Microsoft 365 用の Teams アプリを発行する

Microsoft Teams では、運用環境向けの Microsoft 365 対応 Teams アプリがサポートされています。 これらのアプリは、次のクライアントを使用するユーザーに配布できます。

  • Web: microsoft365.com の現在のチャネル バージョン (以前の office.com) と ターゲット リリース バージョンの outlook.com。
  • デスクトップ: Windows デスクトップ用 Outlook および Microsoft 365 (Office) アプリの現在のチャネル ビルド。
  • モバイル: iOS と Android 上の Microsoft 365 アプリの運用ビルド。

Microsoft 365 対応 Teams アプリの配布オプションとプロセスは、従来の Teams アプリの場合と同じです。

アプリが発行されると、Microsoft Teams ストアに加えて、Outlook および Microsoft 365 アプリ ストアからインストール可能なアプリとしてアプリが検出されます。 アプリでは、Outlook と Microsoft 365 全体で Teams で定義されているアクセス許可が使用されます。 Teams 管理者は、organizationのユーザーに対する Microsoft 365 全体の Teams アプリへのアクセスを管理できます。

スクリーンショットは、SurveyMonkey アプリと MURAL Teams アプリの Outlook と microsoft365.com (以前の office.com) のインストール画面を示す例です。

シングルテナント配布

Outlook 対応メッセージ拡張機能は、いくつかの方法でテストテナントと運用テナントに配布できます。

Teams クライアント

[ アプリ ] メニューの [ アプリの管理] [アプリ>のアップロード] [アプリ>を組織に送信する] の順に選択します。アプリを送信するには、IT 管理者からの承認が必要です。

Teams 開発者ポータル

Teams 開発者ポータルを使用して、organizationのアプリをアップロードして発行します。 アプリをアップロードして発行するには、IT 管理者からの承認が必要です。詳細については、「 Microsoft Teams 用開発者ポータルを使用してアプリを管理する」を参照してください

‎Microsoft Teams 管理センター

Teams 管理者は、Teams 管理センターからorganizationのテナントのアプリ パッケージをアップロードしてプレインストールできます。 詳細については、「 Microsoft Teams 管理センターでカスタム アプリをアップロードする」を参照してください。

Microsoft Admin Center

グローバル管理者は、Microsoft 管理者からアプリ パッケージをアップロードしてプレインストールできます。詳細については、統合アプリ ポータルのパートナーによるMicrosoft 365 Appsのテストとデプロイに関するページを参照してください。

マルチテナント分布

Outlook および Microsoft 365 アプリで有効になっている Teams アプリの Microsoft コマーシャル マーケットプレース (Microsoft AppSource) 申請プロセスは、従来の Teams アプリと同じです。 違いは、アプリ パッケージでアプリ マニフェスト (以前は Teams アプリ マニフェストと呼ばれる) バージョン 1.13 を使用する必要がある点です。これにより、Microsoft 365 全体で実行される Teams アプリのサポートが導入されています。

ヒント

Teams 開発者ポータルを使用して アプリ パッケージを検証 し、( Microsoft パートナー ネットワークを介して) Teams ストアに送信する前にエラーや警告を解決します。

マルチテナント アプリの詳細については、次のビデオを参照してください。

開始するには、 Microsoft Teams アプリの配布に関するページを参照してください。

関連項目