コマンド ライン パラメーターを使用した、Visual Studio のインストール、更新、管理

プログラムから、またはコマンド プロンプトから Visual Studio をインストールする場合、さまざまなコマンド ライン パラメーターを使用してインストールを管理またはカスタマイズし、以下のアクションを実行することができます。

  • 事前に選択された特定のオプションと動作を使用して、クライアントでのインストールを開始する。
  • インストールまたは更新プロセスを自動化します。
  • クライアント コンピューターをインストールまたは更新するための、製品ファイルのネットワーク レイアウトを作成または管理する。

以下で説明するコマンド ライン動詞とパラメーターは、次の実行可能ファイルまたはプログラムで使用できます。

  • セットアップ ブートストラップ。ダウンロード プロセスと最初のインストールを開始する小さな (1 MB 以下) ファイル (たとえば、vs_enterprise.exe)。
  • コンピューターに既にインストールされている可能性があり、C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\Installer\setup.exeフォルダーにある Visual Studio インストーラー。 インストーラが存在するのとは "異なる" ディレクトリから、プログラムでインストーラを開始する必要があります。 インストーラは通常、update または modify コマンドに使用されます。
  • winget の --override スイッチを使う winget コマンドを使用します。
  • Microsoft Update カタログからダウンロードできる管理者向け更新プログラム パッケージを使用して、ネットワーク レイアウトをプログラムで更新します。 詳細については、レイアウトの更新または変更に関する記事を参照してください。

これらの各状況ですべてのコマンドやパラメーターが機能するわけではありません。特別な注意事項や例外が文書化されています。 さらに、一部のシナリオでは、上記の実行可能ファイルの一部にアクセスできない場合があります。 たとえば、クライアント コンピューターでは、プログラムによる実行に使用できるインストーラーは、Visual Studio がレイアウトを使ってインストールされた場合にのみ利用できます。

次の表の Visual Studio 2019 ブートストラップを取得できます。 または、Visual Studio 2019 の特定のバージョンをインストールする場合は、Visual Studio の任意のバージョンおよびエディションの固定バージョン ブートストラップへのリンクが記載されている Visual Studio 2019 リリースのページにアクセスしてください。

エディション ブートストラップ
Visual Studio 2019 Enterprise バージョン 16.11 vs_enterprise.exe
Visual Studio 2019 Professional バージョン 16.11 vs_professional.exe
Visual Studio 2019 Build Tools バージョン 16.11 vs_buildtools.exe

最新機能提供チャネルの最新バージョンが常にインストールされる Visual Studio 2022 の最新のブートストラップを入手するには、次の表のいずれかのファイルをダウンロードします。 または、Visual Studio 2022 の特定のバージョンまたは特定のチャネルをインストールする場合は、各サービス リリースの固定バージョン ブートストラップへのリンクが記載されている Visual Studio 2022 リリース履歴のページにアクセスします。

エディション ブートストラップ
Visual Studio 2022 Enterprise vs_enterprise.exe
Visual Studio 2022 Professional vs_professional.exe
Visual Studio 2022 Community vs_community.exe
Visual Studio 2022 Build Tools vs_buildtools.exe

ヒント

前にブートストラップ ファイルをダウンロードしてあり、そのバージョンを確認したい場合は、次のようにします。 Windows でエクスプローラーを開き、ブートストラップ ファイルを右クリックし、 [プロパティ] を選択して、 [詳細] タブを選択し、 [製品バージョン] の値を表示します。 この値に対応する Visual Studio のリリースを調べるには、「Visual Studio 2019 リリース」の下部の表を参照してください。

ヒント

前にブートストラップ ファイルをダウンロードしてあり、インストールされるバージョンを確認したい場合は、次のようにします。 Windows でエクスプローラーを開き、ブートストラップ ファイルを右クリックして、 [プロパティ] を選択してから [詳細] タブを選択します。 [製品バージョン] フィールドに、ブートストラップでインストールされるチャネルとバージョンが記載されます。 バージョン番号は、常に "指定されている最新のサービス バージョン" として読み取られるため、チャネルは明示的に指定されていない限り、最新になります。 そのため、LTSC 17.0 の製品バージョンを持つブートストラップでは、17.0 LTSC チャネルで利用可能な最新の 17.0.x サービス リリースがインストールされます。 製品バージョンのブートストラップで Visual Studio 2022 とだけ表示される場合は、最新チャネルの Visual Studio 2022 の最新バージョンがインストールされます。

