Microsoft Teams のトランシーバー アプリ

トランシーバーの概要

Microsoft Teams の Walkie Talkie アプリは、チームにインスタント プッシュツートーク (PTT) 通信を提供し、Android および iOS デバイスで利用できます。 トランシーバーを使用すると、ユーザーは、メンバーと同じ基本チャネルを使用してチームとつながることができます。

チャネルで Walkie Talkie に接続するユーザーのみが参加者になり、PTT を使用して相互に通信できます。 ユーザーは、[ リッスンを停止] をタップするまで送信を受け取り続けます。 Walkie Talkie は、標準のオープン チャネルでの通信をサポートしています。 共有チャネルとプライベート チャネルではサポートも機能もしません。

Teams の Walkie Talkie を使用すると、ユーザーはかさばるラジオを持ち歩く必要なく、使い慣れた PTT エクスペリエンスと安全に通信でき、Walkie Talkie は WiFi または携帯ネットワーク接続でどこでも動作します。

注意

トランシーバーは現在、中国では利用できません。

ライセンス要件

Walkie Talkie は、Microsoft 365 および Office 365 サブスクリプションの Teams のすべての有料ライセンスに含まれています。 Teams の入手の詳細については、Microsoft Teams を入手操作方法チェックしてください。

ネットワークを準備する

Walkie Talkie にはインターネットへの接続が必要です。 次のガイダンスを使用して、Walkie Talkie のorganizationのネットワークを設定します。

Walkie Talkie をデプロイする

Teams 管理センターから Walkie Talkie を展開および管理できます。 Walkie Talkie は、Google Mobile Services (GMS) と iOS デバイスを使用する Android デバイスでサポートされています。

Important

デプロイは 3 段階のプロセスです。 ユーザーが Walkie Talkie にアクセスするには、3 つの手順をすべて完了する必要があります。

手順 1: organizationで Walkie Talkie が有効になっていることを確認する

Microsoft Teams 管理センターの [アプリの管理] ページで、アプリをorganization レベルで使用できるかどうかを制御します。 organizationでアプリが有効になっていることを確認するには:

  1. Teams 管理センターの左側のナビゲーションで、[Teams アプリ]>[アプリを管理] の順に移動します。
  2. アプリの一覧で、Walkie Talkie アプリを検索して選択し、[ 状態 ] トグルが [許可] に設定されていることを確認します。

手順 2: アプリのアクセス許可ポリシーを作成して割り当てる

Teams 管理センターでアプリのアクセス許可ポリシーを割り当てることで、organizationのどのユーザーが Walkie Talkie を使用できるかを制御します。 詳細については、「Teams のアプリのアクセス許可ポリシーを管理する」を参照してください。

Walkie Talkie がアプリアクセス許可ポリシーで許可されているアプリであり、Walkie Talkie を必要とするすべてのユーザーにポリシーを割り当てることを確認します。

手順 3: アプリセットアップ ポリシーを使用して、ユーザーに Walkie Talkie をピン留めする

手順 3 は、ユーザーが持っているライセンスによって異なります。

E ライセンス: アプリセットアップ ポリシーを使用して Walkie Talkie を Teams にピン留めする

アプリのセットアップ ポリシーを使用すると、チームをカスタマイズして、ユーザーにとって最も重要なアプリをユーザーに固定できます。

ユーザーの Walkie Talkie アプリをピン留めするには、グローバル (組織全体の既定) ポリシーを編集するか、アプリセットアップ ポリシーでカスタム ポリシーを作成して割り当てます。 詳細については、「Teams でアプリの設定ポリシーを管理する」を参照してください。

[ピン留めされたアプリの追加] ウィンドウのピン留めされたアプリの一覧に Walkie Talkie を追加するスクリーンショット。

F ライセンス: 調整済みの現場アプリ エクスペリエンスを使用して、Walkie Talkie やその他のアプリを Teams にピン留めする

Teams のカスタマイズされたフロントライン アプリ エクスペリエンスは、 F ライセンスを持つユーザーにとって Teams で最も関連性の高いアプリをピン留めします。 ピン留めされたアプリには、Walkie Talkie、Shifts、Tasks、Approvals が含まれます。 既定では、この機能はオンになっており、現場の従業員はニーズに合わせてすぐに使えるエクスペリエンスを提供します。

アプリは、ユーザーがすばやく簡単にアクセスできる Teams モバイル クライアントの下部にあるアプリ バーにピン留めされています。

その他設定したアプリ ポリシーでのエクスペリエンスの動作など、詳細については、「現場の従業員向けの Teams アプリの調整」を参照してください。

ネットワークに関する考慮事項

最適なエクスペリエンスを実現するには、次のネットワーク条件が必要です。

測定基準 必須
遅延 (RTT) < 300 ミリ秒
ジッター < 30 ミリ秒
パケット損失 < 1%

説明したように、IP ネットワークを介したリアルタイム メディアの品質は、ネットワーク接続の品質によって大きく影響されますが、特に次の量の影響を受けます。

  • 待機時間 - ネットワーク上のポイント A からポイント B までの IP パケットの取得にかかる時間。 このネットワーク伝達遅延は、2 つのポイント間の物理的な距離と光の速度に関連付けられます。これには、その間のさまざまなルーターによって発生するオーバーヘッドが増えます。 遅延は往復時間 (RTT) として測定されます。
  • 到着間ジッター - 連続するパケット間の遅延の平均変化。
  • パケット損失 - パケット損失は、多くの場合、特定の期間内に失われるパケットの割合として定義されます。 パケット損失は、影響がほとんどない小さな個々の失われたパケットから、完全なオーディオカットアウトを引き起こすバックツーバックバースト損失まで、オーディオ品質に直接影響します。

