2023 年 11 月のお知らせ

このページでは、2023 年 11 月の Microsoft パートナー センターのお知らせについて説明します。


12 月の NCE 価格表プレビューでは、Triennial Microsoft 365 E3 および E5 と Office 365 E3 SKU が間違って表示されます

  • 日付: 2023 年 11 月 30 日
  • ワークスペース: 価格
  • 影響を受ける対象ユーザー: 一部の市場/国/地域のクラウド ソリューション プロバイダー パートナー (間接プロバイダーと Direct Bill)。

Microsoft 価格表の公開エラーにより、2024 年 12 月 1 日の価格表プレビューでは、Microsoft 365 E3、Microsoft 365 E5、Office 365 E3 の SKU について、次の Triennial の利用可能性が表示されます。 これらの Triennial SKU は、パートナーが取引することはできません。誤って表示されるこれらの SKU は、2024 年 1 月 1 日の価格表で削除されます。

Product ProductID SkuID
Microsoft 365 E3 CFQ7TTC0LFLX 0003
Microsoft 365 E3 CFQ7TTC0LFLX 0001
Microsoft 365 E5 CFQ7TTC0LFLZ 0002
Office 365 E3 CFQ7TTC0LF8R 0001


月次更新: ソリューション パートナーの指定、特殊化、および Microsoft AI Cloud とパートナー プログラムのオファリングと特典の新機能

重要な機能、オファー、更新プログラムの導入により、パートナーは顧客の需要が高い一連の優先シナリオでより効果的に技術的専門知識の差別化を推進できるようになりました。

  • 日付: 2023 年 11 月 27 日
  • ワークスペース: 全般
  • 影響を受ける対象ユーザー: Microsoft AI Cloud パートナー プログラムに登録済みのパートナー

今すぐ利用可能

トレーニング サービスのパフォーマンス ダッシュボードのソリューション パートナー: 2023 年 11 月 16 日から、トレーニング サービスのソリューション パートナーの指定を取得することに関心があるパートナーは、パートナー センターの新しいダッシュボードで、要件とこれらの要件に対するそのパフォーマンスを確認できます。 これにより、パートナーは、トレーニング サービスのソリューション パートナーの基準に対してスタックアップする場所を確認し、2024 年初めに購入が完全に利用可能になったときに備えて、指定の達成に向けて作業を開始できます。

パートナー センター で [トレーニング サービスのソリューション パートナー] パフォーマンス ダッシュボードにアクセスするには、サインインして メンバーシップ を選択します。 次に、Training Services パートナー に移動して、達成に向けた作業を開始します。 メンバーシップ ワークスペースを表示するには、グローバル管理者または MPN パートナー管理者のロールが必要です。 詳細について は、学習リソース サイト での指定の要件を確認し、パートナー センターのトレーニング サービスの指定の対象に関する記事を参照してください。

2024 年初頭には、認定パートナーは指定固有のバッジを受け取り、Microsoft AI Cloud パートナー プログラム内の他のパートナーの種類とサービスを区別します。 これらのバッジは、顧客の発見可能性を大幅に高め、独自の専門知識を持ち、質の高いトレーニングを提供した実績のあるパートナーを簡単に特定できるようになります。

リマインダー

特殊化 - 2 年目の更新: これは、特殊化の要件の年次レビューの 2 年目です。 2023 年より前に特殊化に登録されたユーザーには、このレビューに対して、それに応じて注意して計画する必要がある追加の側面がいくつかあります。

  • Azure の特殊化: 登録を更新する前に監査が必要です。 これらの監査は、最初に登録する場合と同じになります。

  • モダン ワークまたはセキュリティの特殊化: レビューのために新しい顧客参照を送信する必要があります。

詳細については、「特殊化の概要」を参照してください。

次のステップ



毎月更新: パートナーエコシステムをセキュリティで保護するためにパートナーが行う必要がある重要なアクション

パートナーのセキュリティ態勢を強化し、顧客のテナントを保護するための重要な機能と更新プログラムが利用可能になりました。

  • 日付: 2023 年 11 月 20 日
  • ワークスペース: 全般
  • 影響を受ける対象ユーザー: クラウド ソリューション プロバイダー (CSP) プログラムおよびアドバイザーを通じて取引を行う直接請求パートナー、間接プロバイダー、間接リセラー

セキュア・フューチャー・イニシアティブと、セキュリティに対する当社のコミットメント。

Microsoft は、サイバーセキュリティ保護を強化するための新しいイニシアティブである Secure Future Initiative を立ち上げました。 これは、サイバー攻撃の速度、規模、および高度化に対応しています。

パートナーは、Brad Smith のブログ投稿と、Charlie Bell の社内メール から詳細を確認できます。

お客様が既定でセキュリティで保護されるようにするための Microsoft の取り組みの一環として、2023 年 11 月 6 日に、Microsoft Entra 条件付きアクセス ポリシーの自動ロールアウトが発表されました。

このロールアウトでは、Azure、パートナー センター、Microsoft 365 管理者などの管理ポータルにアクセスするために多要素認証が必要になります。

お客様は、新しいポリシーと、組織に与える影響を理解する必要があります。

GDAP の更新プログラム:

  • 代理管理者特権 (DAP) リレーションシップの詳細な代理管理者特権 (GDAP) ロールへの移行: Microsoft が Microsoft 主導の DAP から GDAP への移行の一環として GDAP リレーションシップの作成を完了し、DAP の削除を開始しました。

    • このマイルストーンに関連するよく寄せられる質問をご確認ください。

    • 新しく作成された GDAP リレーションシップを検証し、顧客を管理するためにさらに多くのロールが必要な場合に備えて、必要な Microsoft Entra ロールと新しい GDAP リレーションシップを作成します。

    • 場合によっては、Microsoft 主導で作成された GDAP リレーションシップの場合、お客様によって設定される条件付きアクセス ポリシーがほとんどないため、Microsoft Entra ロールはセキュリティ グループにマップされないことがあります。

  • 新しい顧客の作成: 既定の GDAP は、顧客フローの作成中にパートナー センターの UI と API を介して使用できます。 パートナーは、既定の GDAP でセキュリティ グループに詳細なアクセス許可を明示的に付与する必要があります。

  • 新規のお客様の DAP の停止: DAP を停止し、既定で GDAP の付与 (API へのペイロードの変更はありません) は、2023 年 11 月 27 日になりました。

  • GDAP の自動拡張機能: パートナーは、新規または既存の CSP を 6 か月間自動拡張できるようになりました。 詳細については、FAQ を参照してください。

