オブジェクト (Visual Basic アドイン モデル)

AddIn

AddIn オブジェクトは、アドインに関する情報を他のアドインに提供します。

構文

object.AddIn

解説

AddIn オブジェクトは、アドイン マネージャーに表示されるすべてのアドインに対して作成されます。

CodeModule

フォームクラスドキュメントなどのコンポーネントの分離コードを表します。

解説

CodeModule オブジェクトは、コンポーネントに関連付けられているコードを変更 (追加、削除、または編集) する場合に使用します。 コンポーネントはそれぞれ、1 つの CodeModule オブジェクトに関連付けられます。 ただし、CodeModule オブジェクトは、複数の コード ペインに関連付けられる場合があります。

CodeModule オブジェクトに関連付けられているメソッドを使用すると、コード テキストに関する情報を 1 行ずつ操作して返すことができます。 たとえば、AddFromString メソッドを使用して、テキストをその モジュールに追加できます。 AddFromString では、モジュールの最初の プロシージャのすぐ上にテキストを配置するか、プロシージャがない場合はモジュールの最後にテキストを配置します。

Parent プロパティを使用して、コード モジュールに関連付けられている VBComponent オブジェクトを返します。

CodePane

コード ペインを表します。

解説

CodePane オブジェクトを使用して、表示テキストの位置や、コード ペインに表示されるテキスト選択を操作します。

Show メソッドを使用して、指定したコード ウィンドウを表示します。

SetSelection メソッドを使用して、コード ペインの選択範囲を設定します。

GetSelection メソッドを使用して、コード ペインの選択範囲の場所を返します。

CommandBar

CommandBar オブジェクトには、ボタンまたはメニュー コマンドのいずれかとして機能する他の CommandBar オブジェクトが含まれます。

構文

CommandBar

CommandBarEvents

CommandBarEvents プロパティによって返されます。 CommandBarEvents オブジェクトによって、コマンド バーの コントロールがクリックされたときにイベントがトリガーされます。

解説

CommandBarEvents オブジェクトが、Events オブジェクトの CommandBarEvents プロパティによって返されます。

返されるオブジェクトには、そのインターフェイスのイベントが 1 つ含まれます (Click イベント)。 WithEvents オブジェクトの宣言を使用することで、このイベントを処理できます。

イベント

アドインを有効にするプロパティを提供し、Visual Basic for Applications のすべてのイベントに接続します。

解説

Events オブジェクトは、イベント ソース オブジェクトを返すプロパティを提供します。 このプロパティを使用して、Visual Basic for Applications 環境内の変更を通知するイベント ソース オブジェクトを返します。

Events オブジェクトのプロパティでは、プロパティ名と同じ種類のオブジェクトを返します。 たとえば、CommandBarEvents プロパティでは CommandBarEvents オブジェクトを返します。

プロパティ

特定のコンポーネントに対するプロパティ ウィンドウに表示されるオブジェクトのプロパティを表します。

解説

コンポーネントのプロパティの値を返すか、設定するには、Property オブジェクトの Value プロパティを使用します。

少なくとも、すべてのコンポーネントに Name プロパティがあります。 Value プロパティでは、適切な種類の Variant が返されます。 返された値がオブジェクトの場合、Value プロパティによって Properties コレクションが返されます。これには、オブジェクトの個別のプロパティを表す Property オブジェクトが含まれます。 返された Properties コレクションの Item メソッドを使用することで、それぞれの Property オブジェクトにアクセスできます。

Property オブジェクトによって返される値がオブジェクトの場合、Object プロパティを使用して Property オブジェクトに新しいオブジェクトを設定できます。

参照

タイプ ライブラリまたはプロジェクトに対する参照を表します。

解説

Reference オブジェクトを使用して、参照が引き続き有効かどうかを確認します。

IsBroken プロパティは、参照が有効な参照を示していない場合にのみ True を返します。

BuiltIn プロパティは、参照が移動または削除できない既定の参照の場合に True を返します。

Name プロパティを使用して、追加または削除する参照が適切な参照であるかどうかを判断します。

説明 のプロパティ も参照してください

ReferencesEvents

ReferencesEvents プロパティによって返されます。

解説

ReferencesEvents オブジェクトは、参照が プロジェクトに追加されるか、プロジェクトから削除されるときに、発生するイベントの発生元です。

参照がプロジェクトに追加されたら、ItemAdded イベントがトリガーされます。

参照がプロジェクトから削除されたら、ItemRemoved イベントがトリガーされます。

VBComponent

クラス モジュール標準モジュールなどの、プロジェクトに含まれるコンポーネントを表します。

解説

VBComponent オブジェクトを使用して、コンポーネントに関連付けられている CodeModule オブジェクトにアクセスしたり、コンポーネントのプロパティ設定を変更したりします。

