Power Apps での Check box コントロール

値を true または false に設定するためにユーザーがオンまたはオフにできるコントロール。

内容

ユーザーは、何十年もの間 GUI で使用されてきた、この使い慣れたコントロールを使用してブール値を指定できます。

主要なプロパティ

Default – ユーザーが変更する前のコントロールの初期値です。

Text – コントロールに表示されるテキスト、またはユーザーがコントロールに入力するテキスト。

Value – 入力コントロールの値です。

追加のプロパティ

BorderColor – コントロールの境界線の色。

BorderStyle – コントロールの境界線が実線破線点線、またはなしかどうか。

BorderThickness – コントロールの境界線の太さ。

CheckboxBackgroundFill – チェックボックス コントロール内のチェックマークを囲むボックスの背景色。

CheckboxBorderColor – チェックボックス コントロール内のチェックマークを囲む境界線の色。

CheckboxSize – チェック ボックス コントロール内のチェックマークを囲むボックスの幅と高さ。

CheckmarkFill – チェック ボックス コントロール内のチェックマークの色。

Color – コントロールのテキストの色。

DisplayMode – コントロールがユーザー入力を許可するか (編集)、データのみを表示するか (表示)、または無効にするか (無効) どうか。

DisabledBorderColor – コントロールの DisplayMode プロパティが無効に設定されている場合のコントロールの境界線の色。

DisabledColor – コントロールの DisplayMode プロパティが無効に設定されている場合のコントロール内のテキストの色。

DisabledFill – コントロールの DisplayMode プロパティが無効に設定されている場合のコントロールの背景色。

Fill – コントロールの背景色。

FocusedBorderColor – コントロールがフォーカスされているときのコントロールの境界線の色。

FocusedBorderThickness – コントロールがフォーカスされているときのコントロールの境界線の太さ。

Font – テキストを表示するフォントのファミリーの名前。

FontWeight – コントロール内のテキストの太さ: 太字中太標準、または細字

Height – コントロールの上端と下端間の距離。

HoverBorderColor – ユーザーがコントロール上にマウス ポインターを重ねているときのコントロールの境界線の色。

HoverColor – ユーザーがコントロールにマウス ポインターを重ねているときのコントロール内のテキストの色。

HoverFill – ユーザーがコントロールにマウス ポインターを重ねているときのコントロールの背景色。

Italic – コントロール内のテキストを斜体にするかどうか。

OnCheck – チェック ボックスまたはトグルの値が true に変わったときに実行するアクション。

OnSelect – ユーザーがコントロールをタップまたはクリックしたときに実行するアクション。

OnUncheck – チェック ボックスまたはトグルの値が false に変わったときに実行するアクション。

PaddingBottom – コントロール内のテキストとそのコントロールの下端間の距離。

PaddingLeft – コントロール内のテキストとそのコントロールの左端間の距離。

PaddingRight – コントロール内のテキストとそのコントロールの右端間の距離。

PaddingTop – コントロール内のテキストとそのコントロールの上端間の距離。

PressedBorderColor – ユーザーがコントロールをタップまたはクリックしたときのコントロールの境界線の色。

PressedColor – ユーザーがコントロールをタップまたはクリックしたときのコントロール内のテキストの色。

PressedFill – ユーザーがコントロールをタップまたはクリックしたときのコントロールの背景色。

Reset – コントロールを既定値に戻すかどうかを指定します。

Size – コントロールに表示されるテキストのフォント サイズ。

Strikethrough – コントロールに表示されるテキストに取り消し線を付けるかどうか。

TabIndex – 他のコントロールに関連するキーボード ナビゲーションの順序。

Tooltip – ユーザーがコントロールにカーソルを置くときに表示される説明テキスト。

Underline – コントロールに表示されるテキストの下に線を引くかどうか。

VerticalAlign – コントロールの垂直方向の中心に対するコントロール上でのテキストの位置。

Visible – コントロールが表示されるか非表示になるか。

Width – コントロールの左端と右端間の距離。

X – コントロールの左端とその親コンテナー (親コンテナーがない場合は画面) の左端間の距離。

Y – コントロールの上端とその親コンテナー (親コンテナーがない場合は画面) の上端間の距離。

If( Condition, Result )

  1. Check box コントロールを追加して chkReserve という名前を付け、その Text プロパティを今すぐ予約するを表示するよう設定します。

    コントロールの追加、名前付け、構成 についてはこちらをご覧ください。

  2. Date picker コントロールを追加し、その Visible プロパティを次の数式に設定します:
    If(chkReserve.Value = true, true)

    If 関数または その他の関数 の詳細については各関連記事を参照してください。

  3. F5 キーを押して、chkReserve をクリックまたはタップしてその Value プロパティを true に設定してから、もう一度 chkReserve をクリックまたはタップしてその Value プロパティを false に設定します。

    Date Picker コントロールは、chkReserveValue プロパティが true のときは表示されますが、false のときは表示されません。

  4. 既定のワークスペースに戻るには、Esc キーを押します。

アクセシビリティ ガイドライン

色のコントラスト

次の間には適切な色のコントラストが必要です:

  • CheckmarkFillCheckboxBackgroundFill
  • CheckboxBackgroundFillFill
  • CheckboxBackgroundFillPressedFill
  • CheckboxBackgroundFillHoverFill

これは、標準の色のコントラスト要件 に追加されるものです。

スクリーン リーダー サポート

  • Text を指定する必要があります。

キーボードのサポート

  • TabIndex を 0 以上にして、キーボード ユーザーがそこに移動できるようにする必要があります。
  • フォーカス インジケーターは明確に表示する必要があります。 これを実現するには FocusedBorderColor および FocusedBorderThickness を使用します。

注意

ドキュメントの言語設定についてお聞かせください。 簡単な調査を行います。 (この調査は英語です)

この調査には約 7 分かかります。 個人データは収集されません (プライバシー ステートメント)。