サブスクリプションを新しいコマースに移行する

対象のロール: 管理エージェント | 販売エージェント | グローバル管理者

Note

ライセンスベースのサービスの新しいコマース エクスペリエンスには、多くの新機能が含まれており、すべてのクラウド ソリューション プロバイダー (CSP) で利用できます。 詳細については、新しいコマース エクスペリエンスの概要を参照してください。

新しいコマース移行

2022 年 1 月 10 日に、新しいコマース ライセンスベースの製品の在庫保管単位 (SKU) が一般公開されました。 それ以来、パートナーが従来のライセンスベース (レガシ) から新しいコマース製品 SKU に移行できるように、さまざまな移行機能が利用可能になりました。

2022 年 3 月以降、ほとんどの 商用 ライセンスベースの製品 SKU は 、新しいコマースでのみ 使用できます。 2022 年 3 月に、これらの従来のライセンス ベースのオファーの多くは非推奨となりました。つまり、古いシステムでは購入できなくなり、新しいコマース経由でのみ利用可能になりました。

パートナーは、非推奨 (DEPR) としてフラグ付けされた古い価格表で非推奨のレガシ オファーを確認できます。つまり、新しいコマースでのみ使用されます。 DEPR レガシ オファーを持つパートナーは新しいサブスクリプションを購入できませんが、既存のサブスクリプションは引き続き機能し、更新されます。 パートナーは、サブスクリプションの更新日を確認して、いつ更新するかを確認できます。 パートナーは、パートナー センターの価格とオファー ページで、従来のコマース ライセンス ベースのサービスと新しいコマース ライセンス ベースのサービスの両方のすべての価格表を表示できます。 これらの価格ファイルを取得するには、パートナーセンターにログインする必要があります。

移行 API とパートナー センターの移行機能は、2022 年 3 月以降に利用できます。 パートナーは、従来の (レガシ) と新しいコマース製品 SKU の間のマッピングを、従来のオファー マトリックス の [NCE マッピング ] タブで見つけることができます。

Note

2022 年 3 月以降、すべての新しい商用製品 SKU は、新しいコマース経由でのみ利用可能になります。 教育、非営利、政府のオファーなどの特別なセグメントは、引き続き従来の価格表または従来の価格表でのみ利用できます。 新しいコマースでは、これらの特別なセグメントのリリース日はまだありません。 これらの特別なセグメントを必要とするパートナーは、従来または従来のオファーを使用して引き続き取引できます。

Microsoft 主導の移行

Microsoft は、2024 年 1 月 11 日以降、各サブスクリプションの期間の終了時に、従来の商用ライセンス ベースのサブスクリプションを新しいコマースに移行します。 商用サブスクリプションの Microsoft 主導の移行は 、2023 年 7 月に発表されました。

Note

Microsoft 主導の移行は、2024 年 1 月 11 日午前 12 時 (UTC) に開始されます。 この時刻より後の終了日のサブスクリプションは、移行の一部になります。 API を使用しているパートナーは、これは従来のサブスクリプション期間またはコミットメント終了日として 2024-01-11T00:00:00Z として反映されます。

Microsoft 主導の移行の概要

新しいコマース オファーの移行機能へのレガシは、2022 年 3 月から利用できます。 移行パスと概念は新しいことではありません。 Microsoft では、パートナーが 2022 年 11 月に移行をスケジュールする機能を追加しました。 スケジュール設定を使用すると、パートナーはレガシ サブスクリプションが移行される特定の日付を決定できます。 スケジュール機能を使用すると、パートナーは移行を従来のサブスクリプションの更新日に合わせることもできます。 現在、パートナーは"今すぐ" 移行するか、特定の日付またはレガシ サブスクリプションの更新日に移行をスケジュールできます。 Microsoft 主導の移行機能は、スケジュールされた移行と同じように機能しますが、この場合、Microsoft は、パートナーが移行をスケジュールするのではなく、従来の更新時にスケジュールされた移行を作成して実行します。 パートナーは、サンドボックスで独自のスケジュールされた移行を設定し、実行を検証することで、移行のしくみを検証できます。

Microsoft 主導の移行では、従来の期間の終了時に予定されている移行を作成する必要があります。 新しい従来の用語に更新する代わりに、サブスクリプションは次の期間のために新しいコマースに移行します。 Microsoft 主導の移行は新しい機能パスではなく、パートナーのスケジュールされた移行と同じように動作します。 パートナーのスケジュールされた移行と Microsoft 主導の移行の違いは、Microsoft が Microsoft 主導の移行を実行することです。 Microsoft 主導の移行のしくみについてパートナーが疑問を持っている場合は、通常、2022 年以降に利用可能なスケジュール移行機能評価することで、回答を見つけることができます。

取り消されたレガシ サブスクリプションは移行されません。 Microsoft 主導の移行の一部として移行されないアクティブなサブスクリプションは、状況に応じて、後で廃止または移行されます。

パートナーは、CSP オファー提供終了ガイドで提供終了予定のオファーを表示できます。 このガイドは、廃止されたオファーの一覧で毎月更新されます。 提供終了ガイドには、提供終了となるオファー ID、更新が停止する日付、パートナー向けのガイダンスが含まれます。

Microsoft 主導の移行サブスクリプションを特定する

Microsoft は、2024 年 1 月 11 日以降に更新されるレガシ サブスクリプションを移行しています。 移行可能なサブスクリプションには、新しいコマース製品 SKU への移行が有効になっているレガシ サブスクリプションのみが含まれます。 CSP パートナーは、新しいコマースに移行するために使用できる商用のレガシ オファーの一覧を、パートナー センター の価格ワークスペースにあるレガシ オファー マトリックス ファイルで確認できます。 これらのオファーは、移行が有効なオファーです。 サブスクリプションは、アクティブな場合は Microsoft 主導の移行に含まれており、20224 年 1 月 11 日以降に更新され、移行可能です。 オファー マトリックス NCE マッピング ファイルに含まれていないオファーは移行されません。 パートナーは、Microsoft 主導の 移行データ エクスポート を参照して、Microsoft が移行しようとしているサブスクリプションの一覧を取得できます。

