次の方法で共有


2024 年 1 月のお知らせ

このページでは、2024 年 1 月の Microsoft パートナー センターのお知らせについて説明します。


リマインダー: 欧州経済領域 (EEA) における Microsoft 365 および Office 365 (w/Teams) スイートの販売終了

2024 年 2 月 1 日以降、パートナーには、欧州経済領域 (EEA) の CSP 価格表に Microsoft 365 および Office 365 (w/Teams) スイート SKU が表示されなくなります。

  • 日付: 2024 年 1 月 29 日
  • ワークスペース: 価格
  • 影響を受ける対象ユーザー: CSP パートナー、LSP パートナー

2023 年 8 月に、EEA における Microsoft 365 および Office 365 w/Teams Enterprise スイート (Office 365 E1/E3/E5 およびMicrosoft 365 E3/E5) の販売終了 (EOS) を発表しました。

2024 年 2 月 1 日以降、パートナーは CSP 価格表にこれらの SKU が表示されなくなります。 EOS SKU の価格の詳細については、EOS の有効日以前の最新の価格表を使用してください。 このお知らせに含まれる製品については、ほとんどのパートナーは 2024 年 1 月の新しい商用ライセンス ベースのサービス価格表を参照する必要があります。

スウェーデンとノルウェーの価格が必要なパートナーについては、今後の価格調整の範囲で、2024 年 2 月 (プレビュー) の新しい商用ライセンスベースのサービス価格表を参照してください。 [価格] ワークスペースでは、将来の月 (プレビュー)、現在の月、さらに 5 か月分の履歴の価格表にアクセスできます。

次のステップ



請求書対応通知テンプレートの今後の機能強化

ユーザー エクスペリエンスを向上させるために、"請求書対応" 通知テンプレートが改善されたことをお知らせします。 更新されたバージョンには、より良い意思決定を行うのに役立つ、より重要な詳細が含まれています。

  • 日付: 2024 年 1 月 25 日
  • ワークスペース: 課金
  • 影響を受ける対象ユーザー: すべてのグローバル パートナー。

新しい通知には次の詳細が含まれているため、より適切な意思決定を行うことができます。

  • パートナー名

  • パートナー テナント ID (Microsoft Entra ID)

  • パートナーの国/地域

  • 請求書番号

  • 請求日

通知から直接パートナー センターにサインインすることもできます。

ユーザー エクスペリエンスがどのように変わるか

請求管理者は、会社の複数のテナントを異なる国/地域間で管理することが必要になる場合があります。 新しい通知テンプレートを使用すると、どの請求書がどのテナントおよび国/地域に属するか、また請求書の日付に基づく推定支払期限を特定するのに役立ちます。 新しい通知テンプレートのサンプルを次に示します。

請求書対応通知テンプレートのスクリーンショット。

既知の制限事項

該当なし。

メリット

新しいテンプレートには、次の利点があります。

  • 重要な詳細への迅速なアクセス: パートナー センターにサインインしなくても、通知で請求書の重要な詳細を確認できます。

  • より良い決定を下す: 通知の新しい情報を使用して、請求に関するスマートな選択を行うことができます。

次のステップ

このエクスペリエンスは次の週に変更される予定です。 スムーズな移行プロセスを確保するために、以下を実行してください。

  • 新しい "請求書対応" 通知テンプレートについてユーザーに通知し、重要な詳細を見つける場所をユーザーに知らせるようにします。

Microsoft は、プラットフォームを改善し、効率的なツールと分析情報をパートナーに提供することに取り組んでいます。 引き続きよろしくお願いいたします。新しい改善された請求ワークスペースでサービスを提供することを楽しみにしています。



[課金の概要 (NCE)] がまもなく課金ワークスペースの既定のランディング ページになります

[課金の概要 (NCE)] ページが [課金] ワークスペース既定のランディング ページになることをお知らせします。

カテゴリ

  • 日付: 2024 年 1 月 24 日
  • ワークスペース: 課金
  • 影響を受ける対象ユーザー: 新しいコマース製品を使用して取引するすべてのグローバル パートナー。