コマンドとコマンド ライン パラメーターのインストール、更新、変更、修復、アンインストール、エクスポート

製品をインストールしたり、レイアウトを維持したりするために、プログラムで Visual Studio ブートストラップまたはインストーラを呼び出すときの最初のパラメーターは、実行する操作を記述するコマンド (動詞) です。 後続の省略可能なコマンド ライン パラメーター (すべて先頭に 2 つのダッシュ -- が付いている) によって、その操作がどのように行われるかがさらに定義されます。 Visual Studio のすべてのコマンド ライン パラメーターで大文字と小文字が区別されません。その他の例については、コマンド ライン パラメーターの例に関する記事を参照してください。

構文例: vs_enterprise.exe [command] <optional parameters>...

コマンド 説明
(空白) 既定のコマンドはどちらも製品をインストールし、すべてのレイアウト メンテナンス操作に使用されます。
modify インストールされている製品を変更します。
update インストールされている製品を更新します。
updateall インストールされているすべての製品を順番に更新します。 --quiet--passive のパラメーターを使用できます。
repair インストールされている製品を修復します。
uninstall インストールされている製品をアンインストールします。
export インストールの選択をインストール構成ファイルにエクスポートします。

重要

複数の個別のワークロード、コンポーネント、または言語を指定する場合、項目ごとに --add または --remove のコマンド ライン スイッチを繰り返す必要があります。

