Share via


通話 & 会議の Teams ポリシー ベースの記録の概要

ポリシーベースの記録を使用すると、Microsoft Teams で通話や会議を行う組織は、通話と会議を管理者ポリシーを通じて自動的に記録するタイミングを決定できます。 組織は、関連する企業または規制ポリシーで必要に応じて、その後の処理と保持のために通話や会議をキャプチャするタイミングを決定することもできます。

Teams は、パートナー記録ソリューションの統合をサポートするように強化されています。 これらの機能強化では、Teams 通信の構成、管理、記録、保存、分析のためのエンド ツー エンド のソリューションを提供するために必要なプラットフォーム機能、ユーザー エクスペリエンス、管理インターフェイスについて説明します。 機能強化には、通信プラットフォーム API と記録用のイベントが含まれており、次の機能が提供されます。

  • デバイス間でのシームレスで高品質なメディア キャプチャ、およびオーディオ、ビデオ、画面共有、チャットでサポートされているすべてのエンドポイント。

  • Teams ユーザーとサポートされている通話エンドポイント (Teams、Teams Mobile、Skype for Business、PSTN) 間の対話キャプチャのサポート。

  • 既存の Teams 管理通話と会議ツールとポリシーとの統合を含む、コンプライアンス記録用の新しい管理ポリシー。

コンプライアンス記録は、Microsoft 365 A3/A5/E3/E5/Business Premium、Office 365 A3/A5/E3/E5 ユーザー、Teams Rooms ライセンス、または Microsoft Teams 共有デバイス ライセンスで有効にすることができます。

注意

コンプライアンス記録は現在、E911 緊急通報サービスではサポートされていません。

コンプライアンス記録ソリューション統合機能は、 コンプライアンス記録と Microsoft Teams セッションの Ignite 2019 でも確認されました。

Teams の対話記録の概要

対話記録のユース ケースは、画像に示すように、記録機能の 4 つの主要なカテゴリ (利便性、機能、組織、および適法傍受) に効果的に分けることができます。

操作の内容と理由を記録しているスクリーンショット。

カテゴリごとに異なる要件があります。 要件は、記録の開始方法、記録内容、記録の保存場所、通知を受け取るユーザー、アクセスを制御するユーザー、保持の処理方法によって異なります。

種類 利便性 (通常の Teams レコーディング) 組織 - 規制 (コンプライアンス記録)
イニシエーター ユーザー 管理 (システム)
Target 通話ごと/会議 ユーザーごと
ストレージ所有者 ユーザー コンプライアンス
通知が必要ですか? Yes はい
アクセス所有者 ユーザー コンプライアンス
アイテム保持ポリシー 省略可能 Yes

Teams には、会議やライブ イベントの 便利 で機能的な記録のためのさまざまな機能が用意されています。 組織の記録では、Microsoft Teams を使用して通話や会議を行う組織が、通話と会議を自動的に記録する必要がある場合に管理者ポリシーを使用して決定できます。 組織は、関連する企業または規制ポリシーで必要に応じて、その後の処理と保持のために通話や会議をキャプチャするタイミングも決定します。

この割り当てられたポリシーを持つユーザーは、Teams とのデジタル対話が記録されていることを認識しています。 また、操作が完了すると、記録を無効にすることも、記録にアクセスすることもできないこともわかっています。 記録は組織アーカイブの一部になります。 このアーカイブは、電子情報開示、訴訟ホールド、およびその他の企業リテンション期間の使用に関するコンプライアンス担当者および法務担当者が利用できます。

ユーザーのニーズの例

ペルソナ ニーズ
記録されたユーザー
  • 記録中に通知を受け取ります。

  • ポリシーやレコーダーのエラーによって呼び出し動作が変更されている場合に通知されます。

コミュニケーション管理者
  • Teams ユーザー/エンドポイントに記録ポリシーを適用/適用する理由と方法について説明します。

  • organizationの Teams 記録ポリシーを構成して管理します。

  • Teams の通話と会議に関する記録関連の問題を監視およびトラブルシューティングします。

  • 使用、品質、信頼性に関する運用分析で内部コンプライアンス責任者をサポートします。

コンプライアンス責任者
  • 適切な地域の境界でコンプライアンス義務を満たすために必要な方法ですべての Teams 通信を収集します。

  • 通信関連のメタデータまたは対話コンテンツに基づく対話のSearch。 一般的な例を次に示します。

    • メタデータ - 参加者、時間、方向、ダイヤル番号、配信元番号、カスタム ビジネス データ。

    • コンテンツ – 文字起こし、センチメント、音声学、関連する相互作用。

  • 収集された通信を分析して操作します。収集中の対話を監視する機能も含まれます。

  • 収集された通信のセキュリティを確保し、すべての段階で改ざんを防ぎます。

ソリューション アーキテクチャの概要

コンプライアンス記録ソリューションは、次の図に示すように Teams と統合されています。

チーム のカスタム アプリ設定を示すスクリーンショット。

注意

このソリューションは、Teams でのポリシー ベースのコンプライアンス記録を有効にするために特別に設計されています。 このソリューションのその他の使用はサポートされません。

