FormatCondition オブジェクト (Excel)

条件付き書式を表します。

注釈

FormatCondition オブジェクト は、FormatConditions コレクションのメンバー です。 FormatConditions コレクションには、指定したセル範囲に対して、条件付き書式を 4 つ以上含められるようになりました。

新しい 条件付き 書式を作成するには 、FormatConditions オブジェクトの Add メソッドを使用します。 範囲に複数の形式がある場合は、 Modify メソッドを使用して形式のいずれかを変更するか、 Delete メソッドを使用して形式を削除し、 Add メソッドを使用して新しい形式を作成できます。

FormatCondition オブジェクト の Font、BordersInterior プロパティを使用して、書式設定されたセルの外観を制御します。 これらのオブジェクトの一部のプロパティは、条件付き書式オブジェクト モデルではサポートされていません。 次の表に、条件付き書式で使用できるプロパティの一部を示します。

オブジェクト 条件付き書式で使用できるプロパティ
Font 太字ColorIndexFontStyle 体、 り消し線、 ThemeColorThemeFontTintAndShadeおよび下線

会計下線スタイルは使用できません。
Borders xlBottom、xlLeftxlRight、xlTop など、次の罫線を使用できます (その他は サポートされていません)。

次の罫線スタイルを使用できます (その他はサポートされていません)。 xlLineStyleNonexlContinuousxlDashxlDotxlDashDotxlDashDotDotxlGray50xlGray75xlGray25

次の罫線の重みを使用できます (その他はサポートされていません)。 xlHairline と xlThin
Interior ColorColorIndexGradient、Pattern 、PatternColorPatternColorIndexPatternThemeColorPatternTintAndShadeThemeColorTintAndShade

FormatConditions (index) を使用して、条件付 き書式のインデックス番号を index に指定すると、FormatCondition オブジェクトが返 されます。 次の使用例は、セル E1:E10 の既存の条件付き書式の書式プロパティを設定します。

With Worksheets(1).Range("e1:e10").FormatConditions(1) 
 With .Borders 
 .LineStyle = xlContinuous 
 .Weight = xlThin 
 .ColorIndex = 6 
 End With 
 With .Font 
 .Bold = True 
 .ColorIndex = 3 
 End With 
End With

メソッド

プロパティ

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。