Share via


お客様のサブスクリプションの管理

適用対象: パートナー センター | Microsoft Cloud for US Government のパートナー センター

対象ロール: 管理エージェント | 課金管理者 | グローバル管理者 | ヘルプデスク エージェント | 販売エージェント

パートナー センターで顧客のレコードを作成したら、その顧客にカタログ内の製品のサブスクリプションを販売できます。

販売できるサブスクリプションは次のとおりです。

Note

直接請求パートナーまたは間接プロバイダーである場合にのみ、顧客サブスクリプションの販売と管理を行うことができます。 間接リセラー場合は、間接プロバイダーにお問い合わせください。 詳細については、「どの CSP モデルが最適か」を参照してください

一部のオファーでは、顧客ごとに保有できるサブスクリプションが 1 つに限られています。 制限されているオファーの一覧を表示するには、パートナー センター の [価格リスト ] ページに移動します。

クラウド ソリューション プロバイダー (CSP) プログラムのパートナーとして、パートナー センター内の独立系ソフトウェア ベンダー (ISV) パブリッシャーからライセンス ベースまたは従量制課金 SaaS サブスクリプションを購入できます。 ISV パブリッシャーが利用できるライセンスベースまたは従量制 SaaS オファー (アクセス権を持つ排他的オファーを含む) を購入できます。 ISV (Azure アプリケーション、コンテナー、または VM を使用する使用量ベースのオファーなど) から他のコマーシャル マーケットプレース オファーを購入または管理するには、Azure portal にアクセスする必要があります。

Note

パートナー センターのすべての日付と時刻は協定世界時 (UTC) で示されます。 UTC は現地時刻と最大 24 時間異なる場合があります。

新しいサブスクリプションを作成する

新しいサブスクリプションを作成するには、次の手順に従います。

  1. パートナー センター[顧客] を選択し、顧客の一覧から顧客を選択します。

  2. [サブスクリプションの追加] を選択します。

  3. [オンライン サービス] タブには、利用可能なすべてのマーケットプレース SaaS オファーが表示されます。
    特定の種類のサブスクリプションのみを表示するには、次のフィルターを使用します。

    フィルター 設定
    発行元 Microsoft からのオファーのみを表示するには、[Microsoft] を選択します。
    ISV によって公開されたコマーシャル マーケットプレース製品を表示するには、[パートナー] を選択します。
    課金タイプ 使用 するサブスクリプションの課金の種類 (ライセンス または 使用状況) を選択します
    毎月の請求と年次請求のどちらを決定するのに役立つ情報については、パートナー センターの請求を参照してください
    カテゴリ [エンタープライズ]、[小規模ビジネス]、または [試用版] を選択します
    試用版サブスクリプションの詳細については、「Microsoft 製品の試用版を顧客に提供する」を参照してください
  4. 顧客用に購入する製品サブスクリプションを選択します。 表示される製品は、顧客セグメント (教育や政府機関など) と、適用するフィルターによって異なります。 一部のマーケットプレース オファーは、特定の顧客または CSP パートナーが常に利用できるわけではありません。 次のような理由が考えられます。

    • 顧客は既にその製品のサブスクリプションを持っており、許可されるのは 1 つだけです
    • 顧客のサブスクリプションが中断される可能性があります。 (この場合は、新しいサブスクリプションを購入するのではなく、サブスクリプションを再アクティブ化できます)。ISV SaaS オファーの場合、オファーが利用できない理由はいくつかあります。
    • ISV は、お客様の請求先の国または地域をサポートしていない可能性があります
    • ISV は、CSP プログラムを通じてオファーを利用できるようにしないことを選択する場合があります
    • ISV は、特定の CSP パートナーに対してオファー を排他的にする場合があります
    • ISV オファーは、パートナー センター (コンテナーや一部の使用量ベースのオファーなど) を通じて取引できない可能性があります。
  5. 追加するサブスクリプションごとに、(必要に応じて) ライセンスの数を入力し、[カートに追加] を選択します

