PowerShell のサポート ライフサイクル

注意

このドキュメントは、PowerShell のサポートに関するものです。 Windows PowerShell (1.0 から 5.1) は、Windows オペレーティング システムのコンポーネントです。 コンポーネントは、親製品または親プラットフォームと同様のサポートを受けます。 詳細については、「製品およびサービスのライフサイクル情報の検索」を参照してください。

PowerShell は Microsoft モダン ライフサイクル ポリシーでサポートされますが、サポート日は .NET Core のサポート ライフサイクルにリンクされています。 このサービス方法では、お客様は長期サポート (LTS) リリースまたは最新リリースを選択できます。

PowerShell の LTS リリースは、.NET の LTS リリースを基に構築されています。 LTS リリースの更新プログラムには、既存のワークロードへの影響を最小限に抑えるように設計された重要なセキュリティ更新プログラムとサービス修正プログラムのみが含まれます。 PowerShell の LTS リリースは、.NET のサポート終了までサポートされます。

最新リリースは、LTS リリース間で発生するリリースです。 最新リリースには、重要な修正プログラム、イノベーション、新機能が含まれています。 最新リリースは、次のリリース (最新または LTS) 後 6 か月間サポートされます。

重要

サポートを受けるには、最新の更新パッチがインストールされている必要があります。 たとえば、PowerShell 7.0 を実行していて、7.0.1 がリリースされている場合、サポートを受けるには、7.0.1 に更新する必要があります。

サポートされているプラットフォーム

PowerShell は、複数のオペレーティング システム (OS) とプロセッサ アーキテクチャで実行されます。 Microsoft からのサポートを受けるには、OS が次の条件を満たしている必要があります。

  • OS のバージョンとプロセッサ アーキテクチャが、.NET Core でサポートされている。
  • OS のバージョンが少なくとも 1 年間サポートされている。
  • OS のバージョンが、中間リリースまたはそれと同等のものではない。
  • OS のバージョンが現在、OS パブリッシャーによってサポートされている。
  • PowerShell チームでディストリビューションのバージョンがテスト済みである。

プラットフォームの所有者によって定義されたプラットフォームのバージョンが有効期限に達すると、PowerShell でもそのプラットフォームのバージョンのサポートが終了します。 アクセスする必要があるお客様は引き続き以前にリリースされたパッケージをご利用いただけますが、公式のサポートと更新プログラムはどのような種類のものも提供されなくなります。

Windows

次の表は、PowerShell のリリースと、それらがサポートされている Windows のバージョンの一覧です。 これらのバージョンは、PowerShell のバージョンがサポート終了になるか、Windows のバージョンがサポート終了になるまでサポートされます。

  • ✅ は、OS または PowerShell のバージョンがまだサポートされていることを示します
  • ❌ は、OS または PowerShell のバージョンがサポートされていないことを示します
  • 🟡 は、PowerShell のそのバージョンが OS のそのバージョンでサポートされなくなっていることを示します
  • OS のバージョンと PowerShell のバージョンの両方が ✅ である場合は、その組み合わせがサポートされます
Windows 7.0 (LTS) 7.1 7.2 (LTS-current) 7.3 (プレビュー)
✅ Windows Server 2016、2019、または 2022 🟡
✅ Windows Server 2012 R2 🟡
✅ Windows Server Core (2012 R2 以降) 🟡
✅ Windows Server Nano (1809 以降) 🟡
❌ Windows Server 2012 🟡 🟡
❌ Windows Server 2008 R2 🟡 🟡
✅ Windows 11 🟡
✅ Windows 10 1607 以降 🟡
✅ Windows 8.1 🟡

注意

Windows の特定のバージョンのサポートは、Microsoft サポート ライフサイクル ポリシーによって決まります。 詳細については、次を参照してください。

