次の方法で共有


クラウド ソリューション プロバイダー プログラムに登録する

適切なロール: グローバル管理者

作業の開始

クラウドベースのソリューションとサービスの需要は急速に拡大しており、あらゆる規模の Microsoft パートナーが、収益性の高いクラウド ソリューション ビジネスを構築する多くの機会を手にしています。 市場に参入する準備はできても、複数のベンダーを管理する必要がないパートナー、またはエンド ツー エンドの顧客関係管理インフラストラクチャを用意していないパートナーは、Microsoft の クラウド ソリューション プロバイダー (CSP) プログラムに間接リセラーとして登録できます。

CSP アプリケーションを完成する

CSP アプリケーションを完了するには、会社の次のものが必要です。

  • PartnerID
  • 完全なビジネス アドレス
  • 銀行情報
  • パートナー センターの管理者として機能する従業員の職場の電子メール

CSP アプリケーションを完了するには、次の手順に従います。

  1. 職場の電子メール (Microsoft Entra テナントの資格情報) を使用してPartner Center にサインインします。

  2. PartnerID をプロファイルに関連付けます。

    • Microsoft AI Cloud パートナー プログラム プログラムに既に登録している場合は、インセンティブ登録にリンクされている location PartnerID を選択します。 PartnerLocationID がアクティブで、CSP アカウントと同じ国/地域にある必要があります
    • Microsoft AI Cloud パートナー プログラム プログラムに登録していない場合は、今すぐ登録
  3. パートナー プロファイルを作成するための情報を入力します。

    • 会社が Dun & Bradstreet に登録されている場合は、 DUNS ID を使用して会社情報を検索できます。
    • 会社の詳細を自分で入力する場合は、 手動で入力を選択します。
      • 一部の国/地域のビジネス アドレスの場合、住所を手動で入力すると、住所が検証されます。 入力した住所が検証済みの住所と異なる場合は、検証済みの住所を使用することをお勧めします。 これにより、住所が国または地域の郵便機関によって指定された形式になり、出荷可能であることが保証されます。
  4. 検証中に、別のドキュメントやアンケートの完了を求められることがあります。 提供された情報の確認と審査には、数日かかることがあります。 確認の完了後、メールでお知らせします。

  5. お客様の情報を確認したら、Microsoft 間接リセラー契約に同意します。 Microsoft Partner Agreement に同意するには、パートナー センターでサインインし右側の [保留中のアクション ビューから CSP を選択します。

重要

CSP プログラムのパートナーは、CSP プログラムの別のパートナーにオンライン サービス再販することはできません。 この制限は、CSP トランザクションの実行に使用されるテナントにのみ適用されます。 自社の社内向けに CSP 以外のテナントを使用する CSP パートナーは、別の CSP パートナーからオンライン サービスを購入できます。 Microsoft では、すべてのプログラムのポリシーと機能を継続的に見直してています。 機能のリリースやポリシーの変更に関するすべての新情報は、パートナー センターのお知らせなど、通常の伝達方法でお知らせします。

パートナーは通常、間接リセラーとして CSP ビジネスを開始します。 この市場投入モデルは、承認の要件を最小限に抑えながら、CSP での販売を迅速に開始するのに役立ちます。 間接プロバイダーと連携してクラウド ビジネスと顧客ベースを拡大するにつれて、CSP で直接請求パートナーの状態を申請することを選択できます。 CSP での直接請求パートナーの状態の申請は、収益要件を満たしたときに行うことができます。また、間接プロバイダーサポートとは無関係に運用するために必要なインフラストラクチャとリソースに投資する必要があります。

間接リセラーとして登録する

登録手順に従って間接リセラーとして登録

直接リセラーとして CSP プログラムに登録している場合製品を直接購入したり、Microsoft から直接請求したりすることはありません。 代わりに、Microsoft と直接取引する 直接プロバイダー (ディストリビューターとも呼ばれます) と連携します。

間接プロバイダーと提携することで、市場に出るインフラストラクチャや Microsoft から直接購入する必要はありませんが、代わりに経験豊富なテクノロジ プロバイダーと協力して成功を収めることができます。 プロバイダー - リセラー モデルでは、プロバイダーは Microsoft からクラウド ソリューションとサービスを購入し、製品の展開とサービスをリセラーに依存します。