パラメーター 説明
--installPath <dir> 既定の install コマンドの場合、このパラメーターは省略可能で、インスタンスがクライアント コンピューターのどこにインストールされるかを示します。 update や modify などの他のコマンドの場合、このパラメーターは必須であり、操作するインスタンスのインストール ディレクトリを示します。
--add <one or more workload or component IDs> 省略可能: install または modify コマンドの実行中に、この反復可能なパラメーターでは、追加する 1 つ以上のワークロードまたはコンポーネント ID が指定されます。 成果物の必須のコンポーネントはインストールされますが、推奨されるコンポーネントまたは省略可能なコンポーネントはインストールされません。 --includeRecommended--includeOptional のパラメーターを使用して、他のコンポーネントをグローバルに制御できます。 複数のワークロードやコンポーネントを含める場合、--add コマンドを繰り返します (例: --add Workload1 --add Workload2)。 詳細に制御するために、ID に ;includeRecommended または ;includeOptional を追加できます (例: --add Workload1;includeRecommended または --add Workload2;includeRecommended;includeOptional)。 詳しくは、ワークロード ID とコンポーネント ID に関するページをご覧ください。
--remove <one or more workload or component IDs> 省略可能: modify コマンドの実行中に、この反復可能なパラメーターでは、削除する 1 つ以上のワークロードまたはコンポーネント ID が指定されます。 これは、--add パラメーターと同じように補完および動作します。
--addProductLang <language-locale> 省略可能: install または modify コマンドの実行中に、この反復可能なパラメーターでは、製品と共にインストールする必要がある UI 言語パックが指定されます。 存在しない場合、インストールでは、コンピューターのロケールに対応する言語パックが使用されます。 詳しくは、このページの「言語ロケールの一覧」セクションをご覧ください。
--removeProductLang <language-locale> 省略可能: install または modify コマンドの実行中に、この反復可能なパラメーターでは、製品から削除する必要がある UI 言語パックが決定されます。 これは、--addProductLang パラメーターと同じように補完および動作します。
--in <path> 省略可能: 構成設定を含むことができる応答ファイルの URI またはパス。
--all 省略可能: install または modify コマンドの実行中に、このパラメーターでは製品のすべてのワークロードとコンポーネントがインストールされます。
--allWorkloads 省略可能: install または modify コマンドの実行中に、このパラメーターを指定すると、すべてのワークロードとコンポーネントがインストールされますが、推奨される、またはオプションのコンポーネントはインストールされません。
--includeRecommended 省略可能: install または modify コマンドの実行中、このパラメーターには、インストールされているワークロードに対して推奨されるコンポーネントが含まれますが、オプションのコンポーネントは含まれません。 ワークロードは、--allWorkloads または --add のいずれかで指定されます。
--includeOptional 省略可能: install または modify コマンドの実行中、このパラメーターには、インストールされているワークロードに対して省略可能なコンポーネントが含まれますが、推奨されるコンポーネントは含まれません。 ワークロードは、--allWorkloads または --add のいずれかで指定されます。
--quiet 省略可能: 任意のコマンドで使用します。このパラメーターにより、コマンドの実行中にユーザー インターフェイスが表示されなくなります。 標準ユーザーはプログラムで使用できません。
--passive, -p 省略可能: このパラメーターにより、ユーザー インターフェイスは非対話形式で表示されます。 このパラメーターは、--quiet パラメーターとは相互に排他的です (実際にはオーバーライドされます)。 また、標準ユーザーはプログラムで使用できません。
--norestart 省略可能: このパラメーターは、--passive または --quiet のいずれかのパラメーターと組み合わせる必要があります。 install、update、または modify コマンドの実行中に、--norestart パラメーターを追加すると、必要な再起動が遅延します。
--force 省略可能: このパラメーターは、Visual Studio プロセスが使用されている場合でも、Visual Studio を強制的に閉じます。 Visual Studio を強制的に閉じると作業内容が失われる可能性があるため、注意して使用してください。
--installWhileDownloading 省略可能: install、update、または modify コマンドの実行中に、このパラメーターを指定すると、Visual Studio で製品を同時にダウンロードしてインストールすることができます。 これは既定のエクスペリエンスです。
--downloadThenInstall 省略可能: install、update、または modify コマンドの実行中に、このパラメーターを指定すると、Visual Studio がすべてのファイルをインストール前に強制的にダウンロードします。 --installWhileDownloading パラメーターとは相互に排他的です。
--channelUri 省略可能: 更新コマンド中に、新しい channelUri を渡して更新設定の場所を変更できます。 Visual Studio のどのインスタンスを構成しているのかが明示的になるように、--installPath パラメーターと組み合わせることをお勧めします。 --channelUri の構文の例を参照してください。
--channelId <id> VisualStudio.17.Release のように表示される、チャネルの ID。 --channelId の構文の例を参照してください。 これは、modify 操作において、--productID または --installPath のいずれかと並んで必須です。
--productId <id> 省略可能: 変更対象で、かつ --channelId と一緒に使用されるインスタンスの製品 ID。 productIDは、「Microsoft.VisualStudio.Product.Enterprise」のようなものです。
--nickname <name> 省略可能: install コマンドの実行時に、このパラメーターを実行するとインストールされている製品に割り当てるニックネームが定義されます。 ニックネームは 10 文字を超えることはできません。
--productKey 省略可能: install コマンドの実行時に、このパラメーターを実行するとインストールされている製品に使用するプロダクト キーが定義されます。 xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx の形式の英数字 25 文字で構成されます。
--removeOos true 省略可能: install、update、または modify コマンドの実行中に、このパラメーター (直後に true または false の文字列が必要) を指定すると、サポート外の状態に移行したすべてのインストール済みコンポーネントを削除する (または削除しない) ように、Visual Studio インストーラーに指示が送られます。 この動作は、1 つのイベントに適用できます。 この動作を永続化する場合は、以下で説明する modifySettings コマンドにこのパラメーターを適用するか、removeOOS グローバル ポリシーを構成します。 マシンのセキュリティを維持するのに役立ちます。
--config <path to *.vsconfig file> 省略可能: インストールまたは変更の操作中に、以前に保存したインストール構成ファイルに基づいて、追加するワークロードおよびコンポーネントが決定されます。 この操作は追加式で、ワークロードやコンポーネントがファイル内に存在しない場合、削除されることはありません。 また、製品に適用されない項目は追加されません。 構成ファイルへの完全修飾パスを指定してください。 エクスポート操作中に、インストール構成ファイルの保存場所を決定します。
--installerOnly 省略可能: インストールまたは更新操作中に、このパラメーターは Visual Studio インストーラーに自身 (インストーラ) のみをインストールするように指示します。 その機能は --update パラメーターと同等ですが、さらに直感的です。 クライアント コンピューターの準備と事前構成時に使用するためのものです。
--help, --?, -h, -? このページのオフライン バージョンが表示されます。

レイアウトのコマンドとコマンド ライン パラメーター

レイアウト管理操作はすべて、ブートストラップを使用して実行され、レイアウトを作成または更新しているかどうかにかかわらず、コマンドが既定のインストール (空白) であると想定されています。 そのため、すべてのレイアウト管理操作は、最初に必要な --layout パラメーターで始まる必要があります。 次の表は、コマンド ラインを使用してレイアウトを作成または更新するために使用できるその他のパラメーターについて説明しています。

