SharePoint Server 2016 の 2017 年 9 月 PU (Feature Pack 2) の新機能

適用対象:no-img-13 2013yes-img-162016 no-img-192019 no-img-seSubscription Edition no-img-sopSharePoint in Microsoft 365

SharePoint Server 2016、SharePoint 2013、SharePoint 2010 の更新プログラムと関連するサポート情報記事の一覧については、「SharePoint 更新プログラム」を参照してください。

2017 年 9 月パブリック更新プログラム SharePoint Server 2016 (Feature Pack 2) には、従来の SharePoint ページに対する SharePoint Framework クライアント側 Web パーツ サポートが含まれます。

SharePoint Server 2016 (Feature Pack 2)

SharePoint Server 2016 Feature Pack 2 には、従来の SharePoint ページに対する SharePoint Framework クライアント側 Web パーツ サポートが含まれます。 このバージョンは展開されたパッケージのサーバー側の依存関係と一致するため、SharePoint Server 2016 は SharePoint Framework の 1 つのバージョンの使用のみをサポートします。 Microsoft 365 の SharePoint では、常に最新バージョンのSharePoint Frameworkが使用されます。 その理由は、Microsoft 365 と SharePoint Server 2016 の SharePoint には新機能のリリース サイクルが同じないため、SharePoint Frameworkとは異なるリソースも必要になるためです。 詳細については、「SharePoint 2016 Feature Pack 2 を使用したSharePoint Framework開発」と「SharePoint Frameworkの概要」を参照してください。

重要

Feature Pack 2 には、Feature Pack 1 に盛り込まれた新機能すべてが含まれています。 Feature Pack 2 をインストールする前に、別個に Feature Pack 1 をインストールする必要はありません。 2017 年 9 月のパブリック更新プログラムをはじめとする、今後すべての SharePoint Server 2016 用のパブリック更新プログラムは、Feature Pack 2 を含むことになります。

SharePoint 2013 および SharePoint 2016

SharePoint Server 2016 の新機能と強化された機能

SharePoint Server 2016 の 2016 年 11 月 PU (Feature Pack 1) の新機能

SharePoint Server 2016 の新機能

関連項目

その他のリソース

SharePoint Framework Web パーツを SharePoint Server 2016 (Feature Pack 2) へ展開する