要求の制限と割り当て

2019 年 10 月に最初に発表されたように、サービス レベル、可用性、およびプラットフォームの品質を確保するために Power Platform 要求の制限が存在します。 Power Apps、Power Automate、Power Virtual Agents、および Dynamics 365 アプリケーションにまたがってユーザーが 1 日あたり行うことのできる要求の数には制限があります。

Microsoft Power Platform 要求とは?

Microsoft Power Platform のリクエストは、ユーザーがさまざまな製品にわたって行うさまざまなアクションで構成されます。 大まかに言うと、API リクエストを構成するものは次のとおりです。

  • Power Apps – コネクタへのすべての API リクエストと Microsoft Dataverse。
  • Power Automate - コネクタ、Process Advisor 分析、HTTP アクション、および変数の初期化から単純な作成アクションにわたる組み込みアクションに対するすべての API 要求。 成功したアクションと失敗したアクションの両方がこれらの制限の対象となります。 さらに、再試行や改ページ位置の自動修正による他の要求も、アクションの実行としてカウントされます。 詳細については、Power Platform 要求としてのカウントとは を参照してください
  • Power Virtual Agents - チャットボット会話から Power Automate フローへの API 要求 (または呼び出し)。
  • Dataverse- 作成、読み取り、更新、削除 (CRUD)、割り当て、共有の操作すべてで、CRUD トランザクションの実行に必要なユーザー主導型の要求や内部システム要求に加えて、共有や割り当てなどの特殊な操作が含まれます。 これらは、任意のクライアントまたはアプリケーション (Dynamics 365 を含む) から、任意のエンドポイント (SOAP または REST) を使用して行えます。 プラグイン、従来型のワークフロー、および前述の操作を行うカスタム コントロールが含まれますが、これらに限定されません。

Note

Dataverse では、ログイン、ログアウト、システムのメタデータ操作など、制限から除外されるシステム内部操作がいくつかあります。

以下のセクションでは、要求タイプとそれぞれに設定された制限について説明します。

ライセンス ユーザー要求の制限

Microsoft Power Platform のすべてのユーザーは、割り当てられたライセンスに基づいて要求の数に制限があります。 以下の表は、ユーザーが24時間内に行うことができる要求の数を定義します:

製品 24 時間ごとの有料ライセンスごとの要求
Power Platform (アプリごとの Power Apps、フロー単位の Power Automate、および Power Virtual Agents を除く) および Dynamics 365 Team Members 1 を除く、Dynamics 365 の有料ライセンス ユーザー 40,000
Power Apps 従量課金制プラン、Power Apps アプリごとの有料ライセンス ユーザー、Power Platform にアクセスできる Microsoft 365 アプリ、Dynamics 365 チーム メンバー2 6,000
Power Automate のフローごとのプラン3、Power Virtual Agents 基本サービス、Power Virtual Agents アドオン パック4 250,000
有料 Power Apps ポータル ログイン 200

1 このカテゴリには、ユーザーごとの Power Apps (以前の Power Apps プラン 1 および Power Apps プラン 2 のライセンスを含む)、ユーザーごとの Power Automate プラン (以前の Flow Plan 1 および Flow Plan 2 のライセンスを含む)、Dynamics 365 Sales Premium、Dynamics 365 Sales Enterprise、Dynamics 365 Sales Professional、Dynamics 365 Customer Service Enterprise、Dynamics 365 Customer Service Professional、Dynamics 365 Field Service、Microsoft Relationship Sales、Microsoft Industry Cloud、Dynamics 365 Project Service Automation、Dynamics 365 Commerce、Dynamics 365 Human Resources、Dynamics 365 Finance、Dynamics 365 Project Operations、Dynamics 365 Supply Chain Management、Dynamics 365 Customer Engagement プラン、Dynamics 365 Unified Ops プラン、Dynamics 365 Plan、Dynamics 365 for Operations Device、Dynamics 365 for Operations Activity、Dynamics AX Online Device、Dynamics AX Online Task、Dynamics CRM Online Enterprise、および Dynamics CRM Online Professional を含みます。

