重要な概念 - Power Automate フローを Power Virtual Agents で使用する

Power Automate でローコードのドラッグ アンド ドロップ ツールを使用して構築したクラウド フローでボットの機能を拡張します。 Power Apps 環境に既に存在するフローを使用するか、Power Virtual Agents のキャンバス作成からフローを作成できます。 個別のアクションを呼び出すノードとして、ボット トピックからボット対応フローを呼び出します。

重要

Power Virtual Agents ないでフローを使用するには、次の要件を満たしている必要があります。

このセクションの内容

このセクションの例は、フローを使用してボットをさらに活用する方法を学ぶのに役立ちます。

記事 説明設定
フローの作成 天気予報を提供する Power Automate フローを作成します。
フローをアクションとして呼び出す アクション ノードを使用してボットから Power Automate フローを呼び出す
入出力変数の追加 Power Automate フローと Power Virtual Agents ボットの間で変数を渡します。
結果のリストを返す Power Automate フローから Power Virtual Agents ボットに結果のリストを返します。