Power Apps のサイズと場所のプロパティ

概要

コントロール (またはコントロールの要素) の大きさと画面上の表示位置を構成します。

ポジション

X – コントロールの左端とその親コンテナー (親コンテナーがない場合は画面) の左端間の距離。 複数の列を持つコンテナーの Card コントロールの場合、このプロパティは、カードが表示される列を決定します。

Y – コントロールの上端とその親コンテナー (親コンテナーがない場合は画面) の上端間の距離。 複数の行を持つコンテナーの Card コントロールの場合、このプロパティは、カードが表示される行を決定します。

サイズ

Height – コントロールの上端と下端間の距離。

AutoHeightText プロパティの内容がコントロールで表示できる文字数を超えている場合に、自動的にラベルの高さを増やすかどうかを指定します。

  • Label に適用されます

Width – コントロールの左端と右端間の距離。

WidthFitEdit form コントロールなどのコンテナー コントロールで、コントロールを水平方向に自動的に拡大して空の領域を埋めるかどうかを示します。 複数のカードでこのプロパティが true に設定されている場合、領域はカード間で分割されます。 詳細については、データ フォームのレイアウトについて を参照してください。

  • Card に適用されます

パディング

Padding – インポートまたはエクスポート ボタンのテキストと、そのボタンの端との間の距離。

PaddingBottom – コントロール内のテキストとそのコントロールの下端間の距離。

PaddingLeft – コントロール内のテキストとそのコントロールの左端間の距離。

PaddingRight – コントロール内のテキストとそのコントロールの右端間の距離。

PaddingTop – コントロール内のテキストとそのコントロールの上端間の距離。

半径

RadiusBottomLeft – コントロールの左下隅を丸める度合い。

RadiusBottomRight – コントロールの右下隅を丸める度合い。

RadiusTopLeft – コントロールの左上隅を丸める度合い。

RadiusTopRight – コントロールの右上隅を丸める度合い。

注意

ドキュメントの言語設定についてお聞かせください。 簡単な調査を行います。 (この調査は英語です)

この調査には約 7 分かかります。 個人データは収集されません (プライバシー ステートメント)。