詳細

[請求の概要 (NCE)] ページが [課金] ワークスペースの既定のランディング ページになります。 このページは、現在の [請求履歴] ランディング ページよりもはるかに高速であり、現在および過去の請求書、さらに新しいコマース プログラムの請求調整ファイルをチェックしてダウンロードするためのメイン ページとなります。 このページは、請求関連の情報も提供され、源泉徴収税の領収書を提出して、税金とコンプライアンスの規制要件を満たすことができます。

ユーザー エクスペリエンスがどのように変わるか

ランディング ページは、[課金履歴] ページではなく [課金の概要 (NCE)] ページになりますが、左側のタスク メニューで [課金履歴] リンクを選択することで、従来の請求の詳細に引き続きアクセスできます。

この新しいランディング ページを使用すると、パフォーマンスが向上し、ユーザー フレンドリなエクスペリエンスが得られます。

既知の制限事項

該当なし。

メリット

新しいランディング ページには次のような利点があります。

  1. 請求データへの迅速なアクセス: 新しいランディング ページを使用すると、現在のランディング ページの 3 倍以上の読み込み速度で請求データを迅速に取得できるため、新しいコマースの請求詳細にすばやくアクセスできます。
  2. 効率的な設計: 新しい [課金の概要 (NCE)]ページには、より良い意思決定を行うために役立つ詳細が含まれています。
    1. 改善されたレイアウトでは、請求済みの請求書と関連する調整ファイルがページ下部の 1 か所に表示され、請求の状態 (請求済みまたは未請求) 別に整理され、追跡が容易になります。
    2. 見積もりファイル名は、請求月と種類別に並べ替えられるので、簡単にアクセスできます。

これらの変更により、請求エクスペリエンスが向上し、財務活動を管理するためのよりシームレスで直感的なプラットフォームが提供されることを願っています。

次のステップ

このエクスペリエンスは 2024 年 2 月初旬に変更される予定です。スムーズな移行プロセスを確保するために、次のアクティビティを優先してください。

  • 変更についてユーザーに伝え、関連する請求情報を見つけるのに必要な調整が確実に認識されるようにします。

  • Microsoft は、プラットフォームを改善し、効率的なツールと分析情報をパートナーに提供することに取り組んでいます。 引き続きよろしくお願いいたします。新しい改善された請求ワークスペースでサービスを提供することを楽しみにしています。



月次更新: ソリューション パートナーの指定、特殊化、および Microsoft AI Cloud とパートナー プログラムのオファリングと特典の新機能

"パートナーが顧客の需要が高い一連の優先シナリオでより効果的に技術的専門知識の差別化を推進できるように、重要な機能、オファー、更新を導入しました。"

  • 日付: 2024 年 1 月 24 日
  • ワークスペース: 全般
  • 影響を受ける対象ユーザー: Microsoft AI Cloud パートナー プログラムに登録済みのパートナー

今すぐ利用可能

  • 新しいパートナー特典パッケージ: Microsoft は、パートナー サービスを強化するために、Partner Launch Benefits、Partner Success Core Benefits、Partner Success Expanded Benefits の 3 つの新しい特典パッケージをリリースしました。 それぞれが、成長のさまざまな段階でパートナーの多様なニーズを満たすように構築されています。 パートナー特典パッケージは、ほとんどの主要市場で購入できるようになっており、2024 年 3 月末までに他のすべての地域でリリースされます。 詳細については、「Microsoft と共に成長する: 新しい特典パッケージとプログラム更新の詳細」パートナー ブログを参照してください。

  • Microsoft AI Cloud Partner Program の購入: 新しいコマース プラットフォームへの移行: 2024 年 1 月 22 日より、Microsoft は、パートナーのクレジット カード トランザクションを通じて、新しいコマース プラットフォームを単一の統合された請求エクスペリエンスにします。 ISV Success、Partner Launch Benefits、Partner Success Core Benefits、Partner Success Expanded Benefits、Microsoft Action Pack、Solutions Partner の指定特典、従来のゴールドまたはシルバー特典など、パートナー プログラム メンバーシップの購入は、新しいコマース システムに移行します。 グローバル管理者は、クレジット カードを使用して AI Cloud Partner Program オファーを購入または更新する前に、パートナー センターで Microsoft の課金アカウントとプロファイルを作成または更新するように求められます。 詳細については、「課金アカウントとプロファイルをパートナー センター アカウントにリンクする」をご覧ください。

