Share via


sp_delete_database_firewall_rule (Azure SQL Database)

適用対象:Azure SQL Database

Azure SQL Database からデータベース レベルのファイアウォール設定を削除します。 データベース ファイアウォール規則は、データベースと SQL Database 上の master ユーザー データベースに対して構成および削除できます。

構文

sp_delete_database_firewall_rule [ @name = ] [ N ] 'name'
[ ; ]

引数

[ @name = ] [ N ] 'name'

削除するデータベース レベルのファイアウォール設定の名前。 @nameは既定値のない nvarchar(128) です。 UNICODE プレフィックス N は、SQL Database では省略可能です。

アクセス許可

データベース レベルのファイアウォール規則を削除できるのは、プロビジョニング プロセスによって作成されたサーバー レベルのプリンシパル ログイン、または管理者として割り当てられた Microsoft Entra 管理者だけです。

Note

Microsoft Entra ID は、以前は Azure Active Directory (Azure AD) と呼ばれていました。

次の例では、データベース レベルのファイアウォール設定を削除します Example DB Setting 1

EXECUTE sp_delete_database_firewall_rule N'Example DB Setting 1';