Microsoft によって移行されないサブスクリプション

一部のサブスクリプションは、Microsoft 主導の移行では除外されます。 Microsoft 主導の移行は、基本サブスクリプションを対象とします。 基本サブスクリプションに移行可能なアドオンがある場合、基本サブスクリプションとアドオン サブスクリプションの両方が同時に移行されます。 レガシ アドオンと親ベース サブスクリプションの更新日が同じであるため、これらのサブスクリプションはまとめて移行されます。

  • シナリオ: 移行不可能なアドオンを含む移行可能なベース サブスクリプションは移行されません。 たとえば、ベースが商用であっても、新しいコマースではサポートされていない教育アドオンがある場合です。 CSP オファーの提供終了ガイドではなく、移行の対象ではないレガシ サブスクリプションは、新しいレガシ条件に更新されます。 この規則の唯一の例外は、一般的な 300 シート制限を超える一部の小規模ビジネス SKU のレガシ サブスクリプションです。 これらのサブスクリプションは、シートの制限のために不適格な場合は更新されません。
  • シナリオ: パートナーはサブスクリプションの移行をスケジュールします。 Microsoft は、パートナーによって作成されたが、まだ実行されていない既存のスケジュールされた移行を検出します。 このような場合、Microsoft がパートナー主導の移行スケジュールに優先順位を付けたので、Microsoft 主導の移行は行われません。
  • Microsoft 主導の移行には、アクティブなサブスクリプションのみが含まれます。

移行対象のレガシ サブスクリプションは、終了日まで取り消すことができます。 他のサブスクリプションの更新プログラムは、移行がスケジュールされる 24 時間前に更新することはできません。 期間が終了する前に取り消された対象サブスクリプションは、この 24 時間以内または期間終了後に再アクティブ化することはできません。 移行の対象となる従来のサブスクリプションを取り消すパートナーは、今後顧客が必要となった場合、新しいコマース サービスを購入できます。

キャンセル ウィンドウ

従来のライセンス ベースのサブスクリプションを使用すると、パートナーは期間を通じていつでもキャンセルできます。 新しいコマース サブスクリプションには、パートナーがシート数を減らしたり変更を加えたりできるタイミングを決定する新しいルールがあります。 これらの 新しいコマースキャンセルルール は、サブスクリプションの取得から 7 日後に適用されます。 新しいコマースへの移行後、パートナーはシートを減らすか、サブスクリプションを取り消すために限られた時間 (7 日間) を持ちます。 7 日間の期間が経過すると、サブスクリプションの期間の再メイン者に対して新しい期間が適用されます。

年間および月単位の目標

Microsoft 主導の移行では、レガシ サブスクリプションのプロパティが引き継がされます。 これらのプロパティには、ライセンス数 (シート)、期間、請求頻度が含まれます。 新しいコマースへの年間の既定の移行を回避する必要があるパートナーは、従来のサブスクリプションが終了する前に顧客を移行する必要があります。 ほとんどのレガシ サブスクリプションは年間契約ですが、一部のパートナーは月単位の条件として顧客に再販しています。 従来から新しいコマースへの移行では、Microsoft パートナーの用語が年 1 回に設定されるため、移行後は新しいコマース サブスクリプションが年単位になります。 顧客が月単位の条件を必要とするパートナーは、レガシ サブスクリプションの終了前にそれらの顧客を移行する必要があります。 一部のレガシ サブスクリプションには、3 年間の使用条件があります。 従来のサブスクリプションが 3 年間の期間であった場合、3 年間の新しいコマース サブスクリプション条件への移行がサポートされます。

Microsoft 主導の移行の例

Microsoft 主導の移行は、レガシ サブスクリプション期間の最終日に作成され、レガシ サブスクリプション期間が終了した直後に実行されます。 たとえば、パートナー センターのユーザー エクスペリエンスには、2024 年 1 月 17 日のサブスクリプションの更新日 (または終了日) が表示される場合があります。 ユーザー インターフェイスは現地時刻で表示されますが、サブスクリプションの実際の終了日は UTC ベースです。 たとえば、サブスクリプションの commitmentEndDate は 01:18:2024 T00:00:00 ですが、パートナーの場所でのユーザー エクスペリエンスベースの終了日では、ログイン時と表示場所に応じて、この日付が 2024 年 1 月 17 日または 1/18/2024 と表示される場合があります。 移行は UTC 日付時刻の終了時点から開始され、完了までに最大 72 時間かかる場合があります。

従来のサブスクリプションの終了日の値と、それらが Microsoft 主導の移行でどのように機能するかの例を次に示します。

  • パートナー センター API サブスクリプションの commitmentEndDate: 01:18:2024 T00:00:00 UTC
  • パートナー センター サブスクリプションのアクティブな時間: 01:17:2024 T23:59:59 UTC
  • パートナー センターのユーザー インターフェイスには、UTC に対するパートナーの場所に応じて、2024 年 1 月 17 日または 2024 年 1 月 18 日に更新または終了するサブスクリプションが表示されます。
  • パートナー センター API サブスクリプションの ScheduledRenewal の作成: 01:17:2024 T:00:00:00 UTC から 01:17:2024 T23:59:59 UTC
  • パートナー センター API サブスクリプションの ScheduledRenewal 実行: 01:18:2024 T00:00:00 UTC から 01:20:2024 T23:59:59 UTC まで

