Application.AccessError メソッド (Access)

AccessError メソッドを使用して、Microsoft Access またはデータ アクセス オブジェクト (DAO) エラーに関連付けられたわかりやすい文字列を返します。

構文

AccessError (ErrorNumber)

expression Application オブジェクトを 表す変数。

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
ErrorNumber 必須 Variant 説明の文字列を指すエラーの番号を指定します。

戻り値

バリアント型

解説

AccessError メソッドを 使用して、エラーが実際には発生しないが、ADO エラーには使用できない場合に、Microsoft Access または DAO エラーに関連付けられた説明的な文字列を返します。

エラーを発生Visual Basicするには、Raise メソッドを使用Visual Basicします。 エラーが発生した後、Err オブジェクトの Description プロパティを読み取って、関連付けられた説明文字列を 特定 できます。

Microsoft Office Access エラーまたは DAO エラーを発生させるために、 Raise メソッドを使うことはできません。 ただし、 AccessError メソッドを使って、エラーを発生させずにエラーについて説明する文字列を取得することができます。

AccessError メソッドを使用 して、フォームの Error イベント内からわかりやすい文字列を します。

Microsoft Office Access エラーが発生した場合は、AccessError メソッドまたは Visual Basic の Err オブジェクトの Description プロパティのどちらかで、説明の文字列を取得することができます。

次の関数は、有効なエラー番号のエラー文字列を返します。

注意

VBA IDE でコードを実行するには、エラー トラップ オプションが [未処理エラー時にブレーク] に設定されている必要があります。 このオプションは、[VBA ツール] メニューの [オプション ] ダイアログ ボックス の [全般] タブで設定できます。

Function ErrorString(ByVal lngError As Long) As String 
 
 Const conAppError = "Application-defined or " & _ 
 "object-defined error" 
 
 On Error Resume Next 
 Err.Raise lngError 
 
 If Err.Description = conAppError Then 
 ErrorString = AccessError(lngError) 
 ElseIf Err.Description = vbNullString Then 
 MsgBox "No error string associated with this number." 
 Else 
 ErrorString = Err.Description 
 End If 
 
End Function

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。