  • DAP は、既存の顧客の新しいリセラー関係では使用できなくなりました。 更新された リセラー関係の要求リンク パートナー センター UI で引き続き使用でき、API コントラクト "/v1/customers/relationship requests" プロパティ URL は引き続き顧客テナントの管理者に送信される招待 URL を返します。

  • Microsoft Admin Center は、2023 年 11 月 29 日まで、顧客に既に送信された要求からの要求リセラー関係要求で DAP=true を引き続き受け入れます。

  • 一括移行ツールは、2023 年 11 月の終わりまで利用できます。 この日付の後も引き続き、Microsoft 365 Lighthouse で GDAP テンプレートを作成して適用でき、顧客に表示するための同意リンクが生成されます。

パートナーは続行する必要があります

今すぐ利用可能

  • パートナー センターのコンプライアンス管理者ロール: パートナーがコンプライアンスの義務を管理できるように、パートナー センターに新しいコンプライアンス管理者ロールが追加されます。 コンプライアンス管理者ロールは、パートナーがコンプライアンス関連の問題に関して Microsoft が関与することを望む連絡先のポイントを承認するのに役立ちます。 このロールが社内の誰かに割り当てられ、社内での変更に応じて、連絡先が最新の状態に保たれていることを確認します。 詳細については、「コンプライアンス管理者ロール 」を参照してください。

  • パートナー センターのセキュリティ スコア がパートナー センターで利用できるようになりました。 セキュリティ スコア機能は、パートナーがセキュリティと正常性を向上させ、リスク領域を軽減するのに役立つセキュリティ要件とレコメンデーションの概要を提供します。 スコアには、パートナーのパートナー センターと Azure AD テナントが、優先順位付けされたセキュリティ要件に基づいてどのようにセキュリティで保護されているかが反映されます。 パートナーは、アラート、準拠していないセキュリティ要件、およびレコメンデーションを表示して、パートナー センターのセキュリティ要件ページでスコアを向上させることができます。 パートナーは、必要なアクションを実行することで、セキュリティ スコアを向上させ、セキュリティに対するコミットメントを示すことができます。

  • Azure サブスクリプションの再アクティブ化: この機能により、お客様の Azure サブスクリプションを持つパートナーは、侵害や不正使用が発生した場合により多くの制御を行うことができます。 また、パートナーは、Azure サブスクリプションや Azure プランをパートナー センターから直接取り消し、Azure プランのサブスクリプションで見つかった疑わしいアクティビティをシャットダウンできます。 これで、パートナーは、問題が緩和され、脅威アクターが侵害されたテナントから削除された後、API を使用して Azure サブスクリプションを再アクティブ化できるようになりました。 パートナーは、パートナー センター ポータルから再アクティブ化することもできます。 サブスクリプションが再アクティブ化されると、アクティブな Azure サブスクリプションとして表示されます。

  • パートナーは、Azure クォータを削減できるようになりました: パートナーは、セルフサービス ツールを使用してクォータの削減を要求できるようになりました。 CSP パートナーが顧客の Azure サブスクリプションのクォータ削減を要求するためのセルフサービス機能を有効にしました。 パートナーは、Azure portal または Quota - Update - REST API を使用してクォータをリクエストできます。 セキュリティ上の理由から、クォータ リクエストは CSP パートナーのみに許可されます。顧客には許可されません。 パートナーは、顧客がクォータ要求を行えるように、アクセス許可に代わって管理者を使用して要求する必要があります。

間もなく利用できます

  • Microsoft は引き続きパートナーと顧客のセキュリティ体制を強化するため、すべてのパートナー センター API に対する条件付きアクセス ポリシー (CAP) の適用と共に Microsoft Entra エラー コードへの拡張を開始します。 以前に顧客のテナント間 CAP を適用していなかった既存のパートナー センター API は、これらのケースの詳細な診断情報を返すようになりました。 詳細については、Microsoft Learn の Microsoft Entra エラー コードのドキュメント を参照してください。 影響を受ける API の一覧については、Microsoft Learn のパートナー センター API の DAP から GDAP への移行に関する記事をご覧ください。 これらの変更をロールアウトするために、2024 年 1 月 22 日に向けて取り組んでいます。

次のステップ

  • 更新された 体験マップ を確認して、パートナーの変革の過程をゼロ トラストにナビゲートします。

  • Microsoft サイバーセキュリティのツールとリソースを使用して、セキュリティ体制を強化し、進化する脅威の状況を確認します。

  • 領域の専門家に疑問に答えてもらうため、専用の CSP セキュリティに関する Q&A セッションにサインアップします。

  • パートナーと顧客のエコシステムのセキュリティ保護に関するガイダンスとリソースを、パートナー準備ギャラリーで参照してください。



ソフトウェア キーとダウンロードの新しいユーザー エクスペリエンス

新しいソフトウェア ページのリリースをお知らせします。

  • 日付: 2023 年 11 月 16 日
  • ワークスペース: 顧客
  • 影響を受ける対象ユーザー: すべてのグローバル CSP パートナー。

パートナー センターでのソフトウェア キーとダウンロードのユーザー エクスペリエンスが更新されたことをお知らせします。 この更新プログラムは、パートナーのユーザー エクスペリエンスを大幅に強化するように設計されています。 改善点には、新しいページ レイアウト、フィルター、検索バー、改ページなどがあり、ナビゲーションをより直感的かつ効率的にすることを目的としています。 コア機能は変更されておらず、この変更はユーザー エクスペリエンスの更新のみです。

変更はサンドボックスと運用環境の両方で使用できます。 変更を表示するには、[ソフトウェア] ページに移動します。

  1. パートナー センターにサインインし、[顧客] を選択します。
  2. 一覧から顧客を選択します。
  3. 顧客の詳細ページから、[ソフトウェア] を選択します。

次のステップ

パートナー センターのドキュメント「CSP を使用してソフトウェア サブスクリプションを販売する」を確認します。



Microsoft 365 用のアプリとプラグインを公開するための Microsoft 365 および Copilot プログラムは、パートナー センターでプレビューで使用可能です

  • 日付: 2023 年 11 月 16 日
  • ワークスペース: 全般
  • 対象: すべてのパートナー

独立系ソフトウェア ベンダー (ISV) は、Teams、Outlook などの Copilot プラグインと Graph コネクタを含むアプリを新しい Microsoft 365 および Copilot プログラムに提出できます。 開発者は、プラグインと Graph コネクタを同じ統合アプリ マニフェストにパッケージ化し、パートナー センターにアプリを発行できます。 アプリが検証されると、Microsoft 365 管理センターでこれらのアプリを使用できるようになります。ここでは管理者が発見してユーザーに対して有効にできます。 ユーザーは、Teams、Outlook、Microsoft365.com のアプリ ストアを通じてアプリとプラグインを発見できます。