パートナーは、従来のサブスクリプションの終了日より前にサブスクリプションを自分で移行することで、Microsoft 主導の移行に関する懸念を制限できます。

Microsoft 主導の移行データのエクスポート

パートナー センターでは、1 月 11 日以降に移行するサブスクリプションの一覧を利用できるようになりました。 データエクスポートは、直接請求パートナーと間接プロバイダーでコンマ区切りファイルとして使用できます。 パートナーは、ナビゲーション列の Microsoft NCE Migrations として顧客ワークスペースのデータ エクスポートにアクセスします。

データ エクスポートの目的は、パートナーが、すべての顧客に移行可能なレガシ サブスクリプションの一覧を取得できるようにすることです。 サブスクリプションに対する継続的な変更がデータ セットに反映されるように、データは継続的に更新されます。 elibile のフラグが設定されたサブスクリプションは、従来の用語の最後に新しいコマース サブスクリプションに移行されます。 パートナーは、移行から 7 日後に、新しいコマース サブスクリプションを調整または取り消すことができます。 キャンセル ウィンドウは、新しいコマースキャンセル ポリシーに合わせて調整されます。 パートナーは、従来のサブスクリプションが不要になった場合に、レガシ サブスクリプションの終了日より前にサブスクリプションをキャンセルすることもできます。 サブスクリプションの一覧には、3 か月後の期間が含まれます。 2023 年 11 月中のデータ エクスポートには、2024 年 1 月と 2024 年 2 月のすべての商用サブスクリプションが、引き続きレガシと移行の対象となります。 2023 年 12 月のデータには、2024 年 1 月、2 月、3 月のサブスクリプションの一覧が含まれます。

データ セットには、サブスクリプションに関する重要な情報が含まれています。 データ エクスポートでは、サブスクリプションが Microsoft 主導の移行の対象かどうか、レガシ サブスクリプションの終了日、移行先の新しいコマース製品 SKU ID、ライセンス数、期間、請求頻度が説明されます。 Microsoft 主導の移行では、移行時にレガシ プロパティが引き継がされます。 異なる新しいコマース プロパティ (特に月単位の期間) を必要とするパートナーは、Microsoft 主導の移行がレガシ サブスクリプションの終了日の最後に行われる前に、サブスクリプションを移行する必要があります。

公共部門の Microsoft 主導の移行は、2024 年 7 月に開始されます。 2024 年 5 月から、パブリック セクター サブスクリプションがデータ セットに追加される予定です。 サブスクリプション移行データのエクスポートは、API 経由では使用できません。

Microsoft 主導のデータ エクスポートには、次の情報列が含まれています。

MS 主導の移行データ列 説明
PartnerTenantId Partner tenant ID (パートナー テナント ID)
PartnerId パートナーの Microsoft Partner Network (MPN) ID
CustomerTenantId 顧客テナント ID
顧客名 お客様の組織名
SubscriptionId サブスクリプション ID
SubscriptionFriendlyName サブスクリプション名
OfferId サブスクリプションのオファー ID
IsAddOn サブスクリプションがアドオンの場合
ParentSubscriptionId アドオンの場合、ベース サブスクリプション ID
数量 (Quantity) ライセンス数
TermDuration サブスクリプションの期間
BillingCycle サブスクリプションの課金サイクル
SubscriptionEndDate サブスクリプションの終了日
CatalogItemId NCE 製品 SKU サブスクリプションの更新
MigrationEligibilityStatus 移行の状態
MigrationIneligibilityReasons 移行の対象ではない理由の一覧
LastProcessedDate サブスクリプションが評価された日付

対象となるサブスクリプションが移行されます。 不適格なサブスクリプションは、新しいレガシ期間に更新されます。

MigrationEligibilityStatus 説明
対象 対象となる更新が作成され、期間が終了する 48 時間前にレポート < に表示されることはほとんどありません
不適格 サブスクリプションは移行されず、新しい期間に更新されます。
PendingValidation この状態は、サブスクリプションが評価中の場合にのみ表示されることはほとんどありません。
ScheduleCreated レガシ サブスクリプションの終了日の 48 時間以内にのみ表示されます。この期間中、システムは Microsoft 主導の移行を作成しています。

移行に対応していないサブスクリプションは、終了日に新しい期間に更新されます。 パートナーは、サブスクリプションが不適格であった理由を修正した後、ほとんどの場合、これらのサブスクリプションを自分で移行するためのアクションを実行できます。