PowerShell は、次のプロセッサ アーキテクチャの Windows でサポートされています。

Windows 7.0 (LTS) 7.2 (LTS-current) 7.3 (プレビュー)
Nano Server バージョン 1803 以降 x64、Arm32 X64 X64
Windows Server 2012 R2 以降 x64、x86 x64、x86 x64、x86
Windows Server Core 2012 R2 以降 x64、x86 x64、x86 x64、x86
Windows 10 または 11 クライアント x64、x86 x64、x86、Arm64 x64、x86、Arm64
Windows 8.1 クライアント x64、x86 x64、x86 x64、x86

macOS

次の表は、PowerShell のリリースと、macOS のバージョンでのサポート状態の一覧です。 これらのバージョンは、PowerShell のバージョンがサポート終了になるか、macOS のバージョンがサポート終了になるまでサポートされます。

  • ✅ は、OS または PowerShell のバージョンがまだサポートされていることを示します
  • ❌ は、OS または PowerShell のバージョンがサポートされていないことを示します
  • 🟡 は、PowerShell のそのバージョンが OS のそのバージョンでサポートされなくなっていることを示します
  • OS のバージョンと PowerShell のバージョンの両方が ✅ である場合は、その組み合わせがサポートされます
macOS 7.0 (LTS) 7.1 7.2 (LTS-current) 7.3 (プレビュー)
✅ macOS Big Sur 11.5 🟡
✅ macOS Catalina 10.15 🟡
✅ macOS Mojave 10.14 🟡
✅ macOS High Sierra 10.13 🟡

macOS Monterey 12.0 はテストされていません。

macOS のサポートは、Apple が定義しています。 詳細については、次を参照してください。

PowerShell は、次のプロセッサ アーキテクチャの macOS でサポートされています。

macOS 7.0 (LTS) 7.2 (LTS-current) 7.3 (プレビュー)
macOS Big Sur 11.5 X64 x64、Arm64 x64、Arm64
macOS High Sierra 10.13 以降 X64 X64 X64

Alpine Linux

Alpine のバージョンと、そのバージョンでサポートされている PowerShell リリースの一覧は、次の表のとおりです。 これらのバージョンは、PowerShell のバージョンがサポート終了になるか、Alpine のバージョンがサポート終了になるまでサポートされます。

  • ✅ は、OS または PowerShell のバージョンがまだサポートされていることを示します
  • ❌ は、OS または PowerShell のバージョンがサポートされていないことを示します
  • 🟡 は、PowerShell のそのバージョンが OS のそのバージョンでサポートされなくなっていることを示します
  • OS のバージョンと PowerShell のバージョンの両方が ✅ である場合は、その組み合わせがサポートされます
Alpine 7.0 (LTS) 7.1 7.2 (LTS-current) 7.3 (プレビュー)
✅ 3.14 🟡
✅ 3.13 🟡
✅ 3.12 🟡
✅ 3.11 🟡
❌ 3.10 🟡 🟡
❌ 3.9 🟡 🟡

Alpine 3.15 は、PowerShell 7.3 (プレビュー) でのテスト中です。

PowerShell は、次のプロセッサ アーキテクチャの Alpine でサポートされています。

Alpine 7.0 (LTS) 7.2 (LTS-current) 7.3 (プレビュー)
サポートされているすべてのバージョン X64 X64 X64

PowerShell は、Arm プロセッサを使用する Alpine でテストされていません。

Debian Linux

Debian のバージョンと、そのバージョンで現在サポートされている PowerShell リリースの一覧は、次の表のとおりです。 これらのバージョンは、PowerShell のバージョンがサポート終了になるか、Debian のバージョンがサポート終了になるまでサポートされます。

  • ✅ は、OS または PowerShell のバージョンがまだサポートされていることを示します
  • ❌ は、OS または PowerShell のバージョンがサポートされていないことを示します
  • 🟡 は、PowerShell のそのバージョンが OS のそのバージョンでサポートされなくなっていることを示します
  • OS のバージョンと PowerShell のバージョンの両方が ✅ である場合は、その組み合わせがサポートされます
Debian 7.0 (LTS) 7.1 7.2 (LTS-current) 7.3 (プレビュー)
✅ 11 🟡
✅ 10 🟡
✅ 9 🟡 🟡 🟡 🟡
❌ 8 🟡