今後の更新情報

  • 自己推薦についてのコール | サポート サービス指定パブリック プレビューへの参加: 今後のサポート サービスの指定を早期に確認してください。 この指定は、Microsoft AI Cloud Partner Program ソリューション領域の指定に基づいており、パートナーのサポート能力の広さと卓越性をさらに認識するものです。

    サポート サービスの指定を取得したパートナーには、サポート能力を強化するために、Microsoft の特典とリソースへのアクセス権が付与されます。 この指定のバッジを得ることは、パートナーが顧客に対して、また Microsoft コマーシャル マーケットプレース内で自分の組織を差別化するのに役立ちます。

    サポート サービスの指定に早期にアクセスし、フィードバックを共有し、プログラムを完全に利用するために資格を迅速に追跡できる機会をお見逃しなく。 パブリック プレビューに参加し、自己推薦するための前提条件については、パートナー サポート サービス指定のパブリック プレビューにアクセスしてください。

  • 署名クラウド サポート特典の更新: Microsoft AI Cloud Partner Program 署名クラウド サポート (SCS) 特典は、対象となるパートナーに無制限のクラウド サポートを提供し、大幅な成長を促し、パートナー エコシステムに優れた価値を提供します。

    2024 年 7 月 1 日以降、記念日の時点で、ソリューション領域のソリューション パートナーの指定を取得したパートナー、またはゴールドまたはシルバーのレガシ特典パッケージを購入したパートナーが利用できる SCS インシデント特典は、年間 50 インシデントに制限されます。 詳細については、パートナー ブログ「Microsoft と共に成長する: 新しい特典パッケージとプログラム更新の詳細」を参照してください。

リマインダー

  • Azure 特殊化の 2 年目の更新を行う場合は、再登録のために監査が必要になります。 更新されたチェックリストを確認し、それに従って計画してください。 特殊化の記念日の 60 日前に監査のスケジュールを組むことができるようになります。

  • Modern Work または Security の特殊化の 2 年目の更新を行う場合は、再登録に顧客の推薦が必要です。 記念日の前に、これらの推薦の準備を開始してください。 顧客からの推薦は、特殊化の記念日の 60 日前からパートナー センターで読み込むことができるようになります。

次のステップ



更新: サービス プロバイダー ライセンス契約 (SPLA) プログラムに対する変更

SPLA プログラムを継続的に進化、拡張する取り組みの一環として、Microsoft は 2024 年 1 月 12 日に新しい SPLA テンプレートをロールアウトしました。 これは、2023 年 11 月の発表の更新です。

  • 日付: 2024 年 1 月 22 日
  • ワークスペース: 全般
  • 影響を受ける対象ユーザー: SPLA リセラー

Microsoft が変更を加える理由

Microsoft では、貿易法やその他の規制要件の増加に対応して、SPLA テンプレートを更新しました。 さらに、SPLA リセラーとその SPLA の顧客は Microsoft に対し、SPLA に基づく権利と義務を明確にするよう求めており、Microsoft はこれに応じました。

新しい SPLA での変更点

新しい SPLA の主な更新内容は次のとおりです。

  • アフィリエイト識別の必要性: SPLA の顧客は、参加権を要求するアフィリエイトを識別する必要があります。 アフィリエイトの参加には、事前に Microsoft の承認が必要です。

  • レポートの簡略化とコンプライアンスの重視:

    • 月次使用レポートの簡略化: SPLA の顧客は、SPLA リセラーを通じて、前暦月中に各製品で使われたライセンスの合計数のみ提供する必要があります。 顧客は、エンド カスタマー登録を作成したり、使用状況を個別に報告したりする必要がなくなりました。

    • 貿易および不正腐敗防止コンプライアンスの重視: SPLA の顧客は、SPLA リセラーを通じてエンド ユーザー レポートの提供を求められる場合があります。 エンド ユーザー情報は、適用されるすべてのプライバシー法令に従って保持および処理されます。 エンド ユーザー レポートは顧客の機密情報と見なされ、コンプライアンス検証の目的でのみ使われます。

Microsoft は、これらの変更をいつ行いましたか?

