Web API Operations 操作のサンプル

注意

エンティティとテーブルの違いがわかりませんか? Microsoft Dataverse で「開発者: 用語を理解する」を参照してください。

このサンプル コード スニペットのコレクションは、基本的な CRUD (作成、取得、更新、および削除) と Microsoft Dataverse WebAPI を使用した関連操作を実行する方法を示しています。

このトピックは、このグループの各サンプル スニペットによって実装される操作の一般的なセットについて説明しています。 このトピックは、各サンプルが言語固有の詳細なしで実行する HTTP 要求と応答およびテキスト出力について説明しています。 これらの操作を実行する方法に関する詳細については、言語特有の説明および個別のサンプルを参照してください。

説明

このサンプルは次のセクションに分かれています。それには指定した関連する概念的なトピックでより詳しく説明される Dataverse Web API 処理が含まれます。

コード セクション 関連する概念的なトピック
セクション 1: 基本的な操作の作成および更新 基本的な作成
基本的な更新
セクション 2: 関連付けを作成します 作成時にテーブル行を関連付ける
セクション 3: 関連するテーブル行を作成する (深い挿入) 1 回の操作で関連するテーブル行を作成する
セクション 4: 既存のテーブル行の関連付けと関連付け解除 Web API を使用したテーブル行の関連付けと関連付け解除
セクション 5: テーブル行の削除 (サンプル クリーンアップ) 基本的な削除

注意

簡潔にするために、関連の少ない HTTP ヘッダーは省略されています。 レコードの URI は、基本組織のアドレスと、Dataverse サーバーによって割り当てられた行の ID によって異なります。

セクション 1: 基本的な操作の作成および更新

このセクションでは、1 つの取引先担当者を作成して、そのインスタンスの一連の更新を実行します。 応答ヘッダー OData-EntityId には、この新しく作成された行への URL が含まれており、これはこのレコードの一意の ID を付加的に含むことに注意してください。

  1. Rafel Shillo という名前の新しい取引先担当者を作成します。

    Request

    POST [Organization Uri]/api/data/v9.2/contacts HTTP/1.1
    OData-MaxVersion: 4.0
    OData-Version: 4.0
    If-None-Match: null
    Accept: application/json
    
    {
     "firstname": "Rafel",
     "lastname": "Shillo"
    }
    

    回答

    HTTP/1.1 204 NoContent
    OData-Version: 4.0
    OData-EntityId: [Organization Uri]/api/data/v9.2/contacts(0928bcb4-bb27-ed11-9db1-002248274ada)
    

    コンソール出力

    Contact URI: [Organization Uri]/api/data/v9.2/contacts(0928bcb4-bb27-ed11-9db1-002248274ada)
    Contact relative Uri: contacts(0928bcb4-bb27-ed11-9db1-002248274ada)
    

    種類ごとに使用できるプロパティは、メタデータ ドキュメント内に定義され、Web API Entity Type Reference セクションで種類ごとに文書化もされます。 そのほかの一般的な情報については、Web API の種類と操作 を参照してください。

  2. 取引担当者と年収の値 ($80,000) および役職 (Junior Developer) を更新します。

    要求

    PATCH [Organization Uri]/api/data/v9.2/contacts(0928bcb4-bb27-ed11-9db1-002248274ada) HTTP/1.1
    If-Match: *
    OData-MaxVersion: 4.0
    OData-Version: 4.0
    If-None-Match: null
    Accept: application/json
    
    {
     "annualincome": 80000,
     "jobtitle": "Junior Developer"
    }
    

    応答

    HTTP/1.1 204 NoContent
    OData-Version: 4.0
    OData-EntityId: [Organization Uri]/api/data/v9.2/contacts(0928bcb4-bb27-ed11-9db1-002248274ada)
    

    コンソール出力

    Contact 'Rafel Shillo' updated with jobtitle and annual income
    
  3. 明示的に初期化されたプロパティ セットと取引先担当者を取得します。 fullname は、インスタンスを作成したときに明示的に初期化されたfirstname および lastname プロパティで計算された読み取り専用プロパティです。 一方、description プロパティは明示的に初期設定されないので、その既定値である null 文字列が保たれます。

