次の方法で共有


移行マネージャーを使用して Google Workspace を Microsoft 365 に移行する

Microsoft 365 の OneDrive と SharePoint に Google ワークスペースのファイル、メタデータ、アクセス許可を移行することで、すべてを 1 か所で共同作業できます。

どのような仕組みですか?

  • 手順 1:Google に接続します。 Google アカウントにサインインし、Google ワークスペース Marketplace に Microsoft 365 移行アプリをインストールします。

  • 手順 2:スキャンして評価します。 スキャン用の Google ドライブを追加します。 スキャンが完了したら、[ スキャン レポート] をダウンロードして、移行をブロックする可能性のある問題を調査します。

  • 手順 3:移行リストにコピーします。 Google ドライブが "移行の準備完了" としてスキャンされたら、移行リストに追加します。

  • 手順 4:宛先パスを確認します。 ソース パスは、完全に一致する宛先パスに自動的にマップされます。 宛先パスごとに、必要に応じて確認および変更を行い、コンテンツが適切な場所にコピーされていることを確認します。

  • 手順 5:ID のマップ。 Google Drive のグループとユーザーを Microsoft 365 のグループとユーザーにマップして、メタデータとアクセス許可を正しく移行します。

  • 手順 6:移行と監視移行の設定を確認したら、Google ドライブを移行し、進行状況を監視します。

ヒント

このビデオを見て、作業を開始する: 移行マネージャーを使用して Google ファイルを Microsoft 365 に移行する

概要

次の手順をお試しください。

Microsoft 365 Admin Center ホーム - セットアップ - 移行とインポートに移動し、[Google ドライブ] または [Google ワークスペース] を選択して移行プロジェクトを作成し、組織の管理者権限を持つアカウントでサインインします。

以下を保持していることを確認します。

  • 移行先へのアクセス権: コンテンツを移行する Microsoft 365 テナントのグローバル管理者または OneDrive/SharePoint 管理者である必要があります。

  • ソースのアクセス権: 移行する予定の Google ユーザー アカウントへの読み取りアクセス権を持つ Google アカウント資格情報を持っています。

  • インストール済みの前提条件: 必要な前提条件がインストールされていることを確認してください。

Google 共有ドライブとアクセス許可

Google 共有ドライブを検出し、正常に移行できるようになりました。 Google 共有ドライブのアクセス許可は、[プロジェクトの設定] で設定した内容に従って、 一般的なアクセス許可設定で移行されます。

フォルダーのアクセス許可は既定で移行されます。 ファイルのアクセス許可はオンデマンドで移行されます。

共有ドライブでアクセス許可を移行する場合は、次の手順をお勧めします。

  • Google ドライブ グループと同じメンバーシップを持つ Microsoft 365 グループを再作成します。 新しいグループを作成するか、Google 共有ドライブの移行先として指定されたチーム サイトにリンクされているグループを編集できます。
  • [Id のマップ] 設定で、共有ドライブの元の Google ドライブ グループを Microsoft 365 グループにマップします。

移行されないもの

Google サイトと Google Maps の移行はサポートされていませんが、Google Docs/スプレッドシート/スライド/フォームは、Microsoft 365 では同等のファイルの種類として移行されます。 サポートされていないファイルの詳細

Google 独自のファイルのファイル サイズ

Google では、2022 年 5 月 2 日に Google Docs、スプレッドシート、フォーム、スライドなど、独自のファイルのサイズの計算のみを開始しました。 2022 年 5 月 2 日 より前に 作成および変更された Google 独自のファイルには、API 呼び出しから取得したメタデータ情報にファイル サイズは含まれません。 その結果、2022 年 5 月 2 日より前に作成されたすべての Google 独自のファイルは、既定で 1 バイトのスキャン サイズに設定され 、ScanSummary レポートでそのように報告されます。

[restricted](制限付き) としてマークされたファイル

Google ワークスペース/ドライブを使用すると、所有者はユーザーがファイルごとにファイルをコピー、ダウンロード、または印刷する機能を制御できます。 既定では、この機能はファイルごとに有効になっています。 移行を確実に成功させるには、この設定を有効にしたままにする必要があります。 これを無効にすると、別のユーザーが所有するファイルを移行するときに、次のエラーが発生する可能性があります。 Permissions issue: File marked as restricted or not copyable この設定を有効にするには:

  1. ファイルの [共有 ] パネルに移動します。
  2. 右上隅にある [設定] アイコン をクリックします。
  3. [閲覧者とコメント者は、ダウンロード、印刷、コピーのオプションを表示できます] 設定のチェックボックスをオンにします。