新しい SPLA テンプレートは、2024 年 1 月 12 日にロールアウトされました。 既存の契約はその有効期限まで有効であり、更新を選んだ SPLA の顧客は新しい SPLA テンプレートで更新されます。 2024 年 1 月 13 日以降に提出された契約パッケージは、新しい SPLA テンプレートでのみ受け入れられます。

次のステップ

  • この情報を組織内のすべての関係者、特に SPLA の顧客の管理に責任を負う担当者と共有してください。

  • 次回の更新日に先立って、計画されている変更を SPLA の顧客に確実に認識してもらいます。 ご質問がある場合は、アカウント チームに問い合わせるか、ボリューム ライセンス (VL) セントラル ツールを使ってクエリを送信してください。

  • 注: 以下の国および地域に顧客を持つ SPLA リセラーには、それらの地域に固有の変更の詳細がメールで送信されます。

    • アルメニア、アゼルバイジャン、バングラデシュ、ベラルーシ、ブータン、ブラジル、中国、ハンガリー、インド、イラク、カザフスタン、キルギス、モルディブ、モルドバ、ミャンマー、ネパール、パキスタン、ポーランド、南アフリカ、スリランカ、タジキスタン、タイ、トルコ、ウズベキスタン、ベネズエラ、サウジアラビア、ウクライナ、アラブ首長国連邦。


公開中: コマーシャル マーケットプレースの分析情報レポートでプログラムによるアクセスのバージョン 1.1 を使用できるようになりました

この API のバージョン 1.1 が利用できるようになりました。 バージョン 1.0 は今後 6 か月で非推奨になり、2024 年 6 月 30 日に終了する予定です。 それに応じて、バージョン 1.1 への移行を計画してください。

  • 日付: 2024 年 1 月 22 日
  • ワークスペース: 分析情報
  • 影響を受ける対象ユーザー: ISV パートナー

バージョン 1.1 の主な変更点は次のとおりです

  • 繰り返し回数: 繰り返し回数パラメーターが必須になりました。 この変更は、スケジュールされたすべてのレポートに繰り返し回数が必要であることを意味します。 繰り返し間隔に基づいて、特定の制限があります。
  • 実行 GET API: 1.1 バージョンの GET Execution API は、繰り返し回数 (残り)、終了日、次回の実行開始時刻に関する新しい情報を返します。
  • スケジュールされたレポート PUT API: この API の 1.1 バージョンを使用すると、ユーザーは繰り返し回数に加えて、スケジュールされたレポートの終了日を更新できます。

この API を v1 から v1.1 に移行するには、次の手順を行います。

  • API のバージョン 1.1 用の新しいエンドポイントを使用するようにコードを更新します。
  • バージョン 1.1 で追加または変更されたフィールドを参照するすべての要求または応答を更新します。
  • コードを徹底的にテストして、API のバージョン 1.1 と互換性があることを確認します。
  • アプリケーションを監視して、新しいバージョンの API で正しく機能していることを確認します。

次のステップ



1 月の NCE 価格表を再発行して Copilot SKU を含める

1 月の NCE ライセンスベースの価格表を再発行し、Copilot SKU を含めます。

  • 日付: 2024 年 1 月 17 日
  • ワークスペース: 価格
  • 影響を受ける対象ユーザー: すべての市場/通貨で NCE ライセンスベースの価格を使用する、クラウド ソリューション プロバイダー (CSP) パートナー、直接請求パートナー、および間接プロバイダー