レイアウト パラメーター 説明
--layout <dir> オフライン インストールのキャッシュを作成または更新するディレクトリを指定します。 詳細については、「Visual Studio のネットワーク ベース インストールを作成する」をご覧ください。
--lang <one or more language-locales> 省略可能: --layout とともに使用して、指定した言語でのリソース パッケージによるオフライン インストール キャッシュを準備します。 詳しくは、このページの「言語ロケールの一覧」セクションをご覧ください。
--add <one or more workload or component IDs> 省略可能: 1 つ以上のワークロード ID またはコンポーネント ID を追加します。 成果物の必須のコンポーネントはインストールされますが、推奨されるコンポーネントまたは省略可能なコンポーネントはインストールされません。 --includeRecommended--includeOptional を使用して、他のコンポーネントをグローバルに制御できます。 詳細に制御するために、ID に ;includeRecommended または ;includeOptional を追加できます (例: --add Workload1;includeRecommended または --add Workload2;includeOptional)。 詳しくは、ワークロード ID とコンポーネント ID に関するページをご覧ください。
注意: --add を使用する場合、指定したワークロードとコンポーネント、およびその依存関係のみがダウンロードされます。 --add を指定しない場合は、すべてのワークロードとコンポーネントがレイアウトにダウンロードされます。
--includeRecommended 省略可能: インストールされているワークロードの推奨されるコンポーネントを含めますが、オプションのコンポーネントは含めません。 ワークロードは、--allWorkloads または --add のいずれかで指定されます。
--includeOptional 省略可能: レイアウトに含まれるワークロードに、推奨および省略可能なコンポーネントが含まれます。 ワークロードは、--add で指定されます。
--wait 省略可能: インストールが完了し、終了コードが返されるまでプロセスは待機します。 このオプションは、インストールが完了するまで待ってから、そのインストールからのリターン コードを処理する必要があるインストールの自動化に役立ちます。 --wait パラメーターはブートストラップにのみ渡すことができます。これはインストーラー (setup.exe) ではサポートされていません。 レイアウトを更新する場合に特に役立ちます。 その他の例については、こちらを参照してください。
--useLatestInstaller 省略可能: 2023 年 4 月より前の Visual Studio ブートストラッパーにのみ適用されるレガシ機能。 2023 年 4 月以降にリリースされたものには、既定で最新のインストーラーが使われます。 このパラメーターが存在する場合、新しいメジャー バージョンの製品に属している場合でも、Visual Studio インストーラーの最新バージョンがレイアウトに含まれます。 これは、最新のインストーラーで使用できる新機能やバグ修正を利用する場合に便利です。 詳細については、「最新のインストーラーを常に使用するレイアウトの構成」ドキュメントを参照してください。
--config <path to *.vsconfig file> 省略可能: 存在する場合、Visual Studio では、構成ファイルの内容を使用してレイアウトが構成されます。 構成ファイルへの完全修飾パスを指定してください。
--noWeb 省略可能: 指定した場合、Visual Studio のセットアップでは、レイアウト ディレクトリ内のファイルを使用して Visual Studio をインストールし、Web からパッケージをダウンロードしません。 ユーザーがレイアウトに含まれないコンポーネントをインストールしようとした場合、セットアップは失敗します。 内部イントラネット Web サイトでホストされているレイアウトを展開しようとしている場合は、このパラメーターを使用しないでください。 詳細については、「インターネットにアクセスできないクライアントにインストールする」を参照してください。

