次の方法で共有


Microsoft Teams タブの DevTools

Teams がブラウザーで実行されている場合は、ブラウザーの DevTools(Windows の場合は F12)、macOS の場合は Command-Option-I に簡単にアクセスできます。 ダッシュボードでは、次の項目にもアクセスできます。

  1. コンソール ログを表示します。
  2. 実行時に HTML、CSS、およびネットワーク要求を表示または変更します。
  3. JavaScript コードにブレークポイントを追加し、対話型デバッグを実行します。

注:

この機能は、[開発者プレビュー] が有効にされた後、デスクトップ クライアントと Android クライアントでのみ使用できます。 詳細については、「開発者プレビューを有効にする方法」を参照してください。

デスクトップ上の DevTools にアクセスする

Web バージョンとデスクトップ バージョンの Teams はほぼ同じですが、認証にはいくつかの違いがあります。 何が起こっているかを把握する唯一の方法は、DevTools の使用 である場合があります。 デスクトップ クライアントで DevTools を使用するには、次の手順を実行する必要があります。

  1. [開発者プレビューを有効にする] が有効になっていることを確認します。
  2. DevTools で検査する内容が表示されるようにタブを開きます。
  3. DevTools を開くには、次のいずれかの方法を使用します。
    • Windowsでは、デスクトップ トレイの Microsoft Teams アイコンを使用して DevTools を開きます。

      Windows デスクトップから DevTools を開くオプションを示すスクリーンショット。

    • macOS で、Dock で Microsoft Teams アイコンを選択します。

      macOS ドックから DevTools を開くオプションを示すスクリーンショット。

次の例は、DevTools を開いてタブ構成ダイアログを検査する方法を示しています。

Tab と DevTools を示すスクリーンショット。

Android デバイスから DevTools にアクセスする

Teams Android クライアントから DevTools を有効にすることもできます。 DevTools を有効にするには、次の手順を実行する必要があります。

  1. Android 用 DevTools は、Teams アプリのベータ 版でのみ使用できます。 Teams アプリのベータ版に参加するには、「アプリのベータ版を取得する」に記載されている手順に従います。

    ベータ版に参加するオプションを示すスクリーンショット。

  2. 開発者向けプレビューを有効にします。

  3. デバイスをデスクトップ コンピューターに接続し、リモート デバッグ用に Android デバイスを設定します。

  4. Chrome ブラウザーで、chrome://inspect/#devices を開きます。

  5. 次の図のように、デバッグするタブで検査を選択します。

    Android DevTools を示すスクリーンショット。

関連項目