新しく更新された価格表をダウンロードします。 次のことを行うために、NCE 価格表を再発行しました。

  • 新しい Copilot SKU を価格表に追加する
    • 製品は、有効な開始日 2023 年 9 月 25 日 (終了日は 2024 年 2 月 1 日) にさかのぼって使用できます。 2 月 1 日の価格表では、発効日は 2024 年 2 月 1 日 (9999 年 11 月 30 日まで) に更新されます。
  • 18 個の商用 SKU タイトルから "非営利価格" を削除する

このサイクル外の再発行のため、価格表には、1 月 1 日に発売される予定だった非商用 PubSec SKU が表示されますが、先月発表されたとおり、発売は 3 月 1 日に延期され、購入できなくなります。

次のステップ



Copilot for Microsoft 365 が、クラウド ソリューション プロバイダー (CSP) を通じて一般提供されるようになりました

Copilot for Microsoft 365 は、クラウド ソリューション プロバイダー (CSP) パートナーを通じて取引できるようになりました。 また、あらゆる規模のお客様が Copilot を利用できるようにシートの最小購入要件が廃止され、Office 365 E3 および E5 をお持ちのお客様は、Copilot for Microsoft 365 を購入できるようになったことも発表しました。

  • 日付: 2024 年 1 月 15 日
  • ワークスペース: 全般
  • 影響を受ける対象ユーザー: Microsoft 365 を取引している CSP パートナー

Copilot for Microsoft 365 は、クラウド ソリューション プロバイダー (CSP) の新しいコマースを含む、すべての販売チャネルで一般提供されるようになりました。

  • Microsoft 365 E3/E5、Office 365 E3/E5、および Microsoft 365 Business Standard/Business Premium の前提条件となるベース SKU を使用している法人のお客様は、すべての販売チャネル (CSP、EA、MCA-E、EAS、Microsoft オンライン) で Copilot for Microsoft 365 アドオン SKU を購入できます。
  • Microsoft 365 A3/A5 および Office 365 A3/A5 を使用している教育機関のお客様は、教育ソリューション加入契約を通じて購入できます。
  • Copilot for Microsoft 365 の最小シート購入要件は、すべてのチャネルとセグメントで廃止されます。ただし、お客様は、購入した Copilot for Microsoft 365 の各シートに対して、前提条件となるベース SKU の 1 つの製品ライセンスを所有している必要があります。
  • すべてのお客様が AI の準備を整えられるように、Office 365 E3 および E5 のライセンスには Semantic Index for Copilot が含まれています。 Semantic Index for Copilot は、Microsoft 365 Copilot でプロンプトに対する関連性のある実用的な応答を得るために必要不可欠です。
  • Copilot for Microsoft 365 SKU の完全な情報については、CSP パートナーは最新の価格表を参照できます。 または、こちらの Copilot for Microsoft 365 製品/SKU ID で完全な詳細を参照してください: CFQ7TTC0MM8R/0002

Copilot for Microsoft 365 は、パートナーが規模を問わず、すべてのお客様が AI を活用する組織になれるよう支援できる大きなチャンスです。 次の手順のリソースを使用して、戦略の定義と営業チームの運用準備を今すぐ開始してください。

次のステップ



セキュリティ体制を改善し、顧客のテナントを保護するための、重要な機能と更新プログラムが利用可能になりました

新しい MFA 統計ページが利用可能になりました。 近日公開予定の更新プログラムには、セキュリティの既定値群の有効化、新しい顧客 MFA 統計ページ、新しいセキュリティ ワークスペースが含まれます。

  • 日付: 2024 年 1 月 15 日
  • ワークスペース: 全般
  • 影響を受ける対象ユーザー: クラウド ソリューション プロバイダー (CSP) プログラムおよびアドバイザーを通じて取引を行う直接請求パートナー、間接プロバイダー、間接リセラー

