マウスとキーボード

マウスとキーボードのコントロールを取得します

入力のブロック
マウスの位置を取得します
マウスの移動
マウスを画像に移動します
画面上のテキストにマウスを移動する (OCR)
マウス クリックの送信
キーの送信
キーを押す/離す
キーの状態を設定
マウスを待機する
キーボード識別子を取得する
ショートカット キーを待機する

マウスやキーボード操作を使って始める

キーの送信 アクションで物理キーボードの使用をシミュレーションして、テキストまたはその他のキー コマンドを入力します。 特殊文字の挿入 ボタンを使用すると、矢印キー、CapsLock、テンキーのキーなどの特殊キーを挿入でき、Shift や Ctrl のようなキーを送信するには修飾キーの挿入ボタンを使用します。 以下の例では、2 つの改行で始まる署名がメール メッセージに追加されます。 テキストの最後で、アクションは Ctrl+A および Ctrl+C コマンドを送信し、すべてを選択してコピーし、後続のアクションでクリップボードからのメール テキスト全体の内容を使用します。

[キーの送信] アクションのスクリーンショット。

Note

キーを修飾子として使用するには、両方のキーに中括弧表記を使用します。たとえば、Ctrl + Aの場合は、{Control} ({A}) を使用します

マウスの移動をシミュレートするには、マウスを動かす アクションを使用します。 次の例では、マウスは特定の座標に手動でポインターを移動するように設定されており、Control+Shift を押して現在の座標を位置XおよびYに設定しています。

[マウスを移動] アクションのスクリーンショット。

画像にマウスを移動 アクションを使用して、スクリーン上でマウスを特定の画像に移動します。 下図では、キャプチャ画像から最初に出現した検索アイコンにマウスを移動し、左クリックするように設定しています。

[マウスを画面に移動] アクションのスクリーンショット。

詳細 セクションでは、画像がフォアグラウンド ウィンドウに表示されるまで 30 秒待機するようにアクションが設定されており、マウスの位置は画像の中央にある必要があります。

[画像にマウスを移動] アクションの詳細プロパティのスクリーンショット。

マウスとキーボードのアクション

入力のブロック

ユーザーのマウスとキーボードの入力をブロックし、フローがユーザーの干渉を受けることなく、マウスとキーボードのアクションを実行できるようにします

Important

その重要な機能のため、入力のブロック アクションを実行するには昇格された権限が必要です。 したがって、アクションを使用する前に、Power Automate が管理者権限で実行されていることを確認してください。 昇格した権利で Power Automate を実行 の管理者として、Power Automate の実行に関するより多くの情報を見つけることができます。

入力パラメーター
引数 オプション 受入 Default Value 説明設定
Block it N/A ブール値 有効 マウスとキーボードの入力をブロックするかブロック解除するかを指定します
生成された変数

このアクションは変数を生成しません。

例外
例外 説明設定
非インタラクティブ モードでユーザー入力のブロック/ブロック解除はできません 非インタラクティブ モードでの入力のブロックまたはブロック解除に問題があることを示します
入力をブロックまたはブロック解除できませんでした 入力のブロックまたはブロック解除に問題があることを示します

マウスの位置を取得する

画面上でのマウス カーソルの現在の位置を、ピクセル座標で取得します

入力パラメーター
引数 オプション 受入 Default Value 説明設定
Relative to N/A スクリーン、フォアグラウンド ウィンドウ スクリーン 画面座標でマウスの位置を取得するか、アクティブ ウィンドウの左上隅に対するマウスの相対位置を取得するかを指定します
生成された変数
引数 タイプ 説明設定
MousePosX 数値 マウス位置の水平値 (X)
MousePosY 数値 マウス位置の垂直値 (Y)
例外
例外 内容
非インタラクティブ モードでマウスの位置を取得できません 非インタラクティブ モードでのマウス カーソルの位置の取得で問題が発生したことを示します

マウスの移動

指定された位置にマウスを移動します

入力パラメーター
引数 オプション 受入 Default Value 説明設定
Position X 無効 数値 マウスの移動先の位置の水平値 (X)
Position Y 無効 数値 マウスの移動先の位置の垂直値 (Y)
Relative to N/A スクリーン、アクティブ ウィンドウ、現在のマウス位置 スクリーン 新しいマウスの位置を、画面の左上隅に対する相対値にするか、最もフォアグラウンドにあるウィンドウの左上隅に対する相対値にするか、または現在のマウス位置にするかを指定します。
Move mouse from previous position N/A インスタント、アニメーションあり (低速)、アニメーションあり (通常速度)、アニメーションあり (高速) 即時 マウスの移動方法を指定します
生成された変数