2 Power Apps 従量課金制プラン、Power Apps アプリごとプランの有料ライセンス、Dynamics 365 チーム メンバー、Dynamics CRM Online ベーシック、Dynamics CRM Online エッセンシャル、Dynamics AX セルフサービス、Microsoft 365 ライセンス、Microsoft Project Online (プラン 1、プラン 3、プラン 5) が、このカテゴリに含まれます。 Power Apps と Power Automate の機能を含む Microsoft 365 ライセンスについては、ライセンス ガイド付録 B を参照してください。

3 Power Automate のフロー単位のプランは、フローの所有者に関係なく、1 つのフローに対して特別なキャパシティを確保できます。 これは、テナント レベルでの非ライセンス ユーザー要求の制限を使用しません。

4 Power Virtual Agents 要求は、Power Virtual Agents チャットボットからトリガーされた Power Automate フローからカウントされます。 Power Virtual Agents の最初のセッション パックと追加のセッション パックはどちらも同じ 1 日あたりの Power Platform 要求の制限を受け取ります。

その他の詳細

Power Platform 要求制限は、Dynamics 365 の「Base + Attach」ライセンス モデルの有料 Base ライセンスにのみ含まれています。 Attach ライセンスには、個別の制限は含まれていません。 例えば、ユーザーにベース ライセンスとして Dynamics 365 Customer Service Enterprise が、アッタッチ ライセンスとして Dynamics 365 Sales Enterprise がある場合、要求の制限はベース ライセンス - Dynamics 365 Customer Service Enterprise によって提供される数になります。

ユーザーに複数の有料ライセンスが割り当てられている場合、許可される要求の総数は、各ライセンスで許可される要求の合計になります。 たとえば、ユーザーが Dynamics 365 Customer Service Enterprise の Base ライセンスとユーザーごとの Power Apps ライセンスの両方を持っている場合、そのユーザーが 24 時間ごとに実行できる要求の合計は 40,000 + 40,000 = 80,000 になります。

Power Virtual Agents 要求は、Power Virtual Agents チャットボットからトリガーされた Power Automate フローからカウントされます。 Power Virtual Agents の最初のセッション パックと追加のセッション パックはどちらも同じ 1 日あたりの Power Platform 要求の制限を受け取ります。

非ライセンス ユーザー要求の制限

ユーザーがサービスを操作する必要のない特定のアクティビティ (例: データベース間でデータを移行するバックグラウンド プロセス) には、個別の制限が設定されています。 これらの制限は、テナント レベルで定義およびプールされます。 Dataverse では、サービスを操作するのにユーザーを必要としない ID を設定できます。 これらには、以下が含まれます。

また、Dynamics 365 Marketing のような Dynamics 365 アプリケーションとの対話に使用する特別な無料 ($0) ライセンスがあります。 詳細については、マーケティングのライセンス取得方法を参照してください。

これらの非ライセンス ID の場合、すべてのテナントは、テナントの有料ライセンスによって決定される初期基本要求制限に加えて、有料の Dynamics 365 Enterprise および Professional ライセンスの数によって発生する制限を取得します。1 このプールは、これらの非ライセンス ユーザーのみが使用でき、対話型ユーザー ライセンスが割り当てられているユーザーは使用できません。

製品 24 時間ごとにプールされた非ライセンスのテナントレベルの要求
Dynamics 365 Enterprise および Professional アプリケーション 1 500,000 の基本要求+ USL ごとに発生した 5,000 の要求 1、最大 10,000,000 まで 2
Power Apps (すべてのライセンス) テナントのライセンスごとの発生なしで 25,000 の基本要求
Power Automate (すべてのライセンス) テナントのライセンスごとの発生なしで 25,000 の基本要求

1 このカテゴリには、Dynamics 365 Sales Premium, Dynamics 365 Sales Enterprise のライセンス、Dynamics 365 Sales Professional、Dynamics 365 Customer Service Enterprise、Dynamics 365 Customer Service Professional、Dynamics 365 Field Service、Microsoft Relationship Sales、Dynamics 365 Project Service Automation、Dynamics 365 Commerce、Dynamics 365 Human Resources、Dynamics 365 Finance、Dynamics 365 Project Operations、Dynamics 365 Supply Chain Management、Dynamics 365 Customer Engagement プラン、Dynamics 365 Unified Ops プラン、Dynamics 365 Plan、Dynamics CRM Online Enterprise、および Dynamics CRM Online Professional が含まれています。 非ライセンス テナントレベルが発生した Power Platform 要求の制限は、Dynamics 365 の「Base + Attach」ライセンス モデルの有料 Base ライセンスにのみ付与されます。