  6. サブスクリプションを追加し終わったら、[レビュー] を選択して注文内容を確認します。

    重要

    パートナーの皆様には、以下のことをご証明いただく必要があります。

    「リセラーを選択するときに組織が間接パートナーとして機能し、リセラーを選択しない場合は直接パートナーとして機能していることを確認します」EU/EFTA の法律では、これらの国/地域で取引を行うパートナーは、トランザクション内に関連付けられている他のリセラーを宣言する必要があります。 次の規則が適用されます。

    • 他のリセラーの前に最初のリセラーを選択する必要があります
    • 他のリセラーは、追加のインセンティブやオファーなどを受ける権利がありません
    • 入力された他の販売者は、該当する場合に正しい PartnerID が入力されていること、およびリセラーが Microsoft Partner Agreement (MPA) に署名したことを確認するために検証されます。
    • トランザクションの一部として、最大 5 つの他のリセラーを入力できます
  7. 間接的なプロバイダーの場合は、この顧客のサブスクリプションに関連付ける間接的リセラーを一覧から選択します。

  8. レビューを選択します。

  9. [Submit](送信) をクリックします。

  10. サブスクリプションを追加するには、製品追加を選択します。

  11. 顧客情報の追加と必要なサブスクリプションの購入が完了したら、[完了] を選択します

  12. これらのサブスクリプションを購入する準備ができたら、[購入] を選択します。

    重要

    パートナーは、顧客ごとのサブスクリプション数に関する特定の制約と制限に注意する必要があります。 これらの制限の詳細については、Microsoft Entra サービスの 制限と制限に関するドキュメントを参照してください

一意の制約を持つオファー

複数地域機能アドオン

複数地域機能アドオンには、他の New Commerce ライセンス ベースのオファーとは異なる一意のライセンス制約があります。

複数地域機能アドオンを購入するには、パートナーは、お客様が所有する基本ライセンスの 5% 以上 (前提条件となるすべての基本オファー全体) の複数地域ライセンスの数量を購入する必要があります。 たとえば、顧客 A には、互換性のあるすべての基本サブスクリプションで 400 個のライセンスがあります。 パートナーが代理で購入する複数地域機能アドオンは、少なくとも 20 ライセンス (400 の 5%) である必要があります。

複数地域の機能とその利点の詳細については、Microsoft 365 の複数地域機能に関するページを参照してください

Microsoft Copilot for Microsoft 365 アドオン

Microsoft Copilot for Microsoft 365 アドオンには、お客様が所有する前提条件 SKU ライセンスの数に応じて、一意の最大ライセンス制約があります。

アドオンを購入するには、パートナーが Microsoft 365 用 Microsoft Copilot の数量を、顧客が所有する基本ライセンスの数以下 (前提条件となるすべての基本オファー) で購入する必要があります。 たとえば、顧客 A が互換性のあるすべての基本サブスクリプションに対して 250 個のライセンスを持っている場合、パートナーは顧客 A の Microsoft 365 ライセンスに対して最大 250 個の Microsoft Copilot を購入できます。

前提条件ライセンスは、複数のパートナー間でサブスクリプションが分割されている場合でも、顧客のサブスクリプション全体でカウントされます。 さらに、パートナーが基本オファーと Microsoft 365 アドオンの Microsoft Copilot を同時に購入している場合、カート内の基本オファーのライセンスも、アドオンライセンスの上限を決定する累積合計で考慮されます。

サブスクリプションを購入した後

顧客のサブスクリプションを購入した後:

  • その顧客の [サブスクリプション] ページからサブスクリプション名を選択して、サブスクリプションを確認または編集できます。 そこから、使用可能な場合はアドオン ライセンスを選択したり、ライセンスの数量を変更したり、サブスクリプションを中断したりできます。

  • "ISV SaaS (ライセンスベースおよび従量制) サブスクリプションの場合:" ISV 発行元のサイトへのリンクを受け取ります。 このリンクは、アカウントのセットアップまたは顧客のサブスクリプションのデプロイを完了するのに役立ちます。

    Note

    貴社または貴社の顧客に、この種類の ISV サブスクリプションのアカウント設定またはプロビジョニングを完了するための手順を記載した電子メールは届きません。

  • サブスクリプションに 30 日間の無料試用版が付属している場合は、無料試用期間が自動的に適用されます。 貴社は CSP プログラムのパートナーとして、顧客向けに購入したオファーの無料試用期間を放棄することはできません。