移行の不適格な理由 不適格性の説明
従来のオファーには、対応する新しいコマースに相当する資格があります。 互換性のある価格の対応する新しいコマース製品 SKU がある場合、添字は Microsoft 主導で移行されます。 新しいコマース マッピングがないオファーは、最終的に廃止されます。 パートナーは、オファーの提供終了リストとパートナー ガイダンスについて、CSP オファーの提供終了ガイドを参照する必要があります。
パートナー プロファイルは、移行を許可する有効な状態ではありません。 このケースはめったに発生しないはずです。 パートナーは、パートナー センターで自分のアカウントにアクセスし、プロファイルが最新で有効であることを確認する必要があります。
サブスクリプションに関連付けられているパートナーのレコードが無効であるか、アクティブではなくなりました。 パートナーは、サブスクリプションのレコードのパートナーが有効なパートナー ID であることを確認する必要があります。
オファーに対して定義されているライセンス制限に達したか、超過しています。 最大シート数が 300 を超える小規模ビジネス オファーがいくつかあります。 新しいコマースでは、300 の制限がより正確に適用されます。 従来のサブスクリプションは、制限を超えるため、Microsoft 主導の移行の対象になりませんが、新しいレガシ条項に更新されません。 個々の Microsoft 365 Business SKU の 300 以上のシートを必要とする顧客と CSP パートナーは、別の Microsoft 365 Business SKU または Microsoft 365 Enterprise SKU を検討する必要があります。
新しいコマースでは、期間プランまたは請求プランはサポートされていません。 新しいコマースでサポートされていない用語と課金プランの組み合わせを持つレガシ サブスクリプションは少数あります。 パートナーは、新しいコマース価格表とその顧客に相談してニーズを満たした後、新しいコマースに手動で移行することを検討する必要があります。
オファーに許可されている新しいコマース サブスクリプションの数に達したか、超過しました。 パートナーは、このケースを見ることはめったにありません。 一部の新しいコマース サブスクリプションでは、特定の製品 SKU のサブスクリプション数に制限があります。 パートナーは、許可されるサブスクリプションの数に関する文書化された制限については、新しいコマース オファー マトリックスを参照する必要があります。 パートナーは、顧客に相談し、顧客のニーズに最も適した新しいコマース サブスクリプションを手動で取得する必要もあります。
顧客とパートナーの組織の間にアクティブな関係はありません。 顧客はパートナー関係を削除しました。 パートナーは顧客と協力して、必要に応じてリレーションシップを復元し、サブスクリプションを新しいコマースに移行できます。
パートナー組織が非アクティブであるか、見つかりません。 このケースはめったに発生しないはずです。 パートナーは、パートナー センターで自分のアカウントにアクセスし、プロファイルが最新で有効であることを確認する必要があります。
移行の適格性の評価は保留中です。 このコードは、システム プロセスが保留中であることを意味します。 この状態は、有効期間の短い州パートナーはほとんど経験しないでしょう。
Microsoft 主導の移行から除外されたパートナー テナント。 一部のパートナー テナントは、Microsoft 主導の移行から除外され、これらのパートナーに対してさらに Microsoft が通信するまで何も行われません。
このサブスクリプションには、パートナーのスケジュールされた移行が既に存在します。 Microsoft 主導の移行では、既に存在する既存の移行スケジュールが尊重されます。
サブスクリプションは、期間の終了時に更新される予定はありません。 廃止されたオファー は、新しい条件に更新されません。 パートナーは、これらの詳細についてオファー提供終了ガイドを参照する必要があります。 廃止された一部のオファーは、廃止のために更新されない場合でも、新しいコマースに移行できます。 これらのオファーは Microsoft 主導で移行されませんが、パートナーはパートナー センターの移行の上限を使用して移行できる場合があります。 パートナーは、移行可能なオファーを確認するために、従来のオファー リスト マトリックス NCE マッピング シートを参照する必要があります。

従来のオファーを新しいコマース エクスペリエンスにマップする

パートナーは、新しいコマース オファー マトリックスの [NCE マッピング] タブを確認することで、新しいコマース製品 SKU にマップされるレガシ オファーの詳細を取得できます。 このタブのこのデータは、従来のオファーに関連する新しいコマース製品 SKU ID を含む追加の列 Q がある点を除き、コア オファー マトリックス データに似ています。 パートナーはこのデータを使用して、新しいコマースで利用可能な製品 SKU を理解できます。 パートナーは、パートナー センターの ユーザー インターフェイスまたは API の移行機能を使用して、移行が有効な オファーのレガシ サブスクリプションを移行できます。 他の製品 SKU は、移行をサポートしていない場合は手動で取得できます。 パートナー は、パートナー センターでオファーまたは製品 SKU を処理する前に、購入する製品 SKU が期待どおりであることを確認するために、常に価格表を参照する必要があります。

従来から新しいコマース エクスペリエンス オファーへのマッピング マトリックスを表示し、特定のレガシ オファーの正しい移行マッピングを決定するには、次の手順を実行します。

  1. パートナー センターにサインインし、[価格] を選択する |価格表
  2. 従来の価格シート ライセンスベースの価格をダウンロードします
  3. 従来の OLM ファイルのクラウド リセラー オファー マトリックスをダウンロードします。このマトリックスには、ライセンス ベースのサービス クラウド リセラー オファー マトリックスの最初のセクションで、従来のコマースと新しいコマースの間のマッピングが含まれています。
  4. パートナー センター インターフェイスを使用して、従来の価格表をダウンロードします。
  5. オファー マトリックス ファイルで、[NCE マッピング] タブを選択します。
  6. 従来の価格表のオファー ID を、NCE マッピング タブのレガシ オファー マトリックス ファイルの Durable offer ID にマップして、Q 列の Modern ProductID/SkuID を決定します。パートナーは、[移行が有効] 列を使用して、パートナー センターのユーザー エクスペリエンスまたは API を使用してオファーを移行できるかどうかを判断します。

すべてのオファーを NCE に移行できるわけではありません (従来の Azure Information Protection プレミアム P1 には、NCE に対応する同等のオファーがない場合など)。

Note

[NCE マッピング] タブには、公共部門のウェーブ リリースに関する情報が含まれています。 公共部門 Wave 1 は、2024 年 3 月 1 日以降に購入および移行できるようになります。 2023 年 12 月の NCE マッピングでは、1 月まで移行できないため、公共部門のオファーは移行不可能であることが示されています。 詳細については、NCE pubsec トピック参照してください。

手動移行

パートナーは、移行にパートナー センター ポータルまたは API を使用する必要があります。 ただし、パートナーは、オファーの新しいコマース バージョンを手動で購入し、ライセンスが適切に割り当てられていることを確認してから、レガシ オファーを取り消すこともできます。 この手動アプローチは、移行パスがない一部のオファーに適しています。 パートナーは価格表を参照して、購入前に価格を確認する必要があります。