2 非ライセンス ユーザー制限を超えることが予想される場合は、再販業者または Microsoft アカウント チームに連絡して、カスタム ソリューションについて話し合ってください。

詳細

特定の製品はサービス プリンシパルの概念で動作し、非ライセンス ユーザー プールに制限が発生します。 これは、プラットフォーム上での製品の動作に制限を合わせるための最良の方法です。

テナントに複数のタイプのサブスクリプションがある場合、非ライセンス ユーザーの要求容量では、要求数の多い製品ライン サブスクリプションが使用されます。 たとえば、顧客が Dynamics 365 Customer Service Enterprise Base ライセンス サブスクリプション (最小要求 500,000 + 発生した制限) とユーザーごとの Power Apps サブスクリプション (25,000 要求/日) の両方を所有している場合、プールされたテナントレベルの要求容量は、最小要求 500,000 + 24 時間あたりの発生した制限になります。

ライセンス ユーザーまたは非ライセンス ユーザーが制限を超えた場合

Power Platform 要求の制限は更新され、2021 年後半に大幅に引き上げられ、ほとんどの顧客の通常の使用量よりも大幅に高いレベルになりました。 更新された制限により、文書化された制限を超えるユーザーはごくわずかであると予想されます。 非ライセンス ユーザー制限を超えることが予想される場合は、再販業者または Microsoft アカウント チームに連絡して、カスタム ソリューションについて話し合ってください。

考えられる高使用率の強制は、Power Platform 要求の使用量レポートが、Power Platform 管理センターで一般提供されてから 6 か月後まで発生しません。

Microsoft は、超過分の制限を適用する権利を保有します。 顧客が高使用率の強制に遭遇した場合、何らかの形の調整を期待できます。 顧客は、追加キャパシティを購入して、高使用率の強制を回避したり、環境を従量課金 に移動し、1 日の制限を超える実際の使用状況に関して支払います。

Power Platform 要求キャパシティ アドオン

制限を超える要求が頻繁に使用されていることを確認した顧客は、Power Platform 要求キャパシティ アドオンを購入することにより、高使用率の強制を避けることができます。 このアドオンを使用すると、顧客は特定の高使用率のライセンス ユーザーまたは高使用率の非ライセンス ユーザーの制限を増やすことができます。 キャパシティ アドオン 1 つあたり、24 時間ごとに要求の制限が 50,000 増加します。 複数のキャパシティ アドオンを割り当てて、制限を増やすことができます。

移行期間 中、Power Platform 要求容量アドオン パックをユーザーまたはフローに割り当てることはできません。 しかし、ライセンス条項の範囲内にとどまり、移行期間が終了したときに備えて、これらのアドオンを購入することをお勧めします。

Power Automate フローがスロットルされている場合、環境内のどのフローもスロットルされていないことを確認するために、従量課金制 を試してみてください。 従量課金制を使用できない場合は、アドオンを購入し、フローの詳細とアドオンの詳細を含む Microsoft サポート チケットを作成して、サポート チームが調整されたフローの例外を提供できるようにします。

Note

現在、キャパシティ アドオンをユーザー (アプリケーション、管理、および非対話型ユーザーを含む) に割り当てることはできません。 キャパシティ アドオンの割り当て機能は、高使用率の強制のタイミングに合わせて調整されます。

その他の適用可能な制限

1 日あたりの Power Platform 要求制限とは別に、各サービスに固有の他のサービス保護制限があります。 1 日あたりの要求制限と同様、これらの制限は、すべての顧客にとってサービスの中断につながるような悪意のある行動や迷惑な行動からサービスを保護することで、サービスの品質を維持するのに役立ちます。

各サービスの 現在 のセキュリティ サービス制限については、次の資料を参照してください:

  • Dataverse の制限: モデル駆動型アプリや Customer Engagement アプリ (Dynamics 365 Sales、Customer Service など)、Power Apps、Power Automate が Dataverse/Customer Engagement アプリに接続した場合に適用される
  • Power Automate の制限 : 自動化されたフロー、スケジュール設定されたフロー、インスタント フローに適用されます
  • コネクタの制限: Power Automate と Power Apps 適用

Power Platform 管理センターで詳細な Power Platform 要求使用状況の情報を表示する (プレビュー)

ライセンス ユーザー、非ライセンス ユーザー、フロー単位ライセンスされたフローの実行の消費量に関する Power Platform 要求の使用量を表示するには。

  1. Power Platform 管理センターにサインインします。

  2. 左側のナビゲーション ウィンドウで、キャパシティ を選択します。

  3. 概要タブのアドオン セクションでレポートのダウンロードを選択します。

    Image showing the Capacity page in the Power Platform admin center and highlighting the link to download reports.