このアクションは変数を生成しません。

例外
例外 説明設定
非インタラクティブ モードでマウスを移動できません 非インタラクティブ モードでのマウスの移動に問題が発生したことを示します
マウスを移動できませんでした マウスの移動に問題があることを示します

マウスを画像に移動する

画面またはフォアグラウンド ウィンドウで見つかった画像にマウスを移動します

入力パラメーター
引数 オプション 受入 Default Value 説明設定
マウスの移動先の画像 いいえ 画像リスト マウスの移動先の画像の一覧
マウスの動きのスタイル 該当なし インスタント、アニメーションあり (低速)、アニメーションあり (通常速度)、アニメーションあり (高速) すぐに マウスを前の場所からレコーディングされたルートの開始位置 (またはその最終位置) に移動する、マウスの移動スタイルを指定します
Occurence 有効 数値 1 マウスの移動先となる見つかった画像の数
マウスの移動後にクリックを送信する N/A ブール値 False 画像の上にマウスを移動した後で、クリックを送信するかどうかを指定します
Click type N/A 左クリック、右クリック、ダブル クリック、ミドル クリック、左ボタン下、左ボタン上、右ボタン下、右ボタン上 左クリック 画像に送信するマウス クリック
画像が表示されるまで待機 N/A ブール値 True 画面または前景ウィンドウで画像が見つからなかった場合に、アクションを待機するかどうかを選択します
タイムアウトに失敗 有効 数値 0 タイムアウトに失敗 (秒)
クリックする前の数秒 有効 数値 0 クリックを送信する前に待機する秒数
画像照合アルゴリズム N/A 基本、上級 基本 画像を検索するときに使用する画像のアルゴリズムです
画像に対するマウスの位置 N/A 左上隅、中央上部、右上隅、左中央、中央、右中央、左下隅、中央下、右下隅 center マウスの移動先の画像のセクション
Offset X 番号 テキスト値 0 マウスの位置を右にオフセットするピクセル数
Offset Y 番号 テキスト値 0 マウスの位置を下にオフセットするピクセル数
Tolerance 有効 数値 10 最初に選択した画像と比較して、指定した画像がどれだけ異なるかを指定します
画像を検索 N/A スクリーン全体、前景ウィンドウのみ 画面全体 指定したイメージを最前面のウィンドウのみで検索するのか、表示されている画面全体で検索するのかを指定します。 どちらの選択肢を選んだ場合であっても、スクリーンにはっきりと表示されていない場合は、イメージを見つけることはできません
Search mode N/A スクリーン全体、または前景ウィンドウの検索、スクリーンまたは前景ウィンドウの指定されたサブ領域の検索 画面全体またはフォアグラウンド ウィンドウを検索します 画面 (またはウィンドウ) 全体をスキャンして指定された画像を検索するか、またはそのサブ領域のみを検索するかを指定します
X1 有効 数値 検索するサブ領域の開始 X
Y1 有効 数値 検索するサブ領域の開始 Y
X2 有効 数値 検索するサブ領域の終了 X
Y2 有効 数値 検索するサブ領域の終了 Y
生成された変数
引数 タイプ 説明設定
X 数値 画面上でイメージが見つかったポイントの X 座標。 前景ウィンドウでイメージを検索している場合、返される座標はウィンドウの左上隅を基準にしています
Y 数値 画面上でイメージが見つかったポイントの Y 座標。 前景ウィンドウでイメージを検索している場合、返される座標はウィンドウの左上隅を基準にしています
例外
例外 内容
画面で画像が見つかりません 画面で指定された画像が見つからなかったことを示します
非インタラクティブ モードでマウスを移動できません 非インタラクティブ モードでのマウスの移動に問題が発生したことを示します
マウスを移動できませんでした マウスの移動に問題があることを示します
無効なサブ領域座標 指定されたサブ領域の座標が無効であることを示します
画面で十分な数の画像が見つかりません 画面上で、十分な数の指定された画像が見つからなかったことを示します