PowerShell は、次のプロセッサ アーキテクチャの Debian でサポートされています。

Debian 7.0 (LTS) 7.2 (LTS-current) 7.3 (プレビュー)
バージョン 9 以降 x64、Arm32、Arm64 x64、Arm32、Arm64 x64、Arm32、Arm64

Red Hat Enterprise Linux (RHEL)

RHEL のバージョンと、そのバージョンで現在サポートされている PowerShell のバージョンの一覧は、次の表のとおりです。 これらのバージョンは、PowerShell のバージョンがサポート終了になるか、RHEL のバージョンがサポート終了になるまでサポートされます。

  • ✅ は、OS または PowerShell のバージョンがまだサポートされていることを示します
  • ❌ は、OS または PowerShell のバージョンがサポートされていないことを示します
  • 🟡 は、PowerShell のそのバージョンが OS のそのバージョンでサポートされなくなっていることを示します
  • OS のバージョンと PowerShell のバージョンの両方が ✅ である場合は、その組み合わせがサポートされます
RHEL 7.0 (LTS) 7.1 7.2 (LTS-current) 7.3 (プレビュー)
✅ 8 🟡
✅ 7 🟡

PowerShell は、次のプロセッサ アーキテクチャ用の RHEL でサポートされています。

RHEL 7.0 (LTS) 7.2 (LTS-current) 7.3 (プレビュー)
サポートされているすべてのバージョン X64 x64、Arm64 x64、Arm64

Ubuntu Linux

Ubuntu のバージョンと、そのバージョンで現在サポートされている PowerShell リリースの一覧は、次の表のとおりです。 これらのバージョンは、PowerShell のバージョンがサポート終了になるか、Ubuntu のバージョンがサポート終了になるまでサポートされます。

  • ✅ は、OS または PowerShell のバージョンがまだサポートされていることを示します
  • ❌ は、OS または PowerShell のバージョンがサポートされていないことを示します
  • 🟡 は、PowerShell のそのバージョンが OS のそのバージョンでサポートされなくなっていることを示します
  • OS のバージョンと PowerShell のバージョンの両方が ✅ である場合は、その組み合わせがサポートされます
Ubuntu 7.0 (LTS) 7.1 7.2 (LTS-current) 7.3 (プレビュー)
✅ 22.04 (LTS) 🟡
✅ 20.04 (LTS) 🟡
✅ 18.04 (LTS) 🟡
❌ 16.04 (LTS) 🟡 🟡

Ubuntu の LTS リリースのみが正式にサポートされています。 Microsoft は、中間リリースまたはそれに相当するものをサポートしていません。 中間リリースはコミュニティでサポートされています。 詳細については、コミュニティでサポートされているディストリビューションに関する記事をご覧ください。

PowerShell は、次のプロセッサ アーキテクチャの Ubuntu でサポートされています。

Ubuntu 7.0 (LTS) 7.2 (LTS-current) 7.3 (プレビュー)
サポートされているすべてのバージョン x64、Arm32、Arm64 x64、Arm32、Arm64 x64、Arm32、Arm64

Raspberry Pi OS

Raspberry Pi OS (旧称 Raspbian) は、Debian に基づく無料のオペレーティング システムです。

重要

.NET は、Raspberry Pi 2 より前の Raspberry Pi Zero デバイスや Raspberry Pi デバイスを含む ARMv6 アーキテクチャ デバイスではサポートされていません。

Windows PowerShell の互換性

PowerShell のサポート ライフサイクルでは、PowerShell リリース パッケージ外に付属するモジュールは対象とされません。 たとえば、Windows Server に付属する ActiveDirectory モジュールを使用することは、Windows サポート ライフサイクルのサポート対象です。