次のステップ

パートナーは、「Microsoft 365 用 Copilot 用のプラグインと Graph コネクタの発行」で、新しいエクスペリエンスの詳細を確認できます。



クラウド ソリューション プロバイダー、米国政府機関向けコミュニティ クラウド、教育、非営利のユーザー単位レガシ オファーの新しいコマースの立ち上げと移行の詳細

クラウド ソリューション プロバイダー (CSP)、米国政府機関向けコミュニティ クラウド (US GCC)、教育、非営利のユーザー単位レガシ オファーの新しいコマースの立ち上げと移行の詳細を発表します。

  • 日付: 2023 年 11 月 16 日
  • ワークスペース: 全般
  • 影響を受ける対象ユーザー: CSP 直接請求、間接プロバイダー、間接リセラー

CSP 教育、非営利団体、および US GCC のユーザーごとのオファーは、2024 年 1 月 1 日以降、新しいコマースで使用できるようになります。

Note

また、Microsoft では、このオファー グループを "公共セクター" オファーと見なします。

多くの CSP パートナーは、従来のコマース ビジネスと新しいコマース ビジネスをサポートするために、2 つの異なるシステムを維持しています。 新しいコマースで教育、非営利、US GCC のオファーが開始されると、パートナーは業務を合理化し、エンジニアリング コストを削減できます。 顧客を新しいコマース システムに移行すると、パートナーは、将来的に AI 対応オファーを含む新しい製品オファーにアクセスしたり、Microsoft Commerce インセンティブ プログラム (MCI) を通じて永続的なインセンティブの機会にアクセスしたりできるようになります。

教育機関、非営利団体、US GCC の顧客を持つ CSP パートナーには、Microsoft 主導の移行が 7 月に開始される前の 2024 年 1 月から 6 月までの間に、顧客をレガシから新しいコマース システムに移行することを優先することをお勧めします。 CSP の商用移行を行う際に、Microsoft は、従来のシステムに残っている教育、非営利、USS GCC のオファーを、オファーの更新日に新しいコマースに移行する予定です。 この Microsoft 主導の移行作業は、2024 年 7 月 1 日に更新される公共セクターのオファーから始まり、2024 年と 2025 年を通じてすべてのオファーが更新されます。

Note

Microsoft が移行するすべてのレガシ オファーは、既定で年間契約条件に設定されます。 パートナーは移行完了後 7 日以内に、必要に応じてサブスクリプションの期間や数量を変更したり、サブスクリプションを取り消したりすることができます。

Microsoft は、次の表に示すように、CSP 教育、非営利、US GCC のオファーを 4 つのウェーブで開始します。 ウェーブ 1 には、顧客ボリュームが最も多いオファーが含まれます。 残りのオファーは、後続のウェーブで開始されます。 各ウェーブに含まれるオファーは、開始日の 1 か月前に、パートナー センターの価格ワークスペースの新しいコマース ライセンス ベースの価格表に公開されます。

教育、非営利、US GCC のオファー 価格表のプレビュー 新しいコマースで使用可能
ウェーブ 1 2023 年 12 月 1 日 2024 年 1 月 1 日:
ウェーブ 2 2024 年 1 月 1 日: 2024 年 2 月 1 日
ウェーブ 3 2024 年 2 月 1 日 2024 年 3 月 1 日
ウェーブ 4 2024 年 3 月 1 日 2024 年 4 月 1 日

CSP パートナーとして、商用 SKU を使用している顧客と、教育機関、非営利団体、GCC SKU を使用している顧客がいる場合があります。 Microsoft は 2024 年にレガシ システムに残っているすべてのオファーを新しいコマースに移行しますが、商用オファーの Microsoft 主導の移行のタイムラインは、公共セクターのオファーのタイムラインとは異なります。 違いを明確にするために、各移行作業の主な日付を次に示します。

CSP のプラン 新しいコマースで使用可能 Microsoft 主導の移行は、この日に更新されるオファーに対して開始されます
商用 SKU 今すぐ 2024 年 1 月 11 日
教育機関、非営利団体、US GCC SKU 2024 年 1 月 1 日以降 2024 年 7 月 1 日

Note

世界中のほとんどの CSP 官公庁系顧客が商用 SKU を使用しています。 Microsoft 主導の商用移行には、CSP 商用 SKU を使用する官公庁系顧客が含まれます。 "US GCC" という用語は、米国政府のクラウド顧客の特定のセットを指します。

間接プロバイダーへの要求

CSP 間接プロバイダーの場合は、新しいコマースでの公共セクターのユーザーごとのオファーの開始の詳細と、Microsoft 主導の移行タイムラインに関する情報をリセラーに情報展開して、この変更に向けて顧客の準備を進めていることを確認してください。

レガシから新しいコマースへの移行に関する重要な考慮事項

  • 廃止オファー: 一部の公共セクターのレガシ オファーは、新しいコマースに移行されません。 パートナーは、CSP オファー提供終了ガイドで、廃止予定の公共セクターのレガシ オファーの一覧を確認できます。 このガイドは毎月更新され、廃止されるオファー ID の一覧、更新が停止する日付、新しい期間への更新が停止されるサブスクリプションのギャップを埋める方法に関するパートナー向けのガイダンスが提供されます。

  • 名前付け: CSP 公共セクターのレガシ オファーは、新しいコマース システムで別の名前を持つ場合があります。 パートナーは、パートナー センター価格ワークスペースのレガシ オファー マトリックスを参照して、レガシ サブスクリプションの名前を検索し、新しいコマース システムの新しい名前にマップできます。

  • 価格: 新しいコマース システムで異なる価格を持つ少数の CSP 公共セクター オファーがあります。 パートナーが支払う価格は、地域の為替レートの変動に応じて、為替レートの影響を受ける可能性もあります。 パートナーは、パートナー センターの価格ワークスペースで新しいコマース ライセンスベースの価格表を確認して、新しいコマース システムで販売されたオファーの正確な価格を確認できます。

  • 請求: 新しいコマース システムでは、毎月 8 日までに請求書と調整ファイルを使用できます。 新しいコマース システムでの課金のしくみの詳細については、新しいコマースでの 1 回限りの購入と定期的な購入に関するページを参照してください。

  • サンドボックス テスト: パートナーの要求に応じて、Microsoft は、顧客テナントの検証と新しいコマース SKU のテストの両方のために、2024 年 1 月にサンドボックス テストを利用できるようにします。 技術的な詳細については、2024 年 1 月に 統合サンドボックスでのテストとデバッグに関する Microsoft Learn の記事で公開します。