間もなく利用できます

  • 2024 年 3 月以降、Microsoft は、セキュリティの既定値群、条件付きアクセス、またはサード パーティ多要素認証 (MFA) ソリューションをまだ有効にしていないすべての CSP パートナー テナントで、セキュリティの既定値群を有効にします。 パートナーは、速やかにセキュリティの既定値群を有効にすることをお勧めします。
  • 顧客 MFA 統計: Insights ワークスペースに、パートナーのテナント内の顧客数と、管理者ユーザーと管理者以外のユーザーに対して MFA が有効になっている顧客数を表示する、新しい [顧客 MFA 統計] ページが間もなく追加されます。 この情報は、パートナーの顧客ベース内での MFA の導入および使用状況を追跡するのに役立ちます。
  • パートナー センター セキュリティ ワークスペース: パートナー センターに近日公開予定のセキュリティ ワークスペースは、パートナーがセキュリティの状況を評価し、セキュリティ体制を改善するために必要なアクションを実行できるように設計された、中央プラットフォームです。 このワークスペースはユーザー エクスペリエンスを簡素化し、教育リソースを提供し、パートナー センターのすべてのセキュリティ関連項目に一か所でアクセスできます。

今すぐ利用可能

  • MFA 統計: Insights ワークスペースには、MFA が有効になっているパートナー テナントの管理者と管理者以外のユーザーの数を表示する、新しい [MFA 統計] ページがあります。 侵害されたアカウントの 99% で MFA が有効になっていないため、MFA が有効になっていることの確認が重要になります。 詳細については、パートナー センター ドキュメントの 「MFA 統計」を確認してください。
リマインダー
  • パートナー センターのコンプライアンス管理者ロールを使用すると、コンプライアンス関連の問題に関して Microsoft が連絡する連絡先を、パートナーが承認できるようになります。 このロールが社内の誰かに割り当てられていること、および社内で変更が発生したときに連絡先が最新の状態に保たれていることを確認します。 詳細については、パートナー センター ドキュメントのコンプライアンス管理者に関する情報を確認してください。
  • パートナー センターのパートナー センター セキュリティ スコアを向上させます。 セキュリティ スコア機能は、パートナーがセキュリティと正常性を向上させ、リスク領域を軽減するのに役立つセキュリティ要件とレコメンデーションの概要を提供します。
  • 2024 年 1 月 31 日以降、デバイス管理には、詳細な代理管理者アクセス許可リレーションシップが必要になります。 Microsoft では、シームレスなエクスペリエンスを実現するために、このアクションの最小特権ロールとしてディレクトリ閲覧者を推奨します。 詳細については、新しいバッチへのデバイスのアップロードポリシーを使用したデバイスの更新既存のバッチへのデバイスのアップロードの方法を確認してください。
  • Microsoft は引き続きパートナーとお客様のセキュリティ体制を強化するため、すべてのパートナー センター API に対する条件付きアクセス ポリシーの適用と共に、Microsoft Entra エラー コードへの拡張を開始します。 詳細については、Microsoft Entra エラー コードのドキュメントを参照してください。 これらの変更は、2024 年 1 月 22 日のロール アウトを目指しています。

次のステップ



調整作業を改善するため、[収益]、[売上]、[レポート] ページに何点か更新が加えられました

パートナーが収益と支払いを調整できるよう、[収益]、[売上]、[レポート] ページが更新されました。

  • 日付: 2024 年 1 月 10 日
  • ワークスペース: 収益
  • 影響を受ける対象ユーザー: インセンティブ プログラムのインセンティブ管理者とインセンティブ ユーザー、ストアとマーケットプレース プログラムのアカウント所有者など、パートナー センターを使って収益と支払いを確認するすべてのパートナー

パートナーが収益と支払いを調整できるよう、[収益]、[売上]、[レポート] ページに次の更新が行われました:

  • [収益] ページ:

    • [支払いの概要] セクションに収益の種類が含まれるようになりました。 対象ユーザー: インセンティブ、マーケットプレース、およびストア ユーザー

    所得ページの

    • [支払いの概要] セクションで、請求の支払いに対して支払いフィルターが無効になりました。 対象ユーザー: インセンティブ ユーザーのみ
  • [収益] ページ:

    • [対象外の理由] で、(既存の売上ベースのエンゲージメントに加えて) 使用量ベースのエンゲージメント、Quantity (MAU)、QuantityAlt (PAU) に対し、個別の対象外の理由がリンクに表示されるようになりました

