方法: Visual Studio で C# プログラムを実行する

適用対象:yesVisual Studio noVisual Studio for Mac noVisual Studio Code

プログラムを実行する方法は、どこから開始するか、どんな種類のプログラムであるか、デバッガーで実行するかどうかによって異なります。 最も簡単なケースでは、Visual Studio で開いているプロジェクトをビルドして実行するために次の操作を行います。

  • F5 キーを押して、Visual Studio のメニューで [デバッグ]>[デバッグありで開始する] を選択するか、Visual Studio のツール バーで緑色の [開始] 矢印とプロジェクト名を選択します。
  • または、デバッグなしで実行するには、Ctrl+F5 キーを押すか、Visual Studio のメニューで [デバッグ]>[デバッグなしで開始] を選択します。

[開始] ボタンを示すスクリーンショット。

[開始] ボタンを示すスクリーンショット。

プロジェクトから開始する

実行可能プログラムの場合、C# プロジェクトまたは .csproj ファイルを実行できます。 Main メソッドを含む C# ファイルがプロジェクトに含まれており、その出力が実行可能 ( .exe) ファイルである場合、それが正常にビルドされていれば、実行される可能性が高くなります。

  1. プログラム コードが既に Visual Studio プロジェクト内にある場合、プロジェクトを開きます。 そのためには、Windows エクスプローラーで .csproj ファイルをダブルクリックまたはタップするか、Visual Studio で [プロジェクトを開く] を選択し、参照して .csproj ファイルを見つけて選択します。

  2. プロジェクトが Visual Studio に読み込まれた後、Visual Studio ソリューションに複数のプロジェクトがある場合は、必ずMain メソッドを含むプロジェクトをスタートアップ プロジェクトとして設定します。 スタートアップ プロジェクトを設定するには、ソリューション エクスプローラーでプロジェクト名またはノードを右クリックし、コンテキスト メニューから [スタートアップ プロジェクトに設定] を選択します。

    スタートアップ プロジェクトの設定を示すスクリーンショット。

    スタートアップ プロジェクトの設定を示すスクリーンショット。

  3. プログラムを実行するには、Ctrl+F5 キーを押して、トップ メニューから [デバッグ]>[デバッグなしで開始] を選択するか、緑色の [開始] ボタンを選択します。

    Visual Studio により、プロジェクトのビルドと実行が試行されます。 Visual Studio 画面の下部にある [出力] ウィンドウにビルド出力が表示され、 [エラー一覧] ウィンドウにビルド エラーが表示されます。

    ビルドが成功すると、プロジェクトの種類に適した方法でアプリが実行されます。 コンソール アプリはターミナル ウィンドウで実行され、Windows デスクトップ アプリは新しいデスクトップ ウィンドウで起動され、Web アプリは IIS Express でホストされているブラウザーで起動されます。

コードから開始する

コード リスト、コード ファイル、または少数のファイルから開始する場合は、最初にそのコードが信頼できる発行元からの実行可能なプログラムであることを確認します。 Main メソッドを含むアプリは、実行可能プログラムである可能性が高くなります。 Visual Studio では、コンソール アプリケーション テンプレートを使用して、アプリを操作するプロジェクトを作成できます。

1 つのファイルのコード リスト

  1. Visual Studio を開始し、空の C# コンソール アプリケーション プロジェクトを開きます。
  2. プロジェクトの .cs ファイル内のすべてのコードを、コード リストまたはファイルの内容に置き換えます。
  3. コード ファイル名と一致するように、プロジェクトの .cs ファイルの名前を変更します。

ディスク上の複数のコード リストまたはファイル

  1. Visual Studio を開始し、適切な種類のプロジェクトを新規作成します。 わからない場合は、C# コンソール アプリケーションを使用します。
  2. 新しいプロジェクトで、プロジェクト コード ファイル内のすべてのコードを最初のコード リストまたはファイルの内容に置き換えます。
  3. コード ファイル名と一致するように、プロジェクト コード ファイルの名前を変更します。
  4. 残りの各コード ファイルに対して次の操作を行います。
    1. ソリューション エクスプローラーでプロジェクト ノードを右クリックし、 [追加]>[既存の項目] を選択するか、またはプロジェクトを選択し、Shift+Alt+A キーを押します。
    2. コード ファイルを参照して選択し、プロジェクトにインポートします。

