Microsoft Teams の管理者ロールを使用して Teams を管理する

Microsoft Entra IDを使用して、Microsoft Teams を管理するためにさまざまなレベルのアクセス権を必要とする管理者を指定できます。 管理者は Teams 全体のワークロードを管理できる場合もあれば、通話品質の問題のトラブルシューティングや組織のテレフォニーのニーズを管理するために委任されたアクセス許可を持つ場合もあります。

Teams でのロールと能力

利用できる Teams の管理者ロールにはいくつかの種類があり、Teams 管理者、Teams 通信管理者、Teams 通信サポート スペシャリスト、Teams 通信サポート エンジニア、および Teams デバイス管理者が含まれます。 次の表を確認し、それぞれのロールに許可されている操作および、管理者が Microsoft Teams 管理センターや PowerShell で使用できるツールについて理解してください。

これに従うには、管理者である必要があります。アクセス許可を取得する手順については、この記事を参照してください。

役割 実行可能なタスク アクセス可能なツール
Teams 管理者 Teams サービスの管理、および Microsoft 365 グループの管理と作成を行います。 次の機能を含む、Microsoft Teams 管理センターのすべての機能および関連する PowerShell コントロール:
  • 会議ポリシー、構成、会議ブリッジなどを含む会議の管理。1、2
  • 通話ポリシーや電話番号の在庫管理と割り当てなどを含む音声通話の管理。1、3
  • メッセージング ポリシーなどを含むメッセージングの管理。1、2
  • フェデレーション、Teams のアップグレード、Teams クライアントの設定を含む組織全体にわたる設定を管理する。1、2
  • メンバーシップ (PowerShell 経由でサポートされるグループ管理や Teams 管理センターでのチーム管理) を含む、組織でのチームの管理および関連する設定の管理。1、2
  • Teams 認定デバイスを管理し、構成ポリシーを設定して割り当てる。1
  • ユーザー プロファイル ページの確認および高度なトラブルシューティング ツールセットを使用したユーザーの通話品質の問題のトラブルシューティング。2
  • Microsoft Teams 管理センターですべてのレポートにアクセスする
  • 通話品質の低下による影響を受けたユーザーに対する、通話品質ダッシュボード (CQD) に表示されるデータを使用した、テナントの通話品質および信頼性の確認、監視、およびトラブルシューティング。 新しい通話品質レポートを作成し、通話品質レポートを必要に応じて更新および削除します。 CQD 構築データをアップロードおよび更新します。
  • Microsoft Teams 管理センターのテナント アプリ カタログにアプリを公開する
Teams 通信管理者 Teams サービス内の通話機能および会議機能を管理します。 会議ポリシー、構成、会議ブリッジなどを含む会議の管理。1、2

通話ポリシーや電話番号の在庫管理と割り当てなどを含む音声通話の管理。1、3

ユーザー プロファイル ページの確認および高度なトラブルシューティング ツールセットを使用したユーザーの通話品質の問題のトラブルシューティング。2

通話品質の低下による影響を受けたユーザーに対する、通話品質ダッシュボード (CQD) に表示されるデータを使用した、テナントの通話品質および信頼性の確認、監視、およびトラブルシューティング。 新しい通話品質レポートを作成し、通話品質レポートを必要に応じて更新および削除します。 CQD 構築データをアップロードおよび更新します。
Teams 通信サポート エンジニア 高度なツールを使用した、Teams 内での通信に関する問題のトラブルシューティング。 ユーザー プロファイル ページの確認および高度なトラブルシューティング ツールセットを使用したユーザーの通話品質の問題のトラブルシューティング。2

通話品質の低下による影響を受けたユーザーに対する、通話品質ダッシュボード (CQD) に表示されるデータを使用した、テナントの通話品質および信頼性の確認、監視、およびトラブルシューティング。
Teams 通信サポート スペシャリスト 基本的なツールを使用した、Teams 内での通信に関する問題のトラブルシューティング。 通話分析で通話をトラブルシューティングするための、ユーザー プロファイル ページへのアクセス。 検索されている特定のユーザーのユーザー情報のみを表示可能。2

通話品質ダッシュボード (CQD) に表示されるデータを使用した、テナントの通話品質および信頼性の確認、監視、およびトラブルシューティング。
Teams デバイス管理者 Teams サービスで使用するように構成されたデバイスを管理します。 デバイスの構成と更新を管理し、接続された周辺機器のデバイスの正常性と状態を確認し、構成プロファイルを設定および適用し、デバイスを再起動します。

Teams デバイス管理者の役割には、通話品質データまたは通話分析へのアクセスがありません。 品質通話データまたは通話分析を表示するには、Teams コミュニケーション管理者の役割が割り当てられている必要があります。

Teams テレフォニー管理者 Teams サービスのテレフォニー機能を管理する 通話ポリシー、電話番号の管理と割り当て、音声アプリケーションなど、音声とテレフォニーを管理します。

Teams 管理センターからの公衆交換電話網 (PSTN) 使用状況レポートへのアクセス。

[ユーザー プロファイルの表示] ページ。

Azure とMicrosoft 365 管理センターでサポート チケットを作成して管理します。

1PowerShell - Microsoft Teams モジュール
2Microsoft Teams 管理センター3 Teams 管理者アカウントには、有効な Teams ライセンスが必要です。

Microsoft Teams を管理するために使用可能な管理ツールの詳細については、「Microsoft Teamsを管理する」を参照してください。

制限、仕様、および Teams に適用されるその他の要件の詳細については、「Microsoft Teams の制限および仕様」を参照してください。

ユーザーをロールに割り当てる

これらのロールには、Microsoft Entra IDでユーザーを割り当てることができます。 Microsoft Entra IDでユーザーに管理ロールを割り当てる方法については、「Microsoft Entra IDで管理者ロールにユーザーを割り当てる」を参照してください。

各ロールが使用可能なコマンドレット

これらの管理者ロールの PowerShell ツールのほとんどは、Teams PowerShell モジュールに含まれています。

コマンドレットの完全な一覧を表示するには、次のように入力します。

Get-Command -Module MicrosoftTeams