Visual Studio 2022 の新機能

適用対象:yesVisual Studio noVisual Studio for Mac noVisual Studio Code

17.4 リリース向けに更新されました。 完全リリース ノートを見る | 製品ロードマップを見る

Visual Studio 2022 では、あらゆる開発者、アプリ、プラットフォームを対象とした最高クラスのツールとサービスをいつでも利用できます。 Visual Studio を初めて使用する方も、長年使用している方も、最新バージョンを気に入っていただけるでしょう。

Visual Studio 自体から更新された各リリースの新機能を確認したいと思いませんか? できるようになりました。 メニュー バーから、[ヘルプ]>[新機能] の順に選択して、最近のハイライトを確認できます。

Visual Studio の更新された各リリースの新機能の製品内通知のスクリーンショット。

ヒント

その他のニュースや方法については、YouTubeTwitchTwitterTikTok の Visual Studio 2022 チャンネルをご覧ください。 また、最新のリリース、現在試していること、プレビューの内容に関する最新情報については、必ず Visual Studio のブログにアクセスしてください。

パフォーマンスの向上

Visual Studio 2022 は、より高速でわかりやすく、軽量であり、学習者と産業規模のソリューションを構築するユーザーの両方に向けて設計されています。

Visual Studio 2022 は 64 ビットです

Windows 上の Visual Studio 2022 は、64 ビット アプリケーションになりました。 つまり、メモリ不足になることなく、サイズが最も大きく最も複雑なソリューションでも開いて、編集、実行、デバッグできます。 詳細については、Visual Studio 2022 のビジョンVisual Studio 2022 17.0 プレビューに関するブログ記事を両方ともご覧ください。

[フォルダーを指定して検索] の高速化

Visual Studio 2022 では、いくつかの重要な機能のパフォーマンスを向上させることに重点が置かれています。 たとえば、[フォルダーを指定して検索] は、Orchard Core などの大規模なソリューションを検索するときに 3 倍高速になりました。

以前のバージョンの Visual Studio よりも 3 倍高速に大規模な C# ソリューションを検索できる [フォルダーを指定して検索] 機能のアニメーション。

17.1 の新機能: 新しいインデックス付き検索では、[フォルダーを指定して検索] がさらに高速になります。 詳細については、「Visual Studio 2022 でのコード検索がさらに高速化」のブログ記事を参照してください。

ヒント

Visual Studio 2022 の検索エクスペリエンスに対する現在および今後の変更の詳細については、「検索中にコードをプレビューして編集する」ブログ投稿を参照してください。

Git ツールの高速化

17.2 の新機能: コミット グラフと呼ばれる比較的新しい Git 機能を統合しました。これは、Git 操作のパフォーマンスと Visual Studio 自体のパフォーマンスの両方を向上させるのに役立ちます。 最新情報については、Visual Studio 2022 での Git エクスペリエンスの強化に関するブログ記事を参照してください。

モダン アプリを構築する

Visual Studio 2022 を使用すると、Azure で最新のクラウドベースのアプリケーションをすばやく簡単に構築できます。 また、新しいバージョンでは、.NET と、Windows と Mac 両方の開発者向けの Web、クライアント、およびモバイル アプリ用の統合フレームワークが完全にサポートされています。 さらに、Visual Studio 2022 には、新しい生産性機能、C++20 ツール、IntelliSense を使用した C++ ワークロードの堅牢なサポートが含まれています。

ヒント

.NET 6 の後継である .NET 7 について詳しくは、「.NET 7 の新機能」を参照してください。

C++ と .NET 用のより優れた開発ツールおよびホット リロード

Visual Studio 2022 には、より優れたクロスプラットフォーム アプリ開発ツールと最新バージョンの C++ ビルド ツールが含まれています。これらには C++20 のサポートが含まれています。