  4. メニューから 新規 を選択します。

    Image showing the Download Reports page in the Power Platform admin center and highlighting the button to create a new download report.

  5. レポートを選択する ボックスで Microsoft Power Platform 要求 を選択します。

    Image showing the drop-down menu for the Power Platform requests reports.

  6. 必要なタイプのレポートを選択してから、送信 を選択します。

  7. レポートの準備ができたら、ダウンロード を選択してレポートを Excel CSV ファイルとしてダウンロードします。

Note

これらのレポートは現在プレビュー段階です。 ライセンス ユーザー プレビュー レポートには 2 つの制限があります。

  • ライセンス ユーザーの権利は、環境ごとの 1 日あたりのユーザーごとのレポートに表示されます。 制限は、ユーザーごとに日単位のレベルで適用する必要があります。 レポートを見るときは、制限はユーザー 1 日あたりであり、権利の数量を 1 日 1 回だけ使用し、同じユーザーの権利を複数回合計することはできないことを理解してください。
  • ライセンス ユーザー レポートには、Power Apps アプリ単位ライセンスまたは Power Apps アプリ単位の従量課金メーターを使用してライセンスされたユーザーの正しい権限が表示されません。 このようなユーザーの権限は、実際には 6000 (上で説明されるように 24 時間あたりの要求数) と表示されるはずですが、0 と表示されます。

ライセンス ユーザー レポート

ライセンス ユーザー レポートには、ユーザーあたり 1 日の Power Platform 要求の使用状況とユーザーの資格の数量が表示されます。 ダウンロード可能なレポートには、次のフィールドが含まれています。

フィールド 説明
環境 ID 一意の Power Platform 環境識別子。
環境名 環境の表示名。
呼び出し元 ID Active Directory ID にマップする呼び出し元 ID の一意の識別子。 null または空にすることができます。
呼び出し元の種類 呼び出し元 ID の種類。 ライセンス ユーザー レポートの適用値はユーザーです。
使用状況の日時 使用状況が取得された日時 (UTC)。
資格の数量 ユーザーの Power Platform 要求の制限の合計。
消費数量の合計 すべてのタイプの要求 (Dataverse、Power Apps、Power Automate) の総使用量。
Dataverse 要求 Dataverse から作成された Power Platform 要求の数。
Power Automate 要求 Power Automate から作成された Power Platform 要求の数。
Power Apps 要求 Power App から作成された Power Platform 要求の数。

詳細な使用状況レポートのサンプルは次のとおりです。

Image showing an example of the licensed user report.

非ライセンス ユーザー レポート

非ライセンス ユーザー レポートには、非ライセンス ユーザーの 1 日あたりの Power Platform 使用量と、そのテナントの非ライセンス ユーザーの権利の合計数が表示されます。 ダウンロード可能なレポートには、次のフィールドが含まれています。

フィールド 説明
このテナントの Power Platform 要求の権利 このテナントの非ライセンス Power Platform 要求の 1 日あたりの資格の合計数。
環境 ID 一意の Power Platform 環境識別子。
環境名 環境の表示名。
呼び出し元 ID 呼び出し元の一意の識別子。 null または空にすることができます。
呼び出し元の種類 呼び出し元 ID の種類。 適用可能な値は、システム、非対話型/アプリケーションです。
リソースの種類 リソースの種類。 適用可能な値は Dataverse、Power Apps、および Power Automate です。
リソース ID 一意のリソース識別子。 リソースの種類に基づいて、アプリ ID、Dataverse 組織 ID、または Power Automate フロー IDのいずれかになります。 null または空にすることができます。
メーター カテゴリ この場合の Power Platform 要求の最上位メーター。
メーターのサブカテゴリ 要求を生成したもの詳細な分類。 これは、Dataverse、Power Apps、Power Automate のいずれかにすることができます。
使用状況の日時 使用状況が取得された日時 (UTC)。
消費数量 Power Platform 要求の使用状況。

詳細な使用状況レポートのサンプルは次のとおりです。

Image showing an example of the non-licensed user report.