一部のレガシ オファーでは移行が有効になっていますが、手動で移行する必要があります。 一般的なオファーの移行がサポートされていない例を次に示します。

レガシ オファー名 レガシ オファー ID 新しいコマース SKU 名 新しいコマース productId/skuId
Microsoft Intune 73b45f83-fb4f-4cdc-a0d6-3d8792708f80 Microsoft Intune CFQ7TTC0LCH4/0009
Dynamics 365 Marketing Attach (認定オファー) (最低 10 シートの CE プランから) 9e5f9ff0-1a3c-4d4b-8269-1fdb1f300102 Dynamics 365 Marketing Attach CFQ7TTC0LHWP/0001
Dynamics 365 Sales Enterprise Edition デバイス 9fb981e1-9531-402e-875c-c69957137939 Dynamics 365 Sales Enterprise Edition CFQ7TTC0LFF1/0001
Dynamics 365 Customer Service Enterprise Device 56433e2b-3378-4b35-867d-31ebb879deac Dynamics 365 Customer Service Enterprise CFQ7TTC0LFDZ/0001
Dynamics 365 Field Service Device a7fc021e-0eb1-4fdb-ada1-3fe7ddf4e887 Dynamics 365 Field Service CFQ7TTC0LFNL/0001

これらは以前に必要な手動移行を提供しますが、現在は移行が有効になっています。 2024 年 5 月 1 日以降に終了する条件を含むサブスクリプションは、Microsoft 主導の移行に含まれます。

レガシ オファー名 レガシ オファー ID 新しいコマース SKU 名 新しいコマース productId/skuId
Microsoft Entra ID P1 16c9f982-a827-4003-a88e-e75df1927f27 Microsoft Entra ID P1 CFQ7TTC0LFLS/0002
Intune 51e95709-dc35-4780-9040-22278cb7c0e1 Intune CFQ7TTC0LCH4/0009
Azure Information Protection Premium P1 648bf77b-1f0a-4911-8066-caf37d67dc72 Azure Information Protection Premium P1 CFQ7TTC0LH9J/0001
エンタープライズ向けデバイス単位の Intune 871e82d5-a046-4803-9825-69ba2f640c16 エンタープライズ向けデバイス単位の Intune CFQ7TTC0LCH4/0004
Intune Extra Storage ced5f693-2d40-40ae-8848-9809ab1b0ee9 Intune Extra Storage CFQ7TTC0LCH4/0006
米国およびカナダ向け Microsoft 365 国内通話プラン 60d2919e-427a-46c9-bd03-89cbad27d53f Microsoft 365 国内通話プラン ゾーン 1 CFQ7TTC0LHXJ/0017

一部の公共セクターウェーブ 1 および 2 オファーでは、移行はまだ有効になっていません。 パートナー センターでは、これらのオファーを将来移行できるように取り組んでいます。

レガシ オファー ID レガシ オファー名
17791e70-0de3-4c3c-8589-15525f6f04a1 Microsoft 365 Business Premium (非営利団体職員向け価格) 寄贈版
786817ae-58ed-4668-994c-c30fa07e18f5 Microsoft Intune Plan 1 for Education for Students の使用特典
4e61b7b8-9e0b-407c-a022-fb268080a11c Microsoft Entra ID P1 for Students の使用特典
aded493a-6655-4377-ab50-08d264f26012 アプリごとの Power Apps プラン (1 つのアプリまたは Web サイト) (非営利団体スタッフ向け価格) 10 シート寄付
f1b34991-6b4b-4e77-9126-a42d75eb72c6 Microsoft Defender for Office 365 (プラン 1) 学生使用特典
5c923d96-3c69-46ed-84b2-caaa4be1e3f0 Microsoft Entra ID P2 for Students の使用特典

Note

手動移行を必要とするオファー サブスクリプションは、Microsoft 主導の移行では移行されません。 これらのサブスクリプションは、サブスクリプションの終了日の終了時に新しい条件に更新されます。 Microsoft は、これらのオファーのサポートを今後パートナーまたは Microsoft 主導で移行可能に追加する場合があり、移行サポートが有効になる 30 日前にパートナーに通知するパートナー センターのお知らせを投稿します。

対象外のサブスクリプション

移行ユーザー インターフェイスとツールを使用して、すべてのオファー サブスクリプションを移行できるわけではありません。 パートナーは、パートナー センターの価格ワークスペースのレガシ ライセンス ベースのオファー マトリックスの [NCE マッピング] タブを使用できます。 一部のサブスクリプションは、プランが移行用に構成されていても移行できません。 現在、次のカテゴリのサブスクリプションは対象外です。

  • 購入後のサービスの最初の月内のサブスクリプション (このチェックは運用環境のみで、効果的なテストを支援するためにサンドボックスでは適用されません)。

  • purchaseFullTerm が false の場合、過去 24 時間以内のサブスクリプションはブロックされます。

  • purchaseFullTerm が true の場合、過去 24 時間以内に移行が許可されます。

  • 非アクティブなサブスクリプション (サブスクリプションが非アクティブな場合、サービスの変更は行われません)

  • 試用版サブスクリプション (金銭的な特典や影響はありません。試用版は従来のコースで実行されます)

  • アクティブなプロモーションがあるサブスクリプション (New Commerce Experience (NCE) のプロモーションは、従来のプロモーションとは無関係です)、最初の購入時にプロモーションを行ったサブスクリプション

  • Gov、Edu、または非営利団体の対象ユーザーのサブスクリプション (レガシから NCE への限定オファーのマッピングはサポートされていません)

  • 新しいコマースで利用可能な対応するオファーのないサブスクリプション。従来のオファー一覧マトリックス ファイルの新しいコマース マッピング シートをチェックします。