    無料試用期間が終了すると、サブスクリプションは有料状態に変換され、サブスクリプション期間が開始されます。 サブスクリプションは、同じスケジュールに従って自動更新されます。

アドオンを使用してサブスクリプションを更新する (従来のライセンス ベースのコマース)

[従来のライセンスベースのコマース] では、アドオンを購入するには、まず顧客がアクティブなベース サブスクリプションを持っている必要があります。カタログを通じてアドオンを購入することはできません。 New Commerce では、アドオンはカタログを通じて購入でき、以下の手順は適用されません。 詳細については、「 新しいコマース アドオン 」を参照してください。

従来のライセンスベースのコマース サブスクリプションをアドオンで更新するには、次の手順に従います。

  1. パートナー センターにサインインし、[顧客] を選択します。
  2. 一覧から顧客を選択します。
  3. 管理対象のサブスクリプションを選びます。
  4. [状態] セクションに、サブスクリプションで使用可能なアドオンの一覧が表示されます。 必要なアドオンごとにライセンスの数を更新します。
  5. [Submit](送信) をクリックします。
  • パートナー センターを通じてアドオンを購入できるのは、直接請求パートナーと間接プロバイダーだけです。
  • 基本要件と使用可能なリージョンに基づいて、利用できるアドオンのみが表示されます。
  • 基本サブスクリプションを一時停止すると、関連付けられているアドオンも一時停止されます。
  • アドオンの開始日はベース サブスクリプションに合わせられます。 料金は、請求開始日と請求終了日から計算され、最初の請求書に日割り料金が含まれます。 詳細については、「パートナー センターの課金」を参照してください
  • 価格とオファーの詳細については、パートナー センター の [価格と プラン] ページのクラウド リセラー オファー マトリックスを参照してください。

新しいコマース ライセンスベースのサブスクリプションでライセンスを増減する

サブスクリプションのライセンスの数はいつでも増やすことができます。 請求調整は、次の請求書と調整ファイルに表示されます。

サブスクリプションのライセンス数は、ライセンスがサブスクリプションに追加されてから最初の 7 日以内 (法律で別途必要な場合を除く)、最初の購入時、更新時、または中間購入時に限り減らすことができます

(最初の 7 日以内に) ライセンスの数を増減するには、次の手順を使用します。

  1. パートナー センターにサインインし、[顧客] を選択します。

  2. 一覧から顧客を選択します。

  3. 更新するサブスクリプションを選択します。

  4. 詳細ページで、[数量] セクションに必要な新しいライセンスの合計数を入力します。

    7 日後にライセンス数を減らそうとすると、エラー メッセージが表示されます。

  5. [Submit](送信) をクリックします。

Note

どちらの場合も、ライセンスを減らすと、全額からそのサブスクリプションを使用した日数分を差し引いた金額が返金されます。 (日割りは日単位での計算です。)

サブスクリプションの注文から 7 日以上経過した場合、または複数のライセンスが追加された場合、更新時の次のキャンセル期間までライセンス数を減らすことはできません。

Note

パートナーは、サブスクリプションを 1,200 回以上更新するときにエラーが発生する可能性があります。 パートナーは、必要に応じて、特定の製品 SKU の 2 つ目のサブスクリプションを取得することで、これを解決できます。 パートナーは、新しく取得したサブスクリプションの期間を、必要に応じて既存のサブスクリプションに合わせて調整できます。 さらにサポートが必要なパートナーは、パートナー サポートにお問い合わせください。

削減に使用できるライセンスを表示する

パートナー センターまたは ID によるサブスクリプションの取得 API を使用して、サブスクリプションで減らすことができるライセンスの数を表示できます。

サブスクリプションで削減できるライセンスの数を表示するには、次の手順を使用します。

  1. パートナー センターにサインインし、[顧客] を選択します。
  2. 一覧から顧客を選択します。
  3. 確認するサブスクリプションを選択します。
  4. [ライセンスの表示] を選択 して減らします
  • ライセンス の数を減らすことができる 場合は、ライセンス数を減らすことができるときに、ライセンス数と関連するタイムスタンプの内訳と共に一覧表示される合計数量が表示されます。
  • ライセンス の数を減らすことができない 場合は、そのことを示すメッセージが表示されます。