フローごとのレポート

フローごとのライセンスされたフローのダウンロード可能レポートには、次のフィールドが含まれています。

フィールド 説明
環境 ID 一意の Power Platform 環境識別子。
環境名 環境の表示名。
環境リージョン プレビュー中は使用できません。
呼び出し元 ID フローの一意識別子。 null または空にすることができます。
呼び出し元の種類 呼び出し元 ID の種類。 適用可能な値ははフローです。
使用状況の日時 使用状況が取得された日時 (UTC)。
資格の数量 フローに含まれる権利の値。
消費数量 Power Platform 要求の使用状況。

詳細な使用状況レポートのサンプルは次のとおりです。

Image showing an example of the per flow-licensed report.

よく寄せられる質問

プラットフォーム全体で Power Platform 要求の監視や分析に使用できるツールは何ですか?

Power Platform 要求の使用状況のレポート (プレビュー) は、Power Platform 管理センターで使用できます。

Power Platform 要求制限のタイムラインはどのようなものですか?

制限の概念は 2019 年後半に最初に導入され、文書化された制限は 2021 年後半に大幅に増加しました。 Power Platform リクエストの公開プレビューレポートは 2022 年 6 月に展開をされました。 公開プレビュー期間の後、レポートは一般公開に移行します。 これがいつ発生するかについて現在の ETA はありません。 潜在的な高使用率の強制は、レポートが一般提供になってから少なくとも 6 か月後まで開始されません。 ただし、Power Automate は、強制までは、移行制限においてスロットルを続けます。 FAQを参照してください。

従来のワークフローや Power Automate のフローでは、どのアカウントの制限を使用していますか?

これは、プロセスがオンデマンドで実行されるか、バックグラウンドで実行されるかよって異なります。 オンデマンドで実行されるインスタント フローは、プロセスを開始したアカウントの制限を使用します。 一方、バックグラウンドで実行されるワークフローや自動化/スケジュール設定がされたフローは、プロセスが開始された理由やプロセス内の接続に使用されるアカウントに関係なく、常にプロセスの所有者の制限を使用します。 誰の Power Platform 要求の制限がフローで使用されますか? を参照してください。

Microsoft Power Platform 要求の制限は、日から日へ、または月から月へと繰り越しされますか?

いいえ。 全ての Microsoft Power Platform 要求は 24 時間存在します。 それらが消費されない場合、それらは翌日に繰り越されず、1 か月以内蓄積されることもありません。

アプリケーション ユーザー、非対話型ユーザー、管理者ユーザー、システム ユーザーは、それぞれ独自のテナント レベルの制限を取得しますか?

いいえ。 テナント レベルの制限は、テナント内のすべてのアプリケーション ユーザー、非対話型ユーザー、管理ユーザー、システム ユーザーで共有されます。

Dataverse の従来型の Dataverse のワークフローやプラグインから生成されたリクエストは、リクエスト制限にカウントされますか?

はい、これらの要求が CRUD、割り当て、または共有タイプの要求を行っている場合、それらはカウントされます。 従来型のワークフローの場合、条件のチェック、子ワークフローの開始、ワークフローの停止などのアクションが含まれます。 ただし、sdkmessagerequest、solutioncomponentdefinition、ribbonclientmetadatareporting など、プラットフォームから内部的に生成されたリクエストはカウントされません。

付与された制限を超えないようにするには、Power Automate ではなくサードパーティのデータ統合ツールを使うべきでしょうか?

いいえ、サードパーティのデータ統合ツールは、スケジュールされたフロー、インスタント フロー、自動化されたフローと全く同じ制限が適用されます。 したがって、使用することを選択するかどうかに違いはありませんPower Automateまたはサードパーティのツール。 また、Power Automate から Dataverse への要求は二重にカウントされないため、1 つのアクションを呼び出すフローは、制限に対して 2 つではなく、1 つの要求としてしかカウントされません。

関連項目

Dataverse API の制限の概要
Power Automate 制限事項と構成