      [収益の概要] ページのスクリーンショット。理由コード、対象外収益、対象外数量、対象外の代替数量が表示されています。

    • [インセンティブの対象・対象外] セクションの [列のカスタマイズ] により多くの値が含まれるようになりました。 これらの列は、Modern Work の使用状況とビジネス アプリケーションの先行販売パートナーが、対象の使用と対象外の使用を調整するのに役立ちます。

      [列のカスタマイズ] ポップアップのスクリーンショット。

  • パートナーは、収益の上限がある Microsoft コマース インセンティブ エンゲージメントの収益機会の残高を表示できるようになりました。 現時点でこのリリースは、新しいコマース CSP 関連のエンゲージメント、Surface、Modern Work の使用、Azure の四半期ごとのエンゲージメントが対象となります。 この新しいレポートは、[レポート] ページからダウンロードできます。 このレポートの属性の詳細については、こちらの「収益 - パートナー センターの MaxCapBalance レポート」を参照してください

    新しいレポート [Max Cap Balance] が選択された所得レポート ページのスクリーンショット。

次のステップ

定義/詳細に関するさらなる情報は、次のリソースを確認してください:

よく寄せられる質問に対する回答は、次のページを参照してください:



一部の通貨 (INR、KRW、NOK、SEK、TWD) の非推奨の価格が更新された、2 月のレガシ ライセンスベースの価格表プレビューの再発行

インド ルピー (INR)、韓国ウォン (KRW)、ノルウェー クローネ (NOK)、スウェーデン クローナ (SEK)、台湾ドル (TWD) のレガシ ライセンスベース製品のプレビュー価格表を再発行しています。

  • 日付: 2024 年 1 月 9 日
  • ワークスペース: 価格
  • 影響を受ける対象ユーザー: INR、KRW、NOK、SEK、TWD でライセンスベースのレガシ価格を使用している、クラウド ソリューション プロバイダー (CSP)、直接請求パートナー、および間接プロバイダー

非推奨の製品とは、新規購入ができなくなり更新のみが可能な、レガシ オファーを指します。 INR、KRW、NOK、SEK、TWD の価格を示した 2024 年 1 月 1 日に発行されたプレビューには、非推奨の製品の最新の価格が掲載されていません。 最新の価格を提供するために再発行しています。



1 月のクラウド ソリューション プロバイダー (CSP) の月次更新とコミュニティ リマインダー

"最新のパートナー向けの発表カレンダー隔月の CSP 更新ニュースレター、重要なプログラムの最新情報を提供する CSP コミュニティ リソースを含む月例ビュー。"

  • 日付: 2024 年 1 月 9 日
  • ワークスペース: 全般
  • 影響を受ける対象ユーザー: CSP 直接請求パートナー、間接プロバイダー

常に利用可能 - オンデマンドでコンテンツを起動する

最近のアクティブな発表すべてを 1 か所に表示する統合ビューについては、パートナー向けの発表カレンダーのコレクションを参照してください。 発表に関する詳細情報を確認するために役立つ、各発表のタイムラインと発行済みの資料へのリンクを見つけることができます。

ダウンロード可能な 隔月の CSP 更新ニュースレター。最近の CSP のお知らせ、更新プログラム、イベント、リマインダーが、読みやすいドキュメントにまとめられています。

パートナー体験マップは、Microsoft の最も優先度の高い移行の過程に沿った詳細なナビゲーションを提供します。

ライセンスの準備が必要ですか? 毎月の CSP スポットライト ウェビナーでは、すべてのパートナーが利用できる最新の CSP ライセンス情報について取り上げています。

CSP コミュニティの Q&A リマインダー

毎月の CSP コミュニティ Q&A セッションでは、プログラムに影響を与える変更について詳細を学習し、質問する機会が提供されます。

今後のコールに参加するには、こちらで登録してください

次のステップ

パートナーの立ち上げカレンダーと毎月のニュースレターを確認し、今後のコミュニティ Q&A コールに登録します。

疑問がある場合

毎月の CSP コミュニティ Q&A コールは、CSP プログラムの運用変更について質問をするのに最適な場所です。 コールの最大 48 時間前まで質問を提出できます。