    要求された値と一般的なヘッダーに加えて、応答に注意してください。次の種類の追加情報も自動的に返されます。

    • 現在のテーブル タイプのプライマリ ID、ここ contactid
    • ETag 値は、要求されたリソースの特定のバージョンを識別する @odata.etag キーによって示されます。 詳細については、Web API を使用する条件付き演算を実行 を参照してください。
    • @odata.context キーによって示されるメタデータ コンテキストは、同じクエリから取得した場合、クエリ結果を比較する方法を提供します。
    • _transactioncurrencyid_value は、金銭取引の現地通貨を示します。

    要求

    GET [Organization Uri]/api/data/v9.2/contacts(0928bcb4-bb27-ed11-9db1-002248274ada)?$select=fullname,annualincome,jobtitle,description HTTP/1.1
    Prefer: odata.include-annotations="*"
    OData-MaxVersion: 4.0
    OData-Version: 4.0
    If-None-Match: null
    Accept: application/json
    

    応答

    HTTP/1.1 200 OK
    ETag: W/"72935648"
    OData-Version: 4.0
    Preference-Applied: odata.include-annotations="*"
    
    {
     "@odata.context": "[Organization Uri]/api/data/v9.2/$metadata#contacts(fullname,annualincome,jobtitle,description)/$entity",
     "@odata.etag": "W/\"72935648\"",
     "fullname": "Rafel Shillo",
     "annualincome@OData.Community.Display.V1.FormattedValue": "$80,000.00",
     "annualincome": 80000.0,
     "jobtitle": "Junior Developer",
     "description": null,
     "_transactioncurrencyid_value@OData.Community.Display.V1.FormattedValue": "US Dollar",
     "_transactioncurrencyid_value@Microsoft.Dynamics.CRM.associatednavigationproperty": "transactioncurrencyid",
     "_transactioncurrencyid_value@Microsoft.Dynamics.CRM.lookuplogicalname": "transactioncurrency",
     "_transactioncurrencyid_value": "228f42f8-e646-e111-8eb7-78e7d162ced1",
     "contactid": "0928bcb4-bb27-ed11-9db1-002248274ada"
    }
    

    コンソール出力

    Contact 'Rafel Shillo' retrieved:
           Annual income: $80,000.00
           Job title: Junior Developer
           Description:
    

    重要

    検索操作のパフォーマンスを最適化するには、常に選択とフィルターを使用する必要があります。 詳細については、Web API を使用するクエリ データ」 を参照してください。

  4. これらの同じプロパティに新しい値を指定して、連絡先インスタンスを更新します。

    要求

    PATCH [Organization Uri]/api/data/v9.2/contacts(0928bcb4-bb27-ed11-9db1-002248274ada) HTTP/1.1
    If-Match: *
    OData-MaxVersion: 4.0
    OData-Version: 4.0
    If-None-Match: null
    Accept: application/json
    
    {
     "jobtitle": "Senior Developer",
     "annualincome": 95000,
     "description": "Assignment to-be-determined"
    }
    

    応答

    HTTP/1.1 204 NoContent
    OData-Version: 4.0
    OData-EntityId: [Organization Uri]/api/data/v9.2/contacts(0928bcb4-bb27-ed11-9db1-002248274ada)
    

    コンソール出力

    Contact 'Rafel Shillo' updated:
           Job title: Senior Developer
           Annual income: 95000
           Description: Assignment to-be-determined
    

    重要

    更新要求で変更されたプロパティのみを送信します。 詳細については、基本更新 を参照してください。

  5. 単一のプロパティと既定電話番号を明示的に指定します。 これは PUT 要求で、個々のプロパティの操作を実行する場合に value という名前の JSON キーが使用されるので注意してください。

    要求

    PUT [Organization Uri]/api/data/v9.2/contacts(0928bcb4-bb27-ed11-9db1-002248274ada)/telephone1 HTTP/1.1
    OData-MaxVersion: 4.0
    OData-Version: 4.0
    If-None-Match: null
    Accept: application/json
    
    {
     "value": "555-0105"
    }
    

    応答

    HTTP/1.1 204 NoContent
    OData-Version: 4.0
    

    コンソール出力

    Contact 'Rafel Shillo' phone number updated.
    
