Share via


Microsoft Teams PowerShell を使用して Teams を管理する

この記事では、Microsoft Teams PowerShell を使用して Teams を管理する方法について説明します。

このガイダンスは 、Microsoft Teams コマンドレット リファレンスと組み合わせて使用します。

Teams 管理センターで Teams を管理するには、「Azure Cloud Shellを使用して Teams を管理する」を参照してください。

PowerShell を使用してチームを作成および管理する

チームを作成し管理するためのコマンドレットは、Microsoft Teams PowerShell モジュールにあります。

Teams はOffice 365グループによってサポートされるため、チームを作成するときにグループを作成します。 コア チームとその設定 (、、)、チーム ユーザーの管理 (new-team、)、get-teamset-teamおよびチームのチャネルを管理するためのコマンドレット (add-teamusernew-teamchannelremove-teamchannel) で動作するためのコマンドレットのセットが用意remove-teamuserされています。 これらのコマンドレットはすべてエンド ユーザーとして実行できますが、自分が所有している、またはメンバーであるチームのみが機能します。 グローバル 管理または Teams 管理者の場合は、organization内のすべてのチームを操作できます。

New-Team -DisplayName "Contoso Marketing" -Description "Collaboration space for Contoso's Marketing department"

注意

Microsoft Teams PowerShell モジュールのコマンドレットで使用されている GroupId は、Exchange PowerShell モジュールで Get-UnifiedGroup により返された Identity プロパティと同じです。

Azure Cloud Shellを使用して Teams を管理する

Cloud Shellは、リソースを管理できる、対話型の認証されたブラウザーからアクセス可能なシェルです。 Cloud Shellの詳細については、「Azure Cloud Shell」を参照してください。

Azure Cloud Shellにアクセスし、PowerShell を使用して Teams を管理するには、Teams 管理センターにサインインします。

  1. 右上隅にあるCloud Shell アイコンを選択します。

    Cloud Shell アイコンが表示された Teams 管理センター ヘッダーのスクリーンショット。

  2. メッセージが表示されたら、[ PowerShell] を選択します。

    Azure Cloud Shell プロンプトのスクリーンショット。

  3. 次のコマンドを実行して、Teams PowerShell セッションを開始します。

    Connect-MicrosoftTeams
    

これらの手順を完了すると、Teams PowerShell コマンドを実行する準備が整います。

Important

Cs* コマンドレットを使用する場合は、まず コマンドを使用 Connect-MicrosoftTeams -UseDeviceAuthentication して Teams に接続する必要があります。

PowerShell を使用してポリシーを管理する

Microsoft Teams コマンドレット モジュールでポリシーを管理するためのコマンドレットを見つけます。

ポリシーは、個々のユーザーに細かく適用できる設定のまとまりです。 各ポリシーの種類にはポリシーそのものの作成、表示、削除、更新を行い、これらのポリシーをユーザーに割り当てるための独自のコマンドレットのセットがあります。 一般的な構成は次のとおりです。

  • GET コマンド (例: Get-CsTeamsMeetingPolicy): 使用するために Microsoft によって作成されたポリシーや、作成したカスタム ポリシーなど、organizationで割り当て可能なポリシー ドキュメントを返します。

    • organizationで作成したカスタム ポリシーのみを検索するには、 を使用-Filter "tag:*"します。
  • NEW コマンド (例: New-CsTeamsMeetingPolicy): organization内のユーザーに割り当てるorganizationの新しいポリシーを作成します。 すべてのポリシーがカスタム ポリシーの作成をサポートするわけではありません。 多くの場合、組織で使用するポリシーに、サポート対象の設定の組み合わせがあることを確認するためです。

  • SET コマンド (例: Set-CsTeamsMeetingPolicy): 特定のポリシーの特定の値を設定します。 一部のポリシーには SET コマンドが使用できない場合や、ポリシーでカスタマイズできないパラメーターが含まれている場合があります。 PowerShell の説明では、カスタマイズできないパラメーターが示されます。

    • カスタム ポリシーが割り当てられていない組織内のユーザーに既定で割り当てられるポリシーを編集するには、Set-Cs<PolicyName> -Identity Global を実行します。
  • REMOVE コマンド (例: Remove-CsTeamsMeetingPolicy): テナントで作成されたカスタム ポリシーを削除します。 組織内の少なくとも 1 人のユーザーに割り当てられているカスタム ポリシーを削除した場合、そのユーザーはグローバル ポリシーに戻ります。

    • organizationでグローバル ポリシーを実際に削除することはできませんが、organizationのグローバル ポリシーを Microsoft が提供する既定の設定にリセットする場合は、 を実行Remove-Cs<PolicyName> -Identity Globalします。
  • GRANT コマンド (例: Grant-CsTeamsMeetingPolicy): 特定のユーザーにポリシーを割り当てます。

    • カスタム ポリシーの割り当てを削除し、組織の既定のポリシーにユーザーを戻すには、Grant-Cs<PolicyName> -Identity <User Identity> -PolicyName $null を実行します。

ヒント

すべてのポリシーでカスタム ポリシーの作成が許可されているわけではなく、一部のポリシーにはカスタマイズできない設定が含まれています (そのため、設定は表示できますが、set-new- の間にカスタム値を設定できません)。 各コマンドレットのドキュメントでは、パラメーターが顧客が使用できるかどうかを示します。

共通パラメーター:

  • Identity: Get-Set-New-Remove- の場合、Identity パラメーターは常に特定のポリシー インスタンスを参照します。 Grant の場合、Identity パラメーターは、ポリシーが適用されている特定のユーザー オブジェクトを参照します。

PowerShell を使用して構成を管理する

Microsoft Teams コマンドレット モジュールで、構成を管理するためのコマンドレットを見つけます。

構成は、ユーザー レベルでは指定できない、サービスで維持される設定のバケットです。 設定は常に組織全体に適用されます。 グローバル構成は、組織で唯一の有効な構成です。 各構成の種類には、次の 2 つの主なコマンドレットが用意されています。

  • Get-Cs<ConfigurationName> (例: Get-CsTeamsClientConfiguration):

  • SET コマンド (例:Set-CsTeamsClientConfiguration ): その種類の構成でプロパティを設定します。 変更するパラメーターを指定します。

    注意

    Identity Global の指定、または Get-Cs<ConfigurationName> | Set-Cs<ConfigurationName> の実行のいずれかの方法で変更を行っている構成を参照できます。

管理者の役割がそれぞれできること

Microsoft Teams 管理者ロールを使用して Teams を管理する 」を参照して、各 PowerShell コマンドレットを実行できる管理者ロールを理解します。

Teams Powershell のインストール

Teams PowerShell のリリース ノート

Teams コマンドレット リファレンス

Teams 管理者ロールを使用してTeams を管理します