画面上のテキストにマウスを移動する (OCR)

画面またはフォアグラウンド ウィンドウで、OCR を使用して見つかったテキストにマウスを移動します

入力パラメーター
引数 オプション 受入 Default Value 説明設定
OCR engine type 無効 OCR エンジン変数、Tesseract エンジン OCR エンジン変数 使用する OCR エンジン タイプ。 設定済みの OCR エンジンを選択するか、新しいエンジンを設定します。
OCR engine variable 無効 OCREngineObject OCR エンジンを使って次を使ってテキストを検索します。
Text to find 無効 テキスト値 マウスの移動先のテキスト
Is regular expression N/A ブール値 無効 画面上のテキストを検索するために正規表現を使用するかどうかを指定します
Occurence 有効 数値 1 画面での入力テキストの数として使用される正の数値
Search for text on N/A スクリーン全体、前景ウィンドウのみ 画面全体 指定したテキストを最前面のウィンドウのみで探すか、表示されている画面全体で探すかを指定します。 どちらの選択肢を選んでも、画面上にはっきりと表示されていない場合は、テキストを見つけることはできません
Search mode N/A 特定のソース全体、特定のサブ領域のみ、イメージを基準としたサブ領域 指定されたすべてのソース 画面 (またはウィンドウ) 全体をスキャンして指定されたテキストを検索するか、またはそのサブ領域のみを検索するかを指定します
画像 いいえ 画像リスト 指定されたテキストをスキャンするサブ領域 (画像の左上隅に対する相対値) を指定する画像
X1 有効 数値 指定されたテキストをスキャンするサブ領域の開始 X 座標
Tolerance 有効 数値 10 最初に選択した画像に一致するまで、何回検索を繰り返すかを指定します
Y1 有効 数値 指定されたテキストをスキャンするサブ領域の開始 Y 座標
X1 有効 数値 指定されたテキストをスキャンする指定された画像に対するサブ領域の開始相対 X 座標
X2 有効 数値 指定されたテキストをスキャンするサブ領域の終了 X 座標
Y1 有効 数値 指定されたテキストをスキャンする指定された画像に対するサブ領域の開始相対 Y 座標
Y2 有効 数値 指定されたテキストをスキャンするサブ領域の終了 Y 座標
X2 有効 数値 指定されたテキストをスキャンする指定された画像に対するサブ領域の終了相対 X 座標
Y2 有効 数値 指定されたテキストをスキャンする指定された画像に対するサブ領域の終了相対 Y 座標
Move mouse from previous position N/A インスタント、アニメーションあり (低速)、アニメーションあり (通常速度)、アニメーションあり (高速) すぐに マウスを前の位置から最終的な位置に移動するときの移動のスタイル
Windows OCR の言語 N/A 中国語 (簡体字および繁体字)、チェコ語、デンマーク語、オランダ語、英語、フィンランド語、フランス語、ドイツ語、ギリシャ語、ハンガリー語、イタリア語、日本語、韓国語、ノルウェー語、ポーランド語、ポルトガル語、ルーマニア語、ロシア語、セルビア語 (ラテン語)、スロバキア語、スペイン語、スウェーデン語、トルコ語 English Windows OCR エンジンが検出するテキストの言語
Use other language N/A ブール値 [Tesseract 言語] フィールドに指定されていない言語を使用するかどうかを指定します
Tesseract language N/A 英語、ドイツ語、スペイン語、フランス語、イタリア語 English Tesseract エンジンにより検出されるテキストの言語
Language abbreviation 無効 テキスト値 使用する言語の Tesseract 言語コードです。 たとえば、データが 'eng.traineddata' の場合、これを 'eng' に設定します
言語データ パス 無効 テキスト値 指定された言語の Tesseract データを含むフォルダーのパス
Image width multiplier 無効 数値 1 画像の幅の乗数
Image height multiplier 無効 数値 1 画像の高さの乗数
Wait for text to appear N/A ブール値 画面上またはフォアグラウンド ウィンドウにテキストが表示されていない場合に、待機するかどうかを指定します
Fail if text doesn't appear within 有効 数値 10 指定したテキストが表示されるまで待機する秒数
Send a click after moving mouse N/A ブール値 無効 テキストの上にマウスを移動した後で、クリックを送信するかどうかを指定します
Click type N/A 左クリック、右クリック、ダブル クリック、ミドル クリック、左ボタン下、左ボタン上、右ボタン下、右ボタン上 左クリック テキストに送信するマウス クリックの種類
Wait before clicking for 有効 数値 1 クリックする前に待機する秒数
Mouse position relative to text N/A 左上隅、中央上部、右上隅、左中央、中央、右中央、左下隅、中央下、右下隅 中段中央 マウスの移動先のテキストのセクションを指定します
Offset X 番号 テキスト値 0 マウスの位置を右にオフセットするピクセル数
Offset Y 番号 テキスト値 0 マウスの位置を下にオフセットするピクセル数
画像照合アルゴリズム N/A 基本、上級 基本 画像を検索するときに使用する画像のアルゴリズムです