  6. 同じ単一のプロパティと既定電話番号を取得します。 もう一度、valueという名前のキーを使用します。

    Request

    GET [Organization Uri]/api/data/v9.2/contacts(0928bcb4-bb27-ed11-9db1-002248274ada)/telephone1 HTTP/1.1
    OData-MaxVersion: 4.0
    OData-Version: 4.0
    If-None-Match: null
    Accept: application/json
    

    回答

    HTTP/1.1 200 OK
    OData-Version: 4.0
    
    {
     "@odata.context": "[Organization Uri]/api/data/v9.2/$metadata#contacts(0928bcb4-bb27-ed11-9db1-002248274ada)/telephone1",
     "value": "555-0105"
    }
    

    コンソール出力

    Contact's telephone # is: 555-0105.  
    

セクション 2: 関連付けを作成します

このセクションでは、Contoso, Ltd. という名の新しい取引先企業レコードを作成して、それを セクション 1 で作成された既存の取引先担当者である Rafel Shillo に関連付けます。 この作成および関連付けは、1 つの POST 操作で実行されます。

  1. Contoso, Ltd. のアカウントを作成し、取引先責任者の属性を既存の取引先担当者である Rafel Shillo に設定します。 @odata.bind コメントは、関連付けが作成され、ここに primarycontactid 単一値ナビゲーション プロパティを既存の取引先担当者である Rafel Shillo にバインディングしたことを示します。

    Request

    POST [Organization Uri]/api/data/v9.2/accounts HTTP/1.1
    OData-MaxVersion: 4.0
    OData-Version: 4.0
    If-None-Match: null
    Accept: application/json
    
    {
     "name": "Contoso Ltd",
     "telephone1": "555-5555",
     "primarycontactid@odata.bind": "contacts(0928bcb4-bb27-ed11-9db1-002248274ada)"
    }
    

    回答

    HTTP/1.1 204 NoContent
    OData-Version: 4.0
    OData-EntityId: [Organization Uri]/api/data/v9.2/accounts(2728bcb4-bb27-ed11-9db1-002248274ada)
    

    コンソール出力

    Account 'Contoso Ltd' created.
    Account URI: accounts(2728bcb4-bb27-ed11-9db1-002248274ada)
    
  2. もう一度 $expandprimarycontactid 単一値ナビゲーション プロパティを使って、関連する contact EntityType レコードにアクセスするために、取引先企業である Contoso, Ltd. の取引先責任者を取得します。

    要求

    GET [Organization Uri]/api/data/v9.2/accounts(2728bcb4-bb27-ed11-9db1-002248274ada)?$select=name,&$expand=primarycontactid($select=fullname,jobtitle,annualincome) HTTP/1.1
    Prefer: odata.include-annotations="*"
    OData-MaxVersion: 4.0
    OData-Version: 4.0
    If-None-Match: null
    Accept: application/json
    

    回答

    HTTP/1.1 200 OK
    ETag: W/"72935670"
    OData-Version: 4.0
    Preference-Applied: odata.include-annotations="*"
    
    {
     "@odata.context": "[Organization Uri]/api/data/v9.2/$metadata#accounts(name,primarycontactid(fullname,jobtitle,annualincome))/$entity",
     "@odata.etag": "W/\"72935670\"",
     "name": "Contoso Ltd",
     "accountid": "2728bcb4-bb27-ed11-9db1-002248274ada",
     "primarycontactid": {
       "@odata.etag": "W/\"72935663\"",
       "fullname": "Rafel Shillo",
       "jobtitle": "Senior Developer",
       "annualincome@OData.Community.Display.V1.FormattedValue": "$95,000.00",
       "annualincome": 95000.0,
       "_transactioncurrencyid_value@OData.Community.Display.V1.FormattedValue": "US Dollar",
       "_transactioncurrencyid_value@Microsoft.Dynamics.CRM.associatednavigationproperty": "transactioncurrencyid",
       "_transactioncurrencyid_value@Microsoft.Dynamics.CRM.lookuplogicalname": "transactioncurrency",
       "_transactioncurrencyid_value": "228f42f8-e646-e111-8eb7-78e7d162ced1",
       "contactid": "0928bcb4-bb27-ed11-9db1-002248274ada"
     }
    }
    

