組織のアセット ライブラリを作成する

注:

この機能は、21Vianet (中国) または Microsoft 365 米国政府機関プランが運営するOffice 365では使用できません。

1 つのorganizationに対して最大 30 個のorganizationアセット ライブラリを指定できます。 これらのライブラリはすべて (種類に関係なく) 同じサイト上にある必要があります。 organizationアセット ライブラリとして設定できるのは、ライブラリ (フォルダーではなく) だけです。

organizationが使用するすべてのユーザーのファイルを格納および管理する必要がある場合は、SharePoint サイト上の 1 つ以上のドキュメント ライブラリを "organization アセット ライブラリ" として指定できます。次の 2 種類のorganizationアセットを作成できます。

  • 写真やロゴなどの画像: ユーザーが SharePoint のモダン ページに Web パーツを追加し、その Web パーツでファイル ピッカーを開くと、ユーザーは左側のウィンドウで [Your your organization] を選択して、指定したライブラリを参照できます。

    SharePoint ページに追加するイメージの選択

  • Office テンプレート: ユーザーが新しい Office ドキュメントを作成するときに、organizationのタブを選択して使用可能なテンプレートを表示できます。 次の Office アプリがサポートされています。

    • Word、Excel、または PowerPoint デスクトップ アプリ。 バージョン 2002 以降Microsoft 365 Appsも必要です。

      PowerPoint でのテンプレートの選択

    • PowerPoint on the web。 テンプレートは、[ 新しい ] メニューからは使用できません。 代わりに、ユーザーは PowerPoint のスタート ページに移動し、[ Office テンプレート ライブラリ] を選択する必要があります。 organizationアセット ライブラリをPowerPoint on the webのユーザーに表示するには、ユーザーに Office 365 E3 または E5 にライセンスを割り当てる必要があります。

      注:

      • organizationアセット ライブラリをPowerPoint on the webのユーザーに表示するには、ユーザーに Office 365 E3 または E5 にライセンスを割り当てる必要があります。 Word、Excel、または PowerPoint デスクトップ アプリを使用するユーザーには、バージョン 2002 以降Microsoft 365 Appsも必要です。 (organization アセット ライブラリは、web または Excel on the web 上のWordでは使用できません。
      • organizationアセット ライブラリがデスクトップ アプリのユーザーに表示されるようにするには、最大 24 時間を許可します。
      • アップロードされたテンプレート ファイルは、次の形式である必要があります。
      • ユーザーは、organizationアセット ライブラリをデスクトップ アプリに表示するために、organizationのルート サイトに対する読み取りアクセス許可が少なくとも必要です。

      組織のフォントは、PowerPoint for the webでサポートされています。 organizationフォントのサポートの詳細については、こちらを参照してください。

Microsoft PowerShell を使用してライブラリをorganizationアセット ライブラリとして指定する

  1. 既存のサイトを選択するか、organization資産の新しいサイトを作成します。 コミュニケーション サイト、Microsoft 365 グループに接続されているチーム サイト、Microsoft 365 グループに接続されていない最新のチーム サイトなど、あらゆる種類のサイトを指定できます。

    注:

    organizationアセット ライブラリはすべて同じサイト上にある必要があります。

  2. サイトのアクセス許可を設定します。 サイトまたは Microsoft 365 グループのメンバーまたは所有者としてファイルをアップロードできるようにするユーザーを追加します。 "外部ユーザーを除くすべてのユーザー" を訪問者として追加します。 必要に応じて、 ライブラリのアクセス許可をカスタマイズします。 ライブラリ内の最大 100 個のファイルとフォルダーのアクセス許可をカスタマイズできます。

  3. イメージまたは Office テンプレートをドキュメント ライブラリにアップロードします。

  4. 最新の SharePoint Online 管理シェルをダウンロードします

    注:

    SharePoint Online 管理シェルの以前のバージョンがインストールされている場合は、[プログラムの追加と削除] に移動して、"SharePoint Online 管理シェル" をアンインストールします。

  5. Microsoft 365 の グローバル管理者または SharePoint 管理者として SharePoint に接続します。 方法の詳細については、「SharePoint Online 管理シェルの使用を開始する」を参照してください。

  6. 次のコマンドを実行して、ドキュメント ライブラリをorganizationアセット ライブラリとして指定します。

    Add-SPOOrgAssetsLibrary -LibraryUrl <URL> [-ThumbnailUrl <URL>] [-OrgAssetType <ImageDocumentLibrary or OfficeTemplateLibrary>] [-CdnType <Public or Private>]
    
    • LibraryURL は、organization資産の中央の場所として指定されるライブラリの絶対 URL です。
    • ThumbnailURL は、ファイル ピッカーでカードの背景に表示するイメージ ファイルの URL です。このイメージはライブラリと同じサイト上にある必要があります。 ライブラリに対して一般に表示される名前は、organizationの名前になります。
    • OrgAssetType は または のいずれかImageDocumentLibraryOfficeTemplateLibraryです。 OrgAssetType を指定しない場合、ライブラリは既定でイメージ ライブラリとして指定されます。
    • CdnType を指定しない場合は、既定でプライベート CDN が有効になります。

    Add-SPOOrgAssetsLibrary コマンドレットの詳細については、こちらをご覧ください

    例:

    Add-SPOOrgAssetsLibrary -LibraryURL https://contoso.sharepoint.com/sites/branding/Assets -ThumbnailURL https://contoso.sharepoint.com/sites/branding/Assets/contosologo.jpg -OrgAssetType ImageDocumentLibrary
    

注:

organizationアセット ライブラリを追加すると、organizationのコンテンツ配信ネットワーク (CDN) が有効になり、共有資産に高速で信頼性の高いパフォーマンスが提供されます。 追加する各organizationアセット ライブラリに対して CDN を有効にするように求められます。 詳細については、「 コンテンツ配信ネットワーク (CDN)」を参照してください。