次の方法で共有


PowerShell を使用して Microsoft Teams でのライブ イベント ポリシーを設定する

注意

Teams ライブ イベントは、以前に発表したように、2024 年 9 月 30 日に非推奨になります。 新しい機能やエクスペリエンスを利用する準備ができたら 、Teams タウン ホール にアップグレードすることをお勧めしますが、ライブ イベントユーザーは 2024 年 9 月以降にイベントをスケジュールできるようになりました。 詳細については、最近の ブログ投稿をお読みください。

次の Windows PowerShell コマンドレットを使用して、Teams のライブ イベントのポリシー設定を設定および割り当てることができます。

以下にいくつかの例を示します。

注意

これらのコマンドレットを実行する前に、Skype for Business Online PowerShell に接続する必要があります。 詳細については、「 Microsoft 365 または Office 365 PowerShell を使用して Skype for Business Online を管理する」を参照してください。

ユーザーがライブ イベントをスケジュールできるようにする

注意

これらの例は、Teams で生成されたイベント用です。

ユーザーがライブ イベントをスケジュールできるようにする

ユーザーにグローバル ポリシーが割り当てられている場合、AllowBroadcastScheduling パラメーターが True に設定されていることを実行して確認します。

Get-CsTeamsMeetingBroadcastPolicy -identity Global

次に、ユーザーをグローバル ポリシーに割り当て、次を実行します。

Grant-CsTeamsMeetingBroadcastPolicy -Identity {user} -PolicyName $null -Verbose

ユーザーのシナリオ

組織内のすべてのユーザーがライブ イベントをスケジュールできるようにする

ユーザーにグローバル ポリシーが割り当てられている場合は、 AllowBroadcastScheduling が True に設定されていることを実行して確認 します

Get-CsTeamsMeetingBroadcastPolicy -identity Global

ユーザーにグローバル ポリシー以外のポリシーが割り当てられている場合、AllowBroadcastScheduling* が True に設定されていることを実行して確認します。

Get-CsTeamsMeetingBroadcastPolicy -identity {policy name}

組織全体でライブ イベントのスケジュール設定を無効にする場合

ライブ イベントのスケジュール設定を無効にし、次を実行します。

Set-CsTeamsMeetingBroadcastPolicy -identity Global -AllowBroadcastScheduling $false

組織内のすべてのユーザーをグローバル ポリシーに割り当て、次を実行します。

Grant-CsTeamsMeetingBroadcastPolicy -Identity {user} -PolicyName $null -Verbose

多数のユーザーがライブ イベントをスケジュール設定し、一連のユーザーがそれらをスケジュールできないようにする必要がある

AllowBroadcastSchedulingTrue に設定されていることを実行して確認します。

Get-CsTeamsMeetingBroadcastPolicy -Identity Global

次に、1 人または複数のユーザーをグローバル ポリシーに割り当て、次を実行します。

Grant-CsTeamsMeetingBroadcastPolicy -Identity {user} -PolicyName $null -Verbose

ライブ イベントのスケジュール設定を許可しない新しいポリシーを作成し、次を実行します。

New-CSTeamsMeetingBroadcastPolicy -Identity DisabledBroadcastSchedulingPolicy

ライブ イベントのスケジュール設定を無効にし、次を実行します。

Set-CsTeamsMeetingBroadcastPolicy -Identity DisabledBroadcastSchedulingPolicy -AllowBroadcastScheduling $false

次に、このポリシーにユーザーを割り当て、次を実行します。

Grant-CsTeamsMeetingBroadcastPolicy -Identity {user} -PolicyName DisabledBroadcastSchedulingPolicy -Verbose

多数のユーザーのライブ イベント スケジュール設定を無効にし、一連のユーザーがそれらをスケジュール設定できるようにする場合

ライブ イベントのスケジュール設定を無効にし、次を実行します。

Set-CsTeamsMeetingBroadcastPolicy -identity Global -AllowBroadcastScheduling $false

次に、これらのユーザーをグローバル ポリシーに割り当て、次を実行します。

Grant-CsTeamsMeetingBroadcastPolicy -Identity {user} -PolicyName $null -Verbose

ライブ イベントのスケジュール設定を許可するポリシーを作成し、次を実行します。

New-CSTeamsMeetingBroadcastPolicy -identity EnableBroadcastSchedulingpolicy

ライブ イベントのスケジュール設定を有効にし、次を実行します。

Set-CsTeamsMeetingBroadcastPolicy -identity EnableBroadcastSchedulingpolicy -AllowBroadcastScheduling $true

次に、このポリシーにユーザーを割り当て、次を実行します。

Grant-CsTeamsMeetingBroadcastPolicy -Identity {user} -PolicyName EnableBroadcastSchedulingpolicy -Verbose

ライブ イベントに参加できるユーザーを設定する

グローバル ポリシーを設定して、ユーザーが匿名ユーザーを含む全員が参加および実行できるイベントを作成できるようにします。

Set-CsTeamsMeetingBroadcastPolicy -Identity Global -BroadcastAttendeeVisibility Everyone  

ライブ イベントの記録オプションを設定する

注意

この設定は、Teams で作成されたイベントにのみ適用されます。

ライブ イベントの記録を無効にするグローバル ポリシーを設定します。

Set-CsTeamsMeetingBroadcastPolicy -Identity Global -BroadcastRecordingMode AlwaysDisabled 

ライブ イベントでライブ キャプションと字幕を設定する

注意

この設定は、Teams で作成されたイベントにのみ適用されます。

イベント参加者のライブ キャプションと字幕 (文字起こし) をオンにするグローバル ポリシーを設定します。

Set-CsTeamsMeetingBroadcastPolicy -Identity Global -AllowBroadcastTranscription $true 

Teams のライブ イベントをセットアップする

Teams での PowerShell の概要