    コンソール出力

    Account 'Contoso Ltd' has primary contact 'Rafel Shillo':
           Job title: Senior Developer
           Annual income: $95,000.00
    

このセクションでは、単一の POST 要求でテーブル行と関連行を作成する方法を示します。 この方法を使用すると、すべての行が新しく作成されます。関連付ける既存の行はありません。 この方法には、2 つの利点があります。 より効率的に複数の簡単な作成および関連付け操作を 1 つの結合した操作に置き換えられます。 またこれは、アトミックで、操作全体が成功しすべての関連オブジェクトが作成される場合、または操作が失敗し何も作成されない場合に表示されます。

このセクションでは、取引先責任者である取引先企業および 1 つの要求でその取引先担当者の一連のタスクを作成します。

  1. 取引先企業である Fourth Coffee と、その取引先責任者である Susie Curtis および 1 回の操作で関連する 3 つのタスクを作成します。 単一値 primarycontactid ナビゲーション プロパティとコレクション値ナビゲーション プロパティ Contact_Tasks を使って、これらの関係をそれぞれ定義することに注意してください。 単一値ナビゲーション プロパティは、オブジェクト値を取得しますが、コレクション値のナビゲーション プロパティは配列値を取得します。

    要求

    POST [Organization Uri]/api/data/v9.2/accounts HTTP/1.1
    OData-MaxVersion: 4.0
    OData-Version: 4.0
    If-None-Match: null
    Accept: application/json
    
    {
     "name": "Fourth Coffee",
     "primarycontactid": {
       "firstname": "Susie",
       "lastname": "Curtis",
       "jobtitle": "Coffee Master",
       "annualincome": 48000,
       "Contact_Tasks": [
         {
           "subject": "Sign invoice",
           "description": "Invoice #12321",
           "scheduledstart": "2023-04-19T03:00:00+07:00",
           "scheduledend": "2023-04-19T04:00:00+07:00",
           "scheduleddurationminutes": 60
         },
         {
           "subject": "Setup new display",
           "description": "Theme is - Spring is in the air",
           "scheduledstart": "2023-04-20T03:00:00+07:00",
           "scheduledend": "2023-04-20T04:00:00+07:00",
           "scheduleddurationminutes": 60
         },
         {
           "subject": "Conduct training",
           "description": "Train team on making our new blended coffee",
           "scheduledstart": "2023-04-21T03:00:00+07:00",
           "scheduledend": "2023-04-21T04:00:00+07:00",
           "scheduleddurationminutes": 60
         }
       ]
     }
    }
    

    応答

    HTTP/1.1 204 NoContent
    OData-Version: 4.0
    OData-EntityId: [Organization Uri]/api/data/v9.2/accounts(2e28bcb4-bb27-ed11-9db1-002248274ada)
    

    コンソール出力

    Account 'Fourth Coffee  created.
    
  2. 選択的に、新しく作成された取引先企業 Fourth Coffee およびその取引先責任者を取得します。 拡張は、単一値ナビゲーション プロパティ primarycontactid で行なわれます。

    要求

    GET [Organization Uri]/api/data/v9.2/accounts(2e28bcb4-bb27-ed11-9db1-002248274ada)?$select=name&$expand=primarycontactid($select=fullname,jobtitle,annualincome) HTTP/1.1
    Prefer: odata.include-annotations="*"
    OData-MaxVersion: 4.0
    OData-Version: 4.0
    If-None-Match: null
    Accept: application/json
    

    応答

    HTTP/1.1 200 OK
    ETag: W/"72935710"
    OData-Version: 4.0
    Preference-Applied: odata.include-annotations="*"
    
