次の方法で共有


Power Apps の Copilot の概要

[この記事はプレリリース ドキュメントであり、変更されることがあります。]

Copilot のパワーを Power Apps のアプリ作成者とそのエンドユーザーの両方にもたらします。 コパイロットを使用すると、複数の会話ステップを通じて必要なものを説明するだけで、背後にあるデータを含むアプリを構築できます。 アプリには最初の画面からコパイロットを利用したエクスペリエンスが—組み込まれているため、ユーザーはマウスをクリックする代わりに、会話の中でインサイトを見つけることができます。

Power Apps での Copilot 機能の使用方法を解説します。

キャンバス アプリ

モデル駆動型アプリ

重要

  • プレビュー機能は運用環境での使用を想定しておらず、機能が制限されている可能性があります。 これらの機能を公式リリースの前に使用できるようにすることで、顧客が一足先にアクセスし、そこからフィードバックを得ることができます。
  • 詳細については、条件のプレビュー を参照してください。
  • この機能は、Azure OpenAI Service によって提供されます。
  • この機能は現在展開中であるため、お住まいの地域ではまだ利用できない可能性があります。
  • この機能は、使用制限またはキャパシティ調整の対象となる場合があります。
  • Power Apps の AI 搭載機能、Copilot 機能の能力と制約については、Power Apps の責任ある AI に関するよくあるご質問 をご参照してください

Power Apps における Copilot 機能の前提条件

  • Power Appsで Copilot を使用するには、管理者で Copilot 機能をオンにする必要があります。
  • お住まいの地域での Copilot の可用性については、リリース プランナーの可用性レポートを参照してください。
  • Copilot の一部の機能はすでに GA (General Availabilible) になっているため、既定でオンになっています。 詳細については、Power Apps で Copilot を有効または無効にする (プレビュー) を参照してください。
  • 各 Copilot 機能には異なる要件が存在する場合があります。 詳細については、各機能の特定のドキュメントを参照してください。

Power Apps で Copilot (プレビュー) を有効または無効にする

一般的に利用可能 Copilot の機能は既定で有効になっており、オフにすることはできません。 これらを無効にするには、テナント管理者は サポートに連絡する必要があります。

Copilot (プレビュー) 機能も既定で有効になっていますが、管理者が無効にすることができます。

次の手順に従って、テナントの Power Apps で Copilot (プレビュー) を無効にします。

  1. Power Platform 管理センターにサインインします。
  2. 左側のナビゲーション ウィンドウで、設定 > テナント設定 を選択します。
  3. コパイロット (プレビュー) > を選択します。トグルをオフ > 保存に設定します。

注意

テナントに対して Copilot をオフにすると、メーカーに対してのみ Copilot が無効になります。 これは、キャンバス アプリの Copilot コントロール または モデル駆動型アプリの Copilot を無効にはしません。

次の手順に従って、ご利用の環境で Copilot のプレビュー機能を有効または無効にします。

  1. Power Platform 管理センターにサインインします。
  2. 左側のナビゲーション ウィンドウで、環境を選択します。
  3. 環境を選択し、コマンド バーで設定を選択します。
  4. 次のいずれかのオプションを選択してください。
    • オンにするには、Copilot のトグルを オン に設定します。
    • オフにするには、Copilot のトグルを オフ に設定します。

参照