  • レガシ インセンティブ: CSP パートナーは、2024 年 12 月 31 日までレガシ インセンティブを獲得できます。 新しいコマースの Microsoft Commerce インセンティブ (MCI) プログラムの詳細については、「次のステップ」セクションを参照してください。

非営利団体の補助金とクレジットの資格要件を満たし、新しいコマースに移行する CSP 非営利団体のお客様は、特定の Microsoft 365、Dynamics 365、Power Platform SKU の新しいプロモーション オファーの対象となります。 これらのプロモーション オファーは、リストされている製品のいずれかに対するリスクの低い毎月のコミットメントで新しいコマースの使用を開始することを選択した非営利団体のお客様に 16.67% の割引を提供します。 プロモーション期間は、2024 年 1 月 1 日から 2024 年 9 月 30 日までです。 詳細は、2024 年 1 月 1 日にグローバル プロモーション準備ガイド コレクションで確認できます。

次のステップ

組織が CSP の公共セクターのユーザーごとのオファーの開始と移行を準備できるように、次のリソースをお勧めします。

わからないことがある場合は、

質問がある場合は、パートナー センターのサポート ページでサポート チケットを送信してください。



[トランザクション履歴]、[収益の概要]、[支払い]、[エクスポート] の各ページが廃止されました

[収益]、[売上]、[レポート] の [収益] ワークスペース ページから削除された [トランザクション履歴]、[売上の概要]、[支払い]、[エクスポート] ページへのリンクが廃止されました。

  • 日付: 2023 年 11 月 14 日
  • ワークスペース: 収益
  • 影響を受ける対象ユーザー: インセンティブ プログラムのインセンティブ管理者とインセンティブ ユーザー、ストアとマーケットプレース プログラムのアカウント所有者など、パートナー センターを使って収益と支払いを確認するすべてのパートナー。

[収益]、[売上]、[レポート] ページのページ内バナーを通じて伝えられたように、[支払い] ワークスペースの一部として利用できた古いページは完全に廃止されます。 パリティと新機能を持つ新しいページを使用します。 [収益] ワークスペース ページの機能と FAQ の詳細について確認してください。

変更管理のパリティ機能を一覧表示する

活動​ 古いページ/セクション 新しいページ/セクション
プログラムごとの収益合計を表示する トランザクション履歴/合計 – 時間とプログラム名のフィルター付き
注: この合計には、クレーム (収益ではなく支払い) も含まれています。
左上の収益/合計収益 KPI (時間とプログラム フィルター付き)。
注: 収益 KPI にはクレームは含まれません。
受け取った支払いの合計を表示する 支払いページ/今年受け取った支払いの合計 (プログラム、収益の種類、状態、支払い ID フィルターを適用する機能を持つ)。 収益/支払いの合計 KPI が上部に (時間、プログラム、収益の種類、状態、支払い ID フィルター付き)
Microsoft から送信された個々の支払い注文を表示する (支払いとも呼ばれます) 支払いページ/支払いの一覧 - 支払い済み 収益/支払いの概要 – 支払い済み
保留中の支払い注文を表示する 支払いページ/支払いの一覧 - 保留中 収益/支払いの概要 – 保留中
支払い注文ごとの収益の詳細を表示する 支払いページ/支払いの一覧 – 支払い済み。 各支払い注文で [表示] を選択する 収益/支払いの概要 – 支払済み。 支払い注文番号を選択してページをフィルター処理し、その支払い注文についてのみ収益の分析情報を表示します。
状態別に収益を表示する トランザクション履歴/状態別収益 収益/収益分布と傾向 – 支払い状況別
収益と支払いの傾向を表示します。 例: すべて上昇プログラムごと場所ごと トランザクション履歴/収益と支払いの傾向 (必要なフィルターを適用) 収益/収益と支払いの傾向 (必要なフィルターを適用)
見積支払い月 トランザクション履歴/推定支払い月 収益/次の推定支払い
トランザクション履歴の収益の詳細 1.トランザクション履歴/すべての収益が記載された詳細 (10,000 行に制限)
2.既定のトランザクション履歴、既定のマーケットプレース、または既定のストア レポート
収益/ダウンロード セクション
1.収益 - 既定
2.収益 - マーケットプレース
3.収益 - ストア
ダウンロードできるレポート 収益、トランザクション、支払い状態の詳細 - 既定のトランザクション履歴 収益 - 既定
ダウンロードできるレポート 収益、トランザクション、支払い状況の詳細 (成長レバー) – トランザクションの概要 収益 - 増大
ダウンロードできるレポート 収益、トランザクション、支払いの状態の詳細 - 既定のマーケットプレース 収益 - マーケットプレース
ダウンロードできるレポート 収益、トランザクション、支払いの状態の詳細 - 既定のストア 収益 - ストア
ダウンロードできるレポート 支払いの詳細 – 支払い 支払い


パートナー センターでの MCEM に合わせた販売ステージの調整

Microsoft Customer Engagement Methodology (MCEM) に合わせて共同販売ワークフローの販売ステージを調整しています。

  • 日付: 2023 年 11 月 10 日
  • ワークスペース: 紹介
  • 影響を受ける対象ユーザー: 紹介管理者

Microsoft の共同販売ワークフローを明確にし、強化するために、Microsoft Customer Engagement Methodology (MCEM) ステージをパートナー センターに導入します。 これらのステージは、慣れ親しんだ従来の販売ステージと共にインラインで表示されます。 この更新プログラムは、Inspire 2023 で導入されたアラインメント戦略を反映しています。



FY24 Modern Work and Security Usage インセンティブの更新

FY24 では、モダン ワークとセキュリティの使用インセンティブ (以前のOSUM365) は、統合されたシームレスなインセンティブ ユーザー エクスペリエンスを提供するために Microsoft Commerce Incentives (MCI) に移行しました。

  • 日付: 2023 年 11 月 10 日
  • ワークスペース: インセンティブ
  • 影響を受ける対象ユーザー: Business Applications インセンティブに参加しているすべてのパートナー

今年の新しい最新の作業とセキュリティの使用インセンティブは、顧客のデプロイと導入の成長を促進するためのパートナーに報酬を与える高基準 (HWM) モデルです。 HWM は、時間の経過と同時にテナントとワークロード別に測定された単位の最大値を追跡し、複数のソリューション領域で使用されるインセンティブ パターンです。

例:

Bar graph showing the high-water mark principle with units sold and compensable units for modern work and security.