レコーダー

コンプライアンス記録ソリューションのコア コンポーネントは、レコーダーです。 レコーダーは、 Microsoft の通信プラットフォームを使用 し、Microsoft Graph にアプリケーションとして登録するスケーラブルな Azure ベースのサービス (ボット) として構築されています。 レコーダーは、Teams 呼び出しと会議 通信プラットフォーム API との 直接的な対話を提供し、メディア インジェストのエンドポイントを提供します。

サンプル コンプライアンス レコーダー アプリケーションを使用して、ボットを構成し、アプリ インスタンスを作成し、コンプライアンス ポリシーを割り当てる方法を示します。 このサンプルには、 着信呼び出し ルーティングの処理、 記録状態の変更、記録 されているユーザーの削除など、特定の操作を記録するための API の使用例もあります。 特定の API に関するグラフ ドキュメントについては、 updateRecordingStatusincomingContext に関するページを参照してください。

レコーダー サービスの正確な実装はパートナーによって異なりますが、複数のレコーダーをサポートするように設計する必要があります。 この要件は、Teams からレコーダーへの待機時間を短縮するために、デプロイの高可用性と地理的な分散を実現するために必要です。 さらに、レコーダー自体が回復性と冗長性を念頭に置いて設計されることが期待されます。

パートナーは、認定のためにソリューションを提出する前に、Microsoft Graph 通信 API と SDK の最低限必要なリリース バージョンを Microsoft と確認する必要があります。 この要件により、コンプライアンス記録統合のすべての要件が確実にサポートされます。

コンプライアンス記録シナリオの基本的な要件:

  • レコーダー ボットは Azure にデプロイする必要があります。

  • レコーダー ボットは、Azure の Windows VM で実行する必要があります。

  • レコーダー ボットの送信ファイアウォールの宛先 IP アドレスは、Azure パブリック IP 範囲に対して開いている必要があります。

  • レコーダー ボットの受信ファイアウォールのソース IP アドレスは、Azure パブリック IP 範囲に対して開いている必要があります。

Azure と Windows VM の要件は Teams Bot コンポーネントにのみ適用されます。つまり、コンプライアンス記録に関連するパフォーマンスと機能の要件を満たすことができる場合は、パートナーが選択したプラットフォームの残りの部分を実装する可能性があります。

コンプライアンス記録ポリシーの割り当てとプロビジョニング

IT 管理者は、コンプライアンス記録ポリシーを作成して割り当てることで、記録するユーザーと、各ユーザーに使用するレコーダーを決定できます。 レコーダーは、通信の対話が行われるとき、これらのポリシーの構成に基づいて会話に参加するように自動的に招待されます。 コンプライアンス記録ポリシーは Microsoft PowerShell を使用して管理され、organizationごとにテナント、ユーザーごと、およびセキュリティ グループ レベルで適用できます。 Microsoft Learn for Meeting ポリシー通話ポリシー 、グループ ポリシーの詳細については、こちらをご覧 ください

  1. テナントにアプリケーション インスタンスを作成します。

    PS C:\> New-CsOnlineApplicationInstance -UserPrincipalName cr.instance@contoso.onmicrosoft.com -DisplayName ComplianceRecordingBotInstance -ApplicationId fcc88ff5-a42d-49cf-b3d8-f2e1f609d511
    
    RunspaceId        : 4c13efa6-77bc-42db-b5bf-bdd62cdfc5df
    ObjectId          : 5069aae5-c451-4983-9e57-9455ced220b7
    TenantId          : 5b943d7c-5e14-474b-8237-5022eb8e0dc9
    UserPrincipalName : cr.instance@contoso.onmicrosoft.com
    ApplicationId     : fcc88ff5-a42d-49cf-b3d8-f2e1f609d511
    DisplayName       : ComplianceRecordingBotInstance
    PhoneNumber       :
    
    PS C:\> Sync-CsOnlineApplicationInstance -ObjectId 5069aae5-c451-4983-9e57-9455ced220b7
    
  2. コンプライアンス記録ポリシーを作成します。

    PS C:\> New-CsTeamsComplianceRecordingPolicy -Identity TestComplianceRecordingPolicy -Enabled $true -Description "Test policy created by tenant admin"
    
    Identity                        : Global
    ComplianceRecordingApplications : {}
    Enabled                         : True
    WarnUserOnRemoval               : True
    Description                     : Test policy created by tenant admin
    
    PS C:\> Set-CsTeamsComplianceRecordingPolicy -Identity TestComplianceRecordingPolicy `
    -ComplianceRecordingApplications @(New-CsTeamsComplianceRecordingApplication -Id 5069aae5-c451-4983-9e57-9455ced220b7 -Parent TestComplianceRecordingPolicy)
    