これらの例のサブスクリプションは移行できません。 処理状態のサブスクリプションは移行できません (そのサブスクリプションの移行が既に開始されている場合など)。 要求にサポートされていない用語と課金の組み合わせ、不完全なパートナー プロファイル、またはサブスクリプションのレコードに無効な PartnerID が含まれている場合、移行要求は失敗します。

移行中にレガシ サブスクリプションを中断する

移行の目的は、サブスクリプションに対して新しいコマースへのパスが正常にプロビジョニングされた後にのみ、レガシ サブスクリプションを一時停止することです。 このアクションにより、パートナーがサブスクリプションの移行を開始した後に障害が発生した場合、サービスの損失を防ぐことができます。 さらに、従来のコマース サブスクリプションと新しいコマース サブスクリプションの両方に対して、二重請求は行われません。 移行が開始されると、レガシ サブスクリプションの課金が停止し、NCE サブスクリプションの課金との重複を防ぐことができます。

移行時に期間、期間、請求頻度、シート数を更新する

移行された従来のライセンス ベースのサブスクリプションでは、パートナーが特に指定しない限り、再メイン期間、全体的な期間、請求頻度、ライセンス数が保持されます。 移行中にこれらの値を更新する機能は、パートナー センター UX と CreateMigration API の両方で使用できます。

パートナーは、移行時にサブスクリプション属性を変更することを選択できます。 パートナーは、期間、支払いサイクル、数量、または既存の期間を継続するか、新しい期間を開始するかを変更できます。 パートナーは、顧客の期間の終了日を定義して、 サブスクリプションの終了日を既存のサブスクリプションに合わせることもできます。 移行されたサブスクリプションの数量は、ソース サブスクリプションと同じ、より少ない、または同じにすることができます。

期間と請求頻度を構成する

パートナーは、移行時に使用条件と請求頻度を変更できます。

従来と同じ期間と終了日を使用して移行する (既定)

  • 7 か月に移行された年間のレガシ サブスクリプションには、新しいコマース期間の 5 か月メインが残っています。

移行時には新しい期間を開始します。新しい期間の長さを指定できます (たとえば、3 年、1 年、1 か月)。

  • 7 か月に移行された年間のレガシ サブスクリプションには、完全な新しいコマース期間があります。

移行時に新しい期間を開始せずに期間の長さを切り替えます (例: 年単位から月単位)

  • パートナーは、2022 年 2 月 10 日の終了期間で年間レガシ サブスクリプションから開始します。 パートナーは、2021 年 11 月 17 日に月単位の期間に移行します。 移行された新しいコマース月次サブスクリプションの終了日は、2021 年 12 月 10 日です。

サブスクリプションの請求頻度は、年単位から月単位の請求に切り替えるなど、新しいコマースでサポートされているその他のオプションに構成できます。

サブスクリプションの取り消しまたはライセンスの減少

新しく移行されたサブスクリプションは、新しいコマース エクスペリエンスでの新しい購入と同じキャンセル ポリシーに従います。

新しいコマースへの移行をスケジュールする

CSP パートナーは、サンドボックス環境および運用環境のレガシ サブスクリプションごとに移行をスケジュールできるようになりました。 パートナーによって作成されたスケジュールされた移行が実行され、スケジュール時にすべてのプロパティが含まれます。 従来のサブスクリプションのプロパティ (ライセンス数など) を変更するパートナーは、それらの変更を新しいコマースに移行する場合は、スケジュールされた移行を取り消して再作成する必要があります。

パートナーは、新しいパートナー センター API または BAM ツール を使用して、サンドボックス環境と運用環境で事前に移行をスケジュールできます。

パートナーは、移行をスケジュールし、既存の NCE サブスクリプションに合わせて終了日を調整して、資産管理と課金を簡素化することもできます。

NCE 移行スケジュール機能の API ドキュメントは次のとおりです。

パートナーは BAM ツールを使用して移行をスケジュールすることもできます。 移行スケジュールの詳細については、「新規コマース エクスペリエンス バッチ移行ツール (BAM)」を参照してください。

アドオンを使用してサブスクリプションを移行する

アドオンの移行サポートは、2022 年 3 月以降、パートナー センター API と UX を介して有効になりました。 パートナーがアドオンを移行するには、2 つの方法があります。 最初の移行パスには、ベースの移行が含まれます。 移行された基本サブスクリプションには、移行の対象となるアドオンが自動的に含まれます。 アドオンを移行する 2 つ目のオプションには、基本サブスクリプションのないアドオンのみを移行することが含まれます。 Microsoft では、2022 年 11 月に個々のアドオン サブスクリプションを移行する機能を有効にしました。

基本サブスクリプションとそのすべてのアクティブなアドオンは、バンドルとして一緒に新しいコマースに移行する必要があります。 アドオンの移行を含む基本サブスクリプションは、すべてのアクティブなアドオンも新しいコマースに移行できる場合にのみ有効です。 サブスクリプションに複数のアドオンがあり、1 つのアドオンを移行できない場合、サブスクリプションとすべてのアドオンは移行できません。 移行後、移行されたアドオンは NCE で独立したアドオンとして表示されます。

パートナーは、基本サブスクリプションとアドオンのサブスクリプション条項、シート数、請求頻度を変更できます。 編集された値は、移行するバンドル内の各サブスクリプション (基本サブスクリプションまたはアドオン サブスクリプション) に依存しません。 数量、請求頻度、期間、および期間終了日を指定せずに新しいコマースに移行すると、従来のサブスクリプションのプロパティが引き継がれます。