  • この例では、
    • 1 月: 5 単位の課金、5 個の単位が補償可能
    • 2 月: 10 単位の課金、5 個の増分単位が補償可能
    • 3 月: 20 単位の課金、10 個の増分単位が補償可能
    • 4 月: 22 単位の課金、2 個の増分単位が補償可能
    • 5 月: 15 単位の課金、HWM = 22 として 0 個の増分単位が補償可能
    • 7 月: 25 単位の課金、HWM = 22 として 3 個の増分単位が補償可能

パートナーは、月間アクティブ ユーザー (MAU) の成長を促進する際に獲得し、収益機会を増やしながら、より大きなアドレス指定可能な市場を楽しむことができます。 インセンティブを受けたワークロードは、主要な戦略的製品に重点を置いたベットを使用して、アップセリングと更新を確実にするために、Microsoft の分野の優先順位に合わせて調整されます。 また、収益は有料利用可能ユニット (PAU) に制限され、有償成長のみが報酬を受けることを意味します。

Modern Work と Security Usage の収益をどのように調整しますか?
  • 月間アクティブ ユーザー (MAU): 過去 28 日間に意図的なアクションを実行した一意のユーザーの数 (ワークロード別)。 毎月のアクティブな使用状況は、各ワークロードに固有です。
    • 月次保護ユーザー (MPU): 過去 28 日間に保護されたセキュリティ ワークロード別の個別のユーザーの数。
  • 有償利用可能ユニット (PAU): Microsoft などのテナント上の「有償」ライセンスの測定値は、これらのライセンスの収益を認識しています。
  • 対応ユニット: MAU/MPU が HWM を超えて増加し、合計の PAU を超えません。
  • 収益 = 補償可能単位 * レート カード
  • [収益] ページ: 収益と支払いの分析情報を提供します。 収益: 既定 のダウンロードですべての調整属性(例えばMAU、PAU、PriorHWM、コンペンサブル ユニット、ワークロードなど) を表示します。

次のステップ

  • 詳細については、MCI プログラム ガイド の「Modern Work and Security Usage Incentive」スライドを参照してください。


11 月の新しいコマース価格表の変更

Microsoft Sustainability Manager (製品 ID CFQ7TTC0N38H) をできるだけ早く購入できるように、パートナー センターで利用できるようにしています。 製品は、2023 年 12 月 1 日から価格表に表示されます。

  • 日付: 2023 年 11 月 10 日
  • ワークスペース: 価格
  • 影響を受ける対象ユーザー: すべての市場/国/地域のクラウド ソリューション プロバイダー パートナー (間接プロバイダーと直接請求)

テスト製品の一部が 11 月の価格表に追加されます。 これらは購入できないことを強調したいと思います。

  • 000W - 使用しない - Windows 365 Frontline 16 vCPU、64 GB、1 TB
  • 000Z - 使用しない - Windows 365 Frontline 16 vCPU、64 GB、512 GB

これらのテスト製品は、2023 年 12 月 1 日に削除されます。



公開中: 組織のサポート リクエストを表示および管理する

新しいサポート要求管理者ロールを持つユーザーは、組織内の他のユーザーによって作成されたサポート要求を表示および管理できるようになりました。

  • 日付: 2023 年 11 月 9 日
  • ワークスペース: ヘルプ + サポート
  • 影響を受ける対象ユーザー: グローバル管理者、サポート リクエスト管理者

グローバル管理者は、新しいサポート要求管理者ロールをユーザーに割り当てて、組織のすべてのサポート要求へのアクセスを許可できるようになりました。 [ヘルプとサポートの概要] ページの [組織の要求] タブには、現在ログオンしているテナントに対するすべてのサポート要求が表示されます。

サポート リクエスト管理者は、組織の要求に対する表示、状態の更新、メモの追加、および添付ファイルの追加を行うことができます。

詳細については、「サポート要求の表示と管理」を参照してください。



Microsoft Partner Agreement (MPA) の更新 (2024 年 5 月 1 日に有効化)

この通信は、パートナーへの更新に関する Microsoft の正式な通知です。

  • 日付: 2023 年 11 月 9 日
  • ワークスペース: 全般
  • 影響を受ける対象ユーザー: アクティブな Microsoft Partner Agreement を結んでいるパートナー。

変更は、2024 年 5 月 1 日に自動的に有効になり、当事者による追加の措置は必要ありません。パートナーは、署名や承認のフォームを提供する必要はありません。

MPA は、2024 年 5 月 1 日に更新されます。

MPA には、プライバシー、セキュリティ、コンプライアンス、透明性に対する当社のコミットメントをサポートする条件が組み込まれています。 Microsoft は、透明性、コンプライアンス、および適法なビジネス プラクティスに対する明確な要件を確立し、長期的な成長とビジネス継続性を促進することで、顧客、パートナー、および Microsoft を保護するよう努めています。 ビジネスのベスト プラクティスをさらに改善するために、Microsoft は MPA の使用条件を更新しました。

2024 年 5 月 1 日に、更新された条項が自動的に適用されます。 パートナーによるアクション、署名、または受信確認は必要ありません。



サービス プロバイダー ライセンス契約 (SPLA) プログラムの今後の変更を確認する

"SPLA プログラムを継続的に進化、拡張する取り組みの一環として、Microsoft は 2024 年 1 月 12 日に新しい SPLA テンプレートをロールアウトします。"

  • 日付: 2023 年 11 月 8 日
  • ワークスペース: 全般
  • 影響を受ける対象ユーザー: SPLA リセラー

Microsoft が変更を加える理由

Microsoft では、貿易法やその他の規制要件の増加に対応して、SPLA テンプレートを更新しています。 さらに、SPLA リセラーとその SPLA の顧客は Microsoft に対し、SPLA に基づく権利と義務を明確にするよう求めており、Microsoft はこれに応じました。

Microsoft はどのような変更を行っていますか?

SPLA の顧客が新しい SPLA テンプレートで予期できる主な更新は次のとおりです。

  • アフィリエイト識別の必要性: SPLA の顧客は、参加権を要求するアフィリエイトを識別する必要があります。 アフィリエイトの参加には、事前に Microsoft の承認が必要です。

  • レポートの簡略化とコンプライアンスの重視:

    • 月次使用レポートの簡略化: SPLA の顧客は、SPLA リセラーを通じて、前暦月中に各製品で使われたライセンスの合計数のみ提供する必要があります。 顧客は、エンド カスタマー登録を作成したり、使用状況を個別に報告したりする必要がなくなりました。

    • 貿易および不正腐敗防止コンプライアンスの重視: SPLA の顧客は、SPLA リセラーを通じてエンド ユーザー レポートの提供を求められる場合があります。 エンド ユーザー情報は、適用されるすべてのプライバシー法令に従って保持されます。 エンド ユーザー レポートは顧客の機密情報と見なされ、コンプライアンス検証の目的でのみ使われます。

Microsoft では、これらの変更はいつ行われますか?

