Share via


Power BI レポート サーバーのインストール

Power BI レポート サーバーのインストール方法について説明します。

ヒント

もう 1 つのオプションは、Azure Marketplace から Windows Server 2019 で Power BI Report Server Enterprise イメージを持つ仮想マシン (VM) を作成することです。

Power BI Report Server のダウンロード

Power BI Report Server によるオンプレミスでのレポート作成」ページで [無料試用版をダウンロードする] を選択します。

PowerBIReportServer.exe ファイルを実行するときは、無料試用版を選択するか、ご自分のプロダクト キーを入力します。 詳細をお読みください。

インストールする前に

Power BI Report Server をインストールする前に、「Power BI レポート サーバーをインストールするためのハードウェアとソフトウェアの要件」を確認することをお勧めします。

重要

Power BI Report Server は、読み取り専用ドメイン コントローラー (RODC) がある環境にインストールできます。ただし、Power BI Report Server が正常に機能するためには、読み取り/書き込みドメイン コントローラーにアクセスできることが必要です。 Power BI Report Server が RODC にしかアクセスできない場合は、サービスを管理しようとしたときにエラーが発生する可能性があります。

Power BI Report Server のプロダクト キー

Power BI Report Server のプロダクト キーは、次の 2 つの異なるソースから取得できます。

  • Power BI Premium
  • SQL Server Enterprise Software Assurance (SA)

詳細をお読みください。

Power BI Premium とファブリックの容量

組織が Power BI Premium 容量を購入している場合は、管理ポータルの [Power BI Premium] タブから Power BI Report Server のキーを取得できます。 このキーにアクセスできるのは、全体管理者、ファブリック管理者、または PowerBI Premium 容量管理者特権を持つユーザーのみです。

Premium settings

[Power BI Report Server キー] を選択すると、プロダクト キーを含むダイアログが表示されます。 これをコピーして、インストールで使用することができます。

Product key

SQL Server Enterprise Software Assurance (SA)

SQL Server Enterprise SA 契約がある場合は、ボリューム ライセンス サービス センターからプロダクト キーを取得できます。

重要

スケールアウト シナリオのために Power BI Report Server を複数のサーバーにインストールしている場合は、すべてのサーバーで同じ Power BI Premium プロダクト キーまたは SQL Server Enterprise ソフトウェア アシュアランス (SA) プロダクト キーを使用する必要があります。

レポート サーバーのインストール

Power BI Report Server のインストールは簡単です。 ファイルのインストールはわずかな手順だけです。

インストール時に SQL Server データベース エンジン サーバーが使用可能になっている必要はありません。 インストール後に Reporting Services を構成する必要があります。

  1. PowerBIReportServer.exe の場所を検索し、インストーラーを起動します。

  2. [Install Power BI Report Server] (Power BI レポート サーバーのインストール) を選択します。

    Install Power BI Report Server

  3. インストールするエディションを選択して、 [次へ] を選択します。

    Choose an edition

    評価エディションまたは開発者エディションのいずれかを選択できます。

    Edition 2

    それ以外の場合、Power BI サービスまたはボリューム ライセンス サービス センターから取得したプロダクト キーを入力します。 プロダクト キーを取得する方法の詳細については、前述の「インストールする前に」セクションを参照してください。

  4. ライセンス条件を読んで同意してから、 [次へ] を選択します。

    License terms

  5. レポート サーバー データベースを格納するためのデータベース エンジンを使用できる必要があります。 [次へ] を選択し、レポート サーバーのみをインストールします。

    Install files only

  6. レポート サーバーをインストールする場所を指定します。 [インストール] を選択して続行します。

    Specify install path

    既定のパスは、C:\Program Files\Microsoft Power BI Report Server です。

  7. 正常にセットアップした後で、 [Configure Report Server] (レポート サーバーの構成) を選択し、Reporting Services 構成マネージャーを起動します。

    Configure the report server

自分のレポート サーバーを構成する

セットアップで [レポート サーバーの構成] を選択すると、Reporting Services Configuration Manager が表示されます。 詳細については、「Reporting Services Configuration Manager」(Reporting Services 構成マネージャー) を参照してください。

Reporting Services の初期構成を完了するには、レポート サーバー データベースを作成します。 この手順を完了するには、SQL Server データベース サーバーが必要です。

別のサーバーでデータベースを作成する

別のコンピューター上のデータベース サーバーでレポート サーバー データベースを作成する場合は、レポート サーバーのサービス アカウントをデータベース サーバー上で認識される資格情報に変更します。

既定では、レポート サーバーは、仮想サービス アカウントを使用します。 別のサーバーにデータベースを作成しようとすると、接続の権限の適用手順で次のエラーが発生することがあります。

System.Data.SqlClient.SqlException (0x80131904): Windows NT user or group '(null)' not found. Check the name again.

エラーを回避するには、サービス アカウントをネットワーク サービスまたはドメイン アカウントのいずれかに変更できます。 サービス アカウントをネットワーク サービスに変更すると、レポート サーバー用のマシン アカウントのコンテキストでの権限が適用されます。

Configure report server service account

詳細については、レポート サーバー サービス アカウントの構成に関するページを参照してください。

Windows サービス

Windows サービスは、インストールの一部として作成されます。 Power BI レポート サーバーとして表示されます。 サービス名は PowerBIReportServer です。

Report Server Windows Service

Report Server Windows Service properties

既定の URL 予約

URL 予約は、プレフィックス、ホスト名、ポート、および仮想ディレクトリで構成されます。

パーツ 内容
Prefix 既定のプレフィックスは HTTP です。 以前に SSL (Secure Sockets Layer) 証明書をインストールした場合は、HTTPS プレフィックスを使用する URL 予約がセットアップで作成されます。
ホスト名 既定のホスト名は、強いワイルドカード (+) です。 これにより、コンピューターに対して解決されるあらゆるホスト名 (https://<computername>/reportserverhttps://localhost/reportserverhttps://<IPAddress>/reportserver.) の指定のポートで、レポート サーバーが HTTP 要求を受け付けるように指定されます。
Port 既定のポートは 80 です。 ポート 80 以外のポートを使用する場合は、ブラウザー ウィンドウで Web ポータルを開くときに、それを URL に明示的に追加する必要があります。
仮想ディレクトリ 既定では、仮想ディレクトリは、レポート サーバー Web サービス用に ReportServer の形式で、Web ポータル用に Reports の形式で作成されます。 レポート サーバー Web サービスの既定の仮想ディレクトリは、 reportserverです。 Web ポータルの場合、既定の仮想ディレクトリは reports です。

完全な URL 文字列の例を次に示します。

  • https://+:80/reportserver はレポート サーバーへのアクセスを提供します。
  • https://+:80/reports は Web ポータルへのアクセスを提供します。

ファイアウォール

リモート コンピューターからレポート サーバーにアクセスする場合、ファイアウォールがある場合は、ファイアウォール規則を構成したことを確認します。

Web サービスの URL と Web ポータルの URL 用に構成した TCP ポートを開きます。 既定では、TCP ポート 80 に対して構成されます。

追加の構成

他にわからないことがある場合は、 Power BI コミュニティで質問してみてください