DBCC CHECKFILEGROUP (Transact-SQL)

適用対象: SQL Server (サポートされているすべてのバージョン) Azure SQL Database Azure SQL Managed Instance

現在のデータベースで、指定されたファイル グループのすべてのテーブルおよびインデックス付きビューの割り当てと構造的整合性をチェックします。 Topic link iconTransact-SQL 構文表記規則

構文

DBCC CHECKFILEGROUP   
[  
    [ ( { filegroup_name | filegroup_id | 0 }   
        [ , NOINDEX ]   
  ) ]  
    [ WITH   
        {   
            [ ALL_ERRORMSGS | NO_INFOMSGS ]   
            [ , TABLOCK ]   
            [ , ESTIMATEONLY ]  
            [ , PHYSICAL_ONLY ]    
            [ , MAXDOP  = number_of_processors ]  
        }   
    ]  
]  

Note

SQL Server 2014 以前の Transact-SQL 構文を確認するには、以前のバージョンのドキュメントを参照してください。

引数

filegroup_name
現在のデータベースで、テーブルの割り当てと構造的整合性をチェックするファイル グループの名前を指定します。 指定しない場合、または 0 を指定した場合、既定はプライマリ ファイル グループとなります。 ファイル グループ名は、識別子の規則に従っている必要があります。
filegroup_name に FILESTREAM ファイル グループは指定できません。

filegroup_id
現在のデータベースで、テーブルの割り当てと構造的整合性をチェックするファイル グループの ID 番号を指定します。

NOINDEX
ユーザー テーブルの非クラスター化インデックスの集中チェックを実行しないように指定します。 これにより、全体の実行時間が短縮されます。 DBCC CHECKFILEGROUP は、常にすべてのシステム テーブルのインデックスをチェックするため、NOINDEX はシステム テーブルには影響を与えません。

ALL_ERRORMSGS
オブジェクトごとにエラーを無制限に表示します。 既定では、すべてのエラー メッセージが表示されます。 このオプションを指定しても省略しても影響はありません。

NO_INFOMSGS
すべての情報メッセージを表示しないようにします。

TABLOCK
DBCC CHECKFILEGROUP が、内部データベースのスナップショットを使用するのではなく、ロックを取得します。

ESTIMATE ONLY
必要な他のオプションをすべて指定した状態で、DBCC CHECKFILEGROUP の実行時に必要となる tempdb 領域の予測サイズを表示します。

PHYSICAL_ONLY
チェック内容を、ページ、レコード ヘッダー、および B ツリーの物理構造の整合性に限定します。 ファイル グループの物理的一貫性に関する低オーバーヘッド チェックを提供するように設計されているため、このチェックではデータが損傷する可能性のある破損ページおよび一般的なハードウェア障害も検出できます。 完全な DBCC CHECKFILEGROUP を実行すると、以前のバージョンよりはるかに時間がかかることがあります。 この現象は次の原因により発生します。

  • 論理チェックの対象範囲が広がった。
  • チェック対象の、基になる構造の一部が複雑になった。
  • 新機能を含めるために多数の新しいチェックが導入された。

Note

SQL Server のドキュメントでは、一般にインデックスに関して B ツリーという用語が使用されます。 行ストア インデックスで、SQL Server によって B+ ツリーが実装されます。 これは、列ストア インデックスやメモリ内データ ストアには適用されません。 詳細については、「SQL Server のインデックスのアーキテクチャとデザイン ガイド」を参照してください。

したがって、大規模なファイル グループでは、PHYSICAL_ONLY オプションを使用すると DBCC CHECKFILEGROUP の実行時間が大幅に短縮されることがあるため、実稼働システムで頻繁に使用する場合はこのオプションを使用することをお勧めします。 ただし、完全な DBCC CHECKFILEGROUP を定期的に実行することもお勧めします。 実行する頻度は、それぞれの業務環境や運用環境に固有の要因によって異なります。 PHYSICAL_ONLY を指定した場合は常に NO_INFOMSGS も暗黙的に指定されるため、修復オプションを同時指定することはできません。

Note

PHYSICAL_ONLY を指定すると、DBCC CHECKFILEGROUP で FILESTREAM データのチェックがすべてスキップされるようになります。

MAXDOP
適用対象:SQL Server 2014 SP2 から現在のバージョン

ステートメントの sp_configuremax degree of parallelism 構成オプションをオーバーライドします。 MAXDOP では、sp_configure で構成されている値を超えることができます。 MAXDOP では、Resource Governor で構成されている値を超えると、データベース エンジンは、「ALTER WORKLOAD GROUP (Transact-SQL)」に記載のリソース ガバナーの MAXDOP 値を使用します。 MAXDOP クエリ ヒントを使用している場合は、max degree of parallelism 構成オプションで使用されるすべての意味ルールを適用できます。 詳細については、「 max degree of parallelism サーバー構成オプションの構成」を参照してください。

注意事項

MAXDOP が 0 に設定されている場合、サーバーでは最大限の並列処理が実行されます。

解説

DBCC CHECKFILEGROUP と DBCC CHECKDB はほぼ同じ DBCC コマンドです。 主な相違点は、DBCC CHECKFILEGROUP の対象が、指定された単一のファイル グループと必要なテーブルのみに限定されることです。 DBCC CHECKFILEGROUP は次のコマンドを実行します。

  • ファイル グループの DBCC CHECKALLOC
  • ファイル グループ内のすべてのテーブルおよびインデックス付きビューの DBCC CHECKTABLE

DBCC CHECKALLOC または DBCC CHECKTABLE を DBCC CHECKFILEGROUP と分けて実行する必要はありません。

内部データベース スナップショット

DBCC CHECKFILEGROUP は、内部データベースのスナップショットを使用して、これらのチェックを実行するために必要なトランザクションの一貫性を実現します。 詳細については、「データベース スナップショットのスパース ファイルのサイズを表示する方法 (Transact-SQL)」と、「DBCC (Transact-SQL)」の「DBCC 内部データベース スナップショットの使用」セクションを参照してください。 スナップショットを作成できない場合や TABLOCK オプションが指定されている場合、DBCC CHECKFILEGROUP はロックを取得して必要な一貫性を実現します。 この場合、割り当てのチェックを行うための排他データベース ロックと、テーブルのチェックを行うための共有テーブル ロックが必要です。 TABLOCK の作用によって負荷の高いデータベースでも DBCC CHECKFILEGROUP の実行速度が速くなりますが、DBCC CHECKFILEGROUP の実行中、データベースでのコンカレンシーは低下します。

Note

tempdb に対して DBCC CHECKFILEGROUP を実行しても、割り当てのチェックは行われず、共有テーブル ロックを取得してテーブルのチェックを行う必要があります。 これは、パフォーマンス上の理由から、データベースのスナップショットが tempdb では利用できないためです。 つまり、必要なトランザクションの一貫性を実現できないためです。

オブジェクトの並列チェック

既定では、DBCC CHECKFILEGROUP はオブジェクトの並列チェックを実行します。 並列処理の次数は、クエリ プロセッサによって自動的に決定されます。 並列処理の次数の最大値は、並列クエリと同様に構成します。 DBCC チェックに利用できるプロセッサの最大数を制限するには、sp_configure を使用します。 詳細については、「 max degree of parallelism サーバー構成オプションの構成」を参照してください。 並列チェックはトレース フラグ 2528 を使用して無効にできます。 詳細については、トレース フラグ (Transact-SQL)に関する記事を参照してください。

異なるファイル グループの非クラスター化インデックス

指定したファイル グループ内の非クラスター化インデックスが、別のファイル グループ内のテーブルに関連付けられている場合、ベース テーブルが検証できないので、インデックスはチェックされません。 指定したファイル グループ内のテーブルに対応する非クラスター化インデックスが、別のファイル グループ内にある場合、その非クラスター化インデックスは次の理由によりチェックされません。

  • ベース テーブル構造は非クラスター化インデックスの構造に依存しません。 ベース テーブルを検証するために、非クラスター化インデックスをスキャンする必要はありません。
  • DBCC CHECKFILEGROUP コマンドでは、指定したファイル グループのみでオブジェクトが検証されます。
    クラスター化インデックスおよびテーブルは異なるファイル グループに配置されないため、上記の注意事項は、非クラスター化インデックスにのみ適用されます。

異なるファイル グループのパーティション テーブル

パーティション テーブルが複数のファイル グループに分散している場合、DBCC CHECKFILEGROUP によってチェックされるのは指定したファイル グループに存在しているパーティション行セットのみで、他のファイル グループの行セットは無視されます。 チェックされなかったパーティションは、情報メッセージ 2594 に示されます。 指定したファイル グループにない非クラスター化インデックスはチェックされません。

DBCC エラー メッセージについて

DBCC CHECKFILEGROUP コマンドの終了後、メッセージが SQL Server エラー ログに書き込まれます。 DBCC コマンドが正常に実行された場合、メッセージでは正常完了とコマンド実行時間が示されます。 エラーが発生して DBCC コマンドが完了前に停止した場合、メッセージではコマンドが終了したことと、状態の値、コマンド実行時間が示されます。 次の表は、メッセージに含まれる可能性がある状態値の一覧と説明です。

State 説明
0 エラー番号 8930 が発生しました。 メタデータの破損が原因で DBCC コマンドが終了しました。
1 エラー番号 8967 が発生しました。 内部 DBCC エラーがあります。
2 緊急モードのデータベース修復中にエラーが発生しました。
3 メタデータの破損が原因で DBCC コマンドが終了しました。
4 アサートまたはアクセス違反が検出されました。
5 不明なエラーが発生し、DBCC コマンドが終了しました。

[エラー報告]

DBCC CHECKFILEGROUP で破損エラーが検出されるたびに、ミニ ダンプ ファイル (SQLDUMPnnnn.txt) が SQL Server の LOG ディレクトリに作成されます。 機能の使用状況データ収集とエラー報告機能が SQL Server インスタンスに対して有効になっている場合、ダンプ ファイルは自動的に Microsoft に転送されます。 収集されたデータは SQL Server の機能向上のために使用されます。 このダンプ ファイルには、DBCC CHECKFILEGROUP コマンドの結果と追加の診断出力が含まれます。 また、制限付きの随意アクセス制御リスト (DACL) が割り当てられます。 アクセスが、SQL Server サービス アカウントと sysadmin ロールのメンバーに制限されます。 既定では、sysadmin ロールには Windows の BUILTIN\Administrators グループとローカルの管理者グループのすべてのメンバーが含まれます。 データ収集プロセスが失敗しても、DBCC コマンドは失敗しません。

エラーの解決

DBCC CHECKFILEGROUP によってエラーが報告される場合は、データベース バックアップからデータベースを復元することをお勧めします。 DBCC CHECKFILEGROUP に修復オプションを指定することはできません。 バックアップが存在しない場合、指定した修復オプションで DBCC CHECKDB を実行することによって、報告されたエラーを修正します。 使用する修復オプションは、報告されたエラーの一覧の最後に指定されています。 REPAIR_ALLOW_DATA_LOSS オプションを使用してエラーを修正する場合は、一部のページ (データ) が削除されることがあります。

結果セット

DBCC CHECKFILEGROUP は次の結果セットを返します (値は異なることがあります)。

  • ESTIMATEONLY または NO_INFOMSGS が指定されている場合は除きます。
  • データベースが指定されていない場合は、オプション (NOINDEX を除く) が指定されているかどうかに関係なく、現在のデータベースが対象になります。
DBCC results for 'master'.  
DBCC results for 'sys.sysrowsetcolumns'.  
There are 630 rows in 7 pages for object 'sys.sysrowsetcolumns'.  
DBCC results for 'sys.sysrowsets'.  
There are 97 rows in 1 pages for object 'sys.sysrowsets'.  
DBCC results for 'sysallocunits'.  
There are 195 rows in 3 pages for object 'sysallocunits'.  
  
There are 2340 rows in 16 pages for object 'spt_values'.  
DBCC results for 'MSreplication_options'.  
There are 2 rows in 1 pages for object 'MSreplication_options'.  
CHECKFILEGROUP found 0 allocation errors and 0 consistency errors in database 'master'.  
DBCC execution completed. If DBCC printed error messages, contact your system administrator.  

NO_INFOMSGS が指定されている場合、DBCC CHECKFILEGROUP は次の結果セットを返します。

DBCC execution completed. If DBCC printed error messages, contact your system administrator.  

ESTIMATEONLY が指定されている場合、DBCC CHECKFILEGROUP は次の結果セットを返します (値は異なることがあります)。

Estimated TEMPDB space needed for CHECKALLOC (KB)
-------------------------------------------------   
15  
  
(1 row(s) affected)  
  
Estimated TEMPDB space needed for CHECKTABLES (KB)   
--------------------------------------------------   
207  
  
(1 row(s) affected)  
  
DBCC execution completed. If DBCC printed error messages, contact your system administrator.  

アクセス許可

sysadmin 固定サーバー ロールまたは db_owner 固定データベース ロールのメンバーシップが必要です。

A. データベース内の PRIMARY ファイル グループをチェックする

次の例では、現在のデータベースのプライマリ ファイル グループをチェックします。

DBCC CHECKFILEGROUP;  
GO  

B. 非クラスター化インデックスを除く AdventureWorks データベースの PRIMARY ファイル グループをチェックする

次の例では、プライマリ ファイル グループの ID 番号を指定し、NOINDEX オプションを指定することによって、非クラスター化インデックスを除く AdventureWorks2012 データベースのプライマリ ファイル グループをチェックします。

USE AdventureWorks2012;  
GO  
DBCC CHECKFILEGROUP (1, NOINDEX);  
GO  

C. オプションを指定してプライマリ ファイル グループをチェックする

次の例では、master データベースのプライマリ ファイル グループをチェックします。このとき、オプション ESTIMATEONLY を指定します。

USE master;  
GO  
DBCC CHECKFILEGROUP (1)  
WITH ESTIMATEONLY;  

参照

DBCC (Transact-SQL)
FILEGROUP_ID (Transact-SQL)
sp_helpfile (Transact-SQL)
sp_helpfilegroup (Transact-SQL)
sys.sysfilegroups (Transact-SQL)
DBCC CHECKDB (Transact-SQL)
DBCC CHECKALLOC (Transact-SQL)
DBCC CHECKTABLE (Transact-SQL)