新しいコマース ライセンスベースのサブスクリプション用にアップグレードする

新しいコマースの場合、"アップグレード" とは、1 つの有料サブスクリプションから上位レベルの別の有料サブスクリプションに移行することです。 (ダウングレードはサポートされていません)。)新しいコマースの有料から有料のアップグレードを使用すると、顧客は現在の SKU からサービスを追加した SKU にすぐにアップグレードできます。

ライセンス数を構成するときに、アップグレードするサブスクリプションを選択できます。 新しいサブスクリプションを選択することも、アップグレードの対象となる既存のサブスクリプションを選択することもできます。

アップグレードには、完全アップグレードと部分アップグレードの 2 種類があります。

Note

キャンセル ウィンドウはアップグレードに適用されないため、送信後に変更を行うことはできません。

Note

期間の終了時にアップグレードをスケジュールすることも、中期的にアップグレードを開始することもできます。

中間アップグレードを開始すると、スケジュールされている可能性があるアップグレードが削除されます。

アクティブなサブスクリプションからのみアップグレードを開始できます。

サブスクリプションをアップグレードするには、次の手順に従います。

  1. パートナー センターにサインインし、[顧客] を選択します。
  2. 一覧から顧客を選択します。
  3. アップグレードするサブスクリプションを選択します。
    サブスクリプションがアップグレードの対象である場合は、[今すぐアップグレード] リンクが表示されます。 [今すぐアップグレード] リンクがない場合、アップグレードは使用できません。
  4. [今すぐアップグレード] を選択し、アップグレードを選択します。
    新しいサブスクリプションにアップグレードするか、[移行先サブスクリプション] ドロップダウン リストから既存のサブスクリプション (使用可能な場合) を選択できます。 サブスクリプションが取り消し期間内にある場合、期間が一致しない場合、または終了日が現在の期間の終了日より前の場合は、移行先サブスクリプションを選択できません。
  5. 期間、請求頻度、アップグレードするライセンスの数を選択します。
    選択したライセンスの数によって、アップグレードが完全アップグレードか部分アップグレードかが決まります。
  6. [Submit](送信) をクリックします。

Note

すべての新しいコマース製品 SKU をアップグレードできるわけではありません。 一部の予想されるアップグレード パスはまだサポートされていません。 次の表に、サポートされる予定のアップグレードの例を示しますが、サポートされていない場合があります。

現在サポートされていないアップグレード

アップグレードされた SKU から SKU へのアップグレード
Enterprise Mobility + Security E3 Enterprise Mobility + Security E5
Enterprise Mobility + Security E5 電話会議を使用しない Microsoft 365 E5 または Microsoft 365 E5
ユニバーサル印刷 Microsoft 365 E3、Microsoft 365 E3 - 電話会議を使用しない無人ライセンス、Microsoft 365 E5、または Microsoft 365 E5
Windows 10/11 Enterprise E3 電話会議を使用しない Microsoft 365 E5 または Microsoft 365 E5
Windows 10/11 Enterprise E3 VDA 電話会議を使用しない Microsoft 365 E5 または Microsoft 365 E5
Windows 10/11 Enterprise E5 電話会議を使用しない Microsoft 365 E5 または Microsoft 365 E5
Dynamics 365 Human Resources Self Service Dynamics 365 Team Members
Project Online Essentials Dynamics 365 Team Members
Microsoft Defender for Endpoint P1 Microsoft Defender for Endpoint P2

アップグレード後に重複したライセンスを削除する

次の場合、上位レベルの SKU を購入するときに、重複する (冗長な) ライセンスを作成できます。

  • アップグレードはサポートされていません
  • オンライン サービス ライセンスでは、より高い SKU を購入するために前提条件や Microsoft ベースの互換性のある製品は必要ありません

