Microsoft Defende for Office 365 サービス説明書

Microsoft Defender for Office 365 は、クラウドベースのメール フィルタリング サービスであり、フィッシング、ビジネス メールの侵害、マルウェア攻撃など、メールやコラボレーション ツールに対する高度な脅威から組織を保護するのに役立ちます。 Defender for Office 365 は、セキュリティ チームが脅威を効率的に識別、優先順位付け、調査、および対応するのに役立つ調査、追求、および修復機能も提供します。

メッセージ保護に Defender for Office 365 を使用できる基本的な方法として、次のようなものがあります。

  • Defender for Office 365 のフィルタリングのみのシナリオでは、Defender for Office 365 はオンプレミスの Exchange Server 環境、その他のオンプレミス SMTP メール ソリューションにクラウドベースのメール保護を提供します。

  • Defender for Office 365 は、Exchange Online クラウドにホストされているメールボックスを保護することができます。 Exchange Online の詳細については、「Exchange Online サービスの説明」を参照してください。

  • ハイブリッド展開でオンプレミスのメールボックスとクラウドのメールボックスが混在している場合は、受信メール フィルタリングに Exchange Online Protection を併用するように Defender for Office 365 を構成し、メッセージング環境の保護やメール ルーティングの制御が行えます。

使用できるプラン

Microsoft Defender for Office 365 のユーザーを有効にするサブスクリプションの詳細なプラン情報については、完全なサブスクリプション比較表を参照してください。

機能の可用性

次の表に、プラン全体で利用できる主な Microsoft Defender for Office 365 機能を示します。 特定の警告が適用されます。 詳細については、脚注を参照してください。 将来予告なしに変更されることがあります。 プラン全体の Microsoft Defender for Office 365 機能の最新の完全なリストについては、「Microsoft Defender for Office 365 機能サービス説明書」を参照してください。

特徴 Microsoft Defender for Office 365 プラン 1 Defender for Office 365 プラン 2 Microsoft 365 E5 Security または A5 Security
構成、保護、検出
事前設定されたセキュリティ ポリシーと構成アナライザー はい はい はい
安全な添付ファイル はい はい はい
Teams の安全な添付ファイル はい はい はい
安全なリンク はい はい はい
安全なドキュメント いいえ いいえ はい
Teams の安全なリンク はい はい はい
メッセージ報告のアドイン はい はい はい
SharePoint、OneDrive、および Microsoft Teams の保護 はい はい はい
フィッシング詐欺対策ポリシー はい はい はい
リアルタイム レポート はい はい はい
内部メールの高度な保護 はい はい はい
自動化、調査、修復、教育
脅威トラッカー いいえ はい はい
キャンペーン ビュー いいえ はい はい
脅威調査 (高度な脅威調査) リアルタイムの検出 Explorer Explorer
自動調査 & 対応  いいえ はい はい
攻撃シミュレーション トレーニング いいえ はい はい
Microsoft 365 Defender との統合 いいえ はい はい

注:

Microsoft Defender for Office 365 は、Microsoft 365 Defender のコンポーネントです。 Microsoft 365 Defender を使用した自動クロスドメイン セキュリティの詳細については、「Microsoft 365 Defender の要件」を参照してください。

詳細情報

Microsoft Defender for Office 365 の詳細については、次のリソースを確認してください。

ライセンス条項

Microsoft コマーシャル ボリューム ライセンス プログラムを通じて購入した製品とサービスのライセンス条件については、Product Terms site (製品使用条件サイト) を参照してください。

Microsoft Defender for Office 365 プラン 1 テナントの場合、次の 1 つ以上のシナリオに該当するユーザーまたはメールボックスのライセンスを取得する必要があります。

  • Defender for Office 365 保護の恩恵を受けるメールボックスにアクセスするすべてのユーザー。
  • Defender for Office 365 保護の恩恵を受ける共有メールボックス。
  • SharePoint、OneDrive for Business、または Teams の安全な添付ファイルの保護がオンになっている場合、SharePoint、OneDrive for Business、または Teams にアクセスするすべてのユーザー。
  • 安全なリンク保護が有効になっているときに Microsoft 365 Apps または Teams を使用するすべてのユーザー。

Microsoft Defender for Office 365 プラン 2 テナントの場合、次の 1 つ以上のシナリオに該当するユーザーまたはメールボックスのライセンスを取得する必要があります。

  • テナントのすべての Exchange Online ユーザー。 これは、プラン 2 の機能がテナント内のすべてのユーザーを保護するためです。
  • テナント上のすべての共有メールボックス。
  • SharePoint、OneDrive for Business、または Teams の安全な添付ファイルの保護がオンになっている場合、SharePoint、OneDrive for Business、または Teams にアクセスするすべてのユーザー。
  • 安全なリンク保護が有効になっているときに Microsoft 365 Apps または Teams を使用するすべてのユーザー。

注:

Office 365 E5、Microsoft 365 E5セキュリティ、および Microsoft 365 E5 には、Office P2 ライセンス用の Microsoft Defender が含まれ、Microsoft 365 Business Premium には、Office 365 P1 ライセンス用の Microsoft Defender が含まれています。

メッセージング

新機能や変更された機能、計画メンテナンス、その他の重要なお知らせなど、今後の変更に関する情報を常に把握するには、メッセージ センターにアクセスしてください。 詳細については、「 メッセージ センター」を参照してください。

アクセシビリティ

Microsoft は、お客様のデータのセキュリティと当社のサービスへのアクセシビリティに引き続き取り組んでいます。 詳細については、Microsoft トラスト センターおよび Office Accessibility Center を参照してください。