次の方法で共有


SharePoint でのユーザー プロファイルの削除に関する問題のトラブルシューティング

この記事では、ユーザーが SharePoint に表示されなくなったようにユーザーを削除する方法について説明します。 この方法は、プロファイル プロパティの同期や IDの不一致の問題をトラブルシューティングするために、Microsoft カスタマーサポート サービスから指示を受けた場合にのみ使用してください。

  • シナリオ 1: Microsoft 365 管理センター から削除されたユーザーが Microsoft Office SharePoint Online に依然として表示される。

    ユーザーまたはゲストが Microsoft Office SharePoint Online サイトにアクセスすると、そのユーザーの情報は UserInfo リストにキャッシュされます。 ユーザーまたはゲストが削除されると、関連する UserInfo 情報は削除されません。 そのプロファイルが表示されるため、ユーザー ピッカーを表示する際に混乱を招く可能性があります。

  • シナリオ 2: サイト ユーザー ID の不一致

    この問題は、ユーザーが削除され、アカウントが同じユーザー名で再作成されるときに最も頻繁に発生します。 Microsoft 365 管理センターまたは Active Directory のアカウント (ディレクトリ同期シナリオ) は削除され、同じユーザー プリンシパル名 (UPN) で再作成されます。 新しいアカウントは、別の ID 値を使用して作成されます。 そのユーザーがサイト コレクションや自分の OneDrive にアクセスしようとしたときに、ユーザーの ID は間違ったものになります。 もう 1 つのシナリオには、Active Directory 組織単位 (OU) とのディレクトリ同期が関連します。 SharePoint にサインインしているユーザーが、別の OU に移動されて SharePoint と再同期されると、この問題が発生することがあります。

Microsoft 365 管理センター からユーザーを削除する

Microsoft 365 管理センターでユーザーを削除する手順については、「組織からユーザーを削除する」を参照してください。

注:

ディレクトリ同期を使用している場合は、オンプレミスの Active Directory 環境からユーザーを削除する必要があります。

ユーザーを削除すると、一連のジョブによって SharePoint からそのユーザーが削除されます。 次の増分プロファイル インポート ジョブの後、そのユーザーは削除済みとしてマークされ、ユーザーのプロファイル ページも削除されます。また、MySite クリーンアップ ジョブによって、そのユーザーの OneDrive に削除対象マークが付けられます。

Microsoft 365 管理センター からゲストを削除する

  1. グローバル管理者または SharePoint 管理者としてサインイン https://admin.microsoft.com します。 (ページにアクセスするためのアクセス許可がないことを示すメッセージが表示された場合は、organizationに Microsoft 365 管理者アクセス許可がありません)。

    注:

    21Vianet (中国) が運営する Office 365 をお持ちの場合は、https://login.partner.microsoftonline.cn/ にサインインします。 次に、[管理] タイルを選択して管理センターを開きます。

  2. 左側のウィンドウで、[ユーザー]> [ゲスト ユーザー] を順に選択します。

  3. ユーザーを選択し、[ ユーザーの削除] を選択します。

SharePoint Online 管理シェルを使用してゲストを削除する

  1. SharePoint Online 管理シェルをインストールします

  2. Microsoft 365 の グローバル管理者または SharePoint 管理者として SharePoint に接続します。 方法の詳細については、「SharePoint Online 管理シェルの使用を開始する」を参照してください。

  3. 次のコマンドを実行します。

    Connect-SPOService -Url https://fabrikam-admin.sharepoint.com -Credential $cred
    
  4. 次のコマンドを使用して、各サイト コレクションからゲストを削除します。

    $ExtUser = Get-SPOExternalUser -filter jondoe@fabrikam.com
    

    注:

    プレースホルダーを jondoe@fabrikam.com シナリオのアカウントに置き換えます。

  5. 次のコマンドを入力します:

    Remove-SPOExternalUser -UniqueIDs @($ExtUser.UniqueId)
    

UserInfo リストからユーザーを削除する

上記の手順に従うと、Microsoft 365 および SharePoint にアクセスできなくなります。 ただし、Get-SPOUser コマンドレットを使用しても、ユーザーまたはゲストは連絡先検索および SharePoint Online 管理シェルに表示されます。 SharePoint からユーザーを完全に削除するには、UserInfo リストから削除する必要があります。 このようにするには、次の 2 つの方法があります。

SharePoint でのサイトごとの閲覧

ユーザーまたはゲストがアクセスした各サイト コレクションを参照し、次の手順に従う必要があります。

注:

このオプションは、ユーザーが以前にサイト コレクションを参照した場合にのみ使用できます。 アクセスが許可されていても、サイトを訪問したことがない場合は、一覧に表示されません。

  1. サイトを参照し、その末尾に次の文字列を追加して URL を編集します: /_layouts/15/people.aspx?MembershipGroupId=0

    たとえば、完全な URL は 次のようになります。https://fabrikam.sharepoint.com/_layouts/15/people.aspx?membershipGroupId=0

  2. 一覧からユーザーを選択し、[操作] メニューの [サイト コレクションからのユーザーの削除] を選択します。

SharePoint Online 管理シェルを使用する

  1. SharePoint Online 管理シェルをインストールします

  2. Microsoft 365 の グローバル管理者または SharePoint 管理者として SharePoint に接続します。 方法の詳細については、「SharePoint Online 管理シェルの使用を開始する」を参照してください。

  3. ユーザーまたはゲストがアクセスしたサイト コレクションごとに、次のコマンドを実行します。

    Remove-SPOUser -Site https://fabrikam.sharepoint.com/sites/sc1 -LoginName jondoe@fabrikam.com
    

    注:

    プレースホルダーを jondoe@fabrikam.com 該当するユーザーに置き換えます。

ブラウザーの履歴をクリアする

SharePoint は、ユーザー ピッカーを含むいくつかのシナリオでブラウザーのキャッシュを使用します。 ユーザーを完全に削除しても、そのユーザーがブラウザーのキャッシュに残っている場合があります。 ブラウザーの履歴をクリアすることで、この問題は解決します。 Microsoft Edge でこれを行う方法については、「Microsoft Edge で ブラウザー履歴を表示および削除する」を参照してください。

ブラウザーの履歴をクリアするときは、[Cookie と Web サイトのデータをクリアする] も選択していることを確認してください。