Let ステートメント

の値を変数またはプロパティに代入します。

構文

[ Let ] varname=

Let ステートメントの構文には、次の指定項目があります。

パーツ 説明
Let オプション。 Letキーワードの明示的な使用はスタイルの問題ですが、通常は省略されます。
varname 必須です。 変数またはプロパティの名前。は、標準変数の名前付け規則に従います。
expression 必須。 変数またはプロパティに代入する値です。

注釈

変数やプロパティに値の式を代入できるのは、データ型に互換性がある場合だけです。 文字列式を数値変数に代入したり、数式を文字列変数に代入したりすることはできません。 このような代入を行うと、 コンパイル時にエラーが発生します。

バリアント 変数は、文字列式または数値式のいずれかに割り当てることができます。 ただし、逆に必ずしも当てはまるとは限りません。 Null 除くバリアント型 ( Variant ) は文字列変数に割り当てることができますが、数値として解釈できるバリアント型 ( Variant) のみを数値変数に割り当てることができます。 IsNumeric 関数を使用して、バリアント型 (Variant) を数値に変換できるかどうかを判断します。

数値型の式を別の数値型の変数に代入すると、式の値が結果の変数の数値型に強制的に変換されます。

Let ステートメントを使用してレコード変数を別のレコード変数に代入できるのは、両方の変数が同じ ユーザー定義型の場合だけです。 LSet ステートメントを使用して、さまざまなユーザー定義型のレコード変数を割り当てます。 Set ステートメントを使用して、オブジェクト参照を変数に割り当てます。

次の使用例は、明示的な Let ステートメントを使用して、式の値を変数に割り当てます。

Dim MyStr, MyInt 
' The following variable assignments use the Let statement. 
Let MyStr = "Hello World" 
Let MyInt = 5 

次の例では、Let ステートメントを使用せずに同じ代入を行います。

Dim MyStr, MyInt 
MyStr = "Hello World" 
MyInt = 5 

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。