その他の CSP トピックに関する質問については、 パートナー センター サポート のページを参照してください。



最新のプロモーションとオファーを表示する

"最新のグローバル キャンペーン準備ガイドが利用可能になりました。"

  • 日付: 2024 年 1 月 5 日
  • ワークスペース: 価格
  • 影響を受ける対象ユーザー: クラウド ソリューション プロバイダー プログラムを通じて取引を行うパートナー

現在および今後のすべてのプロモーションの統合ビューである、最新のグローバル プロモーション準備ガイドが、オペレーション レディネス リソース ギャラリーで利用できるようになりました。 現在および今後のプロモーションとオファーについて、グローバル プロモーション準備ガイド コレクションに関するページを参照してください。

次のステップ

オペレーション レディネス リソース ギャラリーの最新の月次プロモーション ガイドを確認します。 この情報を組織内の適切な連絡先と共有し、ページの下部にある 「このページは役に立ったか」という質問に回答して、ガイドが役に立つかどうかをお知らせします。

疑問がある場合

不明な点がある場合は、CSP サポートに移動してください。



1 月の NCE 価格表プレビューでは、3 年間の Microsoft 365 E3 および E5 と Office 365 E3 SKU が誤って表示されます

一部の 3 年間の Microsoft 365 E3 と E5、および Office 365 E3 の SKU が、発行時のエラーにより表示されました。 これらは、今後発行される価格表で削除される予定です。

  • 日付: 2024 年 1 月 1 日
  • ワークスペース: 価格
  • 影響を受ける対象ユーザー: 一部の市場/国/地域のクラウド ソリューション プロバイダー パートナー (間接プロバイダーと Direct Bill)。

Microsoft 価格表の発行時のエラーにより、2024 年 1 月 1 日の価格表のプレビューでは、Microsoft 365 E3Microsoft 365 E5Office 365 E3 の SKU について、次の 3 年間の可用性が表示されます。 これらの 3 年間の SKU は、パートナーが取引を行えず、今後の価格表の発行時に削除される予定です。

タイトル (SKU) Product ID SKU ID
Microsoft 365 E3 CFQ7TTC0LFLX 0001
Microsoft 365 E5 CFQ7TTC0LFLZ 0002
Office 365 E3 CFQ7TTC0LF8R 0001


クラウド ソリューション プロバイダー (CSP) の Windows 365 のマージンの増加

Windows 365 Business、Enterprise、Frontline のマージンが 15% から 20% に増加することを発表します。

  • 日付: 2024 年 1 月 1 日
  • ワークスペース: ペイアウト
  • 影響を受ける対象ユーザー: CSP 直接請求および間接プロバイダー

2024 年 1 月 1 日から、Windows 365 Business、Enterprise、Frontline のマージンを 15% から 20% に引き上げることをお知らせします。 これは、クラウド ビジネスを成長させ、顧客により良いサービスを提供する絶好の機会です。

Microsoft 直接請求または間接のプロバイダーは、Windows 365 を市場に投入し、顧客がメリットを受けられるよう支援するために不可欠です。 Microsoft はお客様のパートナーシップを大切にしており、Windows 365 Business、Enterprise、Frontline エディションのマージンを増やすことで、お客様の努力に報いたいと考えています。

増やされたマージンは、2024 年 1 月 1 日以降にアクティブになるすべての新規および既存の Windows 365 サブスクリプションに適用されます。 マージンは Windows 365 の表示価格に基づいており、パートナー センターを通じて毎月支払われます。 詳細については、パートナー センターを参照してください。

このお知らせがお客様の役に立ち、Windows 365 でクラウド ビジネスを成長させる機会となることを願っています。 ご質問やフィードバックがある場合は、Microsoft アカウント マネージャーまたはパートナー サポート チームに問い合わせてください。 お客様と協力し、Windows 365 での成功をサポートできることを楽しみにしています。