Type プロパティを使用して、VBComponent オブジェクトが参照するコンポーネントの種類を調べます。

Collection プロパティを使用して、コンポーネントが入っている コレクションを検索します。

VBE

Visual Basic for Applications で表されるその他すべてのオブジェクトコレクションを含むルート オブジェクトです。

解説

VBE オブジェクトに含まれるオブジェクトにアクセスするには、次の コレクションを使用します。

  • VBProjects コレクションを使用して、プロジェクトのコレクションにアクセスします。

  • AddIns コレクションを使用して、アドインのコレクションにアクセスします。

  • Windows コレクションを使用して、ウィンドウのコレクションにアクセスします。

  • CodePanes コレクションを使用して、コード ペインのコレクションにアクセスします。

  • CommandBars コレクションを使用して、コマンド バーのコレクションにアクセスします。

Events オブジェクトを使用して、プロパティにアクセスし、アドインで Visual Basic for Applications のすべてのイベントに接続できるようにします。 Events オブジェクトのプロパティでは、プロパティ名と同じ種類のオブジェクトを返します。 たとえば、CommandBarEvents プロパティでは CommandBarEvents オブジェクトを返します。

SelectedVBComponent プロパティを使用して、アクティブなコンポーネントを返します。 アクティブなコンポーネントは、プロジェクト ウィンドウで追跡されているコンポーネントです。 プロジェクト ウィンドウで選択された項目がコンポーネントでない場合は、SelectedVBComponent によって Nothing が返されます。

注意

このオブジェクト モデルにあるすべてのオブジェクトに、VBE オブジェクトをポイントする VBE プロパティがあります。

VBProject

プロジェクトを表します。

解説

VBProject オブジェクトを使用して、プロジェクトの プロパティを設定し、VBComponents コレクションと References コレクションに アクセスします。

ウィンドウ

開発環境のウィンドウを表します。

解説

Window オブジェクトを使用して、ウィンドウを表示、非表示、配置します。

重要

リンク ウィンドウ、リンク ウィンドウ フレーム、およびドッキング ウィンドウを制御するためのオブジェクト、プロパティ、およびメソッドは、Windows で作成されたコードとの互換性のために Macintosh に含まれています。 ただし、これらの言語要素を Macintosh で実行すると実行時エラーが発生します。

Windows コレクション内のウィンドウを閉じるには、Close メソッドを使用します。 Close メソッドは、次のようにさまざまな種類のウィンドウに影響します。

ウィンドウ Close メソッドの使用結果
コード ウィンドウ ウィンドウを Windows コレクションから削除します。
デザイナー ウィンドウを Windows コレクションから削除します。
種類が リンク ウィンドウ フレームWindow オブジェクト ウィンドウはリンクされていない別のウィンドウになります。

注意

コード ウィンドウとデザイナーで Close メソッドを使用することで、実際にウィンドウが閉じられます。 Visible プロパティを False に設定すると、ウィンドウが非表示になりますが、ウィンドウは閉じられません。 開発環境のウィンドウ (プロジェクト ウィンドウまたは プロパティ ウィンドウ) で Close メソッドを使用することは、Visible プロパティに False を設定するのと同じです。

SetFocus メソッドを使用して 、フォーカスをウィンドウに移動します。

Visible プロパティを使用して、ウィンドウの可視性を取得または設定します。

作業を行っているウィンドウの種類を確認するには、Type プロパティを使用できます。 複数の種類のウィンドウがある場合 (たとえば、複数のデザイナー)、Caption プロパティを使用して、作業を行っているウィンドウを決定できます。

VBComponent オブジェクトの DesignerWindow プロパティ、または CodePane オブジェクトの Window プロパティを使用することで、作業を行うウィンドウを見つけることもできます。

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。