Walkie Talkie からの予想されるデータ使用量は、オーディオの送受信時に約 20 Kb/秒です。 アイドル状態の場合、トランシーバーからの予想されるデータ使用量はごくわずかです。

また、次の点に注意してください。

  • Walkie Talkie は、低帯域幅の状況、またはユーザーの電話が接続され、動作している状況で適切に動作する必要があります。 Walkie Talkie は、接続がまったくない場合は機能しません。
  • ユーザーがモバイル データを使用して Teams で通信している場合、Walkie Talkie は同じ方法を使用します。

トランシーバー デバイス

現場担当者は、電話がロックされている場合でも、多くの場合、トランシーバーの通話を話したり受け取ったりする必要があります。 この体験は、専用の PTT ボタンを備えた専用デバイスを介して可能です。

ヘッドセット

堅牢な Android スマートフォン

  • Crosscall Core-X4Core-M5Action-X5Core-X5Core-T5

    • 手動セットアップ: Teams がインストールされたら、[ 設定>] ボタンに移動します。 [専用] ボタン (1 または 2) で、[ 長押し] を選択し、[ PTT アプリ] を選択します。 [ カスタム] の横にある青いホイールを選択し、[Teams] を選択 します
  • 京セラ DuraForce Ultra 5GDuraSport 5G

    • 手動セットアップ: Teams がインストールされたら、[設定] [プログラミング可能なキー]> に移動します。 [PTT キー] または [長押し ] (デバイスに応じて) を選択し、[Teams] を選択します
  • Honeywell CT30 XP, CT30 XP HC, EDA51, EDA52, EDA52 HC,

    • 手動セットアップ: Teams がインストールされている場合、専用 PTT ボタンは既定で Walkie Talkie で動作します。

      Important

      Honeywell CT30 を使用しているお客様は、Android バージョン ( A11 HON4290 MR14) にアップグレードする必要があります。

  • Samsung Galaxy XCover Pro, Galaxy XCover 5, Galaxy Tab Active 3

    • 手動セットアップ: Teams がインストールされたら、[設定][詳細設定>][XCover/Active キー] > の順に移動します。 アプリで [コントロール XCover キー] をオンにし、[Teams] を選択 します
    • MDM のセットアップ
  • Sonim XP8

    • 手動セットアップ: Teams がインストールされたら、[設定] [プログラマブル キー]> の順に移動します。 [ PTT キー アプリの選択] を選択し、[Teams] を選択 します
  • Zebra TC5xTC15TC5301TC7xTC2xEC5xEC30MC3300MC9300ET40

    • 手動セットアップ: Teams がインストールされている場合、専用 PTT ボタン (LEFT_TRIGGER_2) は既定で Walkie Talkie と連携します。

注意

これらのデバイスは Teams 認定を受けていません。 Teams トランシーバーで動作することが検証されています。

Bluetooth デバイス

注意

ユーザーが Bluetooth アクセサリを使用している場合は、モバイル デバイス管理 (MDM) ソリューションで Bluetooth デバイスがブロックされていないことを確認します。

Android OS バージョン 12 以降を実行しているデバイスでは、Bluetooth アクセス許可が必要であり、BLE スタックを使用して接続するための場所のアクセス許可は不要になりました。 Teams レベルで "近くのアクセス許可" が付与されていない場合、ユーザーは Bluetooth アクセス許可のプロンプトを受け取ります。 ヘッドセットなどの Bluetooth アクセサリがデバイスに接続されているかどうかに関わらず、このプロンプトが表示されます。 Bluetooth アクセサリが接続されている場合は、[ 許可] をタップすると、Walkie Talkie が Bluetooth アクセサリに接続されます。

Walkie Talkie の使用状況とパフォーマンスに関する分析情報を取得する

Teams 管理センターの Walkie Talkie の使用状況とパフォーマンス レポートには、organizationでの Walkie Talkie アクティビティとパフォーマンスの概要が表示されます。 レポートには、行われた PTT 転送の数、受信した PTT 転送の数、チャネル アクティビティ、転送期間、デバイスと参加者の詳細などの情報が表示されます。

利用可能なデータ所在地

欧州連合データ境界 (EUDB) と英国のテナントの Walkie Talkie 顧客データは、EU にあるデータ センターに格納されます。 その他のすべてのテナントには、米国にあるデータ センターに Walkie Talkie の顧客データが格納されています。 テナントには、データ ストレージ用の特定のデプロイ リージョンの選択肢は用意されていません。

EUDB 内のテナントと見なされる

テナントは、EUDB の国/地域に 既定の地域 を持っているか、サインアップ時に EUDB の国/地域の居住地として国/地域を選択する必要があります。

顧客データの場所を特定するにはどうすればよいですか?

「Microsoft Entra IDとデータ所在地」を参照してください。

エンドユーザーのエクスペリエンス

エンド ユーザー エクスペリエンスの詳細については、次を参照してください。

フィードバックの提供/問題の報告

フィードバックを送信するには、Teams のナビゲーション バーの下部にある [ヘルプ ] を選択し、[ 問題の報告] を選択します。 [ その他] を選択し、発生している問題に関するフィードバックまたは詳細を入力します。 フィードバック レポートの冒頭で、"Walkie Talkie" に関するフィードバックを送信していることを示して、Walkie Talkie の問題を簡単に特定できるようにします。

ユーザーにフィードバックの提供を許可する

ユーザーが Teams に関するフィードバックを Microsoft に送信できるかどうかをポリシーで設定できる場合、organizationのユーザーは、Microsoft へのフィードバックの共有中にログを添付できます。