基本サブスクリプションとアドオン サブスクリプションの両方がバンドルとして移行されるため、新しいアドオン サブスクリプションを購入すると、今後 30 日間移行が不適格になります。 移行されるバンドル内の各サブスクリプションは、個別に適格性が検証されます。これには、各サブスクリプションでの 30 日間の購入チェックが含まれます。 1 つのサブスクリプションが移行に不適格な場合、バンドル全体を移行することはできません。

パートナーは、パートナー センター UX または移行 API を使用して、基本サブスクリプションを使用せずに個別に新しいコマースにアドオンを移行できます。 顧客がプロビジョニングされたサービスを持っている限り、基本オファーに含まれます。

Note

CSP オファー提供終了ガイドではなく、移行の対象ではない基本サブスクリプションは、新しいレガシ条件に更新されます。 この更新規則の唯一の例外は、一般的な 300 シート制限を超える一部の小規模ビジネス SKU のレガシ サブスクリプションです。 これらのサブスクリプションは、シートの制限のために不適格な場合は更新されません。

移行されたサブスクリプションでの販売促進

移行は、利用可能な新しいコマース プロモーションの対象となるオファーの資格には影響しません。 プロモーションの資格要件が満たされている限り、移行後に作成された新しいコマース サブスクリプションに新しいコマース プロモーションが適用されます。

プロモーションの詳細とプロモーションの適格性の特定については、新しいコマース エクスペリエンスプロモーションを参照してください

予想される移行のタイムライン

移行の実行時間は、要求内で編集された属性や、パートナー センターを通じて一度に送信される要求の数などの要因によって異なります。 通常、移行には 0 から 6 時間かかりますが、場合によっては移行に最大 72 時間かかります。

パートナーは、顧客の [サブスクリプション] ページを使用するか、新しいコマース サブスクリプションの移行 API を呼び出すことによって、パートナー センターで移行状態を表示できます。

移行要求が送信されると、移行の開始時にレガシ サブスクリプションが中断状態に設定されます。 サブスクリプションの一覧には、対応する NCE オファーのない中断されたレガシ サブスクリプションが表示されます。 さらに、Get a new commerce subscription migration API request は、このエラーの影響を受ける移行の移行状態として失敗を返します。 パートナーの次の手順は、レガシ サブスクリプションの状態によって異なります。

  • 従来のサブスクリプションは引き続き アクティブです。失敗した移行状態でアクティブなレガシ サブスクリプションは、パートナーが取り消すことができます。
  • 中断されているレガシ サブスクリプション。 レガシ サブスクリプションが中断されている移行状態の 失敗 はシステムによってまだ処理されています。パートナーは、Microsoft が診断し、72 時間以内に必要に応じて問題を修正する際に移行を許可する必要があります。 Microsoft は、最初の移行要求から 72 時間以内にこの問題を修正します。

NCE サブスクリプションの作成がない、中断されたレガシ サブスクリプションのレガシ サブスクリプションの状態が失敗した移行は、Microsoft が問題に対処するために最初の移行要求の時刻から最大 72 時間かかる場合があります。 Microsoft はエラーを修正し、移行を完了するか (移行の対応する NCE サブスクリプションを正常に作成)、または 72 時間後に移行を元に戻します。 72 時間以内に Microsoft によって移行が正常に完了した場合、パートナーはそれ以上の操作を行う必要はありません。 移行が元に戻された場合、レガシ サブスクリプションは再びアクティブに設定され、パートナーはこのシナリオで移行を再試行できます。

対応する NCE オファーが作成されずにレガシ サブスクリプションが中断された期間中は、サービスの損失は発生しません。 NCE サブスクリプションの課金の開始は、Microsoft が正常に移行を完了した場合に新しいコマース サブスクリプションが作成された日付と一致します。 作成された新しいコマース サブスクリプションは、移行要求の作成時に指定された価格とプロモーションを保持します。

レガシ サブスクリプションが移行前の状態に戻された場合 (実質的に移行要求がロールバックされます)、レガシ サブスクリプションが再びアクティブになると、レガシ サブスクリプションの課金が再開されます。対応する NCE サブスクリプションが作成されずにレガシ サブスクリプションが中断された期間は、料金は発生しません。

中小企業 (S MB (メガバイト)) SKU の移行

SMB SKU を持っている顧客には、新しいコマースのためにサブスクリプションをレガシからシートベースのオファーに移行するときに、300 シートの制限が適用されます。

パートナーは、200 シートの顧客の S MB (メガバイト) サブスクリプションを正常に移行できます。 ただし、顧客が移行する同じ S MB (メガバイト) SKU に別の 200 シートがある場合、トランザクションが 300 シートの制限を超えるため、システムは移行をブロックします。 この場合、パートナーは移行したい 2 つ目の SKU のシート数を 200 から 100 (または SMB シート制限に収まる数) にすることで適切に調整できます。

パートナーが 200 シートの 2 つの S MB (メガバイト) SKU に対して同時に移行要求を送信すると、1 つの移行要求が通過し、もう 1 つの要求は失敗します。 この場合、パートナーは移行したい 2 つ目の SKU を 200 から 100 (または SMB シート制限に収まる数) にすることで適切に調整します。

Note

パートナーは、300 の小規模ビジネス制限を超えるレガシ サブスクリプションを持っている可能性があります。 制限を超えるため、Microsoft 主導の移行の対象ではないレガシ サブスクリプションは、新しいレガシ条項に更新されません。 個々の Microsoft 365 Business SKU の 300 以上のシートを必要とする顧客と CSP パートナーは、別の Microsoft 365 Business SKU または Microsoft 365 Enterprise SKU を検討する必要があります。

移行履歴

移行の開始時刻や完了時刻など、一部の移行の詳細には、API の新しい コマース サブスクリプション移行 API と MigrationID フィールドを使用してアクセスできます。 パートナー センターでは、新しい NCE サブスクリプションの移行元のサブスクリプション ID が詳細ページの上部に表示されます。この ID は、顧客 の [サブスクリプション ] ページでサブスクリプションを選択するときにアクセスできます。