アップグレード後に顧客が冗長ライセンスを持っている場合、パートナーは、冗長ライセンスを取り消す必要があることを要求するサポート チケットを送信する必要があります。 このサポート チケットは、アップグレードされたライセンスの請求時から最初の 2 つの支払いサイクル内で要求する必要があります。

2 対 1 のアップグレード

2 つの独立したスタンドアロン SKU があり、両方を 1 つの高い値の SKU にアップグレードする場合は、次のプロセスを使用します。

  1. アップグレード オプションを特定するには、パートナーはオファーマトリックスを参照する必要があります。 スタンドアロン SKU ごとに次の操作を行います。
    1. 製品を検索します。
    2. ProductId/SkuId の組み合わせを見つけます。
    3. ProductSkuConversion 列を表示して、使用可能なアップグレード オプションを確認します。
  2. パートナー センターまたは移行 API を使用して、最初のサブスクリプション (1 対 1) をアップグレードします。 このアクションにより、アップグレードされた新しいサブスクリプションが作成されます。
  3. 移行 API使用して、2 つ目のサブスクリプションを既に購入済みのアップグレード済みサブスクリプションに移行します。

完了すると、2 つの個別の SKU から 1 つのより高い値の SKU に変更されます。

完全アップグレード

完全アップグレードはインプレース アップグレードです。つまり、すべてのライセンスまたは追加のライセンスがアップグレードされます。

サブスクリプション ID はメイン完全アップグレード中も同じであり、ライセンスは自動的に割り当てられます。

顧客が別のパートナーまたはチャネルから移行先 SKU を購入した場合は、ライセンスを手動で割り当てる必要があります。 その場合は、ライセンスを手動で割り当てる必要があることを示す警告がパートナー センターに表示されます。

完全アップグレード中:

  • すべてのライセンスまたは追加ライセンスがアップグレードされます。
  • サブスクリプション ID は変わりません。
  • すべてのライセンスまたは追加ライセンスが新しいサブスクリプションに転送されます。
  • 顧客が既存のサブスクリプションにアップグレードする場合、ライセンスは既存のサブスクリプションにのみ追加され、期間と請求頻度は維持されます。

部分的アップグレード

部分アップグレード を使用すると、パートナーは SKU 間で一部のライセンスを指定できます。

  • 従来のライセンス ベースのサブスクリプションのアップグレード機能では、すべてのライセンスのアップグレードのみが有効になりました。

  • 新しいコマース サブスクリプションのアップグレード機能を使用すると、パートナーは必要に応じて一部のライセンスを移動できます。 そのため、パートナーはアップグレードをより詳細に制御できます。

部分アップグレード中:

  • アップグレード ライセンス数が最初のサブスクリプションのライセンス数より少ない場合、アップグレードは部分的として定義されます。
  • 部分的なアップグレード中に作成された新しいサブスクリプションの終了日は、アップグレード元のサブスクリプションと同じ期間 (つまり、サブスクリプションが 同時に終了 し、同時に終了する) です。
  • サブスクリプションは既存のものと新しいものの 2 つになります。

ライセンスの再割り当て

ライセンスの再割り当ては、再割り当てなしのライセンス転送が API を介して渡された場合でも、完全アップグレード中に常に試行されます。

ライセンスの再割り当ては、部分的なアップグレード中、または同じ SKU の複数の場合に手動で完了する必要があります。

新しいコマースのライセンスベース サブスクリプションの更新を管理するためのスケジュールされた変更

Note

ライセンス ベースのサービスの新しいコマース エクスペリエンスには、多くの新機能があり、すべてのクラウド ソリューション プロバイダー (CSP) が利用できます。 詳細については、「ライセンスベースのサービスの新しいコマース エクスペリエンス」を参照してください。

