Viva ゴールでユーザーを招待および削除する

組織全体を Viva ゴールにオンボードするには、すべてのチーム メンバーに招待状を送信します。

これらの手順の前に、Azure Active Directory を使用して Viva ゴールにサインインし、組織のアカウントを作成する必要があります。

Viva ゴールにログインするには、次のページを参照してください。 https://goals.microsoft.com/

組織を作成した後に招待を使用してユーザーを追加する

  1. 組織を作成したら、[続行] を選択 します。

  2. [ メンバーの招待 ] ページに移動し、組織に追加するユーザーの名前を入力できます。

    または、招待するすべてのユーザーを含む Azure Active Directory グループを追加することもできます。

  3. 組織がパブリックである場合は、リンクを共有して組織をユーザーと参加させることができます。

注:

すべてのユーザーが組織の Azure Active Directory アカウントでプロビジョニングされていることを確認します。

Viva ゴールからの招待を使用してメンバーを追加する

Viva ゴール メニューからユーザーを招待するには、[メンバーの 追加 ] ボタンを選択します。

または、組織管理者の場合は、[ 設定] に移動し、[ユーザー] タブで [ メンバーの追加 ] を選択することもできます。

管理者が [ユーザーの招待] ボタンを使用するダイアログ ボックスを示すスクリーンショット。

これを行うもう 1 つの方法は、メニューから [ユーザー ] を選択し、[ メンバーの追加 ] ボタンを選択することです。

メンバーを追加する別のオプションを示すスクリーンショット。

招待を使用して AAD グループを追加する

グループを招待するには、上記のいずれかの方法に従って [ メンバーの追加] ボタンを選択できます。 表示されるポップアップに AAD グループ名を入力します。 招待がグループのメール アドレスに送信されます。

これで、グループ内のすべてのメンバーがログインできるようになります。 ユーザー レコードは、初めてログインした後、[ すべてのユーザー ] リストに追加されます。

注:

ユーザーが AAD グループに追加されるたびに、自動的に Viva ゴールにログインできるようになります。 ただし、[ すべてのユーザー ] の一覧に表示するには、少なくとも 1 回はログインする必要があります。

ユーザーを削除する

組織からユーザーを削除するには、管理者が自分のアカウントを非アクティブ化または削除できます:[管理 ->Users] に移動します。 削除するユーザーを見つけて、[アクション] -[非アクティブ化] または [>アクション ] ->[削除] の順に選択します。 どちらの場合も、そのユーザーに対して課金されなくなります。

AAD グループを使用してユーザーを招待した場合は、グループからユーザーを削除して Viva ゴールで非アクティブ化することもできます。

ユーザーの非アクティブ化と削除

非アクティブ化されたユーザーは Viva ゴールに表示されたままですが、サインインできません。 ユーザーは、持っていた OKR の所有者として割り当てられたままになります。 [すべてのユーザー] では検索できず、管理ツールの [ユーザー] セクションに非アクティブとして表示されます。

非アクティブ化されたユーザーを示すスクリーンショット。

ユーザーを再アクティブ化するには、[ アクション ] ->[アクティブにする] に移動します。これにより、サインインする機能が復元されます。

ユーザーを再アクティブ化する場所を示すスクリーンショット。

ユーザーの削除は永続的な操作であり、元に戻すことはできません。 システム内のすべてのアクティビティが削除されます。

ユーザーの削除と警告を示すスクリーンショット。

管理者は、現在目標を所有しているユーザーを削除できません。 これらのユーザーを削除するには、最初に OKR を再割り当てしてから、ユーザーを削除します。

目標またはプロジェクトを所有するユーザーを削除しようとすると表示されるエラー ダイアログのスクリーンショット。

ユーザーを非アクティブ化するシナリオの例

  • ある組織から会社内の別の組織に従業員が移動する場合

ユーザーを削除するシナリオの例

  • 組織の管理者が、GDPR DSR 規制に従ってリンクできるすべてのデータを完全に削除するようユーザーから要求を受け取ったとき

注:

削除または非アクティブ化されたユーザーを検索するには、[ユーザー] タブに移動し、[状態] ドロップダウンの [非アクティブ化] フィルター オプションを選択します。

FAQ (よく寄せられる質問)

  1. Viva ゴールへのアクセス権を招待または付与できるのは誰ですか?

    1. AAD には、メンバーとゲストの 2 種類のユーザーがあります。 ゲスト ユーザーではなく、Viva ゴールにアクセスするために招待またはプロビジョニングできるのはメンバーのみです。
  2. Azure Active Directory 内の任意のグループを Viva ゴールに招待できますか?

    1. Azure Active Directory、セキュリティ グループ、配布グループ、Microsoft 365 グループ内の任意のグループを Viva ゴールに招待できます。
  3. 招待できるグループの数はいくつですか?

    1. 現時点では、Azure Active Directory から Viva ゴールに招待できるグループは 1 つだけです。
  4. 追加できるグループが 1 つだけの場合、管理者はどのようにして組織全体を Viva ゴールに招待できますか?

    1. 組織全体を招待するには、ユーザーが既存のすべてのグループを入れ子にするか、1 つのグループの一部としてすべてのメンバーを含めることをおすすめします。
  5. グループのメンバーでない場合は、グループを招待できますか?

    1. はい。メンバーでなくても、任意のグループを招待できます。
  6. 招待されたグループ リストに含まれるすべてのユーザーに電子メールが送信されますか?

    1. Emailは個々のメールには送信されません。 代わりに、電子メールがグループの電子メールに送信されます。 また、自分が所属するグループが、承認された送信者として Viva ゴールを含めずにメールを制限している場合、ユーザーはメール通信を受け取りません。
  7. 招待された AAD グループのすべてのユーザーが [すべてのユーザー] の一覧に表示されますか?

    1. グループ内のすべてのユーザーは Viva ゴールにログインできますが、少なくとも 1 回ログインしたユーザーのみが [すべてのユーザー ] 一覧に表示されます。
  8. ユーザーがグループに追加または削除された場合、リストには Viva ゴールの各組織の変更が自動的に反映されますか?

    1. Viva ゴールの組織にユーザーを招待するために使用された AAD グループにユーザーが追加されると、ユーザーは自動的にログインの対象になりますが、少なくとも 1 回ログインするまで [すべてのユーザー] リストには表示されません。
    2. [すべてのユーザー] リストに表示されているユーザーが AAD グループから削除されると、この変更は Viva ゴールにも自動的に反映されます。
  9. 非アクティブ化または削除されたユーザーを表示するにはどうすればよいですか?

    1. [管理->設定] に移動し、[ユーザー] タブの [状態] ドロップダウンを選択し、[非アクティブ化] を選択します。