Share via


CustomProperty オブジェクト (Excel)

XML のメタデータとして使用できる識別子情報を表します。

注釈

CustomProperty オブジェクトを取得するには、CustomProperties コレクションの Add メソッドまたは Item プロパティ使用します。

CustomProperty オブジェクトが返されたら、Worksheet オブジェクトの CustomProperties プロパティと Add メソッドを使用して、ワークシートにメタデータを追加できます。

次の使用例では、アクティブ ワークシートに識別子情報を追加し、その名前と値を返します。

Sub CheckCustomProperties() 
 
 Dim wksSheet1 As Worksheet 
 
 Set wksSheet1 = Application.ActiveSheet 
 
 ' Add metadata to worksheet. 
 wksSheet1.CustomProperties.Add _ 
 Name:="Market", Value:="Nasdaq" 
 
 ' Display metadata. 
 With wksSheet1.CustomProperties.Item(1) 
 MsgBox .Name & vbTab & .Value 
 End With 
 
End Sub

メソッド

プロパティ

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。