Option Private ステートメント

複数の プロジェクト間での参照が許可されているホスト アプリケーションで Option Private Module を使用すると、プロジェクトの外部からの モジュールの内容の参照が禁止されます。 そのような参照が許可されていないホスト アプリケーション (たとえば、Visual Basic のスタンドアロン バージョン) では、Option Private を使用しても効果はありません。

構文

Option Private モジュール

解説

Option Private ステートメントを使用する場合は、モジュール レベルのすべての プロシージャの前で指定する必要があります。

モジュールに Option Private Module が含まれていると、モジュール レベルで宣言されている 変数オブジェクトユーザー定義型などのパブリック部分は、そのモジュールを含む プロジェクト内では同じように使用できますが、他のアプリケーションまたはプロジェクトでは使用できなくなります。

注意

Option Private は、複数のプロジェクトの同時読み込みをサポートし、読み込まれたプロジェクト間での参照を許可している ホスト アプリケーションに対してのみ有用です。 たとえば、Microsoft Excel では複数のプロジェクトの読み込みが許可されており、Option Private Module を使用してプロジェクト間の可視性を制限できます。 Visual Basic では、複数のプロジェクトを読み込むことはできますが、Visual Basic でのプロジェクト間の参照は許可されません。

次の例では、モジュール レベルで Option Private ステートメントを使用して、モジュール全体がプライベートであることを示しています。 Option Private Module を指定すると、Private を宣言されていないモジュール レベルの部分はプロジェクト内の他のモジュールで使用できますが、他のプロジェクトまたはアプリケーションでは使用できません。

Option Private Module ' Indicates that module is private. 

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。