    {
     "@odata.context": "[Organization Uri]/api/data/v9.2/$metadata#accounts(name,primarycontactid(fullname,jobtitle,annualincome))/$entity",
     "@odata.etag": "W/\"72935710\"",
     "name": "Fourth Coffee",
     "accountid": "2e28bcb4-bb27-ed11-9db1-002248274ada",
     "primarycontactid": {
       "@odata.etag": "W/\"72935689\"",
       "fullname": "Susie Curtis",
       "jobtitle": "Coffee Master",
       "annualincome@OData.Community.Display.V1.FormattedValue": "$48,000.00",
       "annualincome": 48000.0,
       "_transactioncurrencyid_value@OData.Community.Display.V1.FormattedValue": "US Dollar",
       "_transactioncurrencyid_value@Microsoft.Dynamics.CRM.associatednavigationproperty": "transactioncurrencyid",
       "_transactioncurrencyid_value@Microsoft.Dynamics.CRM.lookuplogicalname": "transactioncurrency",
       "_transactioncurrencyid_value": "228f42f8-e646-e111-8eb7-78e7d162ced1",
       "contactid": "2f28bcb4-bb27-ed11-9db1-002248274ada"
     }
    }
    

    コンソール出力

    Account 'Fourth Coffee' has primary contact 'Susie Curtis':
           Job title: Coffee Master
           Annual income: $48,000.00
    
  3. 選択的に、上記の操作で取得した取引先責任者に関連付けられているタスクを取得します。 拡張は、コレクション値ナビゲーション プロパティ Contact_Tasks で行なわれます。

    要求

    GET [Organization Uri]/api/data/v9.2/contacts(2f28bcb4-bb27-ed11-9db1-002248274ada)?$select=fullname&$expand=Contact_Tasks($select=subject,description,scheduledstart,scheduledend) HTTP/1.1
    Prefer: odata.include-annotations="*"
    OData-MaxVersion: 4.0
    OData-Version: 4.0
    If-None-Match: null
    Accept: application/json
    

    応答

    HTTP/1.1 200 OK
    ETag: W/"72935689"
    OData-Version: 4.0
    Preference-Applied: odata.include-annotations="*"
    
    {
     "@odata.context": "[Organization Uri]/api/data/v9.2/$metadata#contacts(fullname,Contact_Tasks(subject,description,scheduledstart,scheduledend))/$entity",
     "@odata.etag": "W/\"72935689\"",
     "fullname": "Susie Curtis",
     "contactid": "2f28bcb4-bb27-ed11-9db1-002248274ada",
     "Contact_Tasks": [
       {
         "@odata.etag": "W/\"72935719\"",
         "subject": "Sign invoice",
         "description": "Invoice #12321",
         "scheduledstart@OData.Community.Display.V1.FormattedValue": "4/18/2023 1:00 PM",
         "scheduledstart": "2023-04-18T20:00:00Z",
         "scheduledend@OData.Community.Display.V1.FormattedValue": "4/18/2023 2:00 PM",
         "scheduledend": "2023-04-18T21:00:00Z",
         "activityid": "3028bcb4-bb27-ed11-9db1-002248274ada"
       },
       {
         "@odata.etag": "W/\"72935723\"",
         "subject": "Setup new display",
         "description": "Theme is - Spring is in the air",
         "scheduledstart@OData.Community.Display.V1.FormattedValue": "4/19/2023 1:00 PM",
         "scheduledstart": "2023-04-19T20:00:00Z",
         "scheduledend@OData.Community.Display.V1.FormattedValue": "4/19/2023 2:00 PM",
         "scheduledend": "2023-04-19T21:00:00Z",
         "activityid": "3128bcb4-bb27-ed11-9db1-002248274ada"
       },
       {
         "@odata.etag": "W/\"72935727\"",
         "subject": "Conduct training",
         "description": "Train team on making our new blended coffee",
         "scheduledstart@OData.Community.Display.V1.FormattedValue": "4/20/2023 1:00 PM",
         "scheduledstart": "2023-04-20T20:00:00Z",
         "scheduledend@OData.Community.Display.V1.FormattedValue": "4/20/2023 2:00 PM",
         "scheduledend": "2023-04-20T21:00:00Z",
         "activityid": "3228bcb4-bb27-ed11-9db1-002248274ada"
       }
     ]
    }
    

    コンソール出力

    Contact 'Susie Curtis' has the following assigned tasks:
    Subject: Sign invoice,
           Description: Invoice #12321
           Start: 4/18/2023 1:00 PM
           End: 4/18/2023 2:00 PM
    