Note

Power Automate の正規表現エンジンは .NET です。 詳細については、正規表現言語 - クイック リファレンス を参照してください。

生成された変数
引数 タイプ 説明設定
LocationOfTextFoundX 数値 画面上でテキストが見つかったポイントの X 座標。 テキストが前景ウィンドウで検索された場合、ウィンドウの左上隅からの相対的な位置になります
LocationOfTextFoundY 数値 画面上でテキストが見つかったポイントの Y 座標。 テキストが前景ウィンドウで検索された場合、ウィンドウの左上隅からの相対的な位置になります
WidthOfTextFound 数値 テキストが見つかった領域の幅
HeightOfTextFound 数値 テキストが見つかった領域の幅
例外
例外 内容
画面でテキストが見つかりません 画面で指定されたテキストが見つからなかったことを示します
非インタラクティブ モードでマウスを移動できません 非インタラクティブ モードでのマウスの移動に問題が発生したことを示します
マウスを移動できませんでした マウスの移動に問題があることを示します
無効なサブ領域座標 指定されたサブ領域の座標が無効であることを示します
OCR エンジンを作成できません OCR エンジンの作成中にエラーが発生したことを示します
データ パス フォルダーが存在しません 言語データの指定されたフォルダーが存在しないことを示します
選択した Windows 言語パックがコンピューターにインストールされていません 選択した Windows 言語パックがコンピューターにインストールされていないことを示します
OCR エンジンを利用できません OCR エンジンが利用できないことを示します

マウス クリックの送信

マウス クリック イベントを送信します

Important

不正アクセスを防ぐために、Power Automate では自動化するアプリケーションと同じかそれ以上の権限で実行する必要があります。 マウス クリックの送信 アクションを使用して、昇格された特権で実行されているアプリケーションと対話するには、管理者として Power Automate を実行します。 昇格した権利で Power Automate を実行 の管理者として、Power Automate の実行に関するより多くの情報を見つけることができます。

入力パラメーター
引数 オプション 受入 Default Value 説明設定
Mouse event to send N/A 左クリック、右クリック、ダブル クリック、ミドル クリック、左ボタン下、左ボタン上、右ボタン下、右ボタン上 左クリック 送信するマウス イベントの形式を指定します
Wait 有効 数値 0 マウス イベントを送信するまでの遅延時間 (1/1000 秒単位)
Move mouse N/A ブール値 無効 マウスの移動
X 無効 数値 マウスの水平位置 (X) のピクセル座標
Y 無効 数値 マウスの垂直位置 (Y) のピクセル座標
Relative to N/A スクリーン、アクティブ ウィンドウ、現在のマウス位置 スクリーン 新しいマウスの位置を、画面の左上隅に対する相対値にするか、最もフォアグラウンドにあるウィンドウの左上隅に対する相対値にするか、または現在のマウス位置にするかを指定します。
Mouse movement style N/A インスタント、アニメーションあり (低速)、アニメーションあり (通常速度)、アニメーションあり (高速) すぐに マウスを前の場所からレコーディングされたルートの開始位置 (またはその最終位置) に移動する、マウスの移動スタイル
生成された変数

このアクションは変数を生成しません。

例外
例外 説明設定
非インタラクティブ モードでマウス クリックを送信できません 非インタラクティブ モードでのマウス クリックの送信で問題が発生したことを示します
マウス クリックが画面の境界外です マウスのクリックが画面の境界外であったことを示します
マウス クリックを送信できませんでした マウス クリックの送信で問題が発生したことを示します