重要: --noWeb パラメーターを使用すると、クライアントが Microsoft でホストされているサーバーで更新プログラムを確認するように構成されている場合、インターネットに接続されたクライアント コンピューター上の Visual Studio インストーラーによる更新プログラムの確認が停止されることはありません。 この場合、--noWeb を使用すると、クライアントが製品パッケージをダウンロードできなくなるだけです。
--verify 省略可能: レイアウトの内容を確認します。 破損または欠落しているすべてのファイルが一覧に表示されます。
--fix 省略可能: レイアウトの内容を確認します。 いずれかのファイルが破損または欠落している場合は、再ダウンロードします。 レイアウトを修正するには、インターネットへのアクセスが必要です。
--clean <one or more paths to catalogs> 省略可能: 新しいバージョンに更新されたレイアウトから古いバージョンのコンポーネントを削除します。
高度なレイアウト パラメーター 説明
--channelId <id> 省略可能: VisualStudio.17.Release のように表される、インストール対象のインスタンスのチャネル ID。 インストール コマンドでは必須です。--installPath が指定されている場合、他のコマンドでは無視されます。 --channelId の構文の例を参照してください。
--channelUri <uri> 省略可能: チャネル マニフェストの URI です。 この値は更新のソースの場所 を制御し、初期値はレイアウトの response.json ファイル で構成されます。 使用できる値については、--channelUri の構文の例を参照してください。 更新が不要な場合、--channelUri で存在しないファイル (たとえば、--channelUri C:\doesntExist.chman) を指定できます。 インストール コマンドに使用できます。その他のコマンドでは無視されます。
--installChannelUri <uri> 省略可能: インストールに使用するチャネル マニフェストの URI です。 --channelUri で指定された URI (--installChannelUri を指定した場合は必ず指定する必要があります) は、更新プログラムを検出するために使用されます。 インストール コマンドに使用できます。その他のコマンドでは無視されます。
--installCatalogUri <uri> 省略可能: インストールに使用するカタログ マニフェストの URI です。 これを指定すると、チャネル マネージャーは、インストール チャネル マニフェストの URI を使用する前に、この URI からカタログ マニフェストをダウンロードしようとします。 このパラメーターは、レイアウトのキャッシュが既にダウンロードされている製品カタログで作成される、オフライン インストールをサポートするために使用されます。 インストール コマンドに使用できます。その他のコマンドでは無視されます。
--productId <id> 省略可能: インストールされるインスタンスの製品 ID です。 これは、通常のインストール条件では事前に設定されています。 productIDは、「Microsoft.VisualStudio.Product.Enterprise」のようなものです。
--arch all 省略可能: 既定では、x64 製品バイナリのみでレイアウトが作成されます。 該当するワークロードの ARM バイナリを x64 バイナリと共にレイアウトに含めるには、--arch all または --arch * パラメーターを使用します。 ARM バイナリだけのレイアウトを作成するには、--arch arm64 を使用します
--keepLayoutVersion 省略可能: レイアウトに含まれる製品バージョンを更新することなく、レイアウトに変更を適用します。
--locale <language-locale> 省略可能: インストーラー自体のユーザー インターフェイスの表示言語を変更します。 設定は保持されます。 詳しくは、このページの「言語ロケールの一覧」セクションをご覧ください。
--cache 省略可能: 指定した場合、インストールされた後、その後の修復用にパッケージが保持されます。 このオプションでは、その後のインストール、修復、または修正に使用されるグローバル ポリシー設定がオーバーライドされます。 既定のポリシーでは、パッケージをキャッシュします。 アンインストール コマンドでは、これは無視されます。 詳細については、「disable or move the package cache」 (パッケージ キャッシュの無効化または移動) を参照してください。
--nocache 省略可能: 指定した場合、パッケージはインストールまたは修復された後、削除されます。 必要な場合にのみ、もう一度ダウンロードされ、使用後はもう一度削除されます。 このオプションでは、その後のインストール、修復、または修正に使用されるグローバル ポリシー設定がオーバーライドされます。 既定のポリシーでは、パッケージをキャッシュします。 アンインストール コマンドでは、これは無視されます。 詳細については、「disable or move the package cache」 (パッケージ キャッシュの無効化または移動) を参照してください。
--noUpdateInstaller 省略可能: 指定した場合、quiet が指定されていると、インストーラーはインストーラー自体を更新しません。 インストーラーの更新が必要な場合に、noUpdateInstaller と quiet の両方が指定されていると、インストーラーはコマンドを失敗させて、0 以外の終了コードを返します。
--path <name>=<path> 省略可能: インストール用のカスタム インストール パスを指定するために使用します。 サポートされているパス名は、shared、cache、および install です。
--path cache=<path> 省略可能: 指定した場所を使用してインストール ファイルがダウンロードされます。 この場所は、Visual Studio を初めてインストールするときにのみ設定することができます。 例: --path cache="C:\VS\cache"
--path shared=<path> 省略可能: Visual Studio のサイド バイ サイド インストール用の共有ファイルが含まれています。 ツールおよび SDK については、このドライブ上の場所にインストールされるものもあれば、この設定をオーバーライドして、別のドライブにインストールされるものもあります。 例: --path shared="C:\VS\shared"

重要: これは Visual Studio を初めてインストールするときに 1 回のみ設定できます。
--path install=<path> 省略可能: –-installPath と等価です。 具体的には、--installPath "C:\VS"--path install="C:\VS" が等価です。 これらのコマンドは、一度に 1 つしか使用できません。