さらに、パートナー センター (顧客のサブスクリプションの一覧から) 移行された新しいコマース サブスクリプションをクリックすると、パートナーは移行アクティビティ ヘッダーの下に移行イベントの詳細なログを表示できます。 このアクティビティ ヘッダーには、次の移行アクティビティの状態が含まれています。

  • MigrationStarted: 移行要求が送信された時刻
  • NewCommerceSubscriptionCreated: サブスクリプションが作成したサブスクリプション ID
  • NewCommerceSubscriptionProvisioned: NCE サブスクリプションのサービスがプロビジョニングされます
  • MigrationCompleted: 移行が成功したことを示し、NCE サブスクリプションを管理できるようになりました
  • MigrationFailed: 移行が失敗しました。サービス アクセスは、ドキュメントに記載された移行エラーで保持タイムラインが適用されます

これらの移行イベントには、GetMigrationEvents API を使用してアクセスすることもできます。

Note

移行アクティビティとイベントを表示する機能は新しい機能です。 2022 年 6 月 22 日より前に移行されたサブスクリプションには、移行イベントは記録されません。 この機能では、この日付より前に移行されたサブスクリプションの移行イベントはさかのぼって記録されません。

一括移行

パートナーが顧客の適格なサブスクリプションを NCE に移行しようとしている場合は、次の手順を実行します。

  1. サブスクリプションを移行する顧客を選択します。
  2. Get a list of subscriptions API を呼び出して、顧客のサブスクリプションのコレクションを customer-tenant-id で受け取ります。Order ID のクエリ パラメーターは省略可能です
  3. 移行の資格をチェックするには、移行 API のサブスクリプションの検証を呼び出します。
  4. サブスクリプションのコレクションを確認し、各サブスクリプション ID で新しいコマース移行 API を呼び出します。このアクションは、移行の資格をチェックし、資格がある場合はサブスクリプションを移行します。
  5. 移行の資格をチェックするには、サブスクリプション コレクションを通過した後、Get a New commerce subscription migration API を呼び出します。 正常に移行されたサブスクリプションには、migratedFromSubscriptionID 属性が設定されます。 CreateMigration 応答によって提供される migrationId を使用すると、Get a New commerce subscription migration API API 要求で使用した場合の移行の進行状況の追跡が容易になります。 移行の単位は 1 つのサブスクリプションですが、一括移行シナリオの要件を満たすようにスケーリングできます。

移行 Webhook

パートナー センターでは、API 対応パートナーが移行の状態を簡単に自動化して追跡できるように、利用可能な Webhook を作成しました。 これらの移行 Webhook については、webhook のドキュメント トピック記載されています。

  • 新しいコマース移行が完了しました
  • 新しいコマース移行の作成
  • 新しいコマース移行に失敗しました
  • 新しいコマース移行スケジュールが失敗しました

移行、切り替え、変換、およびアップグレード

パートナー センターでは、新しいコマースへの移行とは、従来のライセンスベースのコマースから新しいコマース エクスペリエンスへのサブスクリプションの移行を指します。 移行により、従来の従来のライセンス ベースのサブスクリプションが新しいコマースに移行されます。 移行、変換、アップグレード。

アップグレードと変換は、サブスクリプションの切り替えの一種と見なされます。

移行は、顧客の新しいコマース サブスクリプションをターゲット サブスクリプションにアップグレードしたり、NCE 試用版を有料サブスクリプションに変換したりするために使用されます。 移行と移行の主な違いは、サブスクリプションを移行すると、それを従来のコマースから新しいコマース エクスペリエンスの同等のオファーに移行することです。 切り替えとは異なり、同等でないサブスクリプション間の変更 (アップグレードや変換アクションなど) に移行を利用することはできません。

以前の新しいコマース マイルストーン

2022 年 3 月 10 日より、同等の新しいコマース オファーを含む従来の CSP 商用シートベースのオファーは、レガシ プラットフォームでの新規注文では使用できなくなります。

価格表には、A、C、D、U 列内に新しい値が含まれており、廃止またはサポートされなくなったオファーに対して DEPR を使用してオファーにフラグを設定します。 2022 年 3 月 1 日の時点で、オファー マトリックス (OLM) には、廃止されたオファーの一覧が、"レガシ非推奨" というタイトル の新しいシートに含まれています。 2022 年 4 月 1 日、価格表には、DEPRマークされた新しい購入に対してブロックされたオファーが含まれており、これらのオファーの価格は引き続き表示されます。 従来の CSP で購入できなくなったオファーは、パートナー センター カタログを介して検出できず、毎月の CSP 価格表から削除されません。

既存のレガシ サブスクリプションには、2022 年 3 月 10 日からの新しいコマース購入のブロックに関係なく、パートナーがシートの追加または削除、アドオンの購入、サブスクリプション期間を通じたサブスクリプションのアップグレード、試用版から有料サブスクリプションへの変換を行うオプションが引き続き用意されています。

さらに、注文の作成、カートの作成、およびカートの更新 API のエラー メッセージには、パートナーがブロックされたレガシ オファーを購入しようとしたときに使用可能な新しいコマース オファーが反映されます。 購入を試みたブロックされたレガシ オファーに対して同等の NCE オファーを使用できる場合、NCE オファーの製品 ID、SKU ID、および可用性 ID は、API メッセージを通じてパートナーに提供されます。 パートナーは、多くの場合、可用性が期限切れになり、パートナーがエラー メッセージを受け取り、新しいコマースで購入を試みる間に待機時間がある場合に置き換えることができることを認識する必要があります。