Power Apps でコントロールの Export と Import をする

ローカル ファイルにデータをエクスポートするコントロールと、そのデータを Power Apps 内の別のアプリにインポートするコントロール。

内容

同じデータを使用する複数のアプリを作成しても、これら以外のアプリとはそのデータを共有しない場合には、Export コントロールとImport コントロールを使用してデータをエクスポートおよびインポートできます。 データをエクスポートすると、別のコンピューターにコピー可能な圧縮ファイルが作成されますが、このファイルは、Power Apps 以外のプログラムでは読み取ることはできません。

警告

アプリでこの機能を有効にすると、セキュリティの脆弱性にさらされ、データが漏洩する可能性があります。 認定済みの信頼できるファイルのみをインポートし、エクスポートするデータは機密情報または取扱いに注意が必要なもの以外のみとすることをお勧めします。

制限

エクスポート機能は、Web ブラウザーではサポートされていません。

主要なプロパティ

Data – ローカル ファイルにエクスポートするコレクションの名前。

  • Data プロパティは、Export コントロールで使用できますが、Import コントロールでは使用できません。

OnSelect – ユーザーがコントロールをタップまたはクリックしたときに実行するアクション。

追加のプロパティ

Align – コントロールの水平方向の中心に対するテキストの位置。

BorderColor – コントロールの境界線の色。

BorderStyle – コントロールの境界線が実線破線点線、またはなしかどうか。

BorderThickness – コントロールの境界線の太さ。

Color – コントロールのテキストの色。

DisplayMode – コントロールがユーザー入力を許可するか (編集)、データのみを表示するか (表示)、または無効にするか (無効) どうか。

DisabledBorderColor – コントロールの DisplayMode プロパティが無効に設定されている場合のコントロールの境界線の色。

DisabledColor – コントロールの DisplayMode プロパティが無効に設定されている場合のコントロール内のテキストの色。

DisabledFill – コントロールの DisplayMode プロパティが無効に設定されている場合のコントロールの背景色。

Fill – コントロールの背景色。

FocusedBorderColor – コントロールがフォーカスされているときのコントロールの境界線の色。

FocusedBorderThickness – コントロールがフォーカスされているときのコントロールの境界線の太さ。

Font – テキストを表示するフォントのファミリーの名前。

FontWeight – コントロール内のテキストの太さ: 太字中太標準、または細字

Height – コントロールの上端と下端間の距離。

HoverBorderColor – ユーザーがコントロール上にマウス ポインターを重ねているときのコントロールの境界線の色。

HoverColor – ユーザーがコントロールにマウス ポインターを重ねているときのコントロール内のテキストの色。

HoverFill – ユーザーがコントロールにマウス ポインターを重ねているときのコントロールの背景色。

Italic – コントロール内のテキストを斜体にするかどうか。

Padding – インポートまたはエクスポート ボタンのテキストと、そのボタンの端との間の距離。

PressedBorderColor – ユーザーがコントロールをタップまたはクリックしたときのコントロールの境界線の色。

PressedColor – ユーザーがコントロールをタップまたはクリックしたときのコントロール内のテキストの色。

PressedFill – ユーザーがコントロールをタップまたはクリックしたときのコントロールの背景色。

RadiusBottomLeft – コントロールの左下隅を丸める度合い。

RadiusBottomRight – コントロールの右下隅を丸める度合い。

RadiusTopLeft – コントロールの左上隅を丸める度合い。

RadiusTopRight – コントロールの右上隅を丸める度合い。

Size – コントロールに表示されるテキストのフォント サイズ。

Strikethrough – コントロールに表示されるテキストに取り消し線を付けるかどうか。

TabIndex – 他のコントロールに関連するキーボード ナビゲーションの順序。

Text – コントロールに表示されるテキスト、またはユーザーがコントロールに入力するテキスト。

Underline – コントロールに表示されるテキストの下に線を引くかどうか。

VerticalAlign – コントロールの垂直方向の中心に対するコントロール上でのテキストの位置。

Visible – コントロールが表示されるか非表示になるか。

Width – コントロールの左端と右端間の距離。

X – コントロールの左端とその親コンテナー (親コンテナーがない場合は画面) の左端間の距離。

Y – コントロールの上端とその親コンテナー (親コンテナーがない場合は画面) の上端間の距離。

  1. Button コントロールを追加し、OnSelect プロパティに次の式を設定します:
    ClearCollect(Products, {Name:"Europa", Price:"10.99"}, {Name:"Ganymede", Price:"12.49"}, {Name:"Callisto", Price:"11.79"})
    
    詳細については、コントロールの追加、名前付け、および構成ClearCollectその他の関数 をお読みください。
  2. F5 キーを押し、Button コントロールを選択してから、Esc キーを押します。
  3. Export コントロールを追加し、Data プロパティに製品を設定します。
  4. F5 キーを押し、Export コントロールを選択してファイル Data.zip をダウンロードします。
  5. 保存を選択してから、Esc キーを押して既定のワークスペースに戻ります。
  6. 新規または既存のアプリに、Import コントロールを追加し、MyData という名前を付け、OnSelect プロパティに次の式を設定します:
    Collect(ImportedProducts, MyData.Data)
  7. F5 キーを押して MyData を選択してから、エクスポートしたファイルを選択し、開くを選択します。
  8. Esc キーを押してファイル メニューのコレクションを選択し、エクスポートしたデータが現在のアプリに存在することを確認します。

アクセシビリティ ガイドライン

ExportImport は特殊なボタンなので、Button と同じガイドラインが適用されます。

注意

ドキュメントの言語設定についてお聞かせください。 簡単な調査を行います。 (この調査は英語です)

この調査には約 7 分かかります。 個人データは収集されません (プライバシー ステートメント)。