セットアップ

完了

Face API の登録

Azure サンドボックスのサブスクリプションを取得したら、Face API のリソースを追加し、この API に接続するために必要な Face API URL とキーを取得できます。

  1. Azure Cognitive Services Face サービスに移動して、[Face を試す] をクリックします。 [既存の Azure アカウント] ボックスの [サインイン] ボタンをクリックします。 これにより Azure Portal に移動し、[Create Face]\(顔の作成\) ダイアログ ボックスが開きます。 次の情報を入力します。

    • Azure Face リソースの名前
    • サブスクリプションは Concierge Subscription
    • 場所は既定値のまま
    • 価格レベルは F0
    • リソース グループは サンドボックス リソース グループ
  2. Azure リソースが正常に展開されたら、このリソースに移動し、API の エンドポイントキー をメモしておきます。 Face API を呼び出すのにキーの 1 つが必要になります。 いずれかのキーを使用できます。

Slack ワークスペース

Slack コマンドを作成するには、Slack ワークスペースに対する管理者特権が必要です。

  1. 管理者特権のある Slack ワークスペースが既にある場合は、それを使用できます。 新しい Slack ワークスペースを作成することもできます。

ローカル セットアップ

このモジュールの演習の多くはローカル コンピューターで行い、最後の手順として Azure サンドボックスにデプロイします。

  1. Visual Studio Code のインストール

    まだない場合は、Visual Studio Code をダウンロードしてインストールします

  2. Visual Studio Code に Azure 拡張機能を追加する

    まだ持っていない場合は、以下の Visual Studio Code 拡張機能をインストールします。

  3. node と npm をインストールする

    お使いのコンピューターに node と npm をまだローカルにインストールしていない場合は、お使いのオペレーティング システム用のものをインストールします。

  4. スタート コードを複製する

    スタート コードを複製すると、このモジュールを最大限に活用できます。 アプリを完了するために必要なすべてのコードと、初期ブートストラップ コードが、始めるときのために無料で用意されています。

    git clone https://github.com/MicrosoftDocs/mslearn-the-mojifier.git
    

    提供されているコードを使用してプロジェクトを完了できるはずですが、何かわからないものがある場合は、completed ブランチに完成したコードがあります。

  5. 複製したソース リポジトリが含まれるディレクトリに移動し、必要なパッケージをインストールします。

    cd mslearn-the-mojifier
    npm install
    
  6. TypeScript コードを JavaScript にコンパイルする

    アプリの記述には TypeScript を使用します。 TypeScript では型チェックとクラス定義がサポートされており、Mojifier のコードではこれらを使用します。 Node.js には TypeScript の実行方法がわからないため、開発するときは、TypeScript コードを JavaScript に変換する必要があります。 上記の npm install コマンドを実行すると TypeScript コンパイラ tsc がインストールされ、ビルド ステージでそれを実行するように package.json が構成されます。 次のコマンドを実行します。

    npm run build
    

    ターミナル シェルでこのコマンドを実行したままにします。 これにより、TypeScript ファイルの変更が監視され、JavaScript ファイルに変換されます。 練習で予期される動作を確認できない場合は、TypeScript コードにエラーがある可能性があるので、ターミナル ウィンドウでコンソールの出力を確認します。