間接プロバイダーによって提供されるサポートとサービスは異なります。そのため、お客様のニーズに最も適したプロバイダーを特定するために、お客様の地域のプロバイダーを評価する必要があります。 一般に、ほとんどの間接プロバイダーは次の処理を行います。

  • テクニカル トレーニングとサポートを提供する

  • 製品とサービスの販売を支援する

  • 資金調達と信用条件の確立に役立つ

間接プロバイダーをまだ使用していない場合は、公式の Microsoft 間接プロバイダーの一覧を検索検索できます。

間接リセラーとして CSP プログラムに参加するために必要な内容の詳細については、Microsoft AI Cloud パートナー プログラム サイトのMicrosoft クラウド ソリューション プロバイダー プログラムでビジネスを拡張するを参照してください。

直接請求パートナーとして登録する

直接請求パートナーは、顧客および Microsoft とエンド ツー エンドの関係になります。 直接請求パートナーの要件により、適切なクラウド ソリューション プロバイダー プログラム モデルを使用してビジネスの成長を加速し、付加価値のあるサービスとサポートを使用して顧客関係を強化できます。

直接請求パートナーとして CSP プログラムに登録するには、 minimum 要件を満たしていることを確認

直接請求登録プロセス中に、次の情報を入力するように求められます。

  • 請求記念日。使用量ベースの課金とライセンスベースの課金に関する を受け取る日を定義します。 CSP プログラムにアカウントを登録した後、請求日を変更することはできません。 ただし、 新しいコマースの請求書と使用状況の課金 には、この概念はありません。 毎月 8 日までに受け取り、請求期間のカレンダー月サイクルに従います。

  • ドメイン名。CSP アカウント (テナント) の作成に使用され、後で変更することはできません。 ドメイン名のサフィックスはアカウント検証プロセスの一部であり、可能な限り、("バイラル" onmicrosoft.com ドメインではなく) 法的会社に関連付けられているドメインにする必要があります。 また、このサフィックスを持つ新しいパートナー センター ユーザー アカウントも作成されます。

  • 会社の税 ID。これは、一部の国/地域での省略可能なエントリです。

    • 地方税の要件に注意してください。CSP 請求書で税金が正しく計算されない可能性がある会社の税 ID を指定しない場合は注意してください。 詳細については、「 追加税 (VAT) の値の情報を参照してください。
    • 登録後に会社の税 ID を更新できます。 詳細については、「 事業税の VAT ID を追加するを参照してください。

直接請求の登録プロセスと次に実行する手順の詳細については、「 直接請求パートナーの登録を開始するを参照してください。

重要

間接リセラーと直接請求パートナーの両方として登録する場合は、同じテナントで登録することはできません。 間接リセラーと直接請求パートナーとして登録するには、それぞれ 2 つの異なるテナントを使用する必要があります。

CSP の地域市場と通貨

マーケットは、CSP オファーを販売できるリージョンや国です。 貴社の所在地によって、市場が決まります。

一部の国/地域で必要なパートナー登録 ID 番号を指定する

間接プロバイダー、直接請求パートナー、または間接リセラーが、次の国/地域の新規または既存の顧客とビジネスを行っている場合は、ビジネスの登録 ID 番号を指定する必要があります。 ビジネスを行っている国/地域が次の一覧にない場合、登録 ID は省略可能です。

  • アルメニア
  • アゼルバイジャン
  • ベラルーシ
  • ブラジル
  • ハンガリー
  • インド
  • イラク
  • カザフスタン
  • キルギスタン
  • モルドバ
  • ミャンマー
  • ポーランド
  • ロシア
  • サウジアラビア
  • 南アフリカ
  • 南スーダン
  • Tajikistan
  • タイ
  • Türkiye
  • ウクライナ
  • アラブ首長国連邦
  • ウズベキスタン
  • ベネズエラ
  • ベトナム

詳細については、「登録 ID 番号の情報」を参照してください。

CSP プログラム パートナー向け Microsoft Partner Agreement (MPA) について学ぶ