新しい SPLA テンプレートは、2024 年 1 月 12 日にロールアウトされます。 既存の契約はその有効期限まで有効であり、更新を選んだ SPLA の顧客は新しい SPLA テンプレートで更新されます。 現在の SPLA テンプレートのドラフト パッケージは、2024 年 1 月 12 日までに Microsoft に提出する必要があります。 2024 年 1 月 13 日以降に提出された契約パッケージは、新しい SPLA テンプレートでのみ受け入れられます。

次のステップ

  • この情報を組織内のすべての関係者、特に SPLA の顧客の管理に責任を負う担当者と共有してください。

  • 次回の更新日に先立って、計画されている変更を SPLA の顧客に確実に認識してもらいます。 ご質問がある場合は、アカウント チームに問い合わせるか、ボリューム ライセンス (VL) セントラル ツールを使ってクエリを送信してください。

  • 注: 以下の国および地域に顧客を持つ SPLA リセラーには、それらの地域に固有の変更の詳細がメールで送信されます。

    • アルメニア、アゼルバイジャン、バングラデシュ、ベラルーシ、ブータン、ブラジル、中国、ハンガリー、インド、イラク、カザフスタン、キルギス、モルディブ、モルドバ、ミャンマー、ネパール、パキスタン、ポーランド、南アフリカ、スリランカ、タジキスタン、タイ、トルコ、ウズベキスタン、ベネズエラ、サウジアラビア、アラブ首長国連邦。


11 月のクラウド ソリューション プロバイダー (CSP) の月例更新とコミュニティ リマインダー

"最新のパートナー向けの発表カレンダー隔月の CSP 更新ニュースレター、重要なプログラムの最新情報を提供する CSP コミュニティ リソースを含む月例ビュー。"

  • 日付: 2023 年 11 月 7 日
  • ワークスペース: 全般
  • 影響を受ける対象ユーザー: CSP 直接請求パートナー、間接プロバイダー

常に利用可能 - オンデマンドでコンテンツを起動する

最近のアクティブな発表すべてを 1 か所に表示する統合ビューについては、パートナー向けの発表カレンダーのコレクションを参照してください。 発表に関する詳細情報を確認するために役立つ、各発表のタイムラインと発行済みの資料へのリンクがあります。

ダウンロード可能な CSP の隔月の更新ニュースレター。最近の CSP のお知らせ、更新プログラム、イベント、リマインダーが、読みやすいドキュメントにまとめられています。

パートナー体験マップは、Microsoft の最も優先度の高い移行の過程に沿った詳細なナビゲーションを提供します。

ライセンスの準備が必要ですか? 毎月の CSP スポットライト ウェビナーでは、すべてのパートナーが利用できる最新の CSP ライセンス情報について取り上げています。

CSP コミュニティの Q&A リマインダー

毎月の CSP コミュニティ Q&A セッションでは、プログラムに影響を与える変更について詳細を学習し、質問する機会が提供されます。

今後のコールに参加するには、こちらで登録してください

次のステップ

パートナー向けの発表カレンダーと毎月のニュースレターを確認し、今後のコミュニティ Q&A コールに登録します。

疑問がある場合

毎月の CSP コミュニティ Q&A コールは、CSP プログラムの運用変更について質問をするのに最適な場所です。 コールの最大 48 時間前まで質問を提出できます。

その他の CSP トピックに関する質問については、 パートナー センター サポート ページを参照してください。



FY24 Business Applications インセンティブの更新

''Microsoft は、Business Applications ソリューション領域の多くの側面に多額の投資を行っています。これには、スキルと市場投入をサポートするためのインセンティブやいくつかのパートナー プログラムが含まれます。''

  • 日付: 2023 年 11 月 7 日
  • ワークスペース: インセンティブ
  • 影響を受ける対象ユーザー: Business Applications インセンティブに参加しているすべてのパートナー

Business Applications では、パートナーは、すべての Biz Apps インセンティブを Microsoft Commerce Incentives (MCI) に移行することによる簡易化と、前年比の全体的なインセンティブの案件増加による成長に焦点を当てることができます。 FY24 では、パートナーはパートナーの能力と実行に焦点を当てます。

パートナーが取引から付加価値サービスへの変換の主なリソースである、中小企業および法人 (SMC) 顧客セグメントにおける影響の優先順位付け。 MCI Biz Apps Presales Advisor インセンティブ (以前の OSA) に参加しているパートナーは、Microsoft がエンタープライズ セグメントで顧客とのエンゲージメントを促進するリソースを投資し、パートナーが SMC の動きを主導する方法の反映として、顧客セグメント別の差別化されたレートを確認します。

パートナーは、活動と成果の両方に引き続き焦点を当てます。 そのため、すべての投資をオンライン サービス使用状況 Dynamics 365 プログラム (OSU) からポストセールス アクティビティにシフトしています。

変更点

インセンティブの変更の完全な概要を以下に示します。

Incentive Change
Biz Apps Presales Advisor - エンタープライズと SMC の差別化されたレート: FY24 ENT レート < SMC ですが、EA の価格の差別化と割引を受けた平均 FY23 ENT レートからさほど離れていません
- テナント レベルでのハイウォーター マーク (HWM) 成長パターンにより、時間の経過に伴う追跡が可能になり、更新時の既存のシートに対する支払い、または HWM 未満の再キャプチャの成長のリスクが排除されます
- 固定レート カード モデルでは収益の透明性と予測可能性が提供されます
OSU Dynamics 365 OSU Dynamics 365 は廃止され、資金調達はポストセールス アクティビティに移ります
Power Apps と Power Automate (PAL) - Customer Insights と Power BI を削除して、コア Power Platform ワークロードに集中します
- 計算を簡略化するためにレート カードが削除されました (月間アクティブ ユーザー [MAU] * $ 金額)
Cloud Solution Provider (CSP) - 間接プロバイダー向けの顧客加算への投資
- すべてのパートナーの種類で基本レートが維持されます
- Power Apps および Sales Pro 製品アクセラレータから Business Central および Sales Enterprise への投資のシフト
独立系ソフトウェア ベンダー (ISV) Marketplace Transact and Grow (パートナー センターでのキャンペーン登録を通じて) Fy24 の Marketplace Transact で利用できる Biz Apps (新規)
ハイウォーター マーク (HWM) = 成長に対する支払い

HWM では、時間の経過に伴うテナントとワークロード別の測定単位の最大値 (純有料シート、MAU など) が追跡されます。

例:

Bar graph showing the high-water mark principle with units sold and compensable units.

