システム テーブル (Transact-SQL)

適用対象:SQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

このセクションのトピックでは、SQL Serverのシステム テーブルについて説明します。

システム テーブルは、どのユーザーも直接変更しないでください。 たとえば、システム テーブルを DELETE、UPDATE、INSERT ステートメント、またはユーザー定義のトリガーで変更しないでください。

システム テーブル内の列で、このドキュメントに記載されている列の参照は許可されています。 ただし、システム テーブルの列の多くは記載されていません。 ドキュメントに記載されていない列に直接クエリを実行するようにアプリケーションを書き込むべきではありません。 代わりに、システム テーブル内に保存されている情報を取得するには、アプリケーションでは次のコンポーネントのいずれかを使用します。

  • システム ストアド プロシージャ

  • Transact-SQL ステートメントと関数

  • SQL Server 管理オブジェクト (SMO)

  • レプリケーション管理オブジェクト (RMO)

  • データベース API カタログ関数

これらのコンポーネントは、SQL Serverからシステム情報を取得するための公開された API を構成します。 Microsoft では、これらのコンポーネントの互換性をリリースからリリースまで維持しています。 システム テーブルの形式は、SQL Serverの内部アーキテクチャによって異なり、リリースからリリースに変更される可能性があります。 そのため、ドキュメントに記載されていないシステム テーブルの列に直接アクセスするアプリケーションは、新しいバージョンのSQL Serverにアクセスする前に変更する必要があります。

このセクションの内容

システム テーブルのトピックは、次の機能領域で構成されています。

参照

互換性ビュー (Transact-SQL)
カタログ ビュー (Transact-SQL)