ModifySettings コマンドとコマンド ライン パラメーター

クライアント コンピューターでインストーラーまたはブートストラップを使用し、modifySettings コマンドと必要な更新チャネルを渡すと、Visual Studio の特定のインスタンスに対する更新設定を変更し、更新プログラムのソースの場所をプログラムで構成できます。

コマンド 説明
modifySettings Visual Studio の特定のインスタンスの更新設定を変更するために使用される動詞。
modifySettings パラメーター 説明
--installPath <dir> 操作する Visual Studio のインスタンスを指定するために使用することをお勧めします
--newChannelUri 必須: チャネル マニフェストの URI です。 この値は、次の更新のソースの場所を指定します。 使用できる値については、--channelUri の構文の例を参照してください。 更新が不要な場合、--channelUri で存在しないファイル (たとえば、--channelUri C:\doesntExist.chman) を指定できます。
--channelUri 古いチャネル マニフェストの URI です。 --installPath が不明な場合に使用できます。 適切な操作対象のインスタンスを識別するために、productID と組み合わせて使用する必要があります。
--productId <id> --channelUri が指定されていて、操作対象の適切なインスタンスを識別するために使用される場合に使用する必要があります。 productIDは、「Microsoft.VisualStudio.Product.Enterprise」のようなものです。
--quiet 省略可能: このパラメーターにより、コマンドの実行中にユーザー インターフェイスが表示されなくなります。 標準ユーザーはプログラムで使用できません。
--removeOos true 省略可能: modifySettings コマンドの実行中に、このパラメーター (直後に true または false の文字列が必要) を指定すると、サポート外の状態に移行したすべてのインストール済みコンポーネントを "永続的に" 削除する (または削除しない) ように、Visual Studio インストーラーに指示が送られます。 マシンのセキュリティを維持するのに役立ちます。

構文の例:

C:\>"C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\Installer\setup.exe" modifySettings --installPath "C:\Program Files\Microsoft\Visual Studio\2022\Enterprise" --newChannelUri https://aka.ms/vs/17/release.LTSC.17.0/channel --removeOos true
 C:\>"C:\Program Files\Microsoft\Visual Studio\2022\Enterprise\vs_enterprise.exe" modifySettings --channelUri https://aka.ms/vs/17/release.LTSC.17.0/channel --productID Microsoft.VisualStudio.Product.Enterprise --newChannelUri \\layoutserver\share\path\channelmanifest.json --removeOos true --quiet

Rollback コマンドとコマンド ライン パラメーター

クライアント コンピューターでインストーラーを使用し、rollback コマンドとインストール パス インスタンスを渡すと、更新プログラムをプログラムでロールバックできます。

コマンド 説明
rollback Visual Studio の特定のインスタンスを、以前にインストールした更新プログラムへとロールバックするためのコマンド。 DisableRollback が有効になっている場合、このコマンドは機能しません。
rollback のパラメーター 説明
--installPath <dir> 操作する Visual Studio のインスタンスを指定するために使用することをお勧めします

構文の例:

"C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\Installer\setup.exe" rollback -–installPath "C:\Program Files\Microsoft Visual Studio\2022\Enterprise"

管理者向け更新プログラムのコマンドとコマンド ライン パラメーター

Microsoft Update カタログから管理者向け更新プログラムをダウンロードし、それを使用して、クライアントのインストールまたはレイアウトを更新できます。

レイアウトの更新

レイアウトを Visual Studio の特定のバージョンに更新する場合は、レイアウトをホストしているコンピューターに管理者向け更新プログラムをダウンロードし、そのコンピューターでコマンドプロンプトを開き、次のようにコマンドを実行します。

visualstudioupdate-17.0.0to17.1.5.exe layout --layoutPath c:\VSLayout

クライアントの更新

クライアントでは、クライアント マシンのインストール ディレクトリに管理者向け更新プログラムをダウンロードする場合は、ファイルをダブルクリックするだけで更新プログラムを適用できます。 また、コマンド ウィンドウを開き、以下のパラメーターの一部を渡して、既定の動作を変更することもできます。

SCCM で管理者更新プログラムを構成する

Microsoft Endpoint Manager (SCCM) を使用して管理者向け更新プログラムを展開する場合は、以下のパラメーターを使って、パッケージを変更して動作を調整できます。 クライアント コンピューターの構成ファイルを使用してパラメーターを制御することもできます。 詳細については、「管理者更新プログラムを構成する方法」を参照してください