  • この例では、
    • 1 月: 5 単位の課金、5 個の単位が補償可能
    • 2 月: 10 単位の課金、5 個の増分単位が補償可能
    • 3 月: 20 単位の課金、10 個の増分単位が補償可能
    • 4 月: 22 単位の課金、2 個の増分単位が補償可能
    • 5 月: 15 単位の課金、HWM = 22 として 0 個の増分単位が補償可能
    • 7 月: 25 単位の課金、HWM = 22 として 3 個の増分単位が補償可能
ハイウォーター マーク (HWM) = ワークロードとテナント レベル

テナントとワークロード レベルで HWM を測定することで、時間の経過に伴う追跡が可能になり、更新時の既存のシートに対する支払い、または HWM 未満の再キャプチャの成長のリスクが排除されます。

Flowchart showing shift of high-water mark from subscription to tenant and workload.

  • FY23 では、HWM はサブスクリプション レベルで決定されました。 このような状況が純新規サブスクリプションの作成につながったので、このアプローチは、顧客の更新や経常収益のインスタンスで HWM を追跡する上で困難でした。
  • FY24 では、HWM はテナントとワークロード レベルで確立されます。これは、サブスクリプション レベルと比較して詳細度が低くなります。 このアプローチでは、HWM をこのより高い粒度で追跡しやすくなるため、更新または経常収益シナリオでの過払いを防ぐことができます。

Note

契約とサブスクリプションが更新された場合でも、パートナーは引き続き Claiming Partner of Record (CPOR) とパートナー センターを介して再関連付けする必要があります。

Biz Apps Presales Advisor の収益を調整する方法
  • 補償可能単位: 関連するワークロードとテナントの要求されたシートのハイウォーター マーク (HWM) を上回る純有料シートの増加。
  • 収益 = 補償可能単位 * レート カード
  • [収益] ページ: 収益と支払いの分析情報を提供します。 [収益: 既定値] ダウンロードで、たとえば、数量 (純有料シート)、HWM、補償可能単位、ワークロード、CPOR 要求 ID 別にすべての調整属性を表示します。

次のステップ

  • 詳細については、「MCI プログラム ガイド」の「Business Applications インセンティブ」スライドを参照してください。


API ダウンロードを介して、ISV でライセンスと VM イメージのバージョン レポートを使用できるようになりました

''この API では、ライセンスと VM イメージのバージョン レポートが堅牢にサポートされるようになりました。これは、ISV エクスペリエンスを合理化および強化するために特別に設計されています。''

  • 日付: 2023 年 11 月 7 日
  • ワークスペース: Insights、API
  • 影響を受ける対象ユーザー: マーケットプレースで公開されているオファーを持つ ISV パートナー

ISV は、ライセンスと VM イメージのバージョン レポートをプログラムでダウンロードできるようになりました。 ライセンス レポートには、割り当ておよびプロビジョニングされたライセンスに関する分析情報が表示されます。 VM イメージの非推奨レポートは、ISV が使用に基づいて非推奨にできる VM イメージを決定するのに役立つ場合があります。

この機能強化により、レポートの自動生成、データ品質の向上、一貫性など、パートナーに複数の利点がもたらされます。 また、UI と API の両方でレポートにアクセスするパートナーは、ダウンロードされたレポートの列が両方のエクスペリエンスで同じであることを確認できます。 これにより、2 つのプラットフォーム間のシームレスな移行が保証され、ISV に信頼性と凝集性の高いエクスペリエンスが提供されます。

次のステップ



生成 AI を使用した紹介の概要

''生成 AI の波に乗って、最上位パートナー向けの共同販売案件プレビュー カードに紹介の概要を表示しています。''

  • 日付: 2023 年 11 月 7 日
  • ワークスペース: 紹介
  • 影響を受ける対象ユーザー: 最上位パートナーの紹介管理者

営業案件のサイズ設定を行うために、すべての紹介を開いたり、ノートのページに目を通すことにうんざりしていますか? Microsoft からのインバウンド案件を処理し、生成 AI を使用してコンテンツ (> 300 文字) を要約することで、営業案件のサイズ設定プロセスを高速化するのに役立つ紹介の概要が追加されました。

新しいエクスペリエンスを試すには、[紹介] ワークスペースの [共同販売案件] セクションの [紹介] にカーソルを合わせます。 パートナー センターの右上隅にあるスマイリー アイコンを使用して、フィードバックをお送りください。

Note

この機能は、すべての最上位パートナーに対して段階的に有効になっています。

次のステップ



CSP オファー提供終了ガイドの 11 月の更新スケジュール

''CSP オファー提供終了ガイドの 11 月の更新は、2023 年 11 月 17 日まで延期されます。''

  • 日付: 2023 年 11 月 6 日
  • ワークスペース: 顧客
  • 影響を受ける対象ユーザー: CSP 直接請求パートナー、間接プロバイダー

CSP オファー提供終了ガイドは、2023 年 9 月と 10 月に更新されました。 提供終了ガイドの次の更新は、2023 年 11 月 17 日までに投稿されます。 11 月の更新には、2024 年 1 月以降に廃止される従来のライセンス ベースのオファーが含まれます。 2023 年 12 月のガイド更新の計画はなく、2024 年 1 月の最初の週以降、毎月更新する予定です。

次のステップ

  • パートナーは、最新の CSP オファー提供終了ガイドを確認し、顧客と話し合い、利用可能な最新の新しいコマース製品 SKU でニーズを満たしていることを確かめる必要があります。
  • 2023 年 11 月 17 日までにオファー提供終了の次の波を予想します。

疑問がある場合

ご質問がある場合や詳しく知りたい場合はパートナー サポートにお問い合わせください。



最新のプロモーションとオファーを表示する

''最新のグローバル プロモーション準備ガイドが利用可能になりました。''

  • 日付: 2023 年 11 月 2 日
  • ワークスペース: 価格
  • 影響を受ける対象ユーザー: クラウド ソリューション プロバイダー (CSP) プログラムを通じて取引を行うパートナー

現在および今後のすべてのプロモーションの統合ビューである、最新のグローバル プロモーション準備ガイドが、オペレーション レディネス リソース ギャラリーで利用できるようになりました。 現在および今後のプロモーションとオファーについて、グローバル プロモーション準備ガイド コレクションに関するページを参照してください。

次のステップ

  • オペレーション レディネス リソース ギャラリーの最新の月次プロモーション ガイドを確認します。
  • この情報を組織内の適切な担当者に共有してください。
  • ページの下部にある ''このページは役に立ちましたか'' という質問に回答して、ガイドが役に立つかどうかをお知らせください。

疑問がある場合

不明な点がある場合は、CSP サポートに移動してください。


新しい NCE 課金の概要ページがまもなく一般公開される予定です

新しい [課金の概要] ページが 11 月に一般公開 (GA) されることをお知らせします。

  • 日付: 2023 年 11 月 1 日
  • ワークスペース: 課金
  • 影響を受ける対象ユーザー: 新しいコマース製品と取引しているすべてのグローバル パートナー