    Subject: Setup new display,
           Description: Theme is - Spring is in the air
           Start: 4/19/2023 1:00 PM
           End: 4/19/2023 2:00 PM
    
    Subject: Conduct training,
           Description: Train team on making our new blended coffee
           Start: 4/20/2023 1:00 PM
           End: 4/20/2023 2:00 PM 
    

セクション 4: 既存エンティティの関連付けおよび関連付け解除

このセクションでは、既存のテーブル行を関連付けおよび関連付け解除する方法を示します。 関連付けを作成するときは、参照 URI と関係オブジェクトの使用が必要になり、POST 要求に送られます。 関連付け解除には、その関連付けの参照 URI に DELETE 要求を送信する必要があります。 まず、一対多の関連付けが取引先担当者と取引先企業の間で作成されます。 次に、多対多の関連付けが競合企業と 1 つ以上の営業案件との間で作成されます。

  1. contact_customer_accounts コレクション値ナビゲーション プロパティを使って、取引先担当者として Rafel Shillo を取引先企業 Fourth Coffee に追加します。 特別キー @odata.id を使用して、関連レコードを指定します。

    Request

    POST [Organization Uri]/api/data/v9.2/accounts(2e28bcb4-bb27-ed11-9db1-002248274ada)/contact_customer_accounts/$ref HTTP/1.1
    OData-MaxVersion: 4.0
    OData-Version: 4.0
    If-None-Match: null
    Accept: application/json
    
    {
     "@odata.id": "[Organization Uri]/api/data/v9.2/contacts(0928bcb4-bb27-ed11-9db1-002248274ada)"
    }
    

    回答

    HTTP/1.1 204 NoContent
    OData-Version: 4.0
    
  2. 取引先企業 Fourth Coffee の取引先担当者のコレクションを取得し、上記の操作を確認します。 応答には、最近割り当てられた取引先担当者 Rafel Shillo の単一要素の配列が含まれます。

    Request

    GET [Organization Uri]/api/data/v9.2/accounts(2e28bcb4-bb27-ed11-9db1-002248274ada)/contact_customer_accounts?$select=fullname,jobtitle HTTP/1.1
    OData-MaxVersion: 4.0
    OData-Version: 4.0
    If-None-Match: null
    Accept: application/json
    

    回答

    HTTP/1.1 200 OK
    OData-Version: 4.0
    
    {
     "@odata.context": "[Organization Uri]/api/data/v9.2/$metadata#contacts(fullname,jobtitle)",
     "value": [
       {
         "@odata.etag": "W/\"72935741\"",
         "fullname": "Rafel Shillo",
         "jobtitle": "Senior Developer",
         "contactid": "0928bcb4-bb27-ed11-9db1-002248274ada"
       }
     ]
    }
    

    コンソール出力

    Contact list for account 'Fourth Coffee':
           Name: Rafel Shillo, Job title: Senior Developer  
    
  3. 取引先企業 Fourth Coffee と取引先担当者 Rafel Shillo との間に作成された関連付けを削除します。

    Request

    DELETE [Organization Uri]/api/data/v9.2/accounts(2e28bcb4-bb27-ed11-9db1-002248274ada)/contact_customer_accounts(0928bcb4-bb27-ed11-9db1-002248274ada)/$ref HTTP/1.1
    OData-MaxVersion: 4.0
    OData-Version: 4.0
    If-None-Match: null
    Accept: application/json
    

    回答

    HTTP/1.1 204 NoContent
    OData-Version: 4.0
    
  4. Example Security Role という名前のセキュリティ ロールを作成します。

    Request

    POST [Organization Uri]/api/data/v9.2/roles HTTP/1.1
    OData-MaxVersion: 4.0
    OData-Version: 4.0
    If-None-Match: null
    Accept: application/json
    
    {
     "businessunitid@odata.bind": "businessunits(38e0dbe4-131b-e111-ba7e-78e7d1620f5e)",
     "name": "Example Security Role"
    }
    

    回答

    HTTP/1.1 204 NoContent
    OData-Version: 4.0
    OData-EntityId: [Organization Uri]/api/data/v9.2/roles(e359feba-bb27-ed11-9db1-002248274ada)
    