実験的な機能

試験的な機能はコミュニティ サポートに限定されます。

ライセンスに関する注意事項

PowerShell は MIT ライセンスの下で提供されます。 このライセンスの下で、有料サポート契約がないときは、ユーザーにはコミュニティ サポートのみが与えられます。 コミュニティ サポートの場合、マイクロソフトは回答や解決を保証しません。

サポートの利用

PowerShell のサポートは、有料サポートマイクロソフトエンタープライズ契約マイクロソフト ソフトウェア アシュアランスを含め、従来の Microsoft サポート契約を通じて提供されます。 サポート リクエストで問題を報告して PowerShell のサポートを受け、それに対して支払うこともできます。

コミュニティ サポート オプションもあります。 GitHub では、問題、バグ、または機能の要求を提出できます。 また、Microsoft PowerShell Tech コミュニティの他のコミュニティ メンバーや、PowerShell ハブ ページのコミュニティ セクションに記載されているいずれかのフォーラムから、ヘルプを得られる場合もあります。 コミュニティによりご自身の問題が短期間で対処または解決されることは保証できません。 早急な対応が必要な問題の場合、従来の有料サポートをご利用ください。

重要

サポートを受けるには、最新の更新パッチがインストールされている必要があります。 たとえば、PowerShell 7.0 を実行していて、7.0.1 がリリースされている場合、サポートを受けるには、7.0.1 に更新する必要があります。

PowerShell のサポート終了日

これらのライフサイクル ポリシーに基づき、現在サポートされているバージョンがサポートされなくなる日付を次の表に一覧表示します。

バージョン サポートの終了
7.2 (LTS-current) 2024 年 11 月 8 日
7.0 (LTS) 2022 年 12 月 3 日

特定のプラットフォームでの PowerShell のサポートは、使用されている .NET のバージョンのサポート ポリシーに基づいています。

既に廃止されたバージョンのサポート終了日は次のとおりです。

バージョン サポートの終了
7.1 2022 年 5 月 8 日
6.2 2020 年 9 月 4 日
6.1 2019 年 9 月 28 日
6.0 2019 年 2 月 13 日

リリース履歴

PowerShell のメジャー リリースのタイムラインを、次の表に示します。 この表は、履歴の参照用に掲載されています。 サポート ライフサイクルの決定に使用するためのものではありません。

Version リリース日 Note
PowerShell 7.3 (プレビュー) 2022 年 1 月 .NET 7.0 (プレビュー) 上に構築されています
PowerShell 7.2 (LTS-current) 2021 年 11 月 .NET 6.0 (LTS-current) 上に構築されています
PowerShell 7.1 2020 年 11 月 .NET 5.0 上に構築されています
PowerShell 7.0 (LTS) 2020 年 3 月 .NET Core 3.1 (LTS) 上に構築されています
PowerShell 6.2 2019 年 3 月
PowerShell 6.1 2018 年 9 月 .NET Core 2.1 上に構築されています
PowerShell 6.0 2018 年 1 月 最初のリリースは .NET Core 2.0 上に構築されています。 Windows、Linux、macOS にインストールできます
Windows PowerShell 5.1 2016 年 8 月 Windows 10 Anniversary Update および Windows Server 2016、WMF 5.1 でリリースされました
Windows PowerShell 5.0 2016 年 2 月 Windows Management Framework (WMF) 5.0 でリリースされました
Windows PowerShell 4.0 2013 年 10 月 Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2、WMF 4.0 に統合されています
Windows PowerShell 3.0 2012 年 10 月 Windows 8 および Windows Server 2012 WMF 3.0 に統合されています
Windows PowerShell 2.0 2009 年 7 月 Windows 7 および Windows Server 2008 R2、WMF 2.0 に統合されています
Windows PowerShell 1.0 2006 年 11 月 Windows Server 2008 のオプションのコンポーネント