サブスクリプションの変更は、すぐにではなく、期間の末尾に対してスケジュールできます。

スケジュールできる変更の例を次に示します。

  • サブスクリプションのアップグレード
  • ライセンスの増減
  • 請求期間の変更
  • 請求頻度の変更
  • コターミナル日付の変更

変更をスケジュールできるのは、次の場合のみです。

  • サブスクリプションがアクティブである
  • 自動更新がオンになっている

更新時に新しい変更を行うスケジュールを設定するには、次の手順に従います。

  1. パートナー センターにサインインし、[顧客] を選択します。
  2. 一覧から顧客を選択します。
  3. 使用するサブスクリプションを選択します。
  4. [Manage Renewal] (更新の管理) を選択します。
  5. サブスクリプションに変更を加え、[OK] を選択します。
  6. [Submit](送信) をクリックします。

[更新の管理] にアクセスして、既存のスケジュールされた変更を表示、更新、または削除できます。

Note

既定では、試用版サブスクリプションは試用期間の終了時に同等の有料 SKU に変換されます。

スケジュールされた SKU アップグレードの場合、ライセンス数が変更されない場合、ユーザー ライセンスの再割り当ては自動的に行われます。 それ以外の場合は、ライセンスの再割り当てを手動で行う必要があります。

次のいずれかの中間変更を行うと、保存されたスケジュールされた変更が削除されます。

  • サブスクリプションを取り消す
  • 自動rerenewをオフにする
  • 数量を変更する
  • SKU のアップグレード
  • 試用版を変換する

サブスクリプションの中断

サブスクリプションを一時停止し、サブスクリプションを再開できます。

顧客からの未払いがある場合は、サブスクリプションを中断して、顧客のアクセスをすぐにブロックできます。

サブスクリプションの期間が終了してサブスクリプションが再アクティブ化されている限り、キャンセルなしでサブスクリプションを一時停止および再開できます。

サブスクリプションが中断されている顧客は、サブスクリプションが再開されるまで、サインインしたり、ファイルやサービスにアクセスしたりすることはできませんが、管理者はデータにアクセスできます。

サブスクリプションに関連するすべてのデータは、サブスクリプションの期間が終了してもサブスクリプションが再アクティブ化されない場合は削除されます。

パートナーは (レガシとは異なり) 中断中に引き続き課金され、支払いが再開されたときにサービスへの顧客アクセスを復元できます。

サブスクリプションを再開すると、サブスクリプションの期間内に中断が取り消される限り、顧客のサブスクリプションのサービスへのアクセス権が直ちに復元されます。

パートナー センターまたは API を使用して、中断を取り消すことができます。

Note

新しいコマース サブスクリプションを一時停止すると、自動更新が無効になります。 中断を削除するパートナーは、必要に応じて自動更新をオンに戻す必要があります。

パートナー センターでサブスクリプションを中断するには、次の手順に従います。

  1. 顧客のサブスクリプション ページに移動し、中断するサブスクリプションを選択します。
  2. [中断] を選択 します
  3. ポップアップ ダイアログで、[OK] を選択します。

サブスクリプションを取り消す

顧客がサブスクリプションを要求した場合は、サブスクリプションを取り消すことができます。

新しいコマースのライセンスベース サブスクリプションを取り消す

新しいコマース オファーの場合、パートナーは、法律で別途要求されている場合を除き、任意の期間の最初 の 7 日以内 に日割り払い払いでサブスクリプションを取り消すことができます。

7 日間の期間が終了すると、取り消しは使用できなくなります。 顧客様がサブスクリプションの支払いまたは使用をやめた場合でも、パートナーは期間全体に対して請求されます (あらゆる課金プランに適用される)。

取り消しが完了した場合:

  • 顧客はすぐにサービスへのアクセスを失います。
  • サービスを復元することはできません。
  • サブスクリプションの状態は回復できません。

新しいコマース ライセンス ベースのサブスクリプションを取り消すには、次の手順に従います。

  1. パートナー センターにサインインし、[顧客] を選択します。
  2. 一覧から顧客を選択します。
  3. キャンセルするサブスクリプションを見つけます。
  4. [状態] セクションで、[サブスクリプションのキャンセル] を選択します
  5. [Submit](送信) をクリックします。

トランザクション中に問題が発生した場合は、パートナー センターでサポート チケットを送信できます。 Microsoft は、さらにガイダンスを返します。 送信する可能性がある問題の例:

  • 不正な購入
  • 注文の重複
  • パートナー/請求契約の変更 (たとえば、ある CSP から別の CSP に移行する顧客)
  • Microsoft のシステムまたはサービスにトレースできる技術的な問題

Marketplace SaaS サブスクリプションを取り消す

パートナー センターのコマーシャル マーケットプレース内で、ISV 発行元に対する従来のライセンスベース SaaS サブスクリプションを取り消すことができます。 取り消し期間内の取り消しであれば、全額返金されます。

毎月請求される ISV オファーの場合:

  • 注文後 24 時間以内にキャンセルすると、次の請求書に完全なクレジットが表示されます
  • ご注文後24時間以上のキャンセルの場合、更新時にキャンセルが行われる予定です

毎年請求されるオファーの場合:

  • 注文後 14 日以内にキャンセルすると、次の請求書に完全なクレジットが表示されます
  • ご注文から 14 日を超えてキャンセルした場合、更新時にキャンセルが行われる予定です

Marketplace SaaS サブスクリプションを取り消すには、次の手順に従います。

  1. パートナー センターにサインインし、[顧客] を選択します。
  2. 一覧から顧客を選択します。
  3. キャンセルするサブスクリプションを見つけます。
  4. [状態] 列で、[キャンセル] を選択します。 次に [送信] を選択します。
  5. ダイアログが表示されたら、関連する詳細情報を入力して、[送信] を選択します。
  6. 取り消しを確定するには、[はい、キャンセルします] を選択します。

Note

API を使用して Azure Marketplace のサブスクリプションを取り消すこともできます。 これを行うには、Azure Marketplace サブスクリプションのキャンセルに関するページを参照してください。

サブスクリプションの更新

Note

ライセンスベースのサービスの新しいコマース エクスペリエンスには、多くの新機能が含まれており、すべてのクラウド ソリューション プロバイダー (CSP) で利用できます。 詳細については、新しいコマース エクスペリエンスの概要を参照してください。

既定では、アクティブなサブスクリプションは、サブスクリプション期間の期限が切れると自動的に更新するように設定されます。 コマーシャル マーケットプレース製品のサブスクリプション、または新しいコマースのサブスクリプションでは、必要に応じて、サブスクリプションを自動的に更新しないことを選択できます。 今後の更新では、パートナーはスケジュールされた変更を作成して、製品/SKU のアップグレード、ライセンス数の増減、請求期間と頻度の変更、または連続する日付の更新を行うことができます。 API の詳細については、「新しいコマース サブスクリプションのスケジュールされた変更の管理 - パートナー アプリ開発者」を参照してください

アクティブなサブスクリプションの自動更新を停止するには、次の手順に従います。

  1. パートナー センターにサインインし、[顧客] を選択します。
  2. 一覧から顧客を選択します。
  3. [サブスクリプション] を選択します。
    顧客に対して購入したライセンスベースのサブスクリプションが一覧に表示されます。
  4. サブスクリプションの詳細ページの [状態] セクションで、[自動更新] チェックボックスをオフにします。
  5. [Submit](送信) をクリックします。

新しいコマース サブスクリプションを一時停止すると、自動更新がオフになります。 中断を削除するパートナーは、必要に応じて自動rerenewをオンに戻す必要があります。

Note

サブスクリプションが更新に設定されている場合、更新はサブスクリプション期間の終了日の翌日に処理されます。 更新は、期間の終了時に開始されます。 たとえば、終了日が 2023-03-01T00:00:00Z UTC の場合、1 日を含みます。 更新は、期間が終了した後に開始され (2023-03-02T00:00:00Z UTC)、最大 24 時間かかる場合があります。 パートナーには、更新完了後にシートをキャンセルまたは減らすための 7 日間の期間があります (法律で別途必要な場合を除く)。 7 日間のウィンドウは、更新が完了したこの日時に正確に開始されます。

新しいコマース ライセンス ベースのサブスクリプションへの変更の適用

新しいコマース サブスクリプションに対する一部の変更は、システムがサブスクリプション期間の終了時に更新の実行を待機している間、または期間の途中で請求頻度の変更を適用するためのサイクル変更を行うことはできません。 これらの各イベントは、イベントの日の午前 12 時に開始されます。 一部のサブスクリプション プロパティは、イベント (更新またはサイクル料金) が完了するまで更新できない場合があります。