すべての管理者の更新パラメーターは、layout 動詞が指定されていない限り、既定で "更新" コンテキストで実行されることにご注意ください。

管理者向け更新プログラムのパラメーター 説明
--installerUpdateArgs [optional parameters] このパラメーターは、管理者向け更新プログラムのシナリオに関連する特定のパラメーターの "パススルー配列" として機能します。 この目的で有効になっている省略可能なパラメーターは次のとおりです。

--quiet: これは管理者向け更新プログラムの既定のエクスペリエンスであり、完全を期すためにここに記載されています。
--passive: このパラメーターは --quiet パラメーターをオーバーライドします。 これにより、UI が非対話的な方法で表示されます。
--norestart: このパラメーターは、--quiet または --passive と組み合わせて使用する必要があり、必要な再起動の遅延を引き起こします。
--noWeb: このパラメーターにより、Visual Studio が製品の更新プログラムをインターネット上で確認しなくなります。
--force: このパラメーターにより、Visual Studio が使用されている場合でも、Visual Studio が強制的に閉じられます。 このパラメーターは、作業が失われる可能性があるため、注意して使用してください。 このパラメーターは、管理者向け更新プログラムがユーザー コンテキストで実行される場合にのみ使用する必要があります。管理者の更新がシステム コンテキストで実行される場合は無視されます。
--installWhileDownloading: このパラメーターにより、Visual Studio で製品のダウンロードとインストールが両方同時にできるようになります。 これは管理者向け更新プログラムの既定のエクスペリエンスであり、完全を期すためにここに記載されています。
--keepWindowsUpdateOn: このパラメーターを指定すると、インストーラーはクライアントの Windows Update エージェントをオフにできなくなります。 カタログから SCCM に管理者向け更新プログラムをインポートする場合にこのパラメーターを使用してください。 場合によっては、SCCM パッケージ タイムアウトの時間を既定の 10 分より長く設定する必要があります。 SCCM デプロイの種類を [必須] に変更すると、このパラメーターは不要になります。
--downloadThenInstall: このパラメーターを指定すると、Visual Studio はすべてのファイルをインストール前に強制的にダウンロードします。 --installWhileDownloading パラメーターとは相互に排他的です。
--checkPendingReboot コンピューターに保留中の再起動がある場合は、その原因がどのアプリケーションであるかにかかわらず、更新プログラムは中止されます。 既定では、保留中の再起動の有無はチェックされません。

管理者向け更新プログラムにパラメーターを渡す構文の例:

visualstudioupdate-16.9.0to16.9.4.exe --installerUpdateArgs=--force,--noWeb,--keepWindowsUpdateOn --checkPendingReboot

チャネル コマンドとコマンドライン パラメーターを削除する

更新に使用できるチャネルはクライアントにキャッシュされ、時間の経過に伴って乱雑になる可能性があります。 Visual Studio インストーラーを起動し、[使用可能] タブに切り替え、製品カードの右上隅にある [X] をクリックすることで、更新チャネルを手動で削除できます。 removeChannel コマンドを使用して、プログラムでチャネル (以前のレイアウトの場所など) を削除できます。 クライアント コンピューター上で vswhere をプログラムで実行して、クライアント コンピューターにキャッシュされたチャネルを判断できます。

コマンド 説明
removeChannel クライアント コンピューターからチャネルを削除するコマンド。
removeChannel パラメーター 説明
--channelUri 必須: 古いチャネル マニフェストの URI。
--quiet 省略可能: このパラメーターにより、コマンドの実行中にユーザー インターフェイスが表示されなくなります。
--passive 任意: このパラメーターは --quiet パラメーターをオーバーライドします。 これにより、UI が非対話的な方法で表示されます。

構文の例:

"C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\Installer\setup.exe" removeChannel --channelUri "\\\\server\\share\\layoutdirectory\\ChannelManifest.json"

Visual Studio のインストールまたは変更に winget を使う

Windows パッケージ マネージャー "winget" ツールを使うと、マシン上の Visual Studio と他の winget の管理対象パッケージをプログラムでインストール、変更、または更新できます。