キーの送信

現在アクティブなアプリケーションにキーを送信します

Important

不正アクセスを防ぐために、Power Automate では自動化するアプリケーションと同じかそれ以上の権限で実行する必要があります。 キーの送信 アクションを使用して、昇格された特権で実行されているアプリケーションと対話するには、管理者として Power Automate を実行します。 昇格した権利で Power Automate を実行 の管理者として、Power Automate の実行に関するより多くの情報を見つけることができます。

入力パラメーター
引数 オプション 受入 Default Value 説明設定
キーの送信先 N/A フォアグラウンド ウィンドウ、UI 要素別、ウィンドウ インスタンス/ハンドル別、タイトルおよび/またはクラス別 フォアグラウンド ウィンドウ キーの送信先を、フォアグラウンド ウィンドウ、UI 要素、ウィンドウ インスタンス、またはウィンドウのタイトルとクラスの組み合わせの中から選択します
送信するテキスト いいえ 直接暗号化された入力またはテキスト値 アプリケーションに送信するテキスト
キー入力の間隔の遅延 有効 数値 10 入力エラーを回避するためのキーストロークの送信間隔の遅延を、ミリ秒単位で指定します
Send Text as hardware keys N/A ブール値 無効 テキスト全体を送信するときに、キーボード上の実際のキーストロークをエミュレートします
生成された変数

このアクションは変数を生成しません。

例外
例外 説明設定
非インタラクティブ モードでキーストロークを送信できません 非インタラクティブ モードでのキーストロークの送信で問題が発生したことを示します
送信するテキストは、有効なキーストロークを表していません 指定されたテキストが、有効なキーストロークを表していないことを示します
キーストロークを送る宛先のアクティブなアプリケーションがありません キーストロークを送る宛先のアクティブなアプリケーションがないことを示します
キーストロークを送信できませんでした キーストロークの送信で問題が発生したことを示します

Note

キーの送信アクション内で押されている物理キーをシミュレートするには、中括弧 {} 記号を使用します。 (例: Enter キーを押下するには {Enter} を使用します)。 キーを修飾子として使用するには、中括弧を使用して {} 記号 2 つの両方のキーを使用します。 (例: Ctrl + A キーを押下するには {Control}({A}) を使用します)。 キーの送信アクションには、仮想キーコードを使用できます

有効なキー
カテゴリ キー
ボタン LButton、RButton、Cancel、MButton、XButton1、XButton2
キーボード コントロール Back、Tab、LineFeed、Clear、Enter、Return、ShiftKey、ControlKey、Menu、Pause、CapsLock、Capital、Escape、Space、Prior、PageUp、PageDown、Next、End、Home、Left、Up、Right、Down、Select、Print、Execute、Snapshot、PrintScreen、Insert、Delete、Help
ボタン HangulMode、HanguelMode、KanaMode、JunjaMode、FinalMode、KanjiMode、HanjaMode
IME キー IMEConvert、IMENonconvert、IMEAccept、IMEAceept、IMEModeChange
ブラウザ キー BrowserSearch、BrowserFavorites、BrowserHome
音量キー VolumeMute、VolumeDown、VolumeUp
メディア キー MediaNextTrack、MediaPreviousTrack、MediaStop、MediaPlayPause
ボタン LaunchMail、SelectMedia、LaunchApplication1、LaunchApplication2
OEM キー OemSemicolon、 Oem1、 Oemplus、 Oemcomma、 OemMinus、 OemPeriod、 Oem2、 OemQuestion、 Oem3、 Oemtilde、 Oem4、 OemOpenBrackets、 OemPipe、 Oem5、 OemCloseBrackets、 Oem6、 OemQuotes、 Oem7、 Oem8、 Oem102、 OemBackslash、 OemClear
ボタン ProcessKey、Packet、Attn、Crsel、Exsel、EraseEof、Play、Zoom、NoName、Pa1
ボタン KeyCodem、Shift、Control、Alt、Modifiers
D キー D0、D1、D2、D3、D4、D5、D6、D7、D8、D9
レター A、B、C、D、E、F、G、H、I、J、K、L、M、N、O、P、Q、R、S、T、U、V、W、X、Y、Z
Windows キー LWin、RWin、Apps、Sleep
テンキー NumPad0、NumPad1、NumPad2、NumPad3、NumPad4、NumPad5、NumPad6、NumPad7、NumPad8、NumPad9
計算キー Multiply、Add、Separator、Subtract、Decimal、Divide
ファンクション キー F1、F2、F3、F4、F5、F6、F7、F8、F9、F10、F11、F12、F13、F14、F15、F16、F17、F18、F19、F20、F21、F22、F23、F24
ボタン NumLock、Scroll、LShiftKey、RShiftKey、LControlKey、RControlKey、LMenu、RMenu、BrowserBack、BrowserForward、BrowserRefresh、BrowserStop