  • サイクル料金: 次のプロパティは読み取り専用であり、サイクル料金が完了するまで変更できません。請求頻度を変更する次の請求命令。
  • 更新イベント: 更新がキューに登録され、実行されます。 更新が完了するまで、完了したパートナーは、更新が完了するまで読み取り専用のプロパティを見つけます。自動更新、スケジュールされた変更の次期指示、中断または再アクティブ化。

Note

サブスクリプションの更新が完了するまでに最大 24 時間かかる場合があります。更新は、新しい期間の日の午前 12 時 1 分に開始されます。 この期間中、パートナーは、ライセンス数、サブスクリプションのレコードのパートナー、サブスクリプションのフレンドリ名の更新を試みることができ、サブスクリプションを取り消すこともできます。 サブスクリプションの処理をまだ待機している場合、パートナーはエラー応答を受け取ります (409: API 要求の競合)。 パートナーは、2 分間待機した後に要求を再送信でき、変更を受け入れる必要があります。

新しいコマースのライセンスベース サブスクリプションの試用を管理する

新しいコマース ライセンス ベースのサブスクリプションの試用版:

  • 25 個のライセンスが付属
  • 既定で autorerenew を有効にする
  • 最後に 1 か月間 (ISO 8601 P1M) P1M の後に、有料の同等のサブスクリプションに試用版が自動的に再び更新されますが、自動更新をオフにできます。

新しいサブスクリプションに切り替えると、期間は既定で [年間] に設定され、請求サイクルは既定で [月単位] に設定されます。 試用版を変換する場合は、期間と課金プランを変更できます。

試用版は次の方法で変換できます。

試用版中は、次のアクションを使用できません。

  • 数量の増減
  • サブスクリプションの状態の変更

Note

試用版から既存のサブスクリプションに変換するには、試用版の終了日と同じ日または後に、既存のサブスクリプションの終了日が発生する必要があります。

試用版から有料サブスクリプションに変換する場合、プロモーションは適用されません。

期間の途中での試用版への変換

試用期間は P1M に対して続けられますが、有料サブスクリプションに変換するために試用期間が終了するまで待つ必要はありません。 試用版は、試用中にいつでも変換できます。

中間で変換する場合、ライセンスの数を既定値の 25 から減らすことはできません。

アップグレードと同様に、新しいサブスクリプションに変換することも、既存のサブスクリプションを選択することもできます。

新しいサブスクリプションを選択する場合は、期間と請求頻度を選択し、変換に使用するライセンスを少なくとも 25 個選択できます。

既存のサブスクリプションを選択すると、25 個のライセンスが既存のサブスクリプションに追加され、既存の期間と請求頻度が維持されます。

中間段階で試用版を変換するには、次の手順を使用します。

  1. パートナー センターにサインインし、[顧客] を選択します。
  2. 一覧から顧客を選択します。
  3. 変換する試用版のサブスクリプションを見つけます。
  4. 上部バナーの [試用版を有料サブスクリプションに変換] を選択します。
  5. サブスクリプションが対象となる変換を選びます。
  6. 数量、請求頻度、期間 (該当する場合) を選択します。
  7. [Submit](送信) をクリックします。

スケジュールされた試用版の変換

試用版を完全な期間使用するが、同等の有料サブスクリプションに変換しない場合、または既定の 25 ライセンス未満で変換する場合は、変換のスケジュールを設定できます。

変換をスケジュールするには、autorenew がオンになっている必要があります。

P1M の最後に変換する試用版をスケジュールするには、次の手順を使用します。

  1. パートナー センターにサインインし、[顧客] を選択します。
  2. 一覧から顧客を選択します。
  3. 変換をスケジュールする試用版サブスクリプションを見つけます。
  4. [Manage Renewal] (更新の管理) を選択します。
  5. サブスクリプションに変更を加え、[OK] を選択します。
  6. [Submit](送信) をクリックします。

評価版は、P1M の後にスケジュールされた変更で変換されます。

次のステップ