Share via


IDebugStackFrame2

このインターフェイスは、特定のスレッドの呼び出し履歴に含まれる 1 つのスタック フレームを表します。

構文

IDebugStackFrame2 : IUnknown

実装側の注意

デバッグ エンジン (DE) では、スタック フレームを表すために、このインターフェイスを実装します。

呼び出し元に関する注意事項

IEnumDebugFrameInfo2 インターフェイスを取得するには、EnumFrameInfo を呼び出します。 IDebugStackFrame2 インターフェイスを含む FRAMEINFO 構造体を取得するには、Next を呼び出します。

Vtable 順序のメソッド

次の表に、IDebugStackFrame2 のメソッドを示します。

メソッド 説明
GetCodeContext このスタック フレームのコード コンテキストを取得します。
GetDocumentContext このスタック フレームのドキュメント コンテキストを取得します。
GetName スタック フレームの名前を取得します。
GetInfo スタック フレームの説明を取得します。
GetPhysicalStackRange スタック フレームに関連付けられている物理アドレスの範囲の、コンピューターに依存する表現を取得します。
GetExpressionContext スタック フレームとスレッドの現在のコンテキスト内で式の評価を実行するための評価コンテキストを取得します。
GetLanguageInfo スタック フレームに関連付けられている言語を取得します。
GetDebugProperty スタック フレームに関連付けられているプロパティの説明を取得します。
EnumProperties スタック フレーム プロパティの列挙子を作成します。
GetThread スタック フレームに関連付けられているスレッドを取得します。

解説

このインターフェイスは、デバッグ中のプログラムがブレークポイントで停止された場合にのみ取得されます (ユーザー設定のブレークポイントまたは例外によって発生します)。 このインターフェイスから式のコンテキストを取得して、式の評価、レジスタのリストの返却、または呼び出し履歴の取得と検査を行うことができます。

要件

ヘッダー: msdbg.h

名前空間: Microsoft.VisualStudio.Debugger.Interop

アセンブリ: Microsoft.VisualStudio.Debugger.Interop.dll

関連項目