教育機関向けの Microsoft Teams ライセンスの割り当て

この記事は、教職員、学生にチーム ライセンスを割り当てる必要がある教育の IT 管理者向けです。

ユーザーに Teams の準備をさせるには、次の手順を実行する必要があります。

  1. Microsoft 365 管理センターで学校の Microsoft Teams を有効にします
  2. Teams を含む Microsoft 365 サービスにアクセスするためのライセンスをユーザー アカウントに割り当てます。

Teams ライセンスを割り当てる方法

ユーザー アカウントには、次のいずれかのライセンスを割り当てることができます。

この記事では、Microsoft 365 管理センターでライセンスを割り当てる方法について説明します。

Microsoft 365 管理センターでは、次のいずれかのユーザーにライセンスを割り当てることができます。

  • 特定のユーザーに製品ライセンスを割り当てる [ ライセンス] ページ。
  • ユーザーのライセンスを特定の製品に割り当てる [アクティブなユーザー] ページ。

注意

グローバル管理者、課金管理者、ライセンス管理者、またはユーザー管理の管理者のいずれかである必要があります。詳細については、「Office 365 の管理者ロールについて」を参照してください。

ライセンス ページでユーザーにライセンスを割り当てる

[ライセンス] ページには、サブスクリプションがあるすべての製品、各製品のライセンスの合計数、割り当てられているライセンスの数、使用可能なライセンスの数の一覧が表示されます。

  1. 管理センターの [課金 > ライセンス] ページに移動します。

  2. ライセンスを割り当てる製品を選択します。 Microsoft Teams は、Students SKU の無料Microsoft 365 A1の一部です。

  3. [ライセンスの割り当て] を選択します。

  4. [ユーザーへのライセンスの割り当て] ウィンドウで、名前を入力し始めます。名前のリストが作られて表示されるはずです。

  5. 表示された結果から目的の名前を選択し、リストに追加します。 最大 20 人のユーザーを同時に追加できます。

  6. Microsoft Teams など、特定のアイテムへのアクセス権の割り当てまたは削除を行うには、[アプリとサービスのオン/オフの切り替え] を選択します。 [Microsoft Teams] と [Office for the web (Education)] が選択されていることを確認してください。

  7. 完了したら、[割り当て] を選択し、[閉じる] を選択します。

ユーザーがアクセスできるアプリとサービスを変更する

  1. 目的のユーザーが含まれている行を選択します。

  2. 右側のウィンドウで、アクセス権の付与または削除を行うアプリとサービスを選択または選択解除します。

  3. 完了したら、[保存] を選択し、[閉じる] を選択します。

[アクティブなユーザー] ページでユーザーにライセンスを割り当てる

  1. 管理センターで、[ユーザー > アクティブ ユーザー] ページに移動します。

  2. ライセンスを割り当てるユーザー名の横にある丸を選択します。

  3. 上部にある [ 製品ライセンスの管理] を選択します。

  4. [製品ライセンスの管理] ウィンドウで、[既存の製品ライセンスの割り当てに追加] > [次へ] の順に選択します。

  5. [既存の製品に追加] ウィンドウで、選択したユーザーに付与するライセンスのトグルを [オン] の位置に切り替えます。 [Microsoft Teams] と [Office for the web (Education)] が選択されていることを確認してください。

    既定により、これらのライセンスに関連付けられているすべてのサービスがユーザーに自動的に割り当てられます。 ユーザーが利用できるサービスを制限できます。 ユーザーに使用させないサービスのトグルを [オフ] の位置に切り替えます。

  6. ウィンドウの下部にある [閉じる****の追加 > ] を選択します。