SQL Server Management Studio (SSMS) のリリース ノート

適用対象:SQL ServerAzure SQL DatabaseAzure SQL Managed InstanceAzure Synapse Analytics

この記事では、SSMS の現在と以前のバージョンの更新、機能強化、バグ修正に関する詳細情報を提供します。

Note

2021 年 12 月、18.6 より前の SSMS のリリースでは、MFA を使用する Azure Active Directory を介したデータベース エンジンに対する認証は行われなくなります。 MFA で Azure Active Directory 認証を引き続き利用するには、SSMS 18.6 以降が必要です。

MFA を使用する Azure Active Directory 経由の Azure Analysis Services への接続には、SSMS 18.5.1 以降が必要です。

現在の SSMS リリース

SQL Server Management Studio (SSMS) 19.0 のダウンロード

SSMS の最新の一般提供 (GA) リリースは、SSMS 19.0 です。 SSMS の以前のバージョンが必要な場合は、以前のリリースの SSMS を参照してください。

19.0

  • リリース番号: 19.0
  • ビルド番号: 19.0.20196.0
  • リリース日: 2023 年 1 月 26 日

簡体中国語 | 繁体中国語 | 英語 (米国) | フランス語 | ドイツ語 | イタリア語 | 日本語 | 韓国語 | ポルトガル語 (ブラジル) | ロシア語 | スペイン語 |

19.0 の新機能

New Item 詳細
SQL Server 2022 のサポート SSMS 19.0 は、SQL Server 2022 (互換性レベル 160) に完全対応している最初のリリースです。
Azure Data Studio のインストールの統合 SSMS をインストールすると、Azure Data Studio 1.41 がインストールされます。
ユーザー補助 データ分類ウィンドウのキーボード ナビゲーションとスクリーン リーダーのテキストが改善されました。
Always Encrypted セキュリティで保護されたエンクレーブ (列暗号化) で Always Encrypted を使用する場合に、[サーバーに接続] ダイアログで構成証明プロトコルを明示的に構成する機能を追加しました。
Azure Active Directory 認証 リレーショナル SQL インスタンスへの接続で、Azure Active Directory サービス プリンシパル、Azure Active Directory マネージド ID、Azure Active Directory の既定の認証方法がサポートされるようになりました。 "既定" では、一連の考えられるソースが認証に使用されます。たとえば、環境変数、Azure マネージド ID、ユーザーの共有トークン キャッシュ、Visual Studio、Azure CLI、Azure PowerShell などです。 詳しくは、「オプション (Azure サービス)」を参照してください
監査 SQL 2022 アクションのサポートが追加されました。
クライアント ドライバー Microsoft.Data.SqlClient に変更されました。
包含 Always On 可用性グループ 包含 Always On 可用性グループのサポートを追加しました。
データ分類 データ分類ユーザー インターフェイスの機能強化。
データベース チューニング アドバイザー 元々は SQL Server 2016 で利用可能になった、非クラスター化インデックス サイズの増加 (最大 1700 バイト) のサポートが追加され、推奨インデックスの拡張が可能になりました。
SSMS 全般 新しいページ ([ツール] > [出力]> [出力ウィンドウ]) が追加され、[出力] ウィンドウに表示されるウィンドウ チャネルをユーザーが制御できるようになりました。 詳しくは、「オプション (出力ウィンドウ - 全般)」を参照してください。
ドイツの Azure SSMS から Azure Germany への参照が削除されました。
Ledger LEDGER = ON のデータベースから作成された bacpac または dacpac のインポート/エクスポートのサポートが追加されました。
台帳 台帳機能データベース台帳のサポートを追加しました。 詳細については、「データベース台帳とは」を参照してください。
Azure SQL Managed Instance のリンク機能 MI リンク ウィザードで選択したタスクが失敗した場合のロールバック サポートが導入されました。
メンテナンス プラン メンテナンス プラン ノードが、オブジェクト エクスプローラーで使用できるようになりました。
オブジェクト エクスプローラー [Dropped Columns] (削除された列) フォルダーが、1 つ以上の列を削除するように変更された台帳テーブルの [列] フォルダーの下に存在するようになりました。
PowerShell インメモリ OLTP 移行から PowerShell スクリプトの生成が削除されました。
クエリの実行または結果 開いている接続のチェックが改善されました。
クエリ プラン Merge Join 操作の Residual プロパティに省略記号ボタンが追加されました。 「SSMS: Merge Join 操作の Residual プロパティに省略記号ボタンを追加」を参照してください。
クエリ結果 [ツール] > [オプション] > [クエリ実行] に、クエリ ウィンドウを閉じるときに "トランザクション数のクエリ" ウィンドウを表示しないようにするオプションが追加されました。 「SSMS - トランザクション数のクエリ - 非同期」を参照してください。
クエリ調整アシスタント ユーザー インターフェイスが更新され、アクセシビリティが向上しました。
セキュリティ SQL Server 2022 と SQL Server 2019 で導入されたアクセス許可のサポートが追加されました。
スクリプト スクリプトの場合、互換性レベルの既定値は 160 です。
Showplan プラン表示 XML スキーマが更新されました。
Showplan ハイパースケール最適化クエリ処理のサポートが追加されました。
Showplan DOPFeedbackAdjusted クエリ プラン属性を追加しました。
SNAC SSMS から SQL Server Native Client (SNAC/SQLNCLI) への依存関係が削除されました。 詳しくは、「SQL Server Native Client のサポート ポリシー」を参照してください。
SqlParser TRIM 関数のサポートが追加されました。

19.0 でのバグ修正

New Item 詳細
アクセシビリティ データ分類ウィンドウで移動するときのアクセシビリティの問題を修正しました。
利用状況モニター 利用状況モニターからクエリ プランを表示するときに SSMS が予期せず終了する問題が修正されました。
Analysis Services Analysis Services への接続が使用できるようになりました。
Always Encrypted ユーザーがサインアウト後に [列マスター キー] ダイアログにサインインできない問題に対処しました。
可用性グループ ダッシュ ボード SQL Server 2016 で AG の可用性グループ ダッシュボードに接続すると "不明なプロパティ ClusterType" エラーが発生する問題を修正しました。
バックアップ SQL Server 2017 に対して NUL バックアップ デバイスを作成する機能が追加されました。
中央管理サーバー SQL 2022 より前の Central Management Servers から SQL ERRORLOG を表示する機能が提供されました。
列マスター キー 回転ダイアログの列マスター キー名の幅が広げられ、完全な名前が表示されるようになりました。
接続 Azure Resource Manager と Microsoft Information Protection を使用しない認証に関する問題が修正されました。
接続 ドメインに参加していないマシンで認証された SQL 以外で Azure にログインする際の問題に対処しました。
データベース コピー ウィザード SQL Management Object メソッドを使用してデータベースをコピーするときに発生するログ プロバイダーの種類エラーを修正しました。
データベースの復元 既存のデータベースにバックアップを復元するときに生成されるエラーが解決されました。 「SSMS による予期しない動作」を参照してください。
データベース チューニング アドバイザー 推奨事項を生成するときにプラン表示 XML の予期しない要素を無視する機能が追加されました。
データベース チューニング アドバイザー チューニング ログ テーブルを設定できない問題が解決されました。
データベース チューニング アドバイザー ZeroMemory を SecureZeroMemory に置き換えるなどのセキュリティ修正プログラムが実装されました。
データ層アプリケーションのインポート/エクスポート [データ層アプリケーションの配置] オプションを使って抽出された dacpac をデータベースに配置する機能が復元されました。
Azure SQL Managed Instance のリンク機能 MI リンクでの接続のリークに関する問題が修正されました。
Azure SQL Managed Instance のリンク機能 Azure へのログイン ペインのサブスクリプション ドロップダウンのサイズが更新され、サブスクリプション名が正しく表示されるようになりました。
Azure SQL Managed Instance のリンク機能 Azure サインイン オプションが正しく表示されるように、ディスプレイが更新されました。
Microsoft Information Protection 以前のバージョンの SQL Server で Microsoft Information Protection を表示するときのアイコン表示が改善されました。
オブジェクト エクスプローラー ビューの作成 UX を使用して無効な構文を持つビューを作成しても、SSMS がクラッシュしなくなりました。
オブジェクト エクスプローラー プラットフォームでサポートされていない場合、台帳オブジェクトが表示されなくなりました。
パーティション分割 パーティション ウィンドウの管理 UX に Azure SQL Managed Instance パーティション テーブルのサポートが追加されました。
Power BI データマート Power BI データマートに接続する機能が追加されました。
クエリ エディター クエリ ウィンドウを閉じるときに音声通知が発生する問題を修正しました。 「SSMS 18.11.1 クエリ ウィンドウを閉じるとビープ音が発生する」を参照してください。
[登録済みサーバー] 同じフォルダーに複数の登録済みサーバーを含むマルチサーバー クエリの接続の問題が修正されました。
レプリケーション パブリケーション ウィザードを使用して新しいマージ パブリケーションを作成する場合の、"互換性レベルが 70 以上に設定されるまで、このデータベースからマージ パブリケーションを作成できません" というエラーを修正しました。
セキュリティ 不足しているデータベースのアクセス許可が追加されました。
スクリプト DW の [挿入] としてスクリプトを作成する機能が追加されました。
SQL エージェント SQL Agent のキューに登録されたジョブに [キューに登録済み] 状態が表示されるようになりました。
SMO/スクリプト作成 列に datetime のマスクを追加した後の CREATE TABLE スクリプトの失敗に対処しました。
SqlParser DATE_BUCKET 関数の正しくない構文を修正しました。
SqlParser CREATE USER と CREATE LOGIN に不足しているオプションを追加しました。
SSIS [スケジュール] メニュー項目が Azure SSIS カタログに表示されるようになりました。
Synapse SSMS の Synapse オファリングに対する一貫性のある名前付けが作成されました。
XEvent 名前が別のセッション名と重複するイベント セッションのターゲット データを読み取る際に、不適切なイベント セッションのデータがビューアーに表示される問題を修正しました。

既知の問題 (19.0)

New Item 詳細 回避策
データベース デザイナー 空間データを使用してテーブルを参照するビューの [デザイン] オプションを選択すると、SSMS がクラッシュします。 T-SQL を使用してビューを変更します。
プロファイラー [プロファイラー] メニューはローカライズされていません。 現在、代替手段はありません。
クエリ エディター .sql ファイルをダブルクリックした後に SSMS が開くと、オブジェクト エクスプローラー ウィンドウが別のウィンドウとして表示されます。
SQL Managed Instance SQL MI データベースのデータベース プロパティを表示すると、"サブクエリから 1 つ以上の値が返されました。 サブクエリが =、!=、<、<=、>、>= の後に続く場合や、サブクエリが 1 つの式として使われる場合は複数の値は許可されません。 (.NET SqlClient Data Provider)" というエラーが返されることがあります。 msdb のデータが正しくないことによる既知の問題があります。 解決するには、バックアップ履歴を削除してください。 たとえば、EXECmsdb..sp_delete_backuphistory @oldest_date = '<current date>' です。
ストレージ アカウント ストレージ アカウントからコンテナーを削除しようとすると、"(400) 無効な要求" エラーが発生して失敗します。 コンテナーの削除には Azure portal を使用します。
[Server Audit] エラー "項目は既に追加されています。 辞書のキー: 'MNDO' 追加されるキー: 'MNDO' "(監査のログを表示する場合)。 現在の回避策はありません。
Stretch DB Stretch DB ウィザードを削除しました。 T-SQL を使用して Stretch DB を構成するか、SSMS 18.9.1 以前を使って Stretch DB ウィザードを使用します。

他の既知の問題について、および製品チームにフィードバックを提供するには、SQL Server ユーザー フィードバックを参照できます。

以前のリリースの SSMS

以前のバージョンの SSMS をダウンロードするには、関連セクションでダウンロード リンクを選択します。

SSMS のバージョン ビルド番号 リリース日
18.12.1 15.0.18420.0 2022 年 6 月 21 日
17.9.1 14.0.17289.0 2018 年 11 月 21 日
16.5.3 13.0.16106.4 2017 年 1 月 30 日

18.12.1

  • リリース番号: 18.12.1
  • ビルド番号: 15.0.18424.0
  • リリース日: 2022 年 6 月 21 日

簡体中国語 | 繁体中国語 | 英語 (米国) | フランス語 | ドイツ語 | イタリア語 | 日本語 | 韓国語 | ポルトガル語 (ブラジル) | ロシア語 | スペイン語

18.12.1 の新機能

New Item 詳細
Azure Data Studio のインストールの統合 SSMS をインストールすると Azure Data Studio 1.37 がインストールされます。

18.12.1 でのバグ修正

New Item 詳細
Always Encrypted Azure Key Vault をキー ストアとして使用するときに例外が生成される、列マスター キーの作成に関する問題を修正しました。
データ分類 SSMS 18.10 以降にアップグレードした後、"ファイルまたはアセンブリ 'Microsoft.Information.Protection', Version=1.10.98.0 を読み込めませんでした" と表示される問題を修正しました。 「最新の SSMS 18.11.1 でデータ分類が中断される。更新後にアセンブリが見つからないエラーが発生する」を参照してください。
SSMS 全般 Azure SQL DB で MFA と共に [データ層アプリケーションの配置] オプションを使用した dacpac 配置に関連するエラーを解決しました。

17.9.1

SSMS 17.9.1 のダウンロード

  • リリース番号:17.9.1
  • ビルド番号:14.0.17289.0
  • リリース日: 2018 年 11 月 21 日

簡体中国語| 繁体中国語| 英語 (米国)| フランス語| ドイツ語| イタリア語| 日本語| 韓国語| ポルトガル語 (ブラジル)| ロシア語| スペイン語

17.9.1 でのバグの修正

  • "Azure Active Directory - Universal with MFA のサポート" 認証を SQL クエリ エディターと共に使用すると、クエリを呼び出すたびに接続が終了し、再び開かれることがある、という問題を修正しました。 接続が終了する副作用として、グローバル一時テーブルが予期せず削除されること、また場合によって接続に新しい SPID が付与されることがあります。
  • 復元プランが復元プランを発見できない、または特定の条件下で非効率的な復元プランが生成されるという、長いあいだ未解決であった問題を修正しました。
  • Azure SQL Database への接続時にエラーが発生する原因となっていた、"データ層アプリケーションのインポート" ウィザードの問題を修正しました。

Note

SSMS 17.x の英語以外のローカライズされたリリースでは、Windows 8、Windows 7、Windows Server 2012、Windows Server 2008 R2 にインストールする場合、KB 2862966 セキュリティ更新プログラム パッケージが必要です。

SSMS 17.x をアンインストールおよび再インストールする

SSMS のインストールで問題があり、標準のアンインストールと再インストールでは解決されない場合、最初に Visual Studio 2015 IsoShell の修復をお試しください。 Visual Studio 2015 IsoShell の修復で問題が解決しない場合、多数のランダムな問題は次の手順で修正されることが確認されています。

  1. アプリケーションをアンインストールする場合と同じ方法で、SSMS をアンインストールします (Windows のバージョンに応じて [アプリと機能][プログラムと機能] を使用する)。

  2. 管理者特権でのコマンド プロンプトから Visual Studio 2015 IsoShell をアンインストールします。

    PUSHD "C:\ProgramData\Package Cache\FE948F0DAB52EB8CB5A740A77D8934B9E1A8E301\redist" vs_isoshell.exe /Uninstall /Force /PromptRestart

  3. アプリケーションをアンインストールする場合と同じ方法で、Microsoft Visual C++ 2015 再頒布可能パッケージをアンインストールします。 コンピューター上に x86 と x64 がある場合は、両方ともアンインストールします。

  4. 管理者特権でのコマンド プロンプトから Visual Studio 2015 IsoShell を再インストールします。

    PUSHD "C:\ProgramData\Package Cache\FE948F0DAB52EB8CB5A740A77D8934B9E1A8E301\redist" vs_isoshell.exe /PromptRestart

  5. SSMS を再インストールします。

  6. 最新バージョンでない場合は、最新バージョンの Visual C++ 2015 再頒布可能パッケージにアップグレードします。

16.5.3

SSMS 16.5.3 のダウンロード

  • リリース番号:16.5.3
  • ビルド番号:13.0.16106.4
  • リリース日: 2017 年 1 月 30 日

簡体中国語| 繁体中国語| 英語 (米国)| フランス語| ドイツ語| イタリア語| 日本語| 韓国語| ポルトガル語 (ブラジル)| ロシア語| スペイン語

16.5.3 でのバグの修正

  • SSMS 16.5.2 で、テーブルに複数のスパース列がある場合に 'Table' ノードが拡張される原因となっていた問題が修正されました。

  • ユーザーは、SSIS カタログに、Microsoft Dynamics AX/CRM Online のリソースに接続される OData 接続マネージャーを含む SSIS パッケージを展開できます。 詳細については、「OData 接続マネージャー」を参照してください。

  • 関連付けられていないオブジェクトで既存のテーブルに対して Always Encrypted を構成すると、エラーが発生して実行できない ( Connect ID 3103181 を参照)。

  • 複数のスキーマを持つ既存のデータベースに対して Always Encrypted を構成できない ( Connect ID 3109591 を参照)。

  • データベースにシステム ビューを参照するビューが含まれているため、Always Encrypted の暗号化された列ウィザードでエラーが発生する ( Connect ID 3111925 を参照)。

  • Always Encrypted を使用して暗号化する場合、暗号化後のモジュールの更新によるエラーが正しく処理されません。

  • [最近使用した項目を開く] メニューに、最近保存したファイルが表示されない ( Connect ID 3113288 を参照)。

  • テーブルのインデックスを右クリックすると SSMS の動作が遅くなる (リモート (インターネット) 接続経由の場合)。 Connect ID 3114074 を参照)。

  • SQL デザイナーのスクロール バーの問題が修正されました ( Connect ID 3114856 を参照)。

  • テーブルのコンテキスト メニューがすぐに応答を停止する

  • SSMS で利用状況モニターの例外がスローされ、クラッシュする場合がある ( Connect ID 697527 を参照)。

  • ".NET ランタイムの内部エラーにより、処理が中止されました。IP 71AF8579 (71AE0000)、終了コード 80131506" という内容のエラーで SSMS 2016 がクラッシュします

追加のダウンロード

すべての SQL Server Management Studio ダウンロードの一覧については、「Microsoft ダウンロード センター」を検索してください。

SQL Server Management Studio の最新リリースについては、「SQL Server Management Studio (SSMS) のダウンロード」を参照してください。

次のステップ