Office のキャッシュをクリアする

以前に Windows、Mac、または iOS にサイドロードしたアドインを削除するには、コンピューターで Office のキャッシュをクリアする必要があります。

また、アドインのマニフェストに変更を加えた場合は (アイコンのファイル名やアドイン コマンドのテキストを更新した場合など)、Office のキャッシュをクリアし、更新されたマニフェストを使用してアドインをサイドロードし直す必要があります。 これを実行することにより、アドインは更新されたマニフェストの記載どおりに Office で表示されるようになります。

注:

Excel、OneNote、PowerPoint、または Word on the web からサイドロードされたアドインを削除するには、「テストのために Office on the web に Office アドインをサイドロードする: サイドロードされたアドインを削除する」を参照してください。

Windows で Office のキャッシュをクリアする

Windows コンピューターの Office キャッシュをクリアするには、自動、手動、およびMicrosoft Edge開発者ツールの使用という 3 つの方法があります。 メソッドについては、次のサブセクションで説明します。

自動的に

この方法は、アドイン開発用コンピューターに推奨されます。 Office on Windows バージョンが 2108 以降の場合、次の手順では、次に Office を再度開いたときに Office キャッシュをクリアするように構成します。

注:

自動的な方法は Outlook ではサポートされていません。

  1. Outlook を除く任意の Office ホストのリボンから、ファイル>オプション>信頼できるセキュリティ センター>セキュリティ センターの設定>信頼できるアドイン カタログに移動します。
  2. 次回の Office の起動時にチェック ボックスを選択し、以前に起動したすべての Web アドイン キャッシュをクリアします。

手動

Excel、Word、PowerPoint の手動の方法は Outlook とは異なります。

Excel、Word、PowerPoint でキャッシュを手動でクリアする

Excel、Word、PowerPoint からサイドロードされたすべてのアドインを削除するには、次のフォルダーの内容を削除します。

%LOCALAPPDATA%\Microsoft\Office\16.0\Wef\

次のフォルダーが存在する場合は、そのコンテンツも削除してください。

%userprofile%\AppData\Local\Packages\Microsoft.Win32WebViewHost_cw5n1h2txyewy\AC\#!123\INetCache\

Outlook でキャッシュを手動でクリアする

サイドロードされたアドインを Outlook から削除するには、「テスト用に Outlook アドインをサイドロードする」の手順を使用して、インストールされているアドインが一覧表示されたダイアログ ボックスのカスタム アドインセクションでアドインを検索します。アドインの省略記号 (...) を選択し、[削除] を選択して、そのアドインを削除します。 このアドインの削除が機能しない場合は、Excel、Word、PowerPoint について前に説明した Wef フォルダーのコンテンツを削除します。

Microsoft Edge開発者ツールの使用

アドインが Microsoft Edge で実行されているときにWindows 10の Office キャッシュをクリアするには、Microsoft Edge DevTools を使用できます。

ヒント

サイドロードされたアドインに HTML や JavaScript のソース ファイルへの最近の変更を反映させたいだけの場合は、キャッシュをクリアする必要はありません。 代わりに、アドインの作業ウィンドウにフォーカスを置き (タスク ウィンドウ内の任意の場所をクリック)、Ctrl + F5 を押してアドインをリロードします。

注:

次の手順を使用して Office のキャッシュをクリアするには、アドインに作業ウィンドウが必要です。 アドインが UI を使用しない場合 (たとえば、送信時機能を使用するアドインの場合)、次の手順でキャッシュをクリアする前に、同じドメインを SourceLocation に使用するアドインに作業ウィンドウを追加する必要があります。

  1. Microsoft Edge DevTools をインストールします。

  2. アドインを Office クライアントで開きます。

  3. Microsoft Edge DevTools を実行します。

  4. Microsoft Edge DevTools で、[ローカル] タブを開きます。アドインの名前が一覧表示されます。

  5. アドイン名を選択して、アドインにデバッガーをアタッチします。 デバッガーがアドインにアタッチされると、新しい Microsoft Edge DevTools ウィンドウが開きます。

  6. 新しいウィンドウの [ネットワーク] タブで、[キャッシュのクリア] を選択します。

    [キャッシュのクリア] ボタンが強調表示された Microsoft Edge DevTools のスクリーンショット。

  7. これらの手順を完了しても望む結果が得られない場合は、[常にサーバーから更新する] を選択してみてください。

    [常にサーバーから更新する] ボタンが強調表示された Microsoft Edge DevTools のスクリーンショット。

Mac で Office のキャッシュをクリアする

多くの場合、アドインはパフォーマンス上の理由から Office on Mac にキャッシュされます。 通常、キャッシュはアドインを再読み込みすることでクリアされます。 同じドキュメント内に複数のアドインが存在する場合、再読み込み時にキャッシュを自動的にクリアするプロセスは信頼できない可能性があります。

パーソナリティ メニューを使用してキャッシュをクリアする

作業ウィンドウ アドインの [パーソナリティ] メニューを使用してキャッシュをクリアすることができます。 ただし、Outlook アドインではパーソナリティ メニューがサポートされていないため、Outlook を使用している場合は、 キャッシュを手動でクリア するオプションを試すことができます。

  • [パーソナリティ] メニューを選択します。 次に、[Web キャッシュのクリア] を選択します。

    注:

    macOS バージョン 10.13.6 以降を実行して、パーソナリティ メニューを表示する必要があります。

    [パーソナリティ] メニューの [Web キャッシュのクリア] オプションのスクリーン ショット。

キャッシュを手動でクリアする

~/Library/Containers/com.Microsoft.OsfWebHost/Data/ フォルダーのコンテンツを削除することによってキャッシュを手動でクリアすることもできます。 ターミナルからこのフォルダーを探します。

注:

そのフォルダーが存在しない場合は、ターミナル経由で次のフォルダーを確認し、見つかった場合はフォルダーの内容を削除します。

  • {host} が Office アプリケーション (例: Excel) である ~/Library/Containers/com.microsoft.{host}/Data/Library/Caches/
  • {host} が Office アプリケーション (例: Excel) である ~/Library/Containers/com.microsoft.{host}/Data/Library/Application Support/Microsoft/Office/16.0/Wef/
  • ~/Library/Containers/com.microsoft.Office365ServiceV2/Data/Caches/com.microsoft.Office365ServiceV2/
  • ~/Library/Containers/com.microsoft.Office365ServiceV2/Data/Library/Caches/com.microsoft.Office365ServiceV2/

Finder を使用してこれらのフォルダーを検索するには、非表示のファイルを表示するように Finder を設定する必要があります。 Finder は、com.microsoft.Excel ではなく Microsoft Excel などの製品名で Containers ディレクトリ内のフォルダーを表示します。

iOS で Office のキャッシュをクリアする

iOS で Office のキャッシュをクリアするには、アドイン内の JavaScript から window.location.reload(true) を呼び出し、強制的に再読み込みを行います。 または、Office を再インストールします。

関連項目