フォルダー内の複数のファイル

多くのファイルを含むフォルダーがある場合は、最初にプロジェクトまたはソリューション ファイルを確認します。 Visual Studio で作成されるプログラムには、プロジェクトとソリューション ファイルが含まれます。 Windows エクスプローラーで、拡張子が .csproj または .sln であるファイルを探します。 .csproj ファイルをダブルクリックして、Visual Studio で開きます。 Visual Studio ソリューションまたはプロジェクトから開始する方法に関するセクションを参照してください。

コードが別の開発環境のものである場合、プロジェクト ファイルはありません。 Visual Studio で [開く]>[フォルダー] を選択して、フォルダーを開きます。 「プロジェクトまたはソリューションを使用せずにコードを開発する」を参照してください。

GitHub または Azure DevOps リポジトリから開始する

実行するコードが GitHub または Azure DevOps リポジトリ内にある場合、Visual Studio を使用して、リポジトリから直接プロジェクトを開くことができます。 「リポジトリからプロジェクトを開く」を参照してください。

プログラムを実行する

プログラムのビルドを開始するには、Visual Studio ツール バーで緑色の [開始] ボタンを押すか、F5 キーまたは Ctrl+F5 キーを押します。 [開始] ボタンまたは F5 キーを使用して、デバッガー下でプログラムを実行します。

Visual Studio により、プロジェクト内のコードのビルドと実行が試行されます。 ビルドが成功しない場合、プロジェクトを正常にビルドする方法に関するいくつかのアイデアについて以降のセクションを参照してください。

トラブルシューティング

コードにエラーがある場合もあります。 また、コードが適切であっても、不足しているアセンブリや NuGet パッケージに依存しているか、別のバージョンの .NET をターゲットにしている場合もあります。 このような場合、ビルドを簡単に修正できる可能性があります。

参照の追加

適切にビルドするには、コードが適切であり、ライブラリまたはその他の依存関係への適切な参照が必要です。 プログラムをコンパイルして実行する前であっても、エラー一覧のコードまたはエントリにある赤の波線により、エラーがあることがわかります。 未解決の名前に関連するエラーが発生している場合、おそらく参照または using ディレクティブのいずれかまたは両方を追加する必要があります。 コードが、不足しているアセンブリまたは NuGet パッケージを参照している場合、それらの参照をプロジェクトに追加する必要があります。

Visual Studio により、不足している参照の識別が容易になります。 名前が解決されない場合は、電球アイコンがエディターに表示されます。 電球を選択すると、問題の修正方法に関する提案が表示されます。 解決方法には次のようなものがあります。

  • using ディレクティブを追加します。
  • アセンブリに参照を追加します。
  • NuGet パッケージをインストールします。

using ディレクティブを追加する

不足している using ディレクティブの例を次に示します。 コード ファイルの先頭に using System; を追加して、未解決の名前 Console を解決できます。

using ディレクティブを追加する電球のスクリーンショット。

using ディレクティブを追加する電球のスクリーンショット。

アセンブリ参照を追加する

.NET 参照は、アセンブリまたは NuGet パッケージにすることができます。 ソース コードでは、発行者または作成者は通常、コードに必要なアセンブリと、コードが依存するパッケージについて説明します。 参照をプロジェクトに手動で追加するには、ソリューション エクスプローラー[参照] ノードを右クリックし、 [参照の追加] を選択します。 参照マネージャーで、必要なアセンブリを検索して追加します。

[参照の追加] メニューのスクリーンショット。

[参照の追加] メニューのスクリーンショット。

アセンブリを検索し、参照を追加するには、「参照マネージャーを使用して参照を追加または削除する」の手順に従います。

NuGet パッケージの追加

不足している NuGet パッケージが Visual Studio によって検出されると、電球が表示され、そのパッケージをインストールするオプションが表示されます。

NuGet パッケージをインストールする電球のスクリーンショット。

NuGet パッケージをインストールする電球のスクリーンショット。

それでも問題が解決しない場合や、Visual Studio がパッケージが見つからない場合は、オンラインでパッケージを検索してみてください。 「Visual Studio に NuGet パッケージをインストールして使用する」を参照してください。

適切なバージョンの .NET を使用する

.NET Framework のさまざまなバージョンにはある程度の下位互換性があるため、新しいフレームワークでは、古いフレームワーク用に記述されたコードを変更せずに実行できる可能性があります。 しかし、.NET Framework の特定のバージョンをターゲットにする必要がある場合もあります。 .NET Framework または .NET Core の特定のバージョンのインストールが必要になることがあります。 Visual Studio の変更に関するページを参照してください。

ターゲットとする .NET Framework のバージョンを変更するには、ターゲット フレームワークの変更に関するセクションを参照してください。 詳細については、「.NET Framework を対象とするエラーのトラブルシューティング」を参照してください。

次の手順