現在、''ベータ版'' である新しいコマース課金の概要ページは、間もなく一般公開されます。 このページは、現在と以前の請求書、および新しいコマース プログラムの請求調整ファイルを表示するのに便利な場所です。 さらに、さまざまな他の課金関連の情報が提供され、パートナーが源泉徴収税の領収書を提出して、規制の税金とコンプライアンスの要件を満たすことができます。

ユーザー エクスペリエンスにどのような影響があるか

新しいページの一般提供により、ユーザー エクスペリエンスを向上させるために、いくつかのエキサイティングな更新が行われました。 現在の [請求履歴] ページでは、従来のプログラム専用の課金、請求、調整の情報とファイルの表示のみに重点を置きます。 しかし、最新の [課金の概要 (NCE)] ページでは、新しいコマース プログラムのユーザー エクスペリエンスが個別に向上します。 このページは、新しいプログラム専用に調整された高度な機能を含む、課金アクティビティの包括的な概要を提供するように設計されています。

2 つのページの違いをより深く理解できるように、次の表の詳細な比較を参照してください。

Activity 現在の [請求履歴] ページ 新しい [請求の概要] (NCE) ページ
現在の残高と未割り当て支払いを表示する 従来の請求書の場合のみ 新しいコマース請求書の場合のみ
最新の請求書と調整ファイルを表示してダウンロードする 従来の請求書と調整ファイルのみ 新しいコマース請求書と調整ファイルのみ
過去の請求書と調整ファイルを表示してダウンロードする 従来の請求書と調整ファイルのみ 新しいコマース請求書と調整ファイルのみ
見積もりファイルを表示してダウンロードする 適用なし 新しいコマースの未請求取引の場合のみ
Azure クレジット オファー (ACO) 残高ファイルを表示してダウンロードする 適用なし ACO クレジットがある対象顧客を持つ新しいコマース パートナーの場合のみ
源泉徴収税を提出する 従来の請求書の場合のみ 新しいコマース請求書の場合のみ
Fapiao を表示してダウンロードする (中国のみ) 適用なし 新しいコマース請求書の場合のみ

既知の制限事項

該当なし

メリット

従来のコマース課金情報と新しいコマース課金情報を分離すると、次の利点が得られます。

  • ページの読み込み時間の短縮
  • 情報に基づいた意思決定をサポートするために、新しい [課金の概要 (NCE)] ページでパフォーマンスが改善され、より多くの詳細情報が表示されるようになりました
  • 請求済みのすべての請求書と関連する調整ファイルは、[課金の概要 (NCE)] ページの下部のセクションの 1 か所に便宜上格納されます
    • また、調整ファイルは、追跡を簡略化するために課金の状態 (請求済みまたは未請求) 別に分類されます
  • 見積もりファイル名が新しい [請求の概要] (NCE) ページに表示されるようになりました。これは、より簡単に追跡できるように、請求月と種類別に分類されています

これらの更新により、課金エクスペリエンスが大幅に向上し、財務活動を管理するためのよりシームレスで直感的なプラットフォームが提供されることを願っています。

次のステップ

この機能は、2023 年 11 月 28 日に GA になる予定です。ただし、現時点では、スムーズな移行プロセスを確保するために、次のアクティビティを優先してください。

  • 変更についてユーザーに伝え、関連する課金情報を見つけるのに必要な適応が確実に認識されるようにします。
  • Microsoft は、プラットフォームを機能強化し、効率的なツールと分析情報をパートナーに提供することに常に取り組んでいます。 引き続きよろしくお願いいたします。新しい改善された課金プラットフォームでサービスを提供することを楽しみにしています。

新しい NCE レポートのダウンロード ページはまもなく一般公開される予定です

''新しい [レポート (NCE)] ページが 11 月に一般公開 (GA) されることをお知らせします。''

  • 日付: 2023 年 11 月 1 日
  • ワークスペース: 課金
  • 影響を受ける対象ユーザー: 新しいコマース製品に対して課金されるすべてのグローバル パートナー

現在、''ベータ版'' の新しいコマース レポート ダウンロード ページは、近日中に一般公開 (GA) される予定です。 このページは、現在と以前の請求書、および新しいコマース プログラムの請求調整ファイルをダウンロードするのに便利な場所です。 [課金の概要] ページからダウンロードをトリガーし、このページでダウンロードを取得します。

ユーザー エクスペリエンスにどのような影響があるか

この最新の [レポート (NCE)] ページでは、請求書、調整、Azure クレジット オファー残高ファイルをダウンロードするためのユーザー エクスペリエンスが向上します。 [レポート (NCE)] ページが GA になると、このページで新しいコマースのダウンロードがすべて利用できるようになり、既存の[ファイルのダウンロード] ページが廃止されます。つまり、タスク メニューに表示できなくなります。

既存の [ファイルのダウンロード] と新しい [レポート (NCE]) ページの主な違いは次のとおりです。

  • すべての調整ファイルのダウンロードは、新しい [課金の概要 (NCE)] ページから開始する必要があります。 これらのダウンロードは、システムによって自動的にキューに追加され、[レポート (NCE)] ページで表示できます。
  • このページでダウンロードしたレポートを引き続き検索することはできますが、フィルター オプションにはアクセスできません。

既知の制限事項

該当なし

メリット

[レポート (NCE)] ページの一般提供により、次の利点が得られます。

  • パフォーマンスが向上し、エラー処理とトラブルシューティングを改善するための詳細が追加されました
  • ダウンロードしたレポートの名前には、課金対象データの請求書番号または YYMM 形式の年月が含まれるため、課金期間が明確になります
    • また、[前回の状態の更新] では、レポートがどの程度最近にダウンロードされたかがわかります
  • Azure クレジット オファー残高レポートも、新しい [レポート (NCE)] ページから非同期的にダウンロードされます

これらの更新により、課金エクスペリエンスが大幅に向上し、財務活動を管理するためのよりシームレスで直感的なプラットフォームが提供されることを願っています。

次のステップ

この機能は、2023 年 11 月 28 日に GA になる予定です。ただし、現時点では、スムーズな移行プロセスを確保するために、次のアクティビティを優先してください。

  • ダウンロードしたレポートの場所が変更されたことをユーザーに知らせます。
  • リンクをブックマークした場合は、ページが GA になったら、新しいリンクでブックマークを更新します。
  • Microsoft は、プラットフォームを機能強化し、効率的なツールと分析情報をパートナーに提供することに常に取り組んでいます。 引き続きよろしくお願いいたします。新しい改善された課金プラットフォームでサービスを提供することを楽しみにしています。