  5. 新しいセキュリティ ロールを systemuser レコードに関連付けます。

    Request

    POST [Organization Uri]/api/data/v9.2/systemusers(4026be43-6b69-e111-8f65-78e7d1620f5e)/systemuserroles_association/$ref HTTP/1.1
    OData-MaxVersion: 4.0
    OData-Version: 4.0
    If-None-Match: null
    Accept: application/json
    
    {
     "@odata.id": "[Organization Uri]/api/data/v9.2/roles(e359feba-bb27-ed11-9db1-002248274ada)"
    }
    

    回答

    HTTP/1.1 204 NoContent
    OData-Version: 4.0
    

    コンソール出力

    Security Role 'Example Security Role' associated with to your user account.
    
  6. systemuserroles_association 多対多の関連付けを使用してセキュリティ ロール の例を取得します:

    Request

    GET [Organization Uri]/api/data/v9.2/systemusers(4026be43-6b69-e111-8f65-78e7d1620f5e)/systemuserroles_association?$select=name&$filter=roleid%20eq%20e359feba-bb27-ed11-9db1-002248274ada HTTP/1.1
    OData-MaxVersion: 4.0
    OData-Version: 4.0
    If-None-Match: null
    Accept: application/json
    

    回答

    HTTP/1.1 200 OK
    OData-Version: 4.0
    
    {
     "@odata.context": "[Organization Uri]/api/data/v9.2/$metadata#roles(name)",
     "value": [
       {
         "@odata.etag": "W/\"72935763\"",
         "name": "Example Security Role",
         "roleid": "e359feba-bb27-ed11-9db1-002248274ada"
       }
     ]
    }
    

    コンソール出力

    Retrieved role: Example Security Role
    
  7. ユーザー レコードからセキュリティ ロールの関連付けを解除します。 この場合、一対多の関連付けを削除するのに、全般構文が使用されることに再度注意してください。

    Request

    DELETE [Organization Uri]/api/data/v9.2/systemusers(4026be43-6b69-e111-8f65-78e7d1620f5e)/systemuserroles_association(e359feba-bb27-ed11-9db1-002248274ada)/$ref HTTP/1.1
    OData-MaxVersion: 4.0
    OData-Version: 4.0
    If-None-Match: null
    Accept: application/json
    

    回答

    HTTP/1.1 204 NoContent
    OData-Version: 4.0
    

セクション 5: テーブル行の削除

  1. 行 URL のコレクションの各要素が削除されます。 最初は、Rafel Shillo の取引先担当者レコードです。

    Request

    DELETE [Organization Uri]/api/data/v9.2/contacts(0928bcb4-bb27-ed11-9db1-002248274ada) HTTP/1.1
    OData-MaxVersion: 4.0
    OData-Version: 4.0
    If-None-Match: null
    Accept: application/json
    

    回答

    HTTP/1.1 204 NoContent
    OData-Version: 4.0
    
  2. それ以降のコレクションを介した繰り返しによって、残りのレコードが削除されます。

    要求

    DELETE [Organization Uri]/api/data/v9.2/accounts(2728bcb4-bb27-ed11-9db1-002248274ada) HTTP/1.1
    . . .  
    
    DELETE [Organization Uri]/api/data/v9.2/accounts(2e28bcb4-bb27-ed11-9db1-002248274ada) HTTP/1.1 
    . . .  
    
    DELETE [Organization Uri]/api/data/v9.2/contacts(2f28bcb4-bb27-ed11-9db1-002248274ada) HTTP/1.1
    . . .  
    
    DELETE [Organization Uri]/api/data/v9.2/roles(e359feba-bb27-ed11-9db1-002248274ada) HTTP/1.1  
    

関連項目

Dataverse Web API を使用する
Web API を使用してテーブル行を作成する
Web API を使用してテーブルの行を取得する
Web API を使用したテーブル行の更新と削除
Web API を使用したテーブル行の関連付けと関連付け解除
Web API 基本操作のサンプル (C#)

注意

ドキュメントの言語設定についてお聞かせください。 簡単な調査を行います。 (この調査は英語です)

この調査には約 7 分かかります。 個人データは収集されません (プライバシー ステートメント)。