    「Set-CsTeamsComplianceRecordingPolicy」を参照してください。

  3. コンプライアンス記録ポリシーをユーザーに割り当てます。

    PS C:\> Grant-CsTeamsComplianceRecordingPolicy -Identity testuser@contoso.onmicrosoft.com -PolicyName TestComplianceRecordingPolicy
    

    「Grant-CsTeamsComplianceRecordingPolicy」を参照してください。

    PS C:\> Get-CsOnlineUser testuser@contoso.onmicrosoft.com | select SipAddress, TenantId, TeamsComplianceRecordingPolicy | fl
    
    UserPrincipalName              : testuser@contoso.onmicrosoft.com
    TenantId                       : 5b943d7c-5e14-474b-8237-5022eb8e0dc9
    TeamsComplianceRecordingPolicy : TestComplianceRecordingPolicy
    

ユーザー エクスペリエンス

通知のサポートは、Teams クライアント エクスペリエンスを使用して有効になります。 エクスペリエンスには、ビジュアルまたはオーディオを使用できます。

Teams クライアント - 視覚的な通知

  • デスクトップ/Web
  • モバイル (iOS/Android)
  • Teams 電話
  • Teams ルーム

その他のエンドポイント - 音声通知

  • SIP 電話
  • Skype for Business
  • 電話会議 (ダイヤルイン番号の既定またはユーザーが選択した言語での音声通知)
  • PSTN 発信者 (Teams ユーザーの既定の言語での音声通知)

注意

コンプライアンス記録は、会議モードの通話キューではサポートされていません。 転送モードの呼び出しキューを使用してください。 ユーザーがインターネットの停止を経験し、SBA を使用して PSTN 通話を発信および受信している場合、コンプライアンス記録は機能しません。

Teams 認定プログラムのコンプライアンス記録

パートナーが CCaaS ソリューションを開発して Teams と統合できるようにする公開 API の公開に加えて、Microsoft Teams 認定プログラムのコンプライアンス記録を開発しました。 このプログラムは、各参加パートナーのソリューションがテストおよび検証されていることを保証します。 お客様は、パートナーが Microsoft ソリューションに期待する品質、互換性、信頼性を提供することを保証できます。

次のパートナーは、Microsoft Teams のソリューションを認定します。

パートナー ソリューションの Web サイト
ASC テクノロジ https://www.asctechnologies.com/english/ASC_Recording_Insights_Compliance_Recording_for_Microsoft_Teams.html
AudioCodes https://online.audiocodes.com/smarttap-360-live-for-microsoft-teams
CallCabinet https://www.callcabinet.com/compliance-microsoft-teams-call-recording
Dubber https://www.dubber.net/call-recording/
Insightful テクノロジ https://insightfultechnology.com/teams/
Mida Solutions https://www.midasolutions.com/recorder-for-teams/
素敵なEngage https://www.nice.com/products/workforce-engagement/call-recording/air-and-engage
NICE NTR-X https://www.niceactimize.com/compliance/ms-teams-recording.html
Numonix https://numonix.cloud
オークイノベーション https://www.oakinnovate.com/clarify
赤いボックス https://www.redboxvoice.com/compliance-recording-for-microsoft-teams
テタ湖 https://thetalake.com/integrations/microsoft/
Verint https://www.verba.com/solutions/microsoft-teams-recording
オークイノベーション https://www.oakinnovate.com/clarify

次のパートナーは、Microsoft Teams のソリューションを認定する過程にあります。

パートナー ソリューションの Web サイト
Cloud World Wide Services https://recordia.net/microsoft-teams-call-recording/
GuardRec https://www.guardrec.com/en/teams-compliance-recording/
Landis Technologies https://landistechnologies.com/
Luware https://luware.com/en/solution/microsoft-teams-recording/
Redwood Technologies https://www.contentguru.com/en-gb/solutions/needs/compliance-recording-ms-teams/

この一覧は、より多くのパートナーが参加し、認定基準を満たすにつれて更新されます。

サポートの境界

Microsoft では、認定パートナーからのコンプライアンス記録ソリューションのみをサポートしています。 問題が発生した場合は、まずコンプライアンス記録パートナーに問い合わせる必要があります。 必要に応じて、コンプライアンス記録パートナーは内部チャネルを通じて問題を Microsoft に提供します。 Microsoft は、認定されていないコンプライアンス記録ソリューションが使用されているサポート ケース、または調査で問題がパートナーが対処できる問題であることが示されている場合は、サポート ケースを拒否する場合があります。

次の手順

より多くのコンテキストと詳細を指定する必要がある場合は、 にメールを送信します Teamscategorypartner@microsoft.com。 認定プログラムに参加しようとしているベンダーの場合は、次の手順として呼び出し元のプラットフォームの取り込みを入力します。

プラットフォームの取り込みを呼び出す