既定では、winget では Visual Studio コア ワークロードをインストールするだけです。

winget install --id Microsoft.VisualStudio.2022.Community

ただし、インストールをカスタマイズし、最初のインストール時に取得するその他のワークロードとコンポーネントを指定する場合は、winget の install コマンドと共に winget の --override スイッチを使い、追加するワークロードとコンポーネントを含むエクスポートされた vsconfig ファイルを渡します。

winget install --id Microsoft.VisualStudio.2022.Community --override "--passive --config c:\my.vsconfig"

もちろん、このように、最初のインストール時にコンポーネントを直接含めることもできます。

 winget install --id Microsoft.VisualStudio.2022.Community --override "--quiet --add Microsoft.Visualstudio.Workload.Azure"

既に Visual Studio がマシンにインストールされている場合、winget の configure コマンドVisual Studio PowerShell DSC プロバイダー、yaml ファイル、.vsconfig ファイルを使って、コンポーネントを既存の Visual Studio インストールに追加することができます。 winget の configure コマンドは、基本的に Visual Studio の "変更" 操作として機能します。

--override スイッチまたは Visual Studio DSC プロバイダーを winget の upgrade コマンドと共に使うことはできません。なぜなら、upgrade は基本的に Visual Studio の "更新" 操作として機能し、選択済みのコンポーネントの最新バージョンをインストールするだけだからです。 更新またはアップグレードでコンポーネントを追加することはできません。 コンポーネントを追加するには、winget の configure を使う必要があります。

現在、Visual Studio インストーラーの操作には管理者特権が必要であることに注意してください。コマンドの完了に必要な場合は、winget から特権の昇格が求められます。 また、現在、winget を使って、クライアント コンピューターに複数のエディション (つまり、異なる SKU) または同じ SKU の複数のインスタンスを同時にインストールすることはできません。 最後に、構成 (変更) してコンポーネントを追加したり、最新バージョンにアップグレードしたりする場合は、Visual Studio を終了する必要があります。

ワークロード ID とコンポーネント ID の一覧

Visual Studio 製品ごとに並べられているワークロード ID とコンポーネント ID の一覧については、「Visual Studio のワークロードとコンポーネント ID」のページをご覧ください。

言語ロケールの一覧

言語ロケール Language
Cs-cz チェコ語
De-de ドイツ語
En-us 英語
Es-es スペイン語
Fr-fr フランス語
It-it イタリア語
Ja-jp 日本語
Ko-kr 韓国語
Pl-pl ポーランド語
Pt-br ポルトガル語 - ブラジル
Ru-ru ロシア語
Tr-tr トルコ語
Zh-cn 中国語 - 簡体字
Zh-tw 中国語 - 繁体字

エラー コード

操作の結果に応じて、%ERRORLEVEL% 環境変数は、次のいずれかの値に設定されます。

結果
0 操作は正常に終了しました
740 昇格が必要
1001 Visual Studio インストーラー プロセスが実行中です
1003 Visual Studio が使用中です
1602 操作が取り消されました
1618 別のインストールを実行しています
1641 操作が正常に完了し、再起動が開始されました
3010 操作は正常に完了しましたが、インストールした製品を使用する前に再起動が必要です
5003 ブートストラップによるインストーラーのダウンロードが失敗しました
5004 操作が取り消されました
5005 ブートストラップのコマンドライン解析エラー
5007 操作がブロックされました - コンピューターが要件を満たしていません
8001 Arm マシン チェックの失敗
8002 バックグラウンド ダウンロードの事前チェックの失敗
8003 サポート外の選択可能エラー
8004 ターゲット ディレクトリのエラー
8005 ソース ペイロードの有効性検証失敗
8006 Visual Studio プロセスを実行しています
8010 オペレーティング システムがサポートされていません。 システム要件 を参照してください
-1073720687 接続エラー
-1073741510 Microsoft Visual Studio インストーラーが終了しました (ユーザーか外部プロセスにより)
その他
(例:
-1、1、1603)
失敗の状態が発生しました。詳細については、ログを参照してください

操作ごとに、インストールの進行状況を示す複数のログ ファイルが %TEMP% ディレクトリに生成されます。 フォルダーを日付で並べ替え、dd_bootstrapperdd_clientdd_setup で始まるファイルを探します (それぞれブートストラップ、インストーラー アプリ、セットアップ エンジンを表します)。

サポートまたはトラブルシューティング

ときには、問題が発生してしまうことがあります。 Visual Studio のインストールが失敗した場合は、「Visual Studio のインストールとアップグレードの問題のトラブルシューティング」に記載されているステップ バイ ステップ ガイドをご覧ください。

他のいくつかのサポート オプションを次に示します。