また、アプリケーションの実行中に C++ または .NET プロジェクトを編集できるようにホット リロードを更新しています。 詳細については、「Visual Studio 2022 のホット リロードを使用した .NET および C++ 開発の高速化」のブログ記事と、C#、C++、または Visual Basic で Visual Studio のホット リロードを使用した実行中のコードの記述とデバッグに関する Docs ページを参照してください。

Blazor & Razor エディターの更新と ASP.NET のホット リロード

Visual Studio 2022 の新機能として、Blazor および Razor エディターの大幅な更新と、ASP.NET Core のホット リロードの新機能 (ファイルを保存するときや変更を CSS ファイルに変更するときのリアルタイムのホット リロードなど) があります。

Razor と Blazor アプリ、および CSS ファイルでのリアルタイムのホット リロードのアニメーション。

すぐに利用できるイノベーション

Visual Studio 2022 には、リアルタイムおよび非同期コラボレーション ツールから、毎日のワークフローとシームレスに統合できる強化された分析情報と生産性のツールまで、さまざまな機能があります。

Git マルチリポジトリのサポートと行ステージングのサポート

17.4 の新機能: 異なる Git リポジトリでホストされているプロジェクトを使用したことがある場合は、外部ツールまたは Visual Studio の複数のインスタンスを使用してそれらに接続したかもしれません。 現在は、複数のリポジトリにプロジェクトを持つ 1 つのソリューションを使用して、Visual Studio の 1 つのインスタンスからそれらすべてに参加できるようになりました。 詳細については、「Visual Studio での複数リポジトリのサポート」と「複数リポジトリのサポートのリリース」のブログ記事を参照してください。

17.3 の新機能: 行ステージングのサポート (対話型ステージングとも呼ばれます) が追加されました。 ファイル内の変更のチャンクをコード エディターから直接ステージしたり、変更を異なるコミットに分割したりできるようになりました。 詳しくは、「Visual Studio でコード行をステージする」ページをご覧ください。

IntelliCode の機能強化

すべてのユーザーのための設計

お客様のフローをよりよく維持できるように、ユーザー インターフェイスを更新しています。 変更の一部には、UI を最新化したり、混雑を減らしたりするための修正が含まれます。

外観

新しい図像から微妙な色のコントラスト比の調整や新しい Cascadia Code フォントにいたるまで、Visual Studio 2022 を誰もが利用しやすくなるように取り組んでいます。 詳細については、Visual Studio 2022 の UI のアップグレードに関するブログの投稿を参照してください。

Visual Studio の前のアイコンと更新されたアイコンのコントラストのスクリーンショット。

パーソナル化

私たちの重要な関心領域の 1 つは、Visual Studio のパーソナル化と柔軟性を向上させ、IDE をお客様独自のものにできるようにすることです。 たとえば、Visual Studio 2022 では、お使いの Windows テーマと同期することができます。 そのため、"夜間モード" 機能を有効にしていた場合は、Visual Studio でもそれが使用されます。 詳細については、ブログ記事「Visual Studio 2022 のパーソナル化」を参照してください。

ヒント

Visual Studio 2022 の最新のタブとドキュメントの更新について詳しくは、「ドキュメント管理のパーソナル化の強化」ブログ投稿を参照してください。

参照トピック

Visual Studio 2022 の今後の予定について詳しくは、 詳細については、ロードマップ ページ、プレビュー リリース ノート、Visual Studio ブログを参照してください。

フィードバックの送信

Visual Studio チームにフィードバックを送ることにどんな意味があるのでしょうか? お客様からのフィードバックは、すべて真剣に考慮することにしています。 フィードバックによって今後の動向が左右されることになります。

  • Visual Studio を向上させることができるご提案がある場合は、[機能の提案] ツールを使用して、ご提案を送信してください。

  • Visual Studio が応答しない、クラッシュする、またはその他のパフォーマンスの問題が発生した場合、[問題の報告] ツールを使用すると、再現手順やサポート ファイルを簡単に Microsoft と共有することができます。

次のステップ

これまでに Visual Studio 2022 に加えられた機能強化については、次のブログ記事を参照してください。