Teams Exploratory 試用版からユーザーをアップグレードする

この記事では、ユーザーを Teams Exploratory 試用版から有料の Teams ライセンスにアップグレードする方法の概要を説明します。

ステップ 1: アップグレードするタイミング

組織の Teams Exploratory 試用版が期限切れになる時期とアクティブなユーザーの数を確認するには、Microsoft 365 管理センターで製品課金>に移動します。 Teams Exploratory の試用版の有効期限が切れる前にも通知されます。

大事な

ユーザーが Teams にアクセスできなくなることがないように、有効期限が切れる前にユーザーを有料ライセンスにアップグレードする計画を立てる必要があります。

ユーザーは、試用期間の満了日から 30 日後に Teams にアクセスできなくなります。 有効期限から 60 日以内にユーザーに有料ライセンスが割り当てられている限り、ユーザーは Teams へのアクセスを回復でき、すべてのコンテンツが引き続き存在します。 ただし、60 日後、ユーザーのデータは削除されます。 Teams の機能を有効にするために新しいライセンスがユーザーに割り当てられた後、猶予期間内にユーザーが追加された場合、すべてのコンテンツが残ります。 詳細については、「サブスクリプションが終了したとき、データとアクセスはどうなりますか?」を参照してください。

ステップ 2: アップグレード パスを選択する

ヒント

期限切れの Teams Exploratory 試用版をアップグレードする場合は、Teams Essentials を主要なオプションとしてお勧めします。 詳細については、「Microsoft Teams Essentials と他のプランを比較する」 を参照してください。

組織が現在持っているサブスクリプションに応じて、Microsoft Teams Exploratory 試用版から有料ライセンスにアップグレードする方法は 3 つあります。

  • 既存の Microsoft 365 サブスクリプションをアップグレードします。 組織に Teams を含まない他の Office 製品のサブスクリプションがある場合は、このオプションを使用します。 詳細については、「別のビジネス プランにアップグレードする」を参照してください。 既存のサブスクリプションのアクティブなユーザーを表示するには、Microsoft 365 管理センターの [ユーザー>のアクティブ ユーザー] に移動します。

  • 既存の Microsoft 365 サブスクリプションを追加します。 組織が Teams Exploratory ユーザーをカバーするのに十分な有料 Teams ライセンスを所持していない場合は、このオプションを使用してください。 詳細については、「ライセンスの購入/削除」をご覧ください。 すでに十分な使用可能なライセンスがある既存のサブスクリプションにユーザーを追加するには、「ユーザーを別のサブスクリプションに移動する」を参照してください。 既存のサブスクリプションのアクティブなユーザーを表示するには、Microsoft 365 管理センターの [ユーザー>のアクティブ ユーザー] に移動します。

  • 新しい Microsoft 365 サブスクリプションを購入する 組織に Office 製品の既存のサブスクリプションがない場合、または組織がTeams Exploratory ユーザーを対象とするために既存のサブスクリプションとは異なるサブスクリプションを購入したい場合は、このオプションを使用します。 詳細については、「一般法人向け Microsoft 365 サブスクリプションのライセンスを購入する」を参照してください。

アップグレードする Microsoft 365 サブスクリプションがわからない場合は、Microsoft 365 for Business を参照してください。 サブスクリプションの選択についてさらにサポートが必要な場合、または組織で 300 を超えるライセンスが必要な場合は、Microsoft パートナーまたは Microsoft アカウント担当者にお問い合わせください。

ステップ 3: 有料ライセンスを割り当てる

大事な

Teams Exploratory ライセンスの割り当てを解除する前に、アップグレードするすべてのユーザーに新しいライセンスを割り当ててください。 そうしないと、有料ライセンスを割り当てるまで、Teams にアクセスできなくなります。

新しく取得したライセンスを割り当てるには、「ユーザーにライセンスを割り当てる」をご覧ください。

新しいライセンスを割り当てたら、Teams Exploratory ライセンスの割り当てを解除します。 詳細については、「ユーザーからライセンスの割り当てを解除する」を参照してください。

自動要求ポリシー

次回アップグレードするときは、自動請求ポリシーを使用して組織のポリシーを作成し、有料サブスクリプションから Teams ライセンスを取得していない新しいユーザーにライセンスを自動的に割り当てます。 詳細については、「自動請求ポリシーを管理する」を参照してください。