キーを押す/離す

1 つ以上の修飾キー (Alt、Ctrl、または Shift) を押して保持するか、または離します

入力パラメーター
引数 オプション 受入 Default Value 説明設定
Action to perform N/A 押す、離す 押す このアクションでキーを押すか、または離すかを指定します
Control N/A ブール値 無効 Ctrl キーを押す/離すかどうかを指定します
Alt N/A ブール値 無効 Alt キーを押す/離すかどうかを指定します
Shift N/A ブール値 無効 Shift キーを押す/離すかどうかを指定します
Win N/A ブール値 無効 Windows キーを押す/離すかどうかを指定します
生成された変数

このアクションは変数を生成しません。

例外
例外 説明設定
非インタラクティブ モードでキーを押す (または離す) ことができません 非インタラクティブ モードでキーを押すときまたは離すときに問題が発生したことを示します

キーの状態を設定する

CapsLock、NumLock、ScrollLock のキーの状態 (オンまたはオフ) を設定します

入力パラメーター
引数 オプション 受入 Default Value 説明設定
Key N/A Caps Lock、Num Lock、Scroll Lock CapsLock 設定するキーを指定します
State N/A オフ、オン 次の日付と等しい キーの状態をオンにするかオフにするかを指定します
生成された変数

このアクションは変数を生成しません。

例外
例外 説明設定
非インタラクティブ モードでキーの状態を設定できません 非インタラクティブ モードでのキーの状態の設定に問題が発生したことを示します

マウスを待機する

マウス ポインターが変更されるまで (通常、待機カーソルから砂時計またはその逆に変わるまで)、フローの実行を中断します

入力パラメーター
引数 オプション 受入 Default Value 説明設定
Wait for mouse pointer to N/A になる、ならない 次に変わる 待機するマウス カーソルのアクションを選択します。
Mouse pointer N/A 矢印、アプリの起動、クロス、手、ヘルプ、IBeam、待機カーソル 矢印 マウス ポインターの状態を指定します。
生成された変数

このアクションは変数を生成しません。

例外

このアクションには例外は含まれません。

キーボードの識別子を取得する

マシンのレジストリからアクティブなキーボード識別子を取得する

入力パラメーター

このアクションには入力は必要ありません。

生成された変数
引数 タイプ 説明設定
KeyboardLayoutId 数値 アクティブなキーボード識別子のレジストリ キー
例外
例外 内容
キーボード識別子が見つかりませんでした キーボード識別子を取得する際のエラーを示す

ショートカット キーを待機する

特定のショートカット キーが押されるまで、フローの実行を一時停止します。 ショートカット キーには、少なくとも 1 つのキーまたはキーと (ctrl、alt、shift) のいずれかを含む必要があります。 複数のショートカット キーを定義できます

入力パラメーター
引数 オプション 受入 Default Value 説明設定
ショートカット キー N/A キーの組み合わせ Ctrl + A 待機するショートカット キーを指定します。 ショートカット キーには 1 つのキー、または 1 つのキーと (Ctrl、Alt、Shift) を組み合わせて指定します。 複数のショートカット キーを追加するには、[新しいショートカットキー] を選択します
Continue flow run on timeout N/A ブール値 設定したショートカット キーの待機時間が過ぎた場合、フローの実行を続行するかどうかを指定します
Continue after 有効 数値 10 フローの実行を続行するまでの時間 (秒単位)
生成された変数
引数 タイプ 説明設定
IndexOfShortcutKeyPressed 数値 ショートカット キーがリスト形式の場合の、ショートカット キーのインデックス。
例外
例外 内容
ショートカット キーを登録できません ショートカット キーの登録が失敗したことを示します。

Note

ドキュメントの言語設定についてお聞かせください。 簡単な調査を行います。 (この調査は英語です)

この調査には約 7 分かかります。 個人データは収集されません (プライバシー ステートメント)。