クラウド PC にアクセスするエンドユーザーのハードウェア要件

クラウド PC にアクセスするには、エンド ユーザーのハードウェアが特定の要件を満たしている必要があります。 これらの要件は、エンド ユーザーがインストールするクライアントMicrosoft リモート デスクトップによって異なります。

Windows 365 アプリ

Windows 365 アプリを実行するための要件については、Windows 365エンド ユーザーのドキュメントを参照してください。

Windows 用の Microsoft リモート デスクトップ クライアント

次のダウンロードを使用できます。

ハードウェア要件:

  • オペレーティング システム: Windows 10/11、Windows 8.1、Windows Server 2019、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2
  • CPU: 1 GHz 以上のプロセッサの 1 vCPU
  • RAM: 1024 MB
  • ハード ドライブ: 100 MB 以上
  • .NET Framework のバージョン: 4.6.1 以降
  • ビデオ: DirectX 9 以降と WDDM 1.0 ドライバー

クラウド PC で Microsoft Teams を使用する場合、Windows デバイスの要件は次のように増えます。

  • CPU: 1.6 GHz 以上のプロセッサの 2 vCPU 以上。 ビデオ/画面共有の解像度とフレーム レートを高くするには、4 コア以上のプロセッサをお勧めします。
  • RAM: 4096 MB
  • ハード ドライブ: 3 GB 以上
  • .NET Framework のバージョン: 4.6.1 以降
  • ビデオ: DirectX 9 以降と WDDM 1.0 ドライバー。 バックグラウンド ビデオ効果には、Windows 10/11 または AVX2 命令セットを持つプロセッサが必要です。 また、デバイスに専用のグラフィックス処理装置 (GPU) があると、Teams のオーディオとビデオをクラウド PC にオフロードできます。

Microsoft Store からの Windows 用の Microsoft リモート デスクトップ クライアント

Microsoft Store からダウンロードします。

ハードウェア要件:

  • オペレーティング システム: Windows 10 1703 以降
  • CPU: 1 GHz 以上のプロセッサ
  • RAM: 1024 MB
  • ハード ドライブ: 100 MB 以上
  • ビデオ: DirectX 9 以降と WDDM 1.0 ドライバー。 物理エンドポイント デバイスに専用のグラフィックス処理装置 (GPU) があると、Teams のオーディオとビデオをクラウド PC にオフロードできます。

macOS、iOS/iPadOS、Android

他のプラットフォーム用のクライアントのインストールと要件については、以下を参照してください。

Linux

Linux OS デバイスからWindows 365 クラウド PC にアクセスするには、次のコマンドを使用します。

  • windows365.microsoft.com で使用できる Web クライアント。

  • Azure Virtual Desktop に接続するサード パーティのクライアント(以下を含む)

    サード パーティ製の Linux クライアント ソリューションは、Microsoft エンドポイント マネージャーを使用して管理することはできません。 パートナーは、Linux デバイス用の個別の管理ツールを提供します。

次の手順

シナリオごとのさまざまなプロトコル ネットワーク要件については、「ネットワーク要件」を参照してください。