマイズし、スタッフのスケジュールと空き状況を管理して予約エクスペリエンスを効率化します。 Bookingsは、お客様とスタッフの Microsoft 365 カレンダーと統合されており、顧客やクライアントが予約ページから利用可能な時間をすばやく見つけられるように役立ちます。

organizationのスケジュール設定のニーズに合わせて、それぞれ独自の設定で複数の予約ページを作成および管理できます。

  • 個人予約では、 自分の予定のタイム スロットを管理できます。 顧客、クライアント、または同僚と可用性を設定して共有できます。 個人用予約ページを作成した後、他のユーザーとリンクを共有し、空き状況を確認し、空いている時間をスケジュールできます。
  • 共有予約 とは、チーム用に作成および管理する予約ページです。 これにより、顧客とクライアントが自分とチームとの時間を予約できるように、チーム メンバーを招待できます。

オンライン会議として予約されたすべての予定は、Teams で実質的に参加および会議を行うために使用できる会議リンクを作成します。

詳細については、「Microsoft Bookings」を参照してください。

Teams でBookings アプリを使用するための前提条件

  • Exchange メールボックスがExchange Online。 オンプレミスExchange Serverメールボックスはサポートされていません。
  • organizationのMicrosoft Bookingsがオンになっています。
  • ユーザーは適切なライセンスを持っています。 Microsoft Bookingsは、次のサブスクリプションで使用できます。
    • Office 365: A3、A5、E1、E3、E5、F1、F3、G1、G3、G5
    • Microsoft 365: A3、A5、E3、E5、F1、F3、Business Basic、Business Standard、Business Premium、Teams Essentials、Teams Premium
  • Bookings アプリのすべてのユーザーと会議に参加するすべてのスタッフは、Teams 会議のスケジュール設定をサポートするライセンスを持っています。

Bookings アプリを Teams に追加するには、[アプリ] に移動し、Bookingsを検索します。

組織内の Bookings へのアクセスを制御する

Bookings アプリにアクセスできるユーザーとアプリの特定の機能を制御するには、いくつかの方法があります。 organizationまたはMicrosoft 365 管理センター内の個々のユーザーのBookingsをオンまたはオフにすることができます。 または、Bookings アプリ ポリシーを作成して、選択したユーザーが予定表Bookings作成できるようにすることもできます。 詳細については、「Microsoft Bookingsのオンとオフを切り替える」を参照してください。

また、Teams アプリセットアップ ポリシーを作成して、選択したユーザー用にBookings アプリをピン留めすることもできます。

Bookingsに最適なエクスペリエンスを実現するには、teams 会議ポリシーを作成して、organizationでPeopleを自動的に許可し、ポリシーをスタッフに割り当てます。 このポリシーでは、スタッフが予定に自動的に参加し、外部出席者のロビー エクスペリエンスを有効にすることができます。 詳細については、「 Microsoft Teams で会議ロビーをバイパスできるユーザーを制御する」を参照してください。

会議ポリシーの詳細については、「 Teams で会議ポリシーとイベント ポリシーを管理する」を参照してください。

SMS テキスト通知

情報アイコンこの機能は、Teams Premiumの一部になりました。

SMS テキスト通知は現在、カナダ、英国、および米国で利用できます。

sms テキスト通知を外部出席者に送信して、スタッフがorganizationでスケジュールした仮想予定を送信できるかどうかを制御できます。

既定では、この設定はオンで、SMS テキスト通知は、organization内のすべての予約ページで有効になっています。 Bookings管理者とスケジューラは、スケジュールされた予定の種類とスケジュールされた個々の予定で、必要に応じて SMS 通知をオフまたはオンにすることもできます。

この設定を構成するには、Microsoft 365 管理センター>設定>組織の設定に移動し、[Bookings] を選択します。 [Microsoft による SMS テキスト メッセージ通知の送信を許可する] チェックボックスをオンまたはオフにします。

organizationの SMS テキスト通知を構成する方法の詳細について説明します。 Teams SMS 通知の使用状況レポートを使用して、organizationで SMS 通知がどのように使用されているかを理解します。

オプションのスタッフ承認設定

スケジュールの可用性情報を共有する前Bookings、他のユーザーが予定をスケジュールする前に、スタッフにオプトインを要求できます。

この設定を有効にするには、[Microsoft 365 管理センター>設定] [組織の設定]> に移動し、[Bookings] を選択します。 [スタッフの承認が必要チェック] ボックスを選択します。

この設定をオンにすると、スタッフは予約ページへのメンバーシップの承認を求めるメールを受け取ります。

スタッフの承認設定を構成する方法の詳細については、こちらをご覧ください。

Bookings メールボックスを設定するときに既定のドメインを変更する

Bookings メールボックスをセットアップするときに、Microsoft 365 または Office 365 組織の既定のメール ドメインが使用されます。 ただし、既定のドメインでは、外部の受信者に会議出席依頼を送信するときに問題が発生する可能性があります。 たとえば、招待が迷惑メールとしてフラグが設定され、受信者の迷惑メール フォルダーに移動され、受信者に招待が表示されない場合があります。

Bookings メールボックスを作成する前に、既定のドメインを変更することをお勧めします。 「ドメインに関する FAQ」を参照してください。

Bookings メールボックスを作成した後で既定のドメインを変更する必要がある場合は、PowerShell を使用します。

Set-Mailbox -identity business@domain.onmicrosoft.com -WindowsEmailAddress business@domain.com -EmailAddresses business@domain.com

詳細については、「メールボックスの 設定」を参照してください。

注意

Exchange ハイブリッド構成を使用している場合は、既定のドメインを変更するときに、オンプレミスの Exchange とExchange Online間のメール フローを徹底的にテストすることをお勧めします。

フィードバックの提供/問題の報告

フィードバックを送信するか、問題を報告するには、[ フィードバック] を選択し、オプションを選択して、発生している問題に関するフィードバックまたは詳細を入力します。 完了したら、[送信] を選択 します

関連項目

ドキュメントのMicrosoft Bookings