互換性のある Surface デバイスから SSD を取り外す場合のベスト プラクティス

この記事は、エンタープライズ組織の資格のある IT 技術者が使用することを目的としています。 次の互換性のある Surface デバイスの SSD の取り外しと交換において、熟練した IT 技術者が使用するための推奨されるベスト プラクティスについて説明します。

  • Surface Laptop Studio
  • Surface Pro 9
  • Surface Pro 9 と 5G
  • Surface Pro 8
  • Surface Pro 7+
  • Surface Pro X
  • Surface Laptop Go
  • Surface Laptop Go 2
  • Surface Laptop 3
  • Surface Laptop 4
  • Surface Laptop 5
  • Surface Studio 2+

注意

デバイスを開いてコンポーネントを交換すると、感電、デバイスの損傷、火災、人身傷害のリスク、およびその他の危険が発生する可能性があります。 そのような活動を行う場合は、常に注意してください。 Surface サービス ガイドに記載されている安全上の注意と手順に従ってください。文書化されている安全上の注意と手順に従うことができない場合は、専門的な支援を受けることをおすすめします。

SSD の取り外しの準備

最新の更新プログラムをインストールする

開始する前に、ご使用のバージョンの Windows に最新の更新プログラムがインストールされていることを確認してください。

  1. [設定の開始>] [更新プログラム&のセキュリティ]> に移動し、[更新プログラムの確認] を選択します。
  2. 利用可能なすべての更新プログラムをインストールします。
  3. デバイスにアクセスするために必要なパスワードを確認します。

BitLocker の管理

このセクションには、ハード ディスクの BitLocker 暗号化を有効にしている組織向けの推奨事項が含まれています。 詳細については、「 BitLocker 回復ガイド」を参照してください。

SSD の取り外しと交換中に BitLocker 暗号化が無効になっている場合

SSD の取り外しと交換の前にデバイスの暗号化を解除できる場合は、次の手順に従って BitLocker をオフにします。

  1. [設定] に「BitLocker」と入力し、[BitLocker の管理] を選択します。
  2. [BitLocker をオフにする] を選択します。
  3. デバイスの電源をオフにします。

SSD の取り外しと交換中に BitLocker 暗号化が有効になっている場合

デバイスが SSD の取り外しと交換の前に暗号化されている場合は、次の手順に従って BitLocker 回復キーを生成し、USB ストレージに保存します。

  1. [設定] に「BitLocker」と入力します。
  2. [BitLocker の管理]>[BitLocker 回復キーの生成] の順に選択します。
  3. USB ドライブを挿入します。
  4. 回復キーを USB ストレージに保存します。
  5. USB ドライブを取り外します。
  6. デバイスの電源をオフにします。

SSD を取り外して交換する

  1. 適切な Surface サービス ガイドに記載されているデバイスの手順を使用して、SSD を削除します。
  2. 元の SSD を新しいデバイスに入れ、新しいデバイスを有線インターネット接続に接続します。
  3. 新しいデバイスの電源をオンにします。 デバイスは、起動時にファームウェアの更新を行う場合があります。

SSD の取り外しと交換の後

暗号化されていない SSD の管理

転送中に SSD が暗号化されていない場合は、次の手順を実行します。

  1. [サインイン オプション]>[パスワード] (左側のキー アイコンで表されます) に移動します。
  2. パスワードを入力し、2 要素認証が完了するまでサインインします (該当する場合)。
  3. 完全にサインインしたら、[スタート]>[アカウント]>[サインアウト] の順に移動します。
  4. パスワードを使用して再度サインインし、プロンプトが表示されたら Windows Hello と PIN を設定します。
    • SSD の取り外しと交換を容易にするためにデバイスで BitLocker が無効になっていて、交換後に BitLocker を有効にする場合は、[BitLocker]>[BitLocker の管理]>[BitLocker の再開] の順に移動します。
  5. ビジネス向け Microsoft Surface 診断ツールキット (SDT) を実行して、デバイスの全機能を確認します。
  6. [設定]>[ライセンス認証] に移動して、Windows のライセンス認証を確認します。 エラー メッセージが表示された場合は、[トラブルシューティング] を選択します。
  7. Office アプリを開いて Office アカウントを確認し、[ファイル]>[アカウント] に移動して、エラー メッセージがないか確認します。

暗号化された SSD の管理

USB ドライブに保存された BitLocker 回復キーを読み取るには、2 つ目のデバイスが必要になります。

転送中に SSD が暗号化されている場合は、次の手順を実行します。

  1. BitLocker 回復キーを含む USB ドライブを 2 つ目のデバイスに挿入します。
  2. BitLocker 回復キーを含む.txt ファイルを開きます。
  3. 元の SSD を含む新しいデバイスで BitLocker 回復キーを手動で入力します。
  4. BitLocker 回復キーを正常に入力したら、[サインイン オプション]>[パスワード] (左側のキー アイコンで表示されます) に移動します。
  5. パスワードを入力し、2 要素認証が完了するまでサインインします (該当する場合)。
  6. 完全にサインインしたら、[スタート]>[アカウント]>[サインアウト] の順に移動します。
  7. パスワードを使用して再度サインインし、Windows Hello を設定して、PIN を追加します。
  8. SSD の取り外しと交換を容易にするためにデバイスで BitLocker が無効になっていて、交換後に BitLocker を有効にする場合は、[設定]>[BitLocker]>[BitLocker の管理]>[BitLocker の再開] の順に移動します。
  9. SDT を実行して、デバイスの完全な機能を確認します。
  10. Windows のライセンス認証を確認するには、[設定]>[ライセンス認証] を選択します。 エラー メッセージが表示された場合は、[トラブルシューティング] を選択します。
  11. Office アカウントの状態を確認するには、Office アプリを開き、[ファイル]>[アカウント] に移動して、エラー メッセージがないか確認します。

詳細情報

さらにサポートが